ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

テレビの詫び方いろいろ~できるだけ謝りたくないw~ 16/11/22

田中将大とトランプ・タワー…

似合わねえと思っていたが、

案の定、ガセだった!

けさの「めざまし」で訂正&謝罪していた。

メインの三宅キャスターが正面から

謝ったのは正解だね。

d0164636_07402433.jpg







To err is human.

…そう。間違えるのが人間だ。


購読している朝日新聞にも、確か去年の春ごろ、訂正してお詫びする欄が登場した。

紙面の隅に…ではあるが、驚くほどの頻度で載っている。

記者が書いたあと、読み返すだろうし、デスクの厳しいチェックを受けたはずの新聞でも

それだけのミスをするのだから、生が多く、読んだり話したりする過程でチェック機能が

働かないテレビは間違いだらけと言っていい。


私が局アナだったころでも、最終的に放送を送り出す主調整室(マスター・コントロール・

ルーム)ですべての番組を2週間分ぐらい録画していた。チェックの必要が生じたときに

備えていたものだ。コンプライアンスが重視される現在はもっときめ細かなシステムを

作っていると思われる。


間違いを犯したと確認できたら、お詫びをするわけだが、やり方はいろいろだ。

厄介なのは、誰が謝るかという問題だ。ほぼすべての番組を局アナが仕切っていたころは

簡単だったが、タレント・フリーアナ・文化人が司会・進行を担当するようになった今は

“部外者に責任を負わせる”ことをためらうようになった。明らかに番組の“顔”であっても

謝罪はアシスタントの役割になる。本人や事務所が拒むケースもあれば、番組が気を遣う

こともあるだろう。

d0164636_07405441.jpg








冒頭のツイートで取り上げた謝罪は「めざまし」が発端だったようだ。

クイズの問題の中に、田中がドナルド・トランプ所有のトランプ・ワールド・タワーに

住んでいる…とする表現があった。また 数日後の「とくダネ」でもサブ司会の笠井アナが

田中が住人であるような印象を与える話のあとに「(次期大統領に当選した大家さんに)

花のひとつでも贈っているんじゃないですか?小倉さん」と無茶振りし、小倉が苦笑する

場面があった。


「めざまし」以前にもこの情報はあったはずだし、田中夫妻が住んでいるのは事実だと

思っていたが、違うらしい。おかしいと思ったんだ。経済的には余裕で入れるだろうが、

さすがに、それほど趣味は悪くないと分かってよかった。ハハハ。


夫妻も、間違いが定着することを嫌って抗議したと聞く。

今後の番組出演などを考えるとフジテレビは謝る以外に選択肢はなかったんだ。

「めざまし」はメイン司会者&局アナの三宅キャスターが神妙に謝罪した。誠意が見えた。

一方、「とくダネ」は小倉キャスターが 「訂正があります」と振って笠井アナが詫びた。


ついつい、小倉が笠井に押し付けたんだというニュアンスを含ませて呟いてしまったが、

番組内での“事件発生”の経緯を見直すと、小倉が責めを負う必要はなかったんだね。

それだけに、同じ立場だったはずの三宅が頭を下げたのは評価されると思う。


この件はそれで終わりだと思っていたら、火曜日の「とくダネ」で“続編”があった。

一つのコーナーが終わったところで小倉が手元のメモに目を落としながら話し始めた。

番組の初めの方で韓国・朴槿恵大統領関連の項目を扱った中で間違いがあったのだ。

「先ほど、(中略)産経新聞ソウル支局長が逮捕されたと言いましたが、在宅起訴なので

“逮捕”という言葉は使わないんだそうです。大変、失礼しました」と。

d0164636_07412451.jpg








文面の言葉はたしかに詫びているが、最後の“た”が叩きつけるような言い方になっていて、

いかにも「なんで、こんなことで詫びなきゃいけないんだ」と言いたげで“ダメ”だったね。

現役を終える前の数年間、「すみませんでした」と言いつつ、決して頭を下げなかった私と

おんなじだ。理由は違うけど。ハハハ。


あ、それから、蛇足だけど、情報が正しいか間違っているかの前に、正しくても セレブが

住んでいる場所を言うのはテレビとしてOUTだと思うぜ。


人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックを

by toruiwa2010 | 2016-11-22 07:42 | 放送全般 | Comments(2)
Commented by ヤップンヤン at 2016-11-23 16:24 x
ちなみにですが、香港ではセレブ、政財界など有名人の住居は、住所を含め写真入りで紹介されます。時によっては間取りまで公開されます。
新聞、雑誌問わずで、テレビですら最低でもどこの地区に住んでいるのかまでは明らかにします。「公人、準公人なのだからその位は当たり前」という考えが強いからです。安全面の危惧も「お金があるのだから自分でボディガードを雇え」とというスタンスです(そのお金の源泉も自分たちにあるのだから、当然と思っています)。
日本とは違う考え方なので、最初はびっくりしましたし、文化や考え方の違いはおもしろいなと思いました。
Commented by toruiwa2010 at 2016-11-23 16:28
ヤップンヤンさん、こんにちは。

文化…ですねえ。
セレブをどのレベルまで含めるかも
かなり微妙ですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。