ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

大橋巨泉を惜しむ~昭和が遠くなる~ 16/07/26

大橋巨泉が死んだ。毀誉褒貶…
これほど好かれ、これほど嫌われたタレントは珍しい。
私も好きではなかったが、彼の番組はたくさん見た。
面白かったからだ。
青島幸男、前田武彦、永六輔…そして巨泉が逝った。
時代を作った男たちだった。
小倉…つらかろう。

d0164636_858130.jpg
私がフジテレビに入社したのは1963年、東京オリンピックの前年だった。
午前と午後に放送を休む時間帯があり放送が終わる時間も早かった。そのころ午後11時は
各局ともほぼ“捨てていた”時間帯だった。しかし、60年代半ば、日本テレビがここに
「11PM (イレブン・ピーエム)」という番組を登場させた。当時としては大胆なお色気と
“♪シャバダバ・シャバダバ・ウー・シャバダバ」というこじゃれたオープニング曲で
大人気になった。硬軟取り混ぜた番組内容が魅力的だったし、“おとな”が楽しめたからだ。
d0164636_8581577.jpg
この番組で大橋巨泉が司会を始めたのは数年後だったと思う。ジャズ評論家だった彼は
構成をサポートする形で参加していたが、コーナー司会のあとメインに昇格した。当時の
テレビは“先輩”・アメリカのやり方を真似ながら、手探りで番組作りをしていた。
番組の進行役は、ラジオの時代からの流れで男性アナウンサーの独壇場だった。

やがて、アナウンサーに代わってこなす人たちが現れた。構成者、あるいは、放送作家と
呼ばれる人たちだ。彼らは 番組にどんなゲストを呼ぶか、どんな素材を使い、どのように
話を進め、どこで笑いを取りに行くか…を考え、台本を書いていた。
番組の全体像・流れをよく把握している彼らがアナウンサーの仕事ぶりに納得しないとき、
「これなら俺がやった方がよほど面白くなる」と思ったとしても、少しもおかしくない

大橋以外にも、三木鮎郎、青島幸男、野坂昭如、永六輔、前田武彦…続々と新しい才能が
画面に登場し、世間はそれを歓迎した。アナウンサーではないから、きれいな標準語こそ
しゃべらないが、頭の回転が速くて、知識も豊かな彼らの登場は視聴者にとってきわめて
新鮮だったのだ。上記の多才な男たちが現場を去ったあと、しばらくこの手の司会者は
登場していない。あえて言えば、司会者でこそないが、テリー伊藤のポジションは番組を
一定方向にもっていく、必要なところで盛り上げるなど、役割が似ている。

巨泉が司会をした番組はよく見た。自信満々の人間が嫌いだから、彼個人は苦手だったが、
番組は面白く作られていた。彼がプロデューサー的な感覚を備えていたからだろう。
日本の放送史上、稀有な才能の持ち主だったと思う。

「野球は巨人、司会は巨泉」、「ボイン」など、“造語”の名手でもあった。
特に、アシスタントだった女優・朝丘雪路の胸が大きいことを“ボイン”と表現したのは
秀逸だった。形状ではなく“擬音”的な言い方を持ち出したところにセンスを感じた。
d0164636_8583456.jpg
彼の司会術の特徴は“押し”の強さにあった。
映画を見ての印象だが、アメリカ人はジョークを言ったあと自分で大笑いする傾向がある。
テレビでトークショーを見ていると男性司会者はほぼ例外なくこのタイプだ。つられて
会場の観客も視聴者も笑ってしまう。この“手法”を日本に最初に持ち込んだのが巨泉だ。
笑い声が多ければ番組の印象は明るくなる。「クイズダービー」でも「How Much?」でも
歯を見せ、大口を開けて笑っていた。

恥ずかしながら、私の“ハハハ”も同じ効果を狙っている。ハハハ。

“一番弟子”の小倉智昭によると、最後は見る影もなくやせ細ってしまったようだが、
大きな体を揺すって大笑いしながら番組を仕切っていた大橋巨泉の姿はは強烈な思い出だ。
日本のテレビ放送史に大きな足跡を遺した人物として長く記憶されることだろう。

相次いで懐かしい人たちが逝ってしまう。気づけば、平成も28年か。
“昭和”が遠くなるわけだ。さみしい。

人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックしてください。

by toruiwa2010 | 2016-07-26 08:59 | 放送全般 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。