ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

錦織圭・田中将大・稀勢の里~スポーツあれやこれや~16/09/13

錦織:そこまで来てる


Wawrinka d. Nishikori 46/75/64/62


WOWOWでテニスの実況を始めた当時、男子のNo1はステファン・エドバーグだった。

印象に過ぎず、データを見ると必ずしもそうではないのだが、64でセットを取ることが

多い選手という記憶がある。互いにゲームをキープして行き、44からブレーク&キープ、

またはキープ&ブレークでセットを終えるのだ。意識してやってるんじゃないかと思った。

d0164636_06592628.jpg









セットや試合の取り方、失い方には一定のパターンがある。

予選上がりの選手がトップシードの選手と戦って負けた試合のスコアを見ると67(or57)/

26/16 などとなっているときがある。競り合った挙句にロングセットを落とすとがくんと

モチベーションが下がり、以後のセットに力の差がはっきり出てしまうのだ。


今の錦織にそんな気配はまったくない。特に準々決勝のマレー戦で見せた“復元力”に

感心した。1ゲーム・オールの第3セットで二度ブレークされたのにすぐ追いついた。

振り切られて落としたとき、これまでかと思ったが、そのあとの2セットを連取して勝った。

“グランド・スラムの準々決勝”で“マレーに”こんな風に“競り勝った”のは快挙だ。


準決勝で力尽きたが、“knocking on the door”というフレーズが頭に浮かぶ。

ドアを叩いている…自信はないが、“手の届くところまできている”という意味だと思う。

そう、錦織にとってグランド・スラムは“あとちょっと”なのだ。チャンスはいずれ来る。

逃がさないことだね。そう、今度 ドアを叩いたら返事を待たずに開けてしまえ!ハハハ。


ちなみに、試合はスコアを追っただけで、映像は数ポイントしか見てない。

マレー戦のときはたまたま朝早く起きたのでテレビをつけてWOWOWにチャンネルを

合わせたが、解説者がM氏と分かって大急ぎで地上波に変えた。朝からあのわざとらしい

“熱苦し”さ勘弁してほしい。…だよね? ハハハ。

d0164636_06594297.jpg







田中:乗って来たね


田中将大、8回途中で降板。102球だった。

この5試合で2本目のHRを打たれ、

次の打者に死球を与えたところだ。

交代が一人遅れた感じだが 結果はどうか?

ERA3点台に戻った。5安打10三振か。

及第点だが、9番にHR…は本人もまったく

納得しないだろう。


久しぶりにスコアをつけながらメジャーを見た。オリンピックの期間中はNHKがほとんど

中継しなかったし、Jスポーツを見る時間もなかったからだ。


田中が好投してヤンキースが快勝した。

このところ、データしか見ていなかったのだが、前半にくらべて球速が増しているようだ。

ほんの1,2㍄だが大きな違いがあるだろう。低めの変化球にキレがあり、コントロールが

よかったこともあって危なげない投球だった。2回までに41球を投げて心配させたのに、

8回のマウンドにも上がった。

d0164636_07000476.jpg








途中で現地アナが田中のこだわりについて二度にわたって触れていた。

ファウルでストライクが取れても、凡打に打ち取っても首を振る田中の映像に「完ぺき

主義者だね」と感心しきりだった。日本人投手に共通するメンタリティだと思う。

7回を投げ切ったとき、防御率は球宴後初めて3点を切った(2.99)が、81死から一発を

浴びたことで3.04に戻ってしまった。


87日以後の7試合で6連勝か。残りの1試合は雨の中断が長かったために勝利投手の

権利を残して5回で交代したものだ。チームは勝ったが、あとのピッチャーが同点にされ

勝ち星が消えてしまった。今となると惜しいね。ハハハ。

7試合 461/3 10 防御率1.94 4四球・48三振 4本塁打…どの数字も素晴らしい。


30日の閉幕まで中4日で登板が続けば、あと4 先発できる。ベテランを外して若手に

切り替え中のヤンキースにワイルドカードでのプレーオフ進出のチャンスも出て来た。

田中の右腕にかかる期待は大きい。


稀勢の里:あらまあ…だね


横綱・白鵬が休場する。

名古屋場所で右足親指を痛め左膝も故障していた。

予想されていたことだが、彼がいない場所が

どうなるのか想像できない。

なんだかんだ言われるが、やっぱり大きな穴を

感じることになるだろうね。

稀勢の里は星一つ増えたってことか?

d0164636_07002078.jpg








…のはずだった大関だが、初日からつまずいてしまった。

横綱審議委員の総見でもさんざんな出来だったらしい。その後、調子が上がっていると

聞いたが、やっぱり駄目だった。相性のいいはずの隠岐の海に対して攻め込んだのはいいが

あっさり逆転された。本人は一生懸命にやっていると思うから責めるのは酷だが、期待を

大きく裏切ったのは事実だね。


昨日の二日目は“薄笑い”も強い勝ち方も復活したが、まるでジキルとハイドだ。

今場所はこれ以外に話題がない感じだからNHKも必死だ。連日、中入りから、その日の

稀勢の里の取組について語られてもねえ。ハハハ。


人気ブログランキングへ⇑ 面白かったらクリックを
by toruiwa2010 | 2016-09-13 08:10 | スポーツ全般 | Comments(4)
Commented by tom☆ at 2016-09-13 22:22 x
こんばんは! 
錦織・・後一歩なのは感じますが、その一歩はとんでもなく大きいですね。
もしかしたら一昨年が一番近かったのかも知れないし、今年バブリンカに勝てていれば取れたかも知れない?!
若い世代も追って来ているしベテランもシブトイ★ 
そうだとしても「もう1勝!!」と 応援出来る選手が今居ることに、感謝です!
M氏暑苦しいですが・・肝心の時には沈黙していて、邪魔にはならず・その後の解説には納得出来ます!苦手なのは仕方ないですけれど、ね。。
マレー戦、もし岩佐アナだったら、あの時どう表現したかな~☆ なんて、今でも思ってますよ!☆ 
準決勝の相手・・デルポトロよりバブリンカかな~?なんて思った自分に、「喝」。。来年こそチャンスは前髪を!ですね☆
Commented by yoshioka at 2016-09-13 23:13 x
錦織選手については、これまで厳しい目で見ておられた岩佐さんに「そこまで来てる」と言って頂き、岩佐さんの実況の時からのWOWOWのファン、錦織選手をずっと応援してきているファンとして、こんなうれしい言葉はありません。ありがとうございます。
長い試合の末マレーを破った瞬間の錦織選手、ガッツポーズも雄叫びもなくほっと安堵したような様子に、河路アナでしたかが「解放されました!」とだけ言った実況には共感しました。M氏もそのときは無言でした(^^)。
Commented by toruiwa2010 at 2016-09-14 07:21
tom☆サン、おはようございます。

熱いコメント…ハハハ。
錦織ファンはあそこまで行ったことを喜ぶべきか
あそこまで行ったのに…と口惜しがるべきか、
悩むでしょうね。ハハハ。
Commented by toruiwa2010 at 2016-09-14 09:00
yoshiokaさん、おはようございます。

私のようなものが言うことに一喜一憂するのは
愚かなことです。悪く書かれたら読み流せばいいのです。

「解放されました」はいい表現ですね。どんな口調で
言ったか分かりませんが、その瞬間を的確に表現していると
思います。ニュース映像しか見てないのでそれしか。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。