ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

セレナ吠える…で 負ける 自薦・厳選300? 16/09/11

d0164636_07050236.jpg




ハリケーン“セレナ”

~断固として主審を支持!( 2011.09.13 初出 )


Women's Final

Stosur d.Serena W. 62/63


女子決勝は山場の少ない試合だった。

ストーサーがここまで強くなっているとは想像もしなかった。

セレモニーを終えてストーサーがコートの出口に差しかかったとき、

マイクを手にしてハグしたアリシア・モリクのほうがオーストラリアの

将来を背負う選手として大きな期待がかかっていた。

d0164636_07060363.jpg








オーストラリア女性の全米優勝は1973年のマーガレット・スミス・コート

以来のことだそうだ。

積極的に攻めるというゲーム・プランを実行しての優勝を讃えたい。


見事な決断をした、この試合の主審もほめておきたい。

ストーサーがボールをプレーする前にセレナが大きな声を出した。

hindrance・・・相手のプレーの邪魔をしたと判断された。

プレー中に帽子が飛ぶのと同じことだ。

ショットが見事なウイナーだったし、セレナの地元、アメリカでの

大会だけに難しい判断だったと思うが、主審のファインプレーだった。

あれを認めてしまうと、テニスの形が変わってしまう。声の大きい

選手が有利になる。練習メニューの中に“発声”を入れることになる。

ハハハ。


勇気ある決断をした主審に拍手を。(07:40AM 加筆)


…昨日の記事にそう書きました。


「主審のファインプレー…」に対して“クレーム”がありました。

放送席の説明も十分ではなかったので、無理もありません。

普通、帽子が飛んだり、チェアに雑な置き方をしていたタオルが風に飛ばされてプレーが

中断したり、全豪でビーナス(?)がヘアにつけていたビーズを落したりしたとき…などは、

“警告してポイントのやり直し”だったと思います。現場を離れて6年もたつので記憶が

少しあいまいですがご容赦ください。ハハハ。


しかし、“故意”と判断されたら、即失点です。

d0164636_07075587.jpg







この試合の主審はギリシャ人のエヴァ・アスデラキさんでした。彼女にとって、グランド・

スラムの決勝を裁くのは初めての経験でした。“初めて”だったことは関係ありません。

終始はっきりしたアンパイアリングだったと思います。

彼女が、“故意”だとして、ストーサーにポイントを与えたのかどうかは分かりません。

大多数の記事は、「意図的なhindrance(妨害)だったのでペナルティーを課した」という

ニュアンスで書いていますが、現時点では、まだ誰も判断理由を聞いていないはずです。


US OpenHPに出ている記事が少し引っ掛かります。

主審がストーサーのポイントとしたのは「グランド・スラム・ルールの指示するところに

従って」と書かれているからです。

私は“否定的”ですが、この書き方からは、GSでは、有無を言わさず、相手のポイントに

なるというニュアンスが感じ取れます。(確認できません)


どちらにしても、主審は、根拠なしに判断したわけではありません。しかも、迷わず、

毅然とした態度でジャッジを下しました。「拍手を…」と書いた理由はそこにあります。

ざっと読んだ限りでは、このジャッジに異議を唱える記事はどこにも見当たりません。

セレナの“荒れかた”があまりにもひどかったからでしょうが。ハハハ。

大事なポイントでしたから、どうしても判定が気に入らなければ、セレナはトーナメント・

レフェリーを呼んで抗議することもできたのです。それをしなかったのは彼女の選択です。

とにかく サーブが35%しか入らず 惨めなプレーで12ポイント連続で失って第1セットを

落としたセレナにはフラストレーションがかなりたまっていたのでしょう。

自分を抑えることができませんでした。

d0164636_07082958.jpg







「あなた、前にもここで私をコケにした人じゃないわよね。***

私のこと 見ないでちょうだい。廊下で私を見たら そっぽを向くのよ。

自分の意見を言ったらコードバイオレーションですって!こないだチェックしたけど、

ここはアメリカなのよ。どうしたらそんなことができるわけ?どうにもなんないわ。

どうにもなんないわね。あんたは他人が憎いのね。負け犬だわ。

内面が醜いのよ」


かなり意訳していますが、おおむねそんな意味のことを主審にぶつけました。


***明らかにセレナの思い違いです。

「前にもここで…」は2年前の全米準決勝(vs クライシュテルス)での騒ぎを指しています。

試合の終盤でフットフォルトを取られました。東洋系の女性の線審でしたが、このときも

セレナは大爆発。「このボールをあんたの“おし○”に突っ込んであげましょうか」…

おかげで高額の罰金を課せられ、2年間の執行猶予となっていました。

奇しくも、全米の決勝は、ちょうど、その“執行猶予”の最後の試合だったわけです。

改めて罰金を取られる可能性は大ですし、グランド・スラムへの出場が禁止されることも

考えられます。1度や2度じゃないから、心証は著しく悪いのです。ハハハ。


ウインブルドンなどで、good loser だなあ、と思ったこともあるのですが、今度ばかりは

救いようがありません。

試合終了後、主審と握手をしなかったのもよろしくないですね。

セレモニーを待つ間 ストーサーの隣に来て話しかけていましたが、ストーサーは明らかに

当惑していました。ネットをはさんで反対側にいた彼女にはセレナの言葉がよく聞こえて

いたでしょうから、当然です。“正体”を見ちゃったんですから。ハハハ。


知りませんでしたが、ストーサーは3回戦(vs Kirilenko)で全米史上最長の3時間16分、

2セットでは17-15という、これも最長タイブレークを勝ち抜いています。

その粘りが初のグランド・スラム優勝という形で実を結んだのでしょう。


今日、アメリカテニス連盟はセレナ・ウイリアムズにたいして

罰金2000ドル(16万円)を課したそうです。

「ストーサーのラケットが触れたことによって、セレナが声で

プレーを妨害したと判断した」ものです。

それ以上のペナルティはないようです。


ついでと言ってはなんですが、準決勝でジョコビッチに

逆転負けしたフェデラーの2011年はとうとう、グランド・

スラムのタイトルがないまま終わりました。

2003年から年間、最低でもひとつは獲っていたのですが、

偉業に終止符がうたれたことになります。


人気ブログランキングへ


⇑ 面白かったらクリックしてください。


by toruiwa2010 | 2016-09-11 08:30 | 自薦・厳選300? | Comments(3)
Commented by toruiwa2010 at 2016-09-11 07:35
ヤップンヤンさん、聞こえますか?w

オリンピックは見ましたか?
ボブ・コスタスはNBC全体のホスト役でしたか?
ほかの方でも、ご存知のかた、教えていただけると
嬉しいです。
Commented at 2016-09-12 19:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by toruiwa2010 at 2016-09-12 19:09
ヤップンヤンサン、了解です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。