ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

小池知事 恫喝じゃないか!?~劇場の幕 下りつつある?~16/12/05

「ちょっと、それは失礼なんじゃないですか?!」

記者が「(バレー会場が有明になれば)“大山鳴動してネズミ一匹”ということに…?」と
言ったとき、質問は終わっていないのに、さえぎって東京都知事・小池百合子が言った。
メディアは予想した通りこれを”気色ばんだ”と形容した。8月の就任以来、定例会見も
議会の所信表明も生中継が当たり前になり、カメラの前で思い通りのパフォーマンスを
見せ続け、非難されたり、答えにくい質問に接したりすることはなかった。この場面も
言い方が気にさわったのは事実だが、本人としては“可愛く”かわしたつもりだったと思う。
d0164636_982729.jpg







この書き方も意地悪じゃないか。この写真だって恣意的じゃないかと言うかもしれない。
しかし、彼女だって、こんなもっとあからさまなことやってたしなあ。ハハハ。
d0164636_983751.jpg






痛いところを突かれたのは間違いない。
誰がどう見ても、オリンピックの会場問題は実質0勝3敗に終わった。…終わりつつある。
“クリスマスまで”と言ったから、ヨーロッパの慣習を考慮すれば、遅くても19日までに
発表することになるだろう。「バレーは有明で。ただし、さらなる経費削減を目指す」と。
11月7日のIOC・バッハ会長との公開会見で“ルールは変更しないことが望ましい”と
太い釘を刺されたときにこの結論は見えていたのだ。

本当は先月29日に開かれた4者のトップ級会談の場で決着がつけられたはずなんだ。
聞けば横浜市が東京都に送った文書で難色を示していたことを、小池は知らされておらず、
森は知っていたと言う。もしあのときに森が「私の知りうるかぎり…」と思わせぶりな
言い方でなく、ハッキリと中身を読み上げていれば小池は誤魔化せなかったはずだ。

横浜市の文書は「東京2020大会の成功に向けて、最大限協力してまいります」としつつ、
民有地の利用や周辺環境の整備などはすべて都と組織委でやってくれと丸投げしている。
その上で、結論的な部分で「IF(国際競技団体)、NF(国内競技団体)など競技団体の皆様、
さらにIOC(国際オリンピック委員会)の意向が一致していることが重要と考える」と
言っている。ここが肝心だ。横浜市側は各競技団体やIOCが“有明”を望んでいることを
認識した上でこの文章を書いているのだ。横浜市が言っているのは「ね、うちでやるのは
どう考えたって無理なんですよ。分かりますよね」ということだ。
d0164636_914041.jpg







小池知事は林横浜市長とは「“ゴルフ友達”なんです」とコケティッシュに笑って見せた。
こっちも笑ってしまった。親密であることをアピールしたつもりかもしれないが、一緒に
ゴルフをすることが自治体の長同士の仲の良さを示すものではないと思うからだ。

大山鳴動鼠一匹…記者だけでなく、多くの都民がそう思っているのではないか。
もちろん、“ブラックボックス”のすべてではないものの東京が抱えるいろいろな問題を
目に見えるようにした功績、いくつかの会場の新設費用をかなり削った功績はあるだろう。
しかし、豊洲への移転が早くても“来年冬”と発表し、オリンピックの3会場問題について
ほぼ結論が見えたところで小池劇場の終わりは見えてきた気がする。

旗揚げのときからこの“小池百合子一座”は注目されてきた。
常に観客の関心を呼ぶ“出し物”をかけた。客を飽きさせない“演出”もうまかった。
特に宣伝もしていないのにメディアがバンバン取り上げてくれるから、小屋には観客が
押し寄せた。なにより“座長”に半端ない華があった。少し首を傾げ、にっこり笑いながら
下から見上げるような視線を送れば観客が沸いた。
…そんなところか。

しかし、圧倒的だった人気に陰りが見え始めた。
小池知事の強みは観客、つまり、都民の圧倒的な支持だったが、就任から4か月を過ぎて
緩やかなカーブを描いて人気が下降線をたどり始めた。
これまで最大の課題だった豊洲市場問題は“食の安全・安心”、3会場問題はアスリート
ファースト”をそれぞれ錦の御旗にして突っ走ってきたが、“移転延期”についてはいささか
強引すぎる印象が残り、3会場はほぼ“完敗”に終わりそうだ。

今のところ、都民の支持はまだ高いようだが、メディアからは少しずつネガティブな話も
出始めている。何かをきっかけに一斉に“キバ”を向いたら必ず反動が出てくる。
少なくとも これまでのように初めから優位に立って思うようにパフォーマンスができる
状況ではなくなるだろう。

“悪代官”というわけではないのだが、もっと慎重にやればよかったのに、勢いにまかせて
調子に乗りすぎた…ように私の目には映る。
「失礼なんじゃないですか」はメディアを敵に回すきっかけになるかもしれない。

人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックを
by toruiwa2010 | 2016-12-05 09:15 | 岩佐徹的考察 | Comments(3)
Commented by えどたろー at 2016-12-05 17:01 x
岩佐さん、こんにちは。

小池さん、苦労してますね。
オリンピック、なかなか思うように
ならないようで…。
ただ、森さんの方が都民…というか
国民的に、かなりウケが悪いと思うので
まだまだ大丈夫な気もしますが…。
その考えは甘いでしょうか( ̄▽ ̄;)

Commented by toruiwa2010 at 2016-12-05 17:53
えどたろーサン、こんばんは。

小池の人気が下がるにしても
それほど急激ではないと思います。
メディアの動向次第でしょう。

このところ、"森"は静かですね。
"池"は波立ってますが。ハハハ。
Commented by toruiwa2010 at 2017-04-25 17:41
名無しサン、承認しません。
あなたの意見表明は別のところで
やってください。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。