ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

ローズが言った「ラッキー」と 自薦・厳選300? 16/09/24

d0164636_07543879.jpg





偉業達成 おめでとう !

~内野安打は“運”じゃない~ ( 2010.09.24 初出 )


イチローが10年連続200安打を達成した。

文句なしの偉業だ。素直に、心からおめでとうと言いたい。

この数字を塗り替える選手は出てくるのか?…記録は破られるためにある

と言うから、いつかは現れるにしても、並大抵の数字ではない。当分は

“不滅”に近いと言っていい。とにかく、“追いつくだけ”でも最低10年は

かかるのだから。ハハハ。


"The guy has to be the luckiest guy inthe history of the world

to get that many infield hits!"


ピート・ローズがそう言ったらしい。

「そんなにたくさんの内野安打が打てるなんて、彼は世界一ラッキーな

やつに違いない」…というところか。

そこだけが“独り歩き”しているが、記事全体を読めば「全体の27,8%が

内野安打だということを知ってるか?」と聞かれて答えた言葉だと分かる。

“誘導”だよね。


イチロー・ファンの感情を甚だしく傷つけたようだ。

ローズが“ラッキー”をどんな意味で使ったかは分からない。

しかし、日本のマスコミは“幸運”や“ツキ”と訳しているところが多い。

これではファンが腹を立てるのも無理はない。


公式記録員を務める地元の記者がエラーに見える打球をヒットにしてくれる

“ツキ”や“幸運”はあるかもしれないが、イチローの内野安打の80-90%

彼の並はずれた俊足の産物だ。英語で言う“leg hit”なのだ。

ローズは、「…だとしたら、そんな俊足をもって生まれてきたのは“幸せ”」と

言いたかったのではないか?

ローズには大きなスキャンダルがあったし、イチロー・ファンは繊細だから

何をどう言っても聞く耳持たず、“袋叩き”にあっている。気の毒に。

d0164636_07562554.jpg









スポーツナビで木本大志「イチローの内野安打は“ラッキー”なのか?」を

読んだ。ローズの発言を受けて書かれた記事だ。

日付は22日になっている。今シーズン初めて4安打を放った日だ。

以下の部分が面白いと思った。

イチローは内野安打の可能性を高めるために意図的にゴロを打っている、

とした上で、さらに…


ではいったい、イチローはどれだけ“フライを打たない”のか? 

という点だが、メジャーでは、その打者がゴロを多く打つ打者であるか、

フライボールの多い打者であるか示す指標がある。

ゴロの数をフライの数で割った数値を「GB/FB」と簡略化して表すが、

20日までの時点でイチローは、2.24となり、両リーグ通じて第6位だった。

(米サイト『fan graphs』参照)  ***GB/FGの数値は元記事のまま。


…なるほど、と思わないでもない。

しかし、フライよりゴロのほうがヒットになる可能性が高いのは当然のこと。

少年野球の監督だって、脚の早い選手には「ゴロを打て」と教えるだろう。

ちなみに、それこそ“ツキ”に恵まれて回ってきた第5打席のイチローは、

投手左へのボテボテの打球だったが、相手ピッチャーがあわてふためき、

結果として4安打目を稼いだ。


話を元に戻せば、ローズはあくまでも「ラッキーだ」と言うかもしれないが、

この日の4本目のヒットなど、まさに可能性をつなぐ典型的な打球。

追い込まれた。最後は外の球。振り切らず、バットに当てて転がす。

そこに可能性を求める。


…と、木本記者は書いている。なるほど、とは思わない。“うがちすぎ”…。

“内野安打を打つ技術”を言っているつもりだろうが、“たわごと”だ。

木本氏がどのレベルの記者かは知らない。

しかし、次の部分を読めば、大体のことは分かる。


フライを打たない ゴロを転がす 転がせば野手の間に転がる

こともある。緩い打球になることもある。

イチローの足に慌て、悪送球になることもある。そして内野安打。

「風が吹けば桶屋がもうかる」という話ほど複雑でないが、フィギンズが

言いたいのは、可能性。


「風が吹けば…」は、思いがけない結果が生まれることを言うのだ。

意図的に打っているかのように書く一方で、「風が吹けば…」とつなげたら

意味不明になってしまうじゃないか。

恥じることはない。当ブログも「カルガモが“毛づくろい”を…」と書いて

「しまった」と思ったのは2日後だったことがある。

日本語は難しい。


7月のちょっとした“スランプ”の直後に「10年連続200安打を達成しても

しなくても、大きな区切りなんだから、優勝争いができるチームに移って

チャンピオン・リングを獲りにいったらどうだ」と進言した。

200安打はともかく、“メジャーで3000安打”が視界に入ってるだろうから

まあ、言ったって無理だろうなあ。


今日は、“おめでたい日”だから、ネガティブなことは書かない。

もし、興味があれば、1年前の“オマージュ”を読まれたい。

「イチロー:是々非々3 自薦・厳選300?

http://exci.to/1MApIWi


人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックを

by toruiwa2010 | 2016-09-24 08:02 | 自薦・厳選300? | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。