ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

納得する点・しない点~日本アカデミー賞 発表~ 17/01/19

2016年に公開された映画を対象とする日本アカデミー賞

各部門の優秀賞が発表された。最優秀賞は33日に決定する。

私が邦画No1に推した「怒り」が最多の11部門で受賞した。

いつも、なかなか意見が一致しないが、今回は納得する。


各賞と、その選考についての岩佐徹的感想w


作品賞

「怒り」

「家族はつらいよ」

「シン・ゴジラ」

「湯を沸かすほどの熱い愛」

64-ロクヨン-前編」


「家族は…」は80点、「湯を沸かす」には85点、

残り3作は90点だった。

嫌味に聞こえるのを覚悟で書くなら、山田洋次監督や女優・

宮沢りえに“弱い”映画ファンが多いことが分かる。

最優秀作には「怒り」を全力で推す。

「セトウツミ」や「永い言い訳」がとれなかったのが残念だ。

d0164636_15083574.jpg










アニメーション作品賞

「君の名は。」

「聲の形」

「この世界の片隅に」

「ルドルフとイッパイアッテナ」

ONE PIECE FILM GOLD


見たのは「君の名は。」と「この世界…」の日本だけでほとんど

興味がない。できれば、「この世界…」にとらせたい。


監督賞

庵野秀明(総監督)/樋口真嗣(監督)「シン・ゴジラ」

新海誠「君の名は。」

瀬々敬久「64-ロクヨン-前編」

中野量太「湯を沸かすほどの熱い愛」

李相日「怒り」


監督の力量を云々することは難しい。よって、スルー。w


主演男優賞

綾野剛「日本で一番悪い奴ら」

岡田准一「海賊とよばれた男」

佐藤浩市「64-ロクヨン-前編」

長谷川博己「シン・ゴジラ」

松山ケンイチ「聖の青春


綾野の「日本で…」だけ見ていない。

最優秀は岡田、佐藤、松山の中から決まると思う。

私に一票があれば「ロクヨン」の佐藤に入れる。

d0164636_15084775.jpg









主演女優賞

大竹しのぶ「後妻業の女」

黒木華「リップヴァンウィンクルの花嫁」

広瀬すず「ちはやふる-上の句-

宮崎あおい「怒り」

宮沢りえ「湯を沸かすほどの熱い愛」


「リップヴァン…」は見ていない。

大竹と宮沢で争うのではないか。

d0164636_15085376.jpg









助演男優

竹原ピストル「永い言い訳」

妻夫木聡「怒り」

東出昌大「聖の青春」

森山未來「怒り」

リリー・フランキー「SCOOP!」


全部見た。

“通ぶる”人は竹原を選びそうだし、妻夫木も票を集めそうだが、

私は森山の演技がよかったと思う。東出とフランキーのそれは

“最優秀”とするほどではなかった。

d0164636_15085877.jpg






助演女優賞

石原さとみ「シン・ゴジラ」

市川実日子「シン・ゴジラ」

杉咲花「湯を沸かすほどの熱い愛」

広瀬すず「怒り」

宮崎あおい「バースデーカード」


問題なく、広瀬で決まりだ。私の一票で決まるなら、だが。

冗談はともかく、あの演技はほかの4人を寄せ付けない。

ぜひ、認められてほしい。


新人俳優賞

杉咲花「湯を沸かすほどの熱い愛」

高畑充希「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」

橋本環奈「セーラー服と機関銃-卒業-

岩田剛典「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」

坂口健太郎「64-前編-」「64-後編-

佐久本宝「怒り」

千葉雄大「殿、利息でござる!」

真剣佑「ちはやふる-上の句-」「ちはやふる-下の句-


「植物図鑑…」と「セーラー服…」は見ていない。

杉咲、坂口、千葉、真剣佑…のだれがとっても異論はない。



キネマ旬報のベストテンも発表されている。

アニメを”を邦画に入れているのに「君の名は。」が圏外、

で、「この世界の…」が1位とか、個人賞の選び方など

いかにも“らしい”選考になっている。ま、お好きなように。

それ以外、言うこともなくて。ハハハ。

d0164636_15082096.jpgd0164636_15082927.jpg


by toruiwa2010 | 2017-01-19 08:35 | 映画が好き | Comments(2)
Commented by DUDE at 2017-02-09 06:32 x
岩佐さん、おはようございます。
また例年の如く、北野武監督の日本アカデミー賞批判が始まったようですね。
「自分の映画がアカデミー賞に推薦されたことは一回もない。アカデミー賞の会員が選んだなんて言ってるけど、そんなの何処にもいない」・・・など。
私、日本アカデミー賞協会のれっきとした会員であり、会員証も持ってますがキチンと投票しましたよ。
3作品、投票できるのですが対象作品となっていた北野監督の「龍三と七人の子分たち」には投票しませんでした。純粋に観てつまらなかったから。
かつてローリング・ストーンズのミック・ジャガーがナイトに叙勲されたことをバンドメイトのキース・リチャーズが批判した時ミックはこう言いました。「キースはアイスクリームが欲しくて泣き叫ぶ子供。彼も本当は欲しいんだ」
正に言いえて妙。
北野監督も本音は欲しくて仕方ないのでしょう。
Commented by toruiwa2010 at 2017-02-09 09:21
DUDEさん、おはようございます。

まったくおっしゃる通りですね。
そして、ここ数年、彼が作る映画で
評価できるものは一本もありません。
私がつけている点数で80点は料金分は
楽しめた、75点は見なくてよかったかも、
70点は金と時間を返せ…です。

2008年の「アキレスと亀」が75点でした。
以降の作品、「アウトレイジ」「…ビヨンド」、
「龍三と…」すべて70点でした。
あきれるほどひどいものでした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。