ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

ボルトはボルトだった!~さんざん心配したけどねw~16/08/16

史上初の3連覇!


男子100㍍の優勝はボルト、タイムは9812着はガトリンで989

ハッキリと差をつけ、余力を残してのオリンピック3連覇は見事としか言いようがない。

d0164636_07071193.jpg












スタート前の笑顔は少し硬いように見えた。いつも通り、少し出遅れてガトリンに先行を

許したが、中盤でギアをあげてあっさり逆転した。最後は右手のコブシで胸を叩いていた。

7月に左ももの裏側をいためてジャマイカ国内選手権の決勝を棄権したと聞いたときから

ずっと心配していたが、ふたを開ければ、ボルトはボルトだった!

北京、ロンドンと人気をさらう大会が続いた。強いし、カリスマ性がある。世界選手権を

ふくめて彼がいない陸上のビッグ・イベントは想像しにくかったが、今回は“ボルトレス”・

オリンピックを覚悟しなければいけないかも知れないと思った。予選から、期待に応えて、

すばらしい走りを見せてくれたことに感謝だ。

d0164636_07070579.jpg








ケンブリッジと山縣は大健闘だった。着順で堂々と準決勝に進んだ。褒めたいね。

二人とも準決勝で敗退したが、桐生を含めてみんないい経験をしたと思う。切磋琢磨し、

日本人として初めての9秒台を目指してほしい。実力が拮抗した3人の競い合いは必ず

いい効果を生むはずだ。

特に、ケンブリッジ飛鳥には期待する。フォームの解説は専門家に任せるが、予選の

走りは素人目には美しいと映った。ガトリンとコースが隣り合った準決勝では10秒の

壁を破る可能性もあると思ったが、それほど簡単ではなかった。諸般の事情が許すなら

アメリカでしかるべきコーチについてトレーニングしてほしいなあ。


こちらは3連覇ならず


女子100㍍でシェリー=アン・フレイザー・プライスの3連覇はならなかった。

好スタートからトップに立ったエレイン・トンプソンがそのままテープを切った。

ゴールした直後、自分が勝ったことにビックリした表情を浮かべたトンプソンを

3位でフィニッシュしたプライスが笑顔で祝福したシーンはよかったね。

同国人だから、ということはあるかもしれないが、“グッド・ルーザー”だった。

d0164636_07065416.jpg









…エレイン・トンプソン、リード、エレイン・トンプソン、リード。

エレイン・トンプソン 一着 フィニッシュ、金メダル!

シェリー=アン・フレイザー・プライスを破って驚きの表情!


土井アナ(TBS)はそう描写した。あの瞬間にしゃべるべきことはいくつかあったと思うが、

これはこれで大正解だった。画面を見ていた視聴者の気持ちとシンクロしたと思う。

普段は無駄な盛り上げが多い苦手なアナで厳しいことばかり書くが、珍しく褒める。

今回、レースの実況は ときどきトーンが高くなりすぎるのを除くと大きな破たんがなくて

“オリンピックの華”、陸上・トラック競技の放送席に座るだけの仕事をしている。

ただし、滑舌の良さを誇るかのように10秒のレースの中で長い名前を何度もフルネームで

言うのは正直 ウザイ!ハハハ。

ボルトレスは免れたが、女子幅跳びのダリヤ・クリシナが出場停止になり、リオ五輪の

陸上競技は完全な“ロシアレス”になってしまった。「なんか、やってんじゃないの?」と

疑いながら見るのも嫌だが、やっぱりロシア系美人の姿が見られないのは寂しいよね。


d0164636_07064843.jpg


by toruiwa2010 | 2016-08-16 07:11 | スポーツ全般 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。