ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

カレー・オーハン・ヘンセー・ショー~目は人間のマナコだし~ 16/11/17

9月初め「はじまりはヒップホップ」という映画を見に行きました。

10分前に席につき、上映開始を待っているとき、何かがおかしいことに気づきました。

左目に何らかの“異変”があるようなのです。片目を交互に閉じてまだ何も映っていない

スクリーンを見ると、左目の中心部の見え方がおかしいのだと分かりました。

両眼で見る分には問題がないのでそのまま映画を見て帰りましたが、少々焦りました。

身体のどこが不自由でも気分のいいものではありませんが、目をやられるのはねえ。

人間のマナコだし。言うてる場合か!ハハハ。

d0164636_08113475.jpg









翌日、近所の眼科に出かけました。診断は“加齢黄斑変性症”…年寄りに多い病気です。

“中途半端”な知識だと認めた上で書くと、この病気は網膜中心部の黄班部の下にある

脈絡膜から異常な血管(新生血管)が生えてくることによって起こります。

黄班が腫れるため、ものがゆがんで見えたり中心部が暗く見えたりする症状が出るのです。

放置すると、症状が悪化し、視力がさらに悪くなることが予想されるので…と、医師から

提案された治療法のうち、“ルセンティスの注射”を選択しました。

新生血管を抑制し、見え方が改善されるという効果があると言われました。


最初の注射は1015日に実施しました。

もちろん、麻酔をした上ですが、眼球に針を刺すのは気分のいいものではありませんね。

20年前を思い出しました。


1995年秋、ミラン・ダービーを実況するためミラノに飛びました。

サンシーロ・スタジアムの放送席に座ってピッチを見ると、このときも見え方が変でした。

アップする選手の背番号がよく見えません。極端に言うと、111111に見えるのです。

つまり、にじんでいるのです。バックスタンドの横幕なども同じです。隣にいた解説者の

奥寺康彦さんに尋ねると「普通に見えるけど…」という返事でした。

結局、そのときは現地にいるのに手元のモニターを見ながら実況して切り抜けましたが、

放置することはできません。


帰国してすぐ検査してもらうと“白内障”が進行していると診断されました。

1996年にはサッカーのビッグ・イベントが控えていました。「この程度の白内障は、

普通、手術をしないもの」と“躊躇する”教授を説き伏せて、翌19962月に左目を、

3月に右目を手術しました。当時は病院に2泊しましたが、今はもっと簡単なようですね。

うらやましい。

d0164636_08123095.jpg








今回の注射ですが、針が刺さるときにショックはありますが、薬の量がごくわずかなので

一瞬で終わります。

「数時間後にはガーゼをはずしてもいいです」と言われて、少し拍子抜けしました。

白内障のとき、術後の目に雑菌が入ると失明することもあると脅されて(w)、水中眼鏡を

買った経験があるからです。今回も急いで購入してありましたが、「せっかく買ったのだし、

もったいないから」と、入浴のときに2回ほど使っただけでした。“後遺症”的なことは

数日は白目の部分に残る出血だけです。見た人がぎょっとすると悪いので外出のときは

サングラスを使用しました。

d0164636_08131906.jpg








先週、2回目を実施しました。

初めから“劇的な”効果は期待していませんでした。左目だけでパソコンのWEBサイトを

読むのは無理ですが、テレビに何が映っているかは分かるようになりました。それだけで

“進歩”だと思っています。“最低でも3回”と言われているので我慢が必要でしょう。

さいわい、右目は異常がないので大きな不自由はありません。


目下の心配は、3回やっても効果がなく、この状態が“定着”することです。

右目の助けで、こうして記事も書けますし、テレビ・映画もほぼ普通に見えます。

しかし、右目をつぶり左目で鏡を見たとき、そこに映る自分の左目の部分にぼんやりと

黒っぽい幕がかかって見えるだけというのは愉快なものではありません。

もっと怖いのは、右目にも同じ症状が起きることです。


本を読むことは難しくなるでしょう。

テレビや映画を見てもこれまでのようには楽しめなくなるでしょう。

短文のツイッターはともかく、ブログを書くのは苦行になるでしょう。


いろいろな楽しみが奪われることになります。そんなことになりませんようにと、毎晩、

神様に祈ってから眠りについています。嘘です。ハハハ。

しかし、起きたときに左目だけで周囲を見回して変化がないか確認するのがルーティンに

なりました。


先日の検査で症状がわずかながら改善されていると言われたこともあって、まだそこまで

深刻には考えていません。


12月半ばに三度目の注射をする予定です。効果が少しずつ増すことを祈っています。

それは本当です。ハハハ。


人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックを

by toruiwa2010 | 2016-11-17 08:45 | blog | Comments(4)
Commented by 老・ましゃこ at 2016-11-17 09:32 x
異常な血管(新生血管)が生えてくる>>>
このような「生え方!?」は全く愉快ではありませんね。
多くの岩佐ファンが気をもんでいると思います。
症状に気づかれてすぐに眼科にかかられたとのこと、
注射の効果も少しづつ一歩一歩ですね…お大事になさってください♡
Commented by toruiwa2010 at 2016-11-17 09:41
老・ましゃこサン、こんにちは。

ありがとうございます。
ある意味、がんを告知された時より
気分が悪かったです。
Commented by パンダ at 2016-11-17 13:02 x
目の病気心配です。
見えにくくなるということは、本当に大変だと思うので、
がわずかながら改善されているということなので、
少しホッとしました。
どうか、もっと良くなります様に。
ブログを楽しみにしているファンより。
Commented by toruiwa2010 at 2016-11-17 13:40
パンダさん、こんにちは。

ご心配かけてすみません。
なーに。大丈夫さ、と思っています。
完全に失明すれば焦るでしょうが。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。