ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

がんばれ岡村隆史! 自薦・厳選300? 16/11/28

d0164636_76160.jpg



おかえり、オカムラ
~笑い…泣いてしまったぜ~ ( 2010.11.28 初出 )


数年ぶりでフジテレビの「めちゃx2イケてる」を見ました。
もちろん、岡村隆史が戻ってくるからです。けっこうミーハー。ハハハ。
いいじゃないですか。岡村を見ると“いじらしさ”を感じるのです。芸人には珍しいです。
彼が主演した映画「てぃだかんかん」には90点をつけました。世間的な評判はそれほど
よくなかったようですが、私は、深く、静かに胸を揺さぶられたからです。
映画のレビューに、こう書きました。
d0164636_762798.jpg







ふだんでも、岡村隆史の出ているテレビを見て涙ぐんでいる自分に
気づくことがあります。なにか、この芸人がやっていることには
ペーソスがあるように思えてなりません。
笑いは哀しみと“紙一重”のところがありますが、彼は、小さな体
いっぱいにその両方を詰め込んでいます。
チャップリンの世界を連想します。

この映画の彼は、演じるというより、金城健司になりきっていました。
お笑いタレントの演技の域を超えていたと思います。去年「ディア・
ドクター」で笑福亭鶴瓶を見たときにも似たような感想を持ちましたが、
岡村隆史はさらにその上を行っています。

テレビ番組の企画でジャニーズJrにまぎれこんでSMAPのコンサートに
登場したときは笑っただけでしたが、劇団四季の厳しいけいこに耐えて
「ライオンキング」のステージを踏んだときは感動しました。
“努力”や“一生懸命”という言葉では片付けられない何かがあります。
惚れてしまいました。
d0164636_765147.jpg







…何があったのか、7月から休養していたその岡村が仕事に戻ってきました。
年齢のせいか、さすがに、少しずつ、“ドタバタ”にはついていけなくなっていますが、
これは見ないわけにいきません。ハハハ。

チリの炭鉱事故救出ドラマをパロって、最後の一人としてカプセルの中から現れるのが
岡村という設定になっていました。まあ、よく考えるものだと感心します。ハハハ。
本当に何も知らされていなかったらしい「めちゃイケ」の仲間が温かく彼を迎えます。
相棒の矢部とがっちり握手をしたと思ったら、その手をぐっと引きよせ、大柄な矢部に
抱きついて行きました。二人だけに通じるものがあるのだと思います。
“演技”もあるでしょうが、素直な気持ちが表れていて思わず目頭が熱くなりました。
d0164636_771763.jpg







一見、元気です。しかし、どこまで“回復”しているのかは分かりません。
表向きは“体調不良”でしたが、精神的な問題を抱えているという話もありました。
人を笑わせるのは容易なことではありません。“体調万全”が絶対条件でしょう。
ゆっくり、じっくり、体力を蓄えて本格的な“オカムラ復活”を目指してほしいものです。

人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックを
by toruiwa2010 | 2016-11-27 07:10 | 自薦・厳選300? | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。