ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

「ハドソン川…」洋画No1?~「君の名は。」分からん~16/09/30

ハドソン川の奇跡 90


明け方、自分が操縦するカクタス1549便がマンハッタンの高層ビル群にぶつかる夢を見て

サリー(トム・ハンクス)はホテルの部屋で目を覚ました。似た夢を見続けていた。PTSDだ。

彼はそのまま起き上がると近くのハドソン川に行き、川沿いの道を走った。


実際の事故は2009115日に起きた。夢と同様、彼が操縦するカクタス1549便が

ラガーディア空港を離陸した直後、エンジンに鳥を吸い込んでしまった。エアバス320

両エンジンともに出力を失い、サリーはまずラガーディア空港に戻ることを選択する。

しかし、旋回を始めてすぐに彼の経験は“無理”だと告げる。

近くのニュージャージーの空港までもたどり着けないと判断したサリーはハドソン川への

着水を決め、冷静に成功させた。乗員乗客155人は駆け付けたフェリーなどに救助され

死者はゼロだった。


メディアは“ハドソン川の奇跡”と称え、市民も彼を”ヒーロー”と呼んだ…

d0164636_07341294.jpg






しかし、時間の経過とともに風向きが変わります。データの分析から、左のエンジンが

わずかながら出力を保っていたと分かったからです。「ラガーディアに戻れたではないか。

機長は乗客を無用の危険にさらしたことになる」と非難する声が上がります。

避けられない“バードストライク”で推力を失い、時間が限られた状況下、的確な判断で

真冬の川への着水を成功させ一人の死者も出さなかった“英雄”から、サリーは一転して

“容疑者”になったのです。

彼が悪夢を見た日はNTSB(国家運輸安全委員会)の事情聴取が始まる日でした。


委員が“墜落”という言葉を使うと、サリーがすぐに「不時着水だ、墜落じゃない」と

強い口調で訂正するなど、ヒアリングは初めから緊迫します。委員会側も譲りません。

一貫してサリーの態度は変わりません。決して英雄気取りになることはなく、プロとして

やるべきことをやった、着水の判断は間違っていなかったという誇りに満ちています。

左エンジンに関しても“データが間違ってる”と突っぱね、のちに証明されます。

この映画の成功は実物の機長が高潔な人物であったことに負うところが大だと思います。


ずか7年前に起きたことですから物語は広く知られています。その後の出来事も機長の

人柄も含めて。だからでしょうか、クリント・イーストウッドは余計な“装飾”を排し、

事実をひとつひとつ積み上げることでこの映画を作ろうと考えたようです。

サリーの人柄を示すエピソードの一つ二つはあってもよかったのではないかと思うのは

きっと、私が映画のど素人だからでしょう。ハハハ。


見終わった感想としては、「すばらしかった」としか言いようがありません。

86歳の超ベテラン監督は96分ですべてを語り尽しています。その手際の良さに脱帽です。

そして、私にとっては2016年公開の洋画の中ではNo1だと書いておきます。


蛇足2


鳥の衝突から着水まで328秒だったそうですが、映画はほぼ5分で描いています。

それでも短いと感じます。極度の緊張状態での208秒はあっという間だったでしょう。


「本当にこうだったのだろうか?」と思う気持ちもなくはないのですが、機長の判断が

正しいと分かる検証結果をつきつけられたときのNTSB委員の“潔さ”に感心しました。


君の名は。 75


えーと、さっぱり分かりませんでした。ハハハ。

めっぽう評判がいいので、日本アカデミー賞の候補にでもなったときのために見ました。


彗星が落ちて来る。

“みつは”と“たき君”が入れ替わる。

二人はやたらに夢を見る。

d0164636_07345482.jpg







…分かったのはそれだけでした。どこからどこまでが夢で、今 画面にいる“みつは”なり

“たき君”が本物なのか、入れ替わった彼らなのかが分からないので、物語が進むほどに

どんどんこんがらがってしまいました。これが明解にわかる人は頭の仕組みがおかしいわ。

ハハハ。


ま、評価がすこぶる高いのは見た人の心に届いたからでしょうから、内容を理解できず、

よさも分からない者は感動・感激する人たちを呆然と眺めているほかなく…。ハハハ。


つばめグリル 90


映画の話ではありません。映画の帰りに食事をした店の話です。

少し前にテレビ東京「カンブリア宮殿」で見ておいしそうだったので

行ってみました。この店独特の呼び方をされる“ハンブルグ”は

アルミホイルに包まれて出て来ます。

トマトのサラダ、コーンスープ、デザート(ゴマプリン&イチジクのプリン)

どれもおいしかったです。気に入ったので、時々行くことになりそうです。

これで、どこかに出かけたとき通り道になる渋谷に中華の“銀座アスター”と

並んで行きつけの店が2店になりました。

d0164636_07351829.jpg










d0164636_07353960.jpg








d0164636_07355691.jpg








人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックを

by toruiwa2010 | 2016-09-30 08:09 | 映画が好き | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。