ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

「栄光のランナー」85点~「奇跡の教室」もよかったよ~16/08/26

栄光のランナー 85


1933年秋。

甲斐甲斐しく母が新調のジャケットを着せかけている。小さいころ身体が弱かった少年は

たくましい青年に成長していた。今日、彼は家を出てオハイオ州立大学に入るのだ。

ジェシー・オーエンスは傑出した陸上競技選手として奨学金を得ていた。


バスに黒人専用のシートがあるほど、人種差別の厳しいころだった。

大学に入ると、そこにも差別は待っていた。更衣室では同じアスリート仲間であるはずの

アメフト部のコーチや選手たちから露骨な嫌がらせを受けた。初対面の陸上のコーチも

冷ややかな対応だったが、翌日、ジェシーの走りを見て顔つきが変わった…

d0164636_07373681.jpg







その日から、3年後に迫っていたベルリン・オリンピックへの挑戦が始まります。

この映画は、そのオリンピックのもう一つの側面も描きます。開催国がヒトラー政権下の

ドイツだったのです。アメリカ国内は参加すべきか否かで大きく意見が分かれていました。

ボイコット派の主張は「参加すればユダヤ人に対する弾圧を許すことになる」でした。


当時USOC(アメリカの国内オリンピック委員会)会長だったブランデージは「スポーツに

政治を持ち込むべきではない」という立場でした。ベルリンに乗り込んだ彼は宣伝大臣の

ゲッペルスと会談し、参加の条件としてユダヤ人政策の改善を認めさせます。

一方、人種差別に反対する立場の黒人社会から参加しないように求められたオーエンスは

板挟みになって悩みますが、土壇場で参加を決めます。行かなければ、脅しに“屈する”

ことになるからです。


鑑賞後、劇場を出たところでぴあの担当者に評価を聞かれ85点と答えました。

横で別の担当者に捕まった妻が80点と答えているのが聞こえました。私は普通の人より

5点は甘いと思っていますから、“そんなところ”と思ってください。ハハハ。

ちょうど、オリンピックで陸上競技が始まったタイミングで見たのでレースのシーンは

“安っぽく”てどうにもなりませんでした。いくら80年前でも、短距離レースに出るのに

そんな体形はなかろうと言いたくなる選手も写ったりします。ハハハ。


こまかいことで恐縮ですが、初めの方に「なぜ、子供の話をしなかったのか?」と尋ねた

コーチにオーエンスが「You’ve never asked」と答えるシーンがありました。字幕には

“興味ないかと”と出ました。文字数に制限があるから仕方がないし、物語の進行には

関係がありませんが、「あなたが聞かなかったから」と“興味ない”は違う気がします。

“議論”はなかったのでしょうかね?


なお、原題は“The Race”です。競技のレースと、“人種”という意味をかけています。

日本語に直すのは無理ですね。


オリンピック中のツイート


ヒトラーがアーリアン民族の優位性を

誇示しようと目論んだベルリン五輪で

ジェシー・オーエンスは金メダルを

4 獲った。

幅跳びの表彰台…前は3位の田島直人、

うしろにナチス式敬礼をするロング。

象徴的な写真だね。

d0164636_07401025.jpg









この大会のオーエンスは100㍍、200㍍、4x100㍍と走り幅跳びで優勝しました。

写真の幅跳びは2種目目でした。ファウルで苦しむオーエンスを救ったのはドイツ人の

ロングでした。的確なアドバイスがあったのです。二人の友情はロングが第二次大戦で

戦死するまで続いたそうです。


奇跡の教室 85


パリ郊外にあるブルム高校のゲゲン教諭が新しいクラスを受け持つとき、生徒たちを前に

自己紹介で必ず口にする言葉があった。

「教員歴は20年。教えることが大好きなの。退屈な授業はしないつもりよ」


今度、新しく担任することになったクラスは学校で最も問題児が多いとされていた。

何度か言われるまで帽子を脱がないし、イヤホンを外さない。宗教画の中に地獄にいる

ムハンマドの話をすると、尊敬の対象を侮辱されたと怒って出て行く生徒もいる。

人種や宗教、出身地が違う生徒が集まっていて厄介なクラスだった…

d0164636_07394602.jpg







問題児が集まったクラス+信念を持った教師ですから、物語の結末は想像がつくでしょう。

で、その通りです。ハハハ。

言ってみれば“よくある話”ですが、この映画はハッピーエンドに至るまでの描き方に

わざとらしさが感じられなくてすがすがしい気持ちで劇場をあとにしました。


この映画の原題は「Les Heritiers」…意味は“後継者たち”です。

邦題の副題に“受け継ぐ者たちへ”とあります。

手が付けられなかった子供たちが変化し始めたのはゲゲン教諭が教室に招いた、戦争中、

ナチの強制収容所生還した老人の体験談を聞いたことがきっかけでした。くわしいことは

分かりませんが、フランスの学校では課外授業で強制収容所のことを学ぶようです。

いつまでも語り継がなければいけない…という考え方があるのでしょう。


おまけ:「プレバト」のお題“夕方の江の島”から…

d0164636_07391825.jpg









ほかにも


陽が沈み 地元のサーファー ばかりなり

陽が落ちて かおり強まる 夏の潮

夏の夕 島の向こうに 富士の影


人気ブログランキングへ


⇑ 面白かったらクリックしてください。


by toruiwa2010 | 2016-08-26 08:36 | 映画が好き | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。