ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

リオ五輪を軽く振り返っておく~めっちゃ楽しんだぜ~16/08/22

リオデジャネイロ・オリンピックがぼぼ終わった。

普通は開会式で始まって閉会式で終わるのだが、今大会は水泳のマイケル・フェルプスの

超人的な大活躍でふたを開け、ウサイン・ボルトが盛り上げ、最後に日本の4人の若者が

締めくくった印象が強い。

d0164636_06401662.jpg








フェルプスは5個、ボルトも3個の金メダルをさらって行った。フェルプスは200㍍・

バタフライと200㍍個人メドレーで4連覇を果たし、ボルトは100㍍、200㍍で3連覇し、

それぞれが水と陸の絶対的王者であることを見せつけた。

専門的なことは分からないが、2人とも恵まれた体を十分に生かしていると思う。そして、

体のどこにも無理がかかっていないと思える 流れるような泳ぎ方だし、走り方だ。

d0164636_06404040.jpg











特に、ボルトのランニングフォームの美しさにはいつも見とれてしまう。200㍍でカーブを

走るときの走り方が一番気に入っている。変な話、もう少しカーブが続けばいいのに…と

思ってしまう。“カーブ・フェチ”。ハハハ。

車だって大型車は苦労するようだから、スピードに乗っているときにカーブを曲がるのは

難しいだろうが、ここのフォームが最高に美しいのだから呆れる。

d0164636_06422597.jpg








100㍍は決勝も最後は流して勝った。200㍍も160㍍ぐらいで力を抜いたように見えたが、

案外“必死”だったのだろうか? ゴールのあと珍しく口惜しそうな顔をした。記録でも

狙っていたのか? そりゃ、世界記録のおまけつきで3連覇を達成すれば最高だったろうが、

どちらも危なげのない勝ちっぷりだった。陸上ファンは彼の走る姿を忘れないだろう。

d0164636_06411735.jpg








GREATEST”の一人を目指してるのさ。

モハメド・アリやペレのような。

(五輪3大会の実績で)自分が彼らと同じ

グループに入れたらいいね。


200㍍で優勝したあと、そう語ったそうだ。

彼をアリやペレと同じカテゴリに入れることに異論を唱える人は少ないだろう。

来年の世界陸上(ロンドン)には出るらしいが、2020 TOKYOはどう考えても無理だね。

傑出した水陸のチャンピオンと並んで、強烈な印象を残したのは日本人アスリートたちが

見せた土壇場からの逆転ドラマだ。


ハラハラしたのは男子体操の個人総合だった。最終種目を迎えたとき1位ベルニャエフに

0.901の差をつけられていた内村が鉄棒で入魂の演技で奇蹟的に逆転した。

卓球の男子団体は決勝で敗れたものの、第2試合に出た水谷が過去12戦全敗だった相手に

最終ゲ-ム710の場面から逆転したドラマにはしびれた。

バドミントン、高橋・松友ペアの金メダルは1-1からの第3ゲーム1619から逆転した。

劣勢をひっくり返した女子レスリング・登坂と伊調は残り10秒を切ってからだったし、

土性が最後の攻撃を開始したとき、残りは40秒を切っていた。

d0164636_06390676.jpg







絶望的な状況から挽回して勝利に結びつけるまでの過程を見るのはスポーツのだいご味だ。

そして、苦しい場面に追い込まれたアスリートたちが見せた精神力に呆れる。

大腿四頭筋、上腕二頭筋、背筋、腹筋…その気になり、しかるべきトレーニングを積めば

これらの筋肉を鍛えるのはそんなに難しくはないのだろう。

しかし、精神力の鍛錬は容易ではないはずだ。形が見えないものだし。


寺で座禅を組んだり、滝に打たれたりすれば精神力が養えるならいいが、そうはいかない。

内村、水谷、タカトモ、そして女子レスリングの選手たちに共通するのは“あとがない”

場面でも慌てる様子が見られなかったことだ。「最後まであきらめるな」監督・コーチは

必ずそう言うが、みんなができるわけではない。極限状態でも力が出せるのは積み上げた

練習の賜物だし、自分への揺るぎない信頼があるからだろう。並の人間にはできない。

だから、ここに書いたアスリートたちには限りないリスペクトを覚えるのだ。

d0164636_06371029.jpg








そして、男子4x100㍍・リレーで“まさか”の銀を獲ったニッポン男子!

山縣、飯塚、桐生、ケンブリッジには驚いた。

個々人の走力アップに加え、工夫に工夫、練習に練習を重ねたバトンリレーで勝ちとった。

バトンをつなぐたびにゾーンにひしめく18人の選手のかたまりから飛び出す鮮やかな

サンライズ・レッドのユニフォームが勢いよく出てくるのを見るのは快感だった。

いやなことが多い2016年だが、酷暑の夏に涼やかな風鈴の音を聞いた心地がする。


人気ブログランキングへ


⇑ 面白かったらクリックしてください。


by toruiwa2010 | 2016-08-22 07:09 | スポーツ全般 | Comments(4)
Commented by Vevey at 2016-08-22 10:33 x
岩佐さん、こんにちは。

今、閉会式が行われています。今のオリンピックに意義があるのか?とかよく言われますが、いざ始まるとハイレベルな競争に心を奪われますね。
最後にリレーの銀メダル!感動して何度も何度も見て、その度にドキドキして(笑)最高の夏になったね!と言ってあげたい。
前半の水泳、体操、テニスも良かったですが、素敵な締めくくりになりました。次回は時差なく見られるので助かります。
Commented by toruiwa2010 at 2016-08-22 10:38
Veveyさん、こんにちは。

もろもろ・・・その通りです。
「次回」も、嫌味を呟きながら
見られるほど元気でありたいです。
82歳になります。どうかなあ?
ハハハ。
Commented by Haru at 2016-08-22 22:34 x
岩佐さん、こんばんは。

オリンピック、ホント面白かったですね。
私は岩佐さんのように変則的な生活が出来なかったので、朝起きて、岩佐さんのツイッターをチェックするのが日課でした。お世話になりました。

オリンピックは、何故か観ちゃう競技を見つけるのも面白いですね。

東京オリンピックでは、もっといろんな競技を観られたら嬉しいのですが。
Commented by toruiwa2010 at 2016-08-23 07:00
Haruサン、おはようございます。

働く人には酷な日程でしたね。
私は日本時間の深夜の競技を捨て
早朝の決勝種目を見ました。
今朝も4時前に目が覚めました。
後遺症ですね。ハハハ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。