ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

イチローには驚くばかり~MLB日本人選手:中間報告~ 16/07/20

本来なら、球宴休み中に更新したかったのだが、時期がずれてしまった。理由は簡単、
私の執筆が遅れたからだ。ハハハ。
なぜ遅れたかと言えばダルビッシュが故障で休んでいるせいもあるが、少しずつMLBへの
関心が薄れつつあるからだ。午前2時の試合を生で見ることはなくなったし、大好きな
田中の先発が分かっているのにうっかり映画のチケットを予約してしまったりする。
もともと好きだったし、かなりい深くかかわったからすっかり見なくなることはないけど、
1球ごと、ていねいにつけていたスコアも少々“雑”になった。年齢のせいもありそうだし、
体が弱っているってことかもしれない。ハハハ。

では、簡単に中間報告を。名前の下の数字は球宴時のもの。

岩隈久志( Seattle Mariners 5年目 )
18試合 9勝6敗 防御率4.25 114回1/3 27四球・83三振 18HR

d0164636_8324794.jpg
日本人投手の中では勝ち頭だ。
5月中旬で1勝4敗だった。勝ち星に恵まれない…という印象はなく、8試合に先発して
クォリティ・スタートは3回しかなかったし、内容に見合った結果に見えた。
だから、そこからの2ヶ月で7勝もするとは正直まったく思っていなかった。

05/14時点    8試合  1勝4敗 防御率4.38 3QS 49回1/3 14四球・38三振
以後球宴まで  10試合 7勝2敗 防御率4.22 6QS 64回   13四球・45三振


防御率はほとんど変わっていない。生命線の制球力が万全ではなくフォアボールが多い。
2年続けてトータル21個だったのに中間点ですでにそれを上回っている!
1試合3四球が3回もあるなんて岩隈らしくない。
3.00-4.53-9.28 それぞれ1~3回、4~6回、7回以降の防御率だ。
“傾向”は明白だ。回を追って点を取られるようになる。

悪い材料がこれだけあるのに9勝もできているのは援護点のおかげだ。
今年、岩隈が投げているときにマリナーズはよく点を取ってくれる。6.28という援護点は
MLBの全先発投手の中で5位だ。
開幕時の記事“期待”の中にこう書いた。

相変わらず、見事な制球力で相手打者をきりきり舞い
させることでしょう。打線とうまくかみ合ってほしいです。
そうすれば、もう一度15勝を狙えるはずです。


ケガさえしなければ、その通りになりそうだね。

後半戦はいきなり10勝目をマークした。
7回 2安打 1四球・8三振  無失点
数字を見るとかなりのパフォーマンスだったようだが、私の知る限り、日本ではどの局も
中継していない。NHKはこのところイチローばかり追いかけている。金返せ。ハハハ。
 
前田健太( Los Angeles Dodgers 1年目 )
18試合 8勝6敗 防御率2.95 103回2/3 31四球・107三振 10HR

d0164636_832352.jpg
7回で13三振を奪った10日の試合は球のキレがすごかった。
わずか97球で2安打・無四球にパドレスを抑え込んだ。さぞかし、いい気分で球宴休みを
楽しんだことだろう。ハハハ。

初登板でいきなり勝ち投手になるなど、4試合連続クォリティ・スタートで3連勝した。
いいピッチャーであることは認めているが、ここまでやるとは思わなかった。見事だった。
その後3連敗したが、また持ち直した。
球宴を迎えた時点でこの数字は立派だろう。なにより、環境が大きく変わる中で、1試合
“ずらした”以外はローテーションを守った点は褒められていいと思う。

1年目ですから、12勝、防御率3.50をクリアしたらあっぱれを贈ります。

“期待”にそう書いたのですが、勝利数については問題がなさそうだ。
いくつ上積みするかが楽しみだが、ここまでは効果的だったカーブがいつまで通じるかに
注目して見守りたい。

田中将大( New York Yankees 4年目 )
18試合 6勝2敗 防御率3.23 117回 22四球・93三振 10HR
d0164636_831254.jpg
中4日    8試合 1勝2敗 防御率5.33
中5日以上 10試合 5勝0敗 防御率1.72


前半の田中が残した数字はなかなか厳しい。
登板間隔が“中4日”と“中5日以上”とでハッキリと差がつく。ずっと言われてきたし、
岩隈も前田も同じ傾向があるから仕方がないが、今年は特に差が大きい。
球宴直前の2試合はまさにそのサンプルのようだった。

07/05(中5日) 7回2/3  2安打 無失点     1四球・6三振
07/10(中4日) 4回2/3 10安打 失点7・自責3 2四球・5三振


11-1と大量リードをもらってマウンドに上がった5回、味方のつまらないミスもあったが、
一気に6点を失い、勝ち投手の権利を手にする直前でKOされた。8人のバッターに対し、
5安打(ホームラン1,2ベース2を含む)された。“エース失格”と言われても仕方がない。
うつろな目でベンチに向かった田中の表情を二度と見たくない。

後半戦、首脳陣は“中5日”を徹底するだろう。
田中がやるべきことはハッキリしている。
4点以上取られた試合はすべて“中4日”の登板だったし、目を見張るような投球を見せて
口うるさい地元紙からも絶賛されたのは5日またはそれ以上休んだ試合だ。
自分が貢献する最良の方法はこれだと割り切って、任された試合で結果を出すことだ。

球宴でたっぷり休んだあと、月曜日のレッドソックス戦はその通りの投球を見せた。
しばらく、プレートの一塁側を踏んで投げていたが、この試合では真ん中寄りに変えた。
試行錯誤しているということか。ベストポジションが見つかるといいね。

ダルビッシュ有( Texas Rangers 3年目 )
3試合 2勝0敗 防御率2.87 15回2/3 19三振・6四球 1HR

d0164636_8302557.jpg
前半は6月8日を最後に肩の異常を訴えてDL入りした。
球宴明けに登板したダルビッシュの力投を日曜日の未明に見た。
久しぶりのメジャーのマウンドだから力みもあったと思われ、4回1/3、90球で4四球と
制球が乱れた。しかし、球の威力はあった。2球あった最速158㌔をふくめ、ストレートは
コンスタントに153㌔前後だった。明らかにTJ手術前よりスピードが上がっている。
そういうタイプのピッチャーがいると聞いていたが、彼はまさにそのタイプなんだろう。

加えて、スライダーの切れが素晴らしく、9三振の大半がスライダーで奪っていた。
負け投手になったが、気にすることはない。
これで、翌日以降、肩・肘に異常が出なければ、登板のたびに投球数が増え、チームの
地区優勝に貢献するようになるのではないか。

大胆なことを言えば、身体が完調に戻ったダルビッシュは現在のMLBで5本の指に入る
ピッチャーに数えられる投球をするのではないか。

イチロー(Miami Marlins 通算16年目)
73試合(先発31) .335( 164-55 ) 出塁率.412

07/06のツイート

ネットを見ると、マーリンズの対戦相手レッズは
明日も明後日も左投手が先発だ。
イチローはベンチスタートになる可能性が高い。
そのあとは球宴休みになる。
せっかく調子がいいのだが、ケガ人が出なければ
出番がない状態が続くかも。焦らないことだね。

d0164636_8294352.jpg
球宴前にイチローの動向をチェックしたときのツイートだ。
基本的に、マッティングリー監督の方針には開幕以後ずっと、まったくぶれがない。
マーリンズの外野はスタントン、オズナ、イエリッチで固定し動かす気はないのだ。
よほどのことがなければ、相手の先発が右か左かも関係ない。それは、今シーズンだけを
考えてのことではなく、チームの将来を見据えた上での考え方だ。

だから、球宴後に朝日の見出しに…
“イチロー出場機会の壁 シーズン再開へ ライバル好調”とあったのは認識の間違いだ。
残念だが、イチローは若い3人の“ライバル”ではなく、あくまで“第4の外野手”なんだ。
d0164636_83723100.jpg
それでも、3人の中からケガ人が出たために前半は予想以上の試合数に先発起用された。
後半が始まって3試合目に球宴をはさんで8試合ぶりに先発するとたちまち3安打した。
球宴時には“遅くても8月上旬には3000安打に達する”と予想したが、早まりそうだ。
今日を含み、今月13試合残っている。日本時間の23日からは本拠地で10試合あるので
そこで達成するのが理想的だね。ただし、25,28,8月1日は勘弁してほしい。それぞれ
試合開始が午前2時10分、1時10分、2時10分だもの。ハハハ。

達成したときに一本記事を書く予定なので、今回はここまで。
 
古い友が逝った
d0164636_8281899.jpg
イラストレーターの灘本唯人さんが亡くなった。
仲が良かった豊田泰光氏の紹介で知り合った。水戸へ旅をしたこともある。
酒場の“たわむれ”とした2枚の美人画を描いていただいた。雰囲気が好きだ。
ご冥福を祈ります。
d0164636_828416.jpg

人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックしてください。

by toruiwa2010 | 2016-07-20 08:38 | メジャー&野球全般 | Comments(2)
Commented by ひろ☆はっぴ at 2016-07-20 17:26 x
イチローについてネットの記事によれば、スパイクシューズを新しいものに替えたこともあってか、打ってから一塁に到達するまでの時間が昨年に比べて0.1秒以上縮まっているそうです。本人もヤンキース在籍時より早くなっているとコメントしているとか。さらに四球が増えて出塁率が上がるとなると、どこか外野手が手薄な球団からオファーがあるかもしれませんね。
Commented by toruiwa2010 at 2016-07-20 18:04
ひろ☆はっぴさん、こんばんは。

来年以降のことはまったく
分からないと思います。
マーリンズとは今年1年でしたかね?
だとしたら、マーリンズ以外の球団が
声をかけるのは3月に入ってからでしょう。
じぐぞーパズルの最後の1枚として。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。