ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

テレビは限界産業なり!?  ~アーカイブから~ 17/01/09

d0164636_07450073.jpg





売るものがなくなる?

~気をつけないとね、テレビ~ ( 2011.01.05 初出 )


暮れから正月にかけてテレビは“おせち”番組でにぎわいました。

ライブのものもありますが、事前収録の番組が圧倒的です。

画面に見えるタレントたちはハワイやグアムの浜辺でのんびり

甲羅干ししていたことでしょう。ハハハ。

テレビはファッション業界と並んで季節感のない職場です。

昔、人気番組だったフジテレビの「新春かくし芸大会」などは、

10月ごろから廊下に今日の収録予定表が張り出されていて、

「えっ、いま何月だったっけ?」とあっけにとられたものです。

1年中 番組作りに追われるテレビは忙しい職場の典型でしょう。

d0164636_07451202.jpg









今では24時間放送が当たり前です。ウィキペディアによると

1987年にフジテレビが始めたそうです。知りませんでしたが。

ハハハ。

初めから終夜放送だったわけではありません。

手元にある昔の番組表を見ると 19613月までフジテレビの

放送開始は驚くなかれ 午前11時!!

しかも、午後2時から5時近くまで放送を休んでいたのです。

シエスタか?ハハハ。

私が入社した1963年でも、早朝に放送を始めて0時前後の

放送終了まで、休みはなかったものの、午前9時、午後3時の

枠は古~い映画でお茶を濁していました。映画を見せるという

感覚ではなく、「どうせ誰も見てないから、映画“でも”流しとけ」

だったのです。

d0164636_07445492.jpg
















テレビ局は番組を作って放送するのが商売ですが、営業的には

“時間枠”を売っているのです。当時は、深夜・早朝や主婦が

買い物に出かける時間は売れなかったのです。

しかし、24時間放送の時代の到来まで、あっという間でした。

経営陣がよく口にしたのは「どんなに頑張っても“24時間しか

ないことを忘れるな。テレビは“限界産業”なんだ」でした。

たしかにそうなんですが、経営者はそうやって社員の危機感を

あおって働かせたわけでしょう。ハハハ。


「フジテレビです。JOCX-TV

1963年7月、プロとして私がはじめて電波に乗せたのがこの

5秒のSID、つまり、STATIONIDENTIFICATIONでした。

これは、放送局やアマチュア無線など、電波を出していたら、

一定の時間をおいてアナウンスすることが義務付けられている

コールサインです。自分が何者かを告げるのです。

CM原稿などは、失敗した場合、スポンサーに損害を与えて

しまいますが、こちらは痛くも痒くもないので、当時の新人は、

大体このSIDでデビューしていました。


番組と番組の間をステーション・ブレークといいます。

なんでも略してしまうテレビの世界では“ステブレ”と呼びます。

そこに、SIDや局がやる事業の告知などにまじってスポット

CMが入ります。番組の提供はせずに、商品の宣伝だけをする

スポットCMはテレビにとっては営業収入の大きな柱です。


若い人はご存知ないと思いますが、かつて、“1時間番組

長さが59分でした。言っている意味が分かりますか?ハハハ。

たとえば、8時からの1時間番組は859分に終わり、60秒の

ステブレがあって、9時から別の番組が始まったのです。


しかし、“限界産業”は頭を使います。

アメリカで1時間番組を55(つまり54)にしてそのあとに

5(つまり4)の番組をはさむという“荒業”が生まれると、

すぐに真似をしました。なぜか?

こうすると、ステブレが増える、つまり 収入が増えるからです。

ハハハ。


昔は電波も局員も休んでいた深夜の時間帯もびっしりと番組で

埋め尽くされ、テレビはこれ以上売るものを増やせないという

ところまで来ています。新しいメディアの成長もめざましく、

それでなくても視聴率は頭打ちです。

一度書きましたが、制作費も交際費・打ち合わせ費も、社旗を

立てたハイヤーも使い放題の日々は遠く去りました。テレビが

“砂上の楼閣”となる日は案外近いのかも。


*ネットで番組が見られるようになりました。

全体に視聴率が低迷しているドラマも実はスマホで

見る若者が多いと聞きます。テレビが“冬の時代”を

迎える日はますます近づいているのかもしれません。

暖かい季節に現役だった私は幸せ者でしょう。


いくつか報告


新年に当たり、当ブログの体裁を少し変えました。

春ごろからエキサイト・ブログのアクセス・リポートの数字を

自分のアクセス数とすることにしました。従来のカウンターは

あまりにも数字が少ないからです。ハハハ。


秋になってその数字が多く表示されるようになり、調べると、

PCとモバイルを合算するようにしたからだと分かりました。

スマホで読む人の方がPCより多いことも知りました。

そこで、体裁もスマホのほうに合わせることにしたのです。

1行・28文字です。これまで40文字でしたから 一気に30%

減りました。この形で書くことにまだ慣れません。

d0164636_07585722.png












***ページ最下段にある表示を“PC”にした場合です。

“スマートフォン最適化版”に合わせるにはもっと短くする

必要がありますが、私の好みに合いません。ハハハ。


古い記事の更新も“自薦・厳選300は実情に合わないので

“アーカイブから”にカテゴリを改めました。


従来の形のまま掲載した46日の分も新しい形に直しました。

また、明日以降、記事そのものが短くなっていくはずです。

性格だし、“持ち味”なので一部、毒を含む書き方に変わりは

ないと思いますが。ハハハ。


本年もよろしくお願いいたします。
by toruiwa2010 | 2017-01-09 08:30 | アーカイブから | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。