ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

初賜杯&昇進:おめでとう 稀勢の里~苦労が報われたね~17/01/23

なんと、なんと、なんと!

白鵬が貴ノ岩に一方的に敗れ

稀勢の里が待ちに待った初優勝!

こんなこともあるのだ。

この優勝をどう評価するか。

協会はこの機を逃がしてなるかと

横綱昇進の道を探るだろう。

世論がどう動くか。

私は、早くて 来場所だと思う。


14日目・結びで白鵬が初顔の貴ノ岩に一方的に敗れて3敗と

なった瞬間、控え室で報道陣に囲まれていた稀勢の里に待望の

初優勝が転がり込んだ。

こんな日が来るんだなあと、感慨ひとしおの今日このごろだ。

失礼な話だが、稀勢の里は優勝経験のないまま、ちょんまげを

落とすことになるのだろうと思っていたもの。

d0164636_08385902.jpg








これまで、いったい何回チャンスを逃がしてきたか、よほど

熱心なファンでなければ覚えていないだろう。何度も 賜杯に

手が届くところまで行きながら、意識過剰からか 緊張するのか

不可解な相撲を取って星を落として来た。今回、13日目に

豪栄道の休場による不戦勝で白鵬に星一つのリードを保てたし、

14日目は、逸ノ城に勝ったあと、白鵬が負けて優勝が決まった。

2横綱の途中休場も含めて“追い風”が吹いたね。


しかし、今場所の稀勢の里が誰よりも多くの白星を重ねたのは

まぎれもない事実だ。過去の一人一人の優勝力士を検索すれば

どこかで、何らかの“ツキ”に恵まれた結果…というケースは

いくつも見つかるだろう。野球で完全試合やノーヒッターを

達成するときも味方の超ファインプレーや誤審に助けられた

ピッチャーは大勢いる。


そもそも、相撲は回し一つで土俵に上がった力士の勝負だから、

“八百長・片八百長”以外は細工をする隙間はない。

しかし、序盤の稀勢の里の取り組みを振り返ると…


宝富士には過去 14-1、玉鷲には7-0だったらしい荒鷲は初顔、

松鳳山9-2、御嶽海2-0と続いた。問題なく5連勝した。

対戦成績が良ければ勝てるというものではないし、番付的に

ごく普通の組み合わせだと言われればそれまでだが、協会に

「なんとかしたい」という意図があったのではなかろうねと

ついつい疑ってしまう。


その思いがあとを引いて、すっきりしなかった。それだけに

千秋楽の放送の中で早くから審判部長の「臨時理事会の招集を

理事長に申し入れる」という発言を聞いたときはあきれた。

百歩譲っても、前日 理事長が語った「白鵬戦を見て判断する」が

コンセンサスだと思っていたからだ。


先場所の準優勝は12勝で、鶴竜との差は星二つだった。それも

13日目までに平幕に3敗していたのは大きなマイナス材料だ。

だから、協会首脳も今場所終盤まで表立った発言は控えたのだ。

今場所の結果と内容を踏まえてもこの昇進を“甘い”と考えるが、

そんな私でも 千秋楽、白鳳を投げ捨てたとき興奮してしまった。

直近二場所の横綱戦四番を全勝した。“慎重派”の私が最終的に

稀勢の里の横綱昇進を受け入れるのはその事実があるからだ。


19年ぶりの日本人横綱かあ。長かったね。

数場所前、花道で不思議な笑みを浮かべる大関を見たときは

驚いたものだが、メンタル・トレーニングを受けていたのでは

ないかと思う。なんでもやってみようということだったのか?

苦労が報われた稀勢の里と長い間辛抱強く応援し続けたファンに

心から「おめでとう!」を言いたい。


稀勢の里と白鵬を除く2横綱・3大関のうち3人が途中休場し、

5人の勝ち星の合計がたった26勝という体たらくだ。

ケガが多いのが残念だ。

年間6場所のツケか?全体に体重が増えたから?自覚の不足?

来場所は新横綱の登場で沸くだろうが、今場所に続いて若手の

活躍を期待したい。


ひとことだけ


稀勢の里の優勝に加えてもう一つ「こんな日が…」と感慨を

深くしたことがある。“それにしても白鵬”…だ。

金星を二つ許した。高安戦、貴ノ岩戦の負け方は無残だったし、

稀勢の里をあそこまで寄り立てて勝ち切れなかった。衰えが

隠せなくなってきた。今なら 舞の海がそう発言しても本人から

嫌味を言われることはないだろう。ハハハ。


d0164636_08390922.jpg








勝昭ィーっ!!


千秋楽、NHKの正面の解説は舞の海秀平だった。

今場所、彼の話を聞いていて“背伸び”を感じた。どうしても

肩のあたりに北の富士の影がちらついた。

ほかの人を含めて、結局、“納得のいく”解説は聞けないまま

15日間が過ぎてしまった。北の富士 の"欠場"はいかにも痛い。

人材不足は深刻だ。昨日は、電話で元気そうな声が聴けた。

来場所での完全復活を祈るが、NHKは本気で“後継者”の育成を

急がなければいけない。 元大関・雅山の二子山が最適だ。
by toruiwa2010 | 2017-01-23 08:42 | 大相撲 | Comments(2)
Commented by 齋藤 at 2017-01-24 09:56 x
いつもありがとうございます。北の富士 平幕からファンでした。子供ながら、きれいなお相撲さんだと思いました。現役の時も親方のときも発言のバランス感覚がよくて、大好きでした。早く戻ってきてほしいです。
Commented by toruiwa2010 at 2017-01-24 12:07
齋藤サン、こんにちは。

北の富士不在のおかげで
今場所は盛り上がりに欠けました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。