ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

チリ生き埋め&岸本哲也 自薦・厳選300? 16/11/03

d0164636_07190244.jpg





CNNはさすがだなあ

~チリ炭鉱救出劇を見て~ ( 2010.10.15 初出 )

“…And,that’s it. All 33 miners have been rescued.”


「以上です。33人の鉱員全員が救出されました」


映像のバックに、落ち着いた女性の声が流れていました。33人目、落盤事故が起きたとき

現場監督をしていたウルスアさんを乗せたカプセルが地上に戻った瞬間です。

スタジオの女性キャスターは、決して声を張り上げるわけでも感情のこもった表現を

使うわけでもなく、淡々と“事実”を伝えていました。

d0164636_07224275.jpg








若いころ、解説者の前でも「大リーグでは…」と知識をひけらかしていた(ハハハ)せいで

皮肉っぽく“ステーツ”と呼ばれていましたが、“アメリカかぶれ”は自認しています。

何かにつけて世界中から非難を浴びますが、この国の基本的な“おおらかさ”に始まって、

力と力が正面からぶつかり合うメージャー・リーグのある種の“潔さ”や、テレビ、特に、

報道の在り方を素晴らしいと思う気持ちは変わりません。


たまたま、今月初めからスカパーe2の“16日間無料体験”に入っていたおかげで、今回の

救出劇はCNNでかなり長時間、見守りました。

英語は半分ぐらいしか理解できませんが、彼らの姿勢・“やり方”はよく分かりました。

テレビ業界で過ごしてきた立場で見ていると、どんな事態が起きてもキャスターたちが

実に落ち着いていることに驚きます。教育のたまものでしょうか。


19934月、サッカー(ミラン・ダービー)中継のためにミラノに滞在中、ホテルで見た

CNNの報道を思い出しました。

その頃、アメリカ・テキサス州のウエイコで全米が注目する事件が起きていました。

細かな経緯は覚えていませんが、ブランチ・ダビディアンというカルト教団が大量の武器を

持って教団本部に立てこもり、周囲を取り囲んだFBIが投降を呼びかけていました。

そして、その日、シビレを切らしたFBIは“戦車”まで投入して突入を図ったのです。


その一部始終が生中継されましたが、スタジオの女性キャスターの落ち着いていたこと!

途中で、死を覚悟した教団側が建物に火を放ち、数か所から白煙が立ちのぼったときも、

少しも騒ぎ立てることなく、冷静に現場リポーターの話をリードしていました。

「これだよなあ」と思ったものです。


想像でものを言ってはいけませんが、日本だったらこんな放送にはならなかったでしょう。

現地の記者のテンションが上がるのは仕方がないでしょうが、日本のテレビだったら、

必ずと言っていいほど、スタジオのキャスターが舞い上がります。

“事実を伝える”が報道の第一義であることをどこかに置き去りにしたシーンをこれまで

何十回、何百回、見せられてきたことでしょうか。


制作側の注文もあるでしょうから、キャスターだけを責めることはできません。

また、歴史が違いますからアメリカのテレビに追いつくのは大変です。

しかし、「かみつき猿 現る」がトップ項目として長々と流されたり、自分が事件の中心に

なっているかのようにキャスターが騒ぎたてたりする“未成熟なテレビ報道”とは、

いい加減でおさらばしたいものです。

d0164636_07231656.jpg







部分的にしか見ていませんが、地上波では、たまたま見たフジテレビ「とくダネ!」の

岸本哲也リポーターの冷静な報告が目を引きました。

これまでも、「きちんとしたリポートをするなあ」と思っていましたが、今回の現地での

仕事は立派だったと思います。

長崎文化放送でアナウンサー、ディレクターの経験があるようです。

言葉の選択に大きな問題がないのをはじめ、表現力、取材力、行動力を持っていることを

うかがわせる内容でした。

“帰国子女”であることも大きな要素かもしれません。


思わず、二度、呟いてしまいました。


「とくダネ」で岸本哲也リポーターの報告が始まった。

こういうときの現地リポーターには行動力、取材力と

何よりもアドリブの能力が必要だ。

長崎文化放送でアナウンサーとディレクターを経験して

いるだけあって彼はそのすべてで及第点の力をもっている。

(続


続)彼のリポートを見ていると“帰国子女”ということを

考える。彼らに共通する、積極的で“物おじしない”

メンタリティーがこういう現場では最大限に生きる。

CNNの現地リポーターも見事だが岸本のリポートも

ほめたい。母局だけにいささか気が引けるが。


さすがに「なんなら、現MCと交代したって…」とは書きませんでしたが。ハハハ。


*一部、最近更新した記事の記述とダブるがご容赦を。


人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックを

by toruiwa2010 | 2016-11-03 07:26 | 自薦・厳選300? | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。