ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

北京五輪2008 5 自薦・厳選300? 16/07/24

d0164636_6534682.jpg
1着2着はどうでもいい! ( 2008/08/19 初出 )

オリンピックをこれほど“たっぷり”見るのは初めてかもしれません。
子供のころからスポーツを見るのは大好きでしたから、1954年に遅ればせながら我が家に
テレビが来て以来、熱心に見てはいたはずです。しかし、“衛星中継”以前は今ほど放送が
ありませんでした。
小野喬が体操の個人総合で優勝したメルボルン(1956)、はだしのアベベがアッピア街道の
石畳の上を哲学者のような顔で黙々と走って金メダルを獲ったローマ(1960)あたりからは
はっきりとした記憶が残っています。

東京オリンピックからは、仕事として、スポーツ・アナとして見ることになりました。
入社2年目の私は、フジテレビがネット局を総動員した“オリンピック放送実施本部”に
組み込まれ、目の回るような2週間あまりを過ごしました。この期間中に、とんでもない
失敗もしているのですが、いずれOldiesの一環としてこちらにも入れますから、しばらく
お待ち下さい。ハハハ。

前日の大雨が嘘のように、スッキリした秋晴れの中で迎えた開会式でスタートした大会は
スムーズに進みました。日本勢は、たしか、重量あげの三宅義信に始まって、お家芸の
レスリング、体操、柔道で金メダルを積み上げ、女子バレーが完璧な強さで優勝しました。

実施本部の中には“遊軍”と呼ばれる部署があり、社内の“切れ者”が集まっていました。
私の2年先輩になる日枝久氏(現・フジテレビ会長)もその一人です。このグループのおもな
仕事は、選手やその関係者をスタジオに連れてくることでした。
いまのように、メダリストが各局のスタジオをぐるぐる回る時代ではなく、言ってみれば、
“奪い合い”、“早い者勝ち”だったのです。どの“線”をたどっていけば有利か、どこで
コンタクトし、どのルートでスタジオまで運ぶか…知恵の出し合いでした。

この大会、“かつてはお家芸だった”水泳で日本はメダルが獲れないまま、競泳の最終日を
迎えました。しかし、最後のレースになった男子800メートル・リレーでプレッシャーを
はねのけて3位に食い込んだのです。当然、テレビ各局はメンバーを奪い合いました。
勝ったのはフジテレビでした。どんな手を使ったのかは知りません。ハハハ。
選手たちを他局に知られないように会場から連れ出すのに、なんと水泳競技場の厨房を
通り抜けたのは“あっぱれ”でした。
メダリストがスタジオに到着したとき私たちは拍手で迎えましたが、遊軍のメンバーにも
“Good Job”と賞賛することを忘れませんでした。ハハハ。

そして、アナウンサーとしての私は、このレースを実況した、敬愛する関西テレビの先輩、
故・松本アナが750メートルを折り返したあたりで発した「1着2着はどうでもいい。
日の丸が上がる。日章旗が上がる」(正確ではありませんが)のフレーズが忘れられません。
“応援放送”は自分がやるのはもちろん、他人がやるのを聞くのも苦手です。しかし、
このときのこの言葉は心に残りました。違和感がなく、日本人みんなの気持ちと完全に
“シンクロ”していたからだと思います。

私の中では、歴史に残る素晴らしい実況なんですが、正確なフレーズがどうだったかを
探ろうとして検索しても思わしい結果が得られませんでした。
かわりに、ある音楽家がこんなことを書いていました。

<<<私は基本的にはオリンピックが嫌いである。東京オリンピックは大学3年だったが、
TVで見たのは水泳の最後800メートルメドレーだったかな。
1着2着はアメリカ、オーストラリアで、日本は水泳では初めてで最後のメダルが取れるか
どうかでNHKアナウンサーのばかげた絶叫「1着2着はどうでもいい、頑張れ日本!」
をよく覚えている。なんとかドイツを破って3着に入って大騒ぎ。バカバカしい。
だいたいオリンピックなんてメチャクチャのウソで塗りこめた壮大なインチキイベント。>>>

…まず、アナウンサーはNHKではありません。そして、水泳に800のメドレーリレーが
あるのかな? 勉強しなおしていらっしゃい、と言っておきましょう。まあ、音楽家じゃ
しょうがないですけど。ハハハ。

*そして、昨日、“美と力”を見せたエレナ・イシンバエワ
d0164636_657865.jpg

偉業、またひとつ ( 2008/08/20 初出 )

110メートル・ハードルで、スターティング・ブロックについたアテネ・オリンピックの
チャンピオン、劉翔(りゅうしょう)は右手でももを触っていました。すでに違和感があった
のでしょう。結局、右アキレス腱痛を理由に棄権しました。
「申し訳ない」と本人はもちろん、コーチまで泣きながら国民に謝ったそうです。ネットで
叩かれることを恐れたのかもしれません。実際、そうなっているようですが。

日本のメダリストの中にも「金じゃなければ意味がない」という発言をする選手がいます。
“オリンピックの金メダル”には常人が理解できない“何か”があるようです。

アメリカでは今日、発売になるらしいですが、“スポーツ・イラストレーテッド”最新号の
表紙を飾ったマイケル・フェルプスです。
日本人の感覚では、頼まれてもやらないでしょう。北島に、アテネの分も合わせて四つの
金メダルを下げてポーズしてくれ(裸で…)と言ってみたら、どんな反応が返ってくるのか、
興味はありますけど。ハハハ。
水泳では“裸”がユニフォームみたいなものですから、本来なら、ちっともおかしくない
のでしょうが、構図や色のせいでしょうか、何か“変”ですね?
アメリカのあるブログ・サイトでこの写真を見つけたのですが、圧倒的多数の賞賛の声に
混じって「彼は“ゲイ”ではないのか?」という書き込みがあって、“論争”になっています。
d0164636_6541891.jpg
一度のオリンピックで八つの金メダルを獲得するというとんでもない“偉業”を達成した
フェルプスに対してはただただ驚嘆するだけです。ミュンヘン(1972)でマーク・スピッツが
記録した“七つ”を上回りました。
アメリカの騒ぎ方がどれほどのものか、日本にいると分かりません。
しかし、このブログに書かれていたひとつの情報を読んで「ああ、“それほど”なんだ」と
思いました。

実は、今週、フェルプスの写真はスポイラだけではなくタイムとニューズウイークという
アメリカを代表する三つの世界的な雑誌すべての表紙を飾っているのです!
政治家や俳優・歌手がほかの2誌に登場することはよくありますが、スポイラの場合は、
どうしてもスポーツ選手限定になりますから“3誌同時制覇”はなかなか難しいことだと
思います。これだけでも、アメリカの“騒ぎ方”が想像できます。

この手の記録は簡単には見つからないらしく、このブログの書き手も絶対の自信がある
わけではないようですが、過去の“偉業”として以下の4例を挙げています。
d0164636_6544612.jpg
1) セクレタリアト: 1973年6月11日号

2) メアリー・ルー・レットン: 1984年8月10日号

3) O.J. シンプソン: 1994年6月16日号

4) 1999 アメリカ女子サッカー・チーム : 1999年7月19日号


少し、補足しておきます。

1)アメリカの競馬史上に名前を残した名馬です。
ケンタッキー・ダービー、プリークネス・ステークス、ベルモント・ステークスを制して
見事に“三冠馬”となったのが1973年でした。
<<<馬でありながら20世紀のトップアスリートの上位にもランクされた>>>
…Wikipediaにそう書いてありました。馬の域を超えていたのでしょう。ハハハ。

2)1984ロサンゼルス・オリンピック女子体操の個人総合の金メダリスト。
地元のオリンピックでアメリカ体操史上初めて個人総合のタイトルをもたらしました。
競技の苦しさ、厳しさを一瞬忘れさせてしまう、彼女の屈託のない笑顔と“ゴムマリ”と
表現されたその弾むような演技は世界中のスポーツ・ファンの喝采を浴びました。

3)彼の名前は、アメリカン・フットボールの歴史に燦然と輝く…はずでした。
1994年6月13日に発生した元妻の殺人事件で逮捕されたあとは、まったく違う意味で
全米の注目を集めることになりました。写真は、警察発表の“マグ・ショット”です。
事件の発生から雑誌の印刷までほとんど時間がなかったのではないでしょうか?

4)女子ワールド・カップで優勝。
ニューズウイークやスポイラ(たぶん、タイムも)が使ったこの写真は、決勝ゴールになる
PKを決めたブランディ・チャステインが喜びの表現としてシャツを脱ぎ捨て、スポーツ・
ブラ姿になった瞬間をとらえたものです。
“物議”をかもしましたが、メディアの注目は彼女に集中しCMにまで登場したそうです。

人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックしてください。

by toruiwa2010 | 2016-07-24 08:32 | 自薦・厳選300? | Comments(4)
Commented by ひろ☆はっぴ at 2016-07-25 08:07 x
先日、ある新聞の夕刊に掲載されていた記事のことです。様々な分野の専門家が随筆のように書くコラムがありまして、ある純文学の作家がこう書いていました。
「スポーツ好きの人には申し訳ないのだが、私にはスポーツというものにあれだけ大騒ぎする気持ちが分からない」
先に申し訳ないと断りを入れているだけ、あの音楽家よりも謙虚でいいと思いました。
Commented by toruiwa2010 at 2016-07-25 09:15
ひろ☆はっぴサン、おはようございます。

今の私にはポケモンGOの何がそんなに
面白いのかさっぱり分かりません。

あ、前に「ポケモン好きの人には申し訳ないが」を
つけてください。ハハハ。
Commented by ひろ☆はっぴ at 2016-07-26 08:40 x
私もポケモンGOを理解できてません。
申し訳ないと言うつもりもありません。謙虚に生きたいとは思ってますが;^_^A
Commented by toruiwa2010 at 2016-07-26 09:05
ひろ☆はっぴサン、おはようございます。

最後の十数文字は、私へのあてこすりとして
受け止めておきます。ハハハ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。