ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

中村俊輔が移籍した~部分的に重ね合わす人生~17/01/11

中村俊輔が横浜F・マリノスからジュビロ磐田に移籍した。

発表された本人の“声明”には具体的には書かれていないが、

昨シーズン、いろいろなことがあったようだ。

スコットランドのセルティックなど海外を含めて素晴らしい

実績を残した選手だが、38歳になり、自分のキャリアをどんな

形で終えるかをじっくり考えた末の結論だったのだろう。

“望まれた”環境の中でやるのが一番だと思う。

d0164636_13405553.jpg











左足からの芸術的なフリーキックに魅了されたファンは多いが、

私はある時期の彼と自分を重ねたことがある。


2006515日、ジーコがワールド・カップ代表に決まった

選手の名前を淡々と読み上げていった。2002年、トルシエから

連絡を受けた協会スタッフがメモを読んだときと違い、今回は

あの選手の名前もあった。それが中村俊輔だ。


自信…というより確信があったと思う。世界レベルで通用する

その左足に寄せられる周囲からの信頼は感じていたはずだ。

もれでも、名前を呼ばれるまでは安心できなかっただろう。

d0164636_14103972.jpg











この4年間は長かったことでしょう。その分、

喜びはだれよりも大きいのではないでしょうか。


当時のブログにそう書いたことを覚えている。


くらべるのは失礼だ…と批判されるのを覚悟して書くのだが、

私は彼のこの4年間を、砂をかむ思いで過ごした自分の年月と

重ね合わせて考えるときがあった。


フジテレビでアナウンサーだったのは821月までだった。

上司と“うま”が合わず、志願してほかの部署に異動したからだ。

情ないことに、辞令を受け取った瞬間から後悔が始まっていた。

それぐらいなら、異動を希望しなければいいのに。ハハハ。

その日から、「いつか必ずマイクの前に戻る」との、強い意志を

持ち続けた。その気持ちだけが支えだったかもしれない。

d0164636_13390709.jpg






家にいれば、常にテレビでスポーツを見る。

「自分なら、ここでこう聞くぞ」とか「今はその話じゃなくて、

こっちの描写をするべきだろう!」など、テレビに向かって

突っ込みまくっていた。ハハハ。

音を消し、頭の中で自分なりの実況をすることも多かった。

シミュレーション、イメージ・トレーニングと呼んでいた。

誰も知らないwその日々は出向したWOWOWで報われた。

異動の辞令をもらってから8年半が過ぎていた。


代表から声がかからなかった4年間を中村俊輔がどんな気持で

過ごしたのかは知るすべがないが、私にとって、この8年半は

途方もなく長い時間だった。

サッカーは実力の世界だから、彼は「実績さえ積んでいけば

望む場所に行ける」というたしかな希望を持っていただろう。


しかし、私の場合は「こうなれば夢がかなう」という“形”が

示されていたわけではなく、明確なゴールもなかった。

出口が見えない真っ暗なトンネルを手探りで歩き続けるような、

実に頼りない感覚の中にいたことを思い出す。


私は67歳までしゃべっていた。

サッカー界ではキング・カズやゴン中山がまだ頑張っている。

俊輔には気がすむまでボールを蹴り続けてほしい。


by toruiwa2010 | 2017-01-11 08:37 | サッカー | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。