ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

次期大統領の"次期"がはずれる~今夜、トランプの就任式~17/01/20

1941年に戦争が始まった。3歳だったから、アメリカについて

どう聞かされたかまったく覚えていない。

戦争中は“敵性語”として英語は使用禁止だったから、彼らを

“米国”、“英国”と呼び、“鬼畜”米・英ロいう書き方をしていた。

日本人、特に子供の頭にアメリカやイギリスは恐るべき国だと

刷り込まれたわけだ。


しかし、終戦で日本に進駐してきたアメリカ兵たちは、陽気で

おおむね優しい心の持ち主だった。

軍部の厳しい締め付けから解き放たれたマスコミも、好意的な

ことばかり書き、国民はおおいに戸惑った。


d0164636_09432135.jpg









“鬼畜米英”はあっという間に“自由の国・アメリカ”に変わった。

やがて、日本人がアメリカに抱くイメージとして定着した。

地位も金もない市民がとんでもない成功を収める“アメリカン・

ドリーム“も自由な国ならではのことだったと思う。


自由の国…は“何でもあり”ではなかったはずだ。やり過ぎれば

どこかで誰かがブレーキをかける。そう信じて世界はこの国を

大国として、自由世界のリーダーとして認めてきたのだ。

オバマのあとの大統領を決めるための選挙にドナルド・ジョン・

トランプという大金持ちの実業家が共和党候補として名乗りを

挙げたときも、いつかレースから消えていくさと考えていた。

しかし、今回、国内外から“警鐘”は乱打されたにもかかわらず、

最後までブレーキはかからなかった。


今夜遅く(日本時間)、次期大統領の“次期”がとれる。

泣いたって喚いたって、最低でもこれから4年間は全世界に

強い影響力を持っているアメリカのリーダーはトランプだ。

どう付き合っていけばいいのか、各国の指導者たちは考えを

決めかねているだろう。


「アメリカをもう一度偉大な国に」という考え方が共感を呼び、

彼を当選させたのだろう。しかし、そのために「アメリカさえ

よければ」という政治をやるらしいから困るんだ。一般論では、

政治家が“自国民の幸福”を考えるのは当然だしなあ。


言葉の選び方がめちゃくちゃなまま発言することが多い。

閣僚候補たちは違うことを言う。大統領は極端なことを言い、

閣僚は現実的に対処する…まるで、容疑者を調べる2人一組の

刑事が、一人はハードに接して脅し、もう一人は優しい口調で

穏やかに接して相手を崩していくやり方だ。

そんなことで長続きするはずがないけどねえ。


d0164636_09440957.jpg










ワシントンは雨になる可能性があるようだが、寒さはそれほど

厳しくないらしい。

出席を拒む議員が多く、就任式でのパフォーマンスの依頼を

大物アーティストたちが次々に断っている。果たして、今回は

どんな歌手が登場するんだろう。そういえば、オバマのときは

ビヨンセやチェロのヨーヨー・マが歌ったり演奏したりしたが、

“口パク”だったなあ。ハハハ。

そして、演説でどんなことを語るかも注目だ。

18日付の本人のツイートでは、「これは3週間前に演説原稿を

書いているところだ」としてこんな写真を載せているが、すぐ、

ネットで叩かれた。“ノートに何も書かれていないじゃないか”、

「シャープペンシルの芯が出てないぜ」などなど。ハハハ。

d0164636_09361635.jpg
















そんなことはともかく…

あまり公には語られないが、心配するのは“テロ”だ。

当然、警備は厳重だろうが、選挙中・当選後の言動があまりにも

過激だっただけに何が起きてもおかしくはない。

無事に終わるといいね。



まったく新しい世界が生まれるのかもしれない。

米国民の間違った選択のツケが世界中に及ぶかもしれない。

こわいことだ。




by toruiwa2010 | 2017-01-20 09:49 | 岩佐徹的考察 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。