ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

フェデラーがいない有明 自薦・厳選300? 16/10/10

紛らわしくてすみません。

時系列的には一昨日、昨日の2本より前の記事です。

こんなこともありつつ…と思って読んでください。ハハハ。

d0164636_07454426.jpg



AIG オープン開幕 ( 2007.10.02 初出 )


ファン待望のAIG オープンが開幕しました。

あー、しかし、フェデラーという大きな目玉選手はいません。


…残念ながら、全米オープンとデビス・カップから肉体的に

100%の回復が出来ていない。医師から「深刻なケガを避けるために、

少なくとも10日間は大会でプレーすべきではない」と言われた。


去年だって、同じスケジュールをこなして日本に来ています。

“超一流”のトップ・プレーヤーだと自他共に認めるフェデラーが、そこまで疲れるか?と

思わないでもありません。しかし、診断書をつけて「だから 出られない」と言われれば、

主催者はどうすることも出来ないのです。

ファンの大きな悲鳴が聞こえてくるような“事件”でした。

私の知る限り、これほど“ドタキャン”があって、理由がなかなか納得行かないケースが

多いスポーツはほかにないと思います。仕組みのどこかに“不備”があるのは確かでしょう。

だからと言って、来るだけ来て、あっさり1回戦負けされても困るわけですが。ハハハ。


秋の各大会のプロモーターたちは全米のときにニューヨークに入って、有力選手に出場を

打診したり、出場予定選手には改めて確認したりする作業を懸命にやっていたと思います。

その努力が水の泡になることは多いのです。

全米以後、最後のマスターズ・シリーズまでに予定されているインドア大会の主催者たちの

デスクには、多数の“診断書”と選手からの・・・つまりエージェントからの“詫び状”が

集まるのでしょう。ハハハ。


マスターズ・カップへの出場権を確保した有力選手たちは“義務付け”られているはずの

マドリードやパリのようなマスターズ・シリーズの大会でも、“平気で”休んでしまうのが

最近の傾向です。主催者はその目で選手の顔を見るまでは安心できません。ハハハ。

d0164636_07493409.jpg







「これ(フェデラーの欠場)で、スタートのピストルが鳴った瞬間にウィナーが決まっている

状況ではなくなって、かえって面白くなるんじゃないの?」という声がかなり聞こえて

くるようですが、どうでしょうか?


たしかに、“man to beat(倒すべき相手)が消えて、戸惑う選手もいるかもしれませんが、

“チャンス到来”と張り切る選手の方が多いはずです。

“抜けた”存在のフェデラー以外はそれなりに粒が揃っていますから、ファンにとっては

面白い試合を見る機会が増えたと見ることもできます。また、そうなってもらわないと、

“フェデラー”に惹かれて何ヶ月も前にチケットを買ったファンの思いは満たされません。


あえて書きませんでしたが、今年の大会では、男子の試合を中心に入場のアナウンスを

担当することになっていました。形は違いますが、“放送席でマイクを手にする”のは

久しぶりですから、ひそかに、とても楽しみでした。


しかし、実現することなく帰りました。

声をかけてくださった運営の人たちが考えていた演出プランと実際の進行がシンクロして

いなかったのが大きな理由です。


なにより、試合と試合の間を仕切っている松岡修造さんのボルテージがものすごく高くて

私が入り込む余地はありませんでした。そうなるから、"絡みはナシ"といってあったのに

なんとなく絡むようになってるし。ハハハ。


もちろん、テニスを盛り上げようという彼の情熱は掛け値なしに素晴らしいものです。

しかし、私はあくまで“黒子”としてひっそりやりたかったのに、どうもそうではない

方向に行きかねない様子があったのと、私のアナウンスをはさむと、テンションの差が

大きすぎて、かえって全体の調和を乱すことになると考えて遠慮することにしました。

日本テニス界にとって大事な人材である松岡さんがやりやすい環境を作るほうがいいと

考えたのです。いや、ほんとに。


久しぶりに「テニス・ファンのみなさん こんにちは。ご機嫌いかがでしょうか?」という

言葉でアナウンスを始めようと考えていました。残念ですが、縁がなかったということで、

大きな“トラブル”があったわけではありませんのでご安心ください。ハハハ。


“仕事始め”になるはずだった錦織圭の試合前の進行を見て、判断は間違っていないと

思いました。準備したデータは担当のスタッフに残し、日本テニス界の期待を背負った

錦織の若さいっぱいのプレーを少しだけ見て会場をあとにしました。

たぶん、テニスの会場に足を運ぶのはこれが最後になるでしょう。

おかげで、忙しくなるはずだった今週でしたが、思いっきりヒマになりました。ハハハ。

見たい映画が次々に封切りになっていますので、それを見ることにしましょう。

今日は、とりあえず、妻の買い物のお供です。ハハハ。

人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックを

by toruiwa2010 | 2016-10-10 08:43 | 自薦・厳選300? | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。