ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

フジテレビ、上昇へ向かうか?~甘いとは思うけれど…~ 16/12/14

昨日放送の #FNS歌謡祭 が

12.6%を記録したという。

久々のヒットだ。めでたい!

鬼平犯科帳もまずまずの数字を

たたき出した。安心などできないが、

"低迷"が底を打ったということか?

少なくとも、きっかけになると思う。

後輩たち、ここが正念場だぜ。

d0164636_08433347.jpg








1963年にフジテレビに入社した。

60年代後半に労働組合ができた。それまでは会社の言うことを何でも聞く“8の会”という

組織しかなかったが、健全な労使関係を作ろうと有志が立ち上がったのだ。超保守的な

経営陣に悟られないために、結成までの秘密保持はかなり厳密で、父親がグループの中核・

産経新聞で編集の幹部だった私が知らされたのは仲間の中で最後の方だった。ハハハ。


“寝首を掻かれた”経営陣は怒り狂って様々な切り崩し工作を行った。組合で執行委員を

務める社員を子会社に異動させたりした。強引な人事は社員の気持ちに影を落とした。

営業や視聴率の不振もあって廊下の蛍光灯が“間引かれ”、トイレからペーパー・タオルが

撤去されて、70年代の社内の空気はどんよりと沈んでいた。


そのころ、一人の男がフジテレビに乗り込んできた。社長の息子だった。多くの社員は

「どうせ、ドラ息子だろ。何もできないに決まってるさ」と冷ややかな目で見ていた。

しかし、この男・鹿内春雄が私に言わせれば、“フジテレビ・中興の祖”になったのだから

分からないものだ。父親と同じでワンマンだったとは思うが、聞く耳を持っていた。


“飛ばされていた”執行委員たちを次々に本社に戻して要職に就けた。社員は敏感に反応し、

明るさを取り戻していった。営業成績が上向きになり、視聴率も上昇に転じていった。

80年代に入ってまもなく昼の「笑ってる場合ですよ」(のちに「笑っていいとも」)

ゴールデンの「オレたちひょうきん族」が生まれてヒットしたのも こうした社内の明るい

空気を反映したのだと思う。


週間、月間、年間…視聴率でトップを取るようになると、そのたびに会社からお祝いの

“金一封”が出た。週間で1万円、月間は3万円だったと記憶する。ゴルフに行くときや

麻雀で負けたとき、助けてもらった。

好調な番組のスタッフは廊下の真ん中を肩で風を切って歩いていたからすぐに分かった。

ハハハ。

d0164636_08430352.jpg








そこから先のフジテレビはホリエモンに激しく揺さぶられたときを除くと、逆境知らずで

年間視聴率トップを走り続けたあと、一度、王座を譲ったが10年ほどで取り戻した。

しかし、そのころ静かに“嫌韓”菌がフジテレビにとりつき始めた。私の目にはほとんどが

言いがかりに見えたが、台場でデモが始まったころから、これは気を付けないとまずいと

思うようになり、当ブログでもしばしば警告した。


しょぼくれた老OBの言うことなど、わが母局が取り合うはずもなく、病気は進行した。

最初の兆候が出たときの対応が甘かったんだ。気づいてからの対応も遅れた。

なーにという慢心が病状の悪化を加速させ、気づいたときにはヤバい状態に近づいていた。

今はドクターたちの懸命な手当てで命を長らえている…そんなところだ。


かつては“楽しくなければテレビじゃない”を掲げて 若い世代に愛された局だったのに、

今は若者に背を向けられている。危険な状態は続いていると思わなければいけない。

ここに至った原因はいろいろある。最大のものは、認めないだろうが“おごり・油断”だ。

そこに気づかなければ終わりだとずっと思っていた。

d0164636_08440330.jpg







さすがに、ここに来てほんの少しずつ、変化が見え始めている。

今はまだ、窮地を脱しようと“あがいて”いる状態だが、まじめに頑張り続けていれば、

いずれまた“いい日”が来るかもしれない。

好調な他局にくらべれば“ささやか”ではあるものの、「IPPON グランプリ」(12.7%)

「鬼平犯科帳」(12.310.9%)、「FNS歌謡祭」(12.6%)などは予想以上に健闘した。

最近の“流れ”から私はもっと低い数字を考えていたもの。


これらの結果をみると、わが母局の“長期低落傾向”にやっとブレーキがかかったかなあと

希望的観測として思う。今夜の歌謡祭の視聴率も気がかりだが、年末年始にどんな数字が

出てくるかに注目したい。月9の全貌がまだ明らかにされていないし、火曜日の草彅剛、

木曜日の香里菜…ドラマを中心に心配のタネはてんこ盛りだけど。ハハハ。


とにかく、後輩たちよ 低迷が底を打ったなどと考えているのは私ぐらいで、相変わらず

世間の目は厳しい。油断は禁物だぜ。今度“下り坂”に入ったら止まらないと思え!


d0164636_08342667.jpg




















で、我が家は一足早く手製チーズケーキが登場。

明日はフルーツケーキだそうな。

ベルトをゆるめておかねば。ハハハ。

d0164636_08403388.jpg













人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックを

by toruiwa2010 | 2016-12-14 08:48 | 岩佐徹的考察 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。