ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

「来れる」とか「見してくれる」とか~聞いちゃったぜ、NHKアナ~ 17/01/12

10年以上前だったと思う。

全仏オープン・テニスの実況でパリに滞在しているときだった。

たまたま、アナウンサーが45人いるところである“言葉”が

テーマになった。

d0164636_08313138.jpg








終盤だったから、誰が勝つかという話になったが、流れの中で

「昨日(ナダルvsフェデラー)は失敗しちゃったよ。終了直後の

スタンディング・オベーションで、つい「鳥肌が立ちます」と

言ってしまった」と私が話した。途中から、前の島村(NHK)

右隣の進藤(TBS)両アナが首をタテに振り始めた。


「いい話では使わないことになってるんだよね」と続けた私に

誰かが「なんて言うんですか?」と声をかけてきた。

進藤さんがすかさず「“身震いする”とか…」と答えた。


たびたび書いているが、私はもともと「正しい日本語の伝え手、

それはアナウンサー」はカンベンしてもらっていた。ハハハ。

そんなものは“こだわる”アナたちにまかせて、自分は自由に、

気持ちが伝わる言葉で実況するのが一番だと考えていたからだ。

d0164636_08511818.jpg









そんな私がやってしまった失敗だが、やっぱりやらない方が

いいかな?と、この話を持ち出したときは思っていた。

しかし、根が素直じゃないから、進藤さんの「身震い…」に

参加者の多数が感心し、あるいは納得しているのを聞きながら、

「だって、俺は“身震い”はしなかったし、実際に“鳥肌”が

立ったんだもの」と考えていた。ハハハ。


アナを引退してからは、今も、同じケースでは”鳥肌が立つ“を

使っている。さんざん書いているが、大舞台は“ダイブタイ”で

かまわないと思っているし、“よいお年を”と“お”をつけるのは

おかしいと思っている。つまり、“正しい日本語”とは言うほど

簡単じゃないんだ。

d0164636_08170110.jpg









月曜日の朝、NHKで松山英樹が優勝争いをしているゴルフの

中継を見ている時、こんなアナウンスが聞こえてきた。

トップからは差があったが、ランクNo1のジェイソン・デイが

最終ホールをイーグルで上がってギャラリーを喜ばせた。

最後に“見せ場”を作るトップ・プレーヤーのファインプレーに

感心したように、あきれたように実況のアナが言ったのだ。

「なぜでしょう。どうしてでしょう」と。


私はいいと思った。

実況の工藤三郎アナは63歳。定年を過ぎているが、嘱託職で

残っているようだ。40代半ばぐらいからNHKのスポーツ・

アナのエースとして君臨していた。その頃の工藤アナだったら

決して、このような柔らかい言い回しはしなかっただろう。


“大NHKのエース”の座を降りて肩の力が抜け、少し砕けた

言い方をしようと思ったのか、自然に出たものか…とにかく

ファンの気持ちとシンクロするなあと、好意的なツイートをした。


…そうしたら。

30分もしないうちに松山のアプローチがピンにからんだとき、

「距離感ぴったし」、「見してくれた」と言ってのけた。そりゃ

ちょっとくだけ過ぎだよね。なにごとも“ほどほど”がよし。

ハハハ。

d0164636_13390709.jpg






ああ NHKも変わっていくんだなあ、とある種の感慨を覚えた。

この日は、夕方から相撲を見た。すると…。

(相撲を見に来る人は)一生に一回見に”これるか”どうか…」と

実況の三瓶アナが言っているのが耳に飛び込んできた。


まだ43歳だが、聞くところによると、NHKスポーツ・アナを

仕切っているのは彼らしい。だから…というわけじゃないが、

“ら抜き”はまずかろう。でなければ「(NHK)アナウンサーは

正しい日本語の“伝道師”」的なことは今後言わないように。

ハハハ。


初拙句 詠めり

d0164636_08161127.jpg


















d0164636_08164989.jpg






by toruiwa2010 | 2017-01-12 08:45 | アナウンサー・実況 | Comments(7)
Commented by キムキムヒンギス at 2017-01-12 10:39 x
おはようございます。
日本語に自信がないので、毎日伺っていてもコメントを残す勇気がなくて
読むばかりです。

こんな私でもら抜き言葉は凄く気になって、
若い人が「ら」をちゃんと入れていると、「この子ちゃんとしてる。」なんて言ってしまいます。
もう一つ気になるのが「おります。」という言葉の使い方です。
自分のイメージでは目上の方とかゲストの方に使うのはおかしいかな?と思うのですが・・・
勇気を出して、ずっと気になっていたこと質問してみました。

今年もお身体に気を付けて、考えていらっしゃること、沢山読ませて下さい。
Commented by toruiwa2010 at 2017-01-12 10:44
キムキムヒンギスさん、こんにちは。

言葉遣いについてゴチャゴチャ言うのは
プロだけです。ご心配なく。

で、「おります」の前にはどんな言葉が
あるのでしょうか?
Commented by キムキムヒンギズ at 2017-01-12 11:02 x
度々お邪魔します。(でもやっぱり緊張します^^;)

新曲を発表しておりますとか、芸能人とか、他の方の行動を紹介される時にアナウンサーの方でもレポーターの方でもラジオのパーソナリティの方でも珍しくなく、聞くことがあるので私の解釈が間違っているのかな・・・と思う今日この頃です。
いつか岩佐さんい伺ってみたいと思っていました。
Commented by toruiwa2010 at 2017-01-12 11:12
キムキムヒンギズさん、たとえば
「安室奈美恵さんはその後、…を発表して」なら
私は「おります」とは言わず、「います」または
「いらっしゃいます」と言います。「おります」は
目上、目下に関係なく、話し言葉としてなじみませんね。
Commented by キムキムヒンギス at 2017-01-12 11:19 x
何年も疑問に思っていたことをプロの方に質問出来てすっきりしました!
「います」や「いらっしゃいます」の方がいいと思います。

ありがとうございます!

Commented by ひろ☆はっぴ at 2017-01-12 11:59 x
遅まきながら新年のご挨拶を申し上げます。年が改まっても変わらぬ岩佐さんの健筆ぶり、今年も楽しませて頂きます。
接客の仕事をしている私がいつも気になっているのはお客様に対して「○○様でございますね?」です。正解は「○○様でいらっしゃいますね」ですよね。こういう敬語の使い方こそ、センター試験で出題して欲しいものです。
Commented by toruiwa2010 at 2017-01-12 12:34
ひろ☆はっぴサン、こんにちは。

客の名前を確認するのなら
「…でいらっしゃいますか」
「…でよろしいでしょうか?」
「…でしょうか」などなどでしょうね。
場合によっては「…ですね」も
ありだと思うので、「…でございますね」も
ぎりぎりセーフかと。
 
ホテルのフロントなどなら「…でいらっしゃいますね」が
正解でしょうかね。ホテルによってマニュアルが
あるでしょうが。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。