ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

海老蔵の会見 6年前の… 自薦・厳選300? 16/12/17

d0164636_08260083.jpg





海老蔵の会見をみる

~記者のお粗末さはどうだ~ ( 2010.12.08 初出 )


海老蔵の1時間半に及ぶ会見をニコニコ動画の生中継で見ました。

BSフジ「プライムニュース」で冒頭の部分が中継された可能性はあるものの、いわゆる

テレビ中継はない中で、ネットを通して生で見られる…便利な世の中になったものです。

d0164636_08313427.jpg









ニコニコの映像はアップが少ないためにこまかいことは分かりませんが、“遠目”に見る

思ったより“きれいな”顔をした海老蔵が、私には少年のように見えました。

印象が“幼い”ことにびっくりしました。


ファンや関係者に迷惑をかけ、心配させたことをわびる会見です。体調不良で大事な会を

欠席した日の深夜に外出し、深酒をして“コト”を起こしたのですから、神妙だったのは

当然です。しかし、これまでテレビを通じて知っている彼ではありませんでした。

人間が変わったような話し方でした。今の気持ちが素直に出たのでしょう。


役者だから芝居は“おてのもの”でしょうが、たぶん、“見たまま”だろうと思いました。

捜査中であることを理由に答えないケースも多く、メディア側には不満も強いようですが、

それは初めてのことではありません。

会見の趣旨はあくまで「不遜、おごりがあって問題を起こしたことをわびる」ことにあり、

これまでの経験から、被害届を出して、今後法廷に持ち込まれる可能性もある“事件”の

内容について細かい話が聞けるとは、メディア側も考えていなかったはずです。


中には、「完全に被害者なら、なぜ謝罪するのか?」と質問する“愚か者”がいました。

私は海老蔵の発言を全面的に信じているわけではありませんが、なにがなんでも、彼を

“悪者”に仕立て上げなければ気が済まない…という空気が見えて不愉快でした。


それにしても、質問のお粗末なことには呆れます。

記憶が“あいまい”ですから話が混乱したり、敬語や丁寧語の使い方でおかしなところが

会ったり…は多々ありましたが、海老蔵の話は日本語として不明瞭ではありませんでした。

きちんと聞けば、言っていることは分かります。

しかし、海老蔵の答えを取り違えて頓珍漢なフォローをする女性記者がいました。

ニコニコの画面には「こんなやつでも○○テレビの記者になれるのか」という書き込みも

ありました

お前さんたちがしっかりしないと、テレビ全体がバカにされるじゃないか!ハハハ。


弁護士が、「携帯電話は警察が“領置”している」と説明したとき、意味が分からなかった

記者もいたようです。たしかに、日常生活では使わない言葉ですが、報道に携わる以上は

知っておかなきゃいけないでしょう。


d0164636_08281418.jpg










○○テレビの△△です」だけでいいのに、番組名をかぶせる記者に笑いました。

翌日以後の番組で使うためです。9時をすぎてから、TBSの記者の質問が急に増えたのは

予定した番組の冒頭に急きょカットインしたからでしょう。

実際には、そこまでのやりとりのダイジェストを流していてナマはほとんどなかったので、

記者さんたちのガンバリは意味なかったのですが。ハハハ。


“粘着型”の須藤甚一郎が食い下がったとき、司会者は、途中でほかの質問者を指名して

流れを切りました。しばらくして、彼が再び質問したときはマイクを生かしませんでした。

愚かなことをするものです。


華のある役者ですから、このまま、舞台から消えてしまうのは惜しいと思います。

今回のことでは世間からも十分なバッシングを受けました。相当骨身にしみたはずです。

事件が片付いたら、芸道に精進して“生まれ変わった”姿を見せてほしいものです。

それしかないでしょう。


*世間から厳しく非難されました。名門に生まれ

ととのった顔立ちと歯切れのいい口跡に恵まれて

歌舞伎界で将来を嘱望されていました。

幸せな結婚をし子どもにも恵まれたのに、今は

がんと闘う妻を苦悩しています。

まさに世はあざなえる縄の如し…ですね。

d0164636_944470.jpg
















人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックを

by toruiwa2010 | 2016-12-17 08:43 | 自薦・厳選300? | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。