ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

成宮…グレーのまま?~パラダイム&フィギュア~16/12/12

成宮寛貴 芸能界を引退!
事務所は「事実は確認できない。
責任を取る形で…」と。
本人のメッセージは覚せい剤を認めていない。
代わりに、自分の知られたくない部分を
オープンにされることに耐えられない…etc
言ってることが分からない。
芸能人と薬物。闇は深いね。
d0164636_08191785.jpg






夕方のニュースで“速報”を見てすぐにつぶやいた。
事務所は「尿検査をしたが陰性だった」と言うが、どんな検査だったか明らかじゃないし、
成宮が持ち込んだキットだった、病院での検査は本人が拒んだ…という話もある。
フライデーの第2弾に出た音声データもあって、麻薬の疑惑を完全に晴らすのは無理だ。

そして、自筆のメッセージにあった「…この仕事をする上で人には絶対知られたくない
セクシャリティな部分もクローズアップされてしまい」がかなり微妙だ。これはつまり
“ゲイ”ってことだよね。フライデーにはハッキリと書かれていたわけではなかった。私も
読み直してみて「ああ、この部分のことか」と気づいたほどだ。そして、“気持ち”には
大きな個人差があるから簡単に割り切れないが、今の時代、それが芸能界を去る理由に
なるとは考えにくい。むしろ、疑惑追及の目をクスリからそらすための隠れ蓑にしよう
としていると取られる。

要するに、クスリの件が完全にクリアになっていない以上、“成宮の引退”でジ・エンドと
なるとは思えない。いったん収まったかに見えても、いつかまた、成宮の名前は出てくる。
その意味でも、薬物から逃げるのは簡単じゃないんだ。特に芸能人はなあ。
d0164636_08315025.jpg








前週は、「下手したら廃刊だから」と言っていた「ワイドナショー」の松本人志だったが、
昨日は「まあ、そうか、こっちはなんか、代理戦争させられた感はありますけれどもねえ」と
珍しく歯切れ悪く10秒ほどコメントしただけだった。いや、本当は、明らかにさらに言葉を
継いだ気配があったが、そこで次の項目に移ってしまった。
その先に何か“マズイ”ことを言ったんじゃないの…と、疑惑を残す編集だった。紛らわしい
編集はやめとけと、これはスタッフに言っておく。ハハハ。

今後、しばらくは周囲が注意して見守るべき”追いつめられた”人たち。
テレビ朝日の女性アナ、成宮寛貴・・・・・・・・・・そして、朴槿恵。

カタカナ…

定例会見で小池知事はパラダイムシフト…
という言葉を持ち出した。 どんな意味で使ったか不明だ。
一応、大学を出た大人がどう解釈すれば いいのか迷うような
言葉を使っちゃダメだ。
逆に言えば、それが狙いで「煙に巻こう」ということだろう。
ずる賢いわ。
d0164636_08233994.jpg









“パラダイム…”はあらかじめ考えた構文の中にあったはずなのに、わざとらしいなあ。
今はまだ支持率が高いからいいが、もうそろそろやめないか。分かっているとは思うが、
“おんな”を使っているのが見え見えだ。いずれきっと、“ブーメラン”となって戻ってくる。
そのとき、首をすくめて(それも可愛らしく)も遅いぜ。

で、横文字に頼ったのは少しでもダメージを少なくしようってことだよね。
有明アリーナの建設やその後の運営に民間をからめる考え方はIOCから示唆があったし、
日本トップリーグ連携機構の川淵三郎会長もそのような発言をしていた。最終的に有明に
決まるにしても民間の資金を導入すれば都の負担が減るのだから“成果”なのだが、さも、
以前から自分のアイデアだったかのように言うのは反則だよね。

羽生V・宇野3位&宮原2位

予想通り、羽生結弦とエフゲニア・メドベジェワが勝った。
羽生のSPは、冒頭の4回転の着氷をかろうじて耐えたあとが圧巻だった。その通りだが、
「自分が普通に滑れば負けない」と試合前に言い切れる自信がすごいと思う。この自信は
当分 崩れそうにない。
d0164636_08323119.jpg







宇野昌磨が会心のFSで表彰台に上がった。
アメリカのネイサン・チェンがそれを上回る完璧な出来で逆転2位をゲットした。
パトリック・チャンは100点に迫るすばらしいSPのあとFSで大崩れしたし、ハビエル・
フェルナンデスは2本とも“らしく”なかった。ベテランが崩れる中で羽生以下伸び盛りの
3人が上位を占めたのは象徴的だ。

昨日のFSを見て、チェンはピョンチャンで羽生の最強の敵になっている可能性を感じた。
19.90をたたき出した4回転-3回転はすごかった。演技全体にどれだけ磨きがかかるか、
17歳という年齢といまの上昇カーブを考えると恐ろしい存在だ。
d0164636_08331698.jpg









メドベジェワには死角が見えない。
SPでポジションに向かうときに背中(腰?)を痛めたらしいアンナ・ポゴリラヤがFSで
素晴らしい演技を見せた。普通の状態だったら、この二人は相当安定している。
逆転で2位になった宮原のFSは見事だったね。「思い切って跳ぶ」が目標だったようだが、
きちんと結果を出した。ワンステップ上がった気がする。

d0164636_08342667.jpg



















人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックを

by toruiwa2010 | 2016-12-12 08:35 | 岩佐徹的考察 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。