ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

斎藤佑樹&フィーバー~アーカイブから~17/01/28

日本は間もなくキャンプインを迎える。

最近は斎藤佑樹が入団したときを超える

騒ぎはないようだが…。

d0164636_07575331.jpg





佑ちゃんしかおらんのか!?

~過去のキャンプ・フィーバー~ ( 2011.02.02 初出 )


それにしても、“斎藤佑樹フィーバー”のすさまじいこと!

たしかに、好青年だ。高校でも大学でも実績を残した。

しかし、その実力…プロの世界での実力は“未知数”だ。


鎌ヶ谷での自主トレから騒いでいたマスコミ、特にテレビの

“狂騒曲”にはあきれざるを得ない。今さらだが。ハハハ。

全テレビ局は当然、ニュース、ワイドショー番組それぞれから

リポーターがキャンプ地、沖縄・名護に集結している。

報道陣の総計は400人を超えるとか。尋常じゃない。

d0164636_07552096.jpg








私がまだ学生だった1958年に長嶋茂雄がプロ入りしたときの

巨人・明石キャンプもすごかったようだが、テレビの騒ぎ方は

今ほどではなかったはずだ。プロ野球のキャンプ地が異常に

賑わうのを初めて肌で感じたのは1970年の近鉄・延岡だった。

68~69年の春・夏、甲子園に岩手・三沢高校のエースとして

3大会連続出場した太田幸司が入団したからだった。


もっとも、東北育ちの彼はきわめてシャイで口が重かったから

マスコミも“扱い”に手こずったものだ。

「スター千一夜」(フジテレビの看板番組)で2度、聞き手を

つとめさせられたが、「とにかくしゃべらない」という定評に

尻込みしたレギュラー・インタビュアーが“敬遠”したために

“お鉢”が回ってきたのだった。ハハハ。


81年はフジテレビのアナとして最後のキャンプ取材になった。

宮崎にも行ったが、原辰徳が巨人入りしたことで起きていた

はずの大騒ぎがまったく思い出せない。


次の記憶は86年、桑田真澄・清原和博のPLコンビだ。

甲子園を沸かせた二人、ドラフトの明暗、入団したのが西武と

巨人…話題にはこと欠かなかったから、高知・春野と宮崎は

これ以上ないというほどにぎわった。

「プロ野球ニュース」のデスクとして“KKウォッチングという

5分ほどのコーナーを提案し、実行した。

各球団のキャンプ情報を伝えたあとに、必ず、二人の1日を

短くまとめて放送することにしたのだ。

視聴者の反応は上々だった。負担が増えた球団担当記者からは

文句を言われたが、デスクはビールがうまかった。ハハハ。

d0164636_07555040.jpg








89年、野茂英雄が近鉄に入団した延岡にも報道陣が殺到した。

初めてシート・バッティングのマウンドに上った彼が第1球を

投じたときのフラッシュのまぶしさは今でも忘れない。

速球とフォークボールだけで大きな実績を残し、メジャーでも

立派に通用する大投手に成長した。


最近では99年の松坂大輔だろう。

高校生としてどんなに注目され、素晴らしいプレーをしても、

プロ入りのとき、どんな活躍をするかを予想することは難しい。

その意味で、松坂ほど専門家を含め、誰もが“立派に通用する”と

感じた選手は珍しい。

各テレビは“売り物になる”と判断した。

47日、東京ドームでの初登板はテレビで見た記憶がある。

彼が投げるとき、東京では全局が生放送した。ニュース番組の

時間帯に割り込ませたのだ。記憶違いだったらご容赦を。


堂々たる“日本代表”投手として海を渡った。“メジャー流”を

身につければ、2年目の輝きを取り戻せるはずと確信する。


さて、斎藤佑樹だ。

人気に押しつぶされるタイプではないようだが、力のほどは

どうなのか?アマチュアには通用した低めの変化球にプロの

バッターがだまされるだろうか?はなはだ疑問だ。

球が軽そうなのも心配な点だ。よほど、しっかりした制球力を

ものにしなければ勝ち星は上がらないだろう。

予想は得意じゃないがが、1年目はうまく行っても7,8勝、

下手をすれば5勝どまりと見る。 (註:66敗だった)


日本には石川遼・宮里藍・横峯さくら(ゴルフ)、クルム伊達・

錦織圭(テニス)、福原愛・石川佳純(卓球)しか アスリートが

いないのかと思わせる報道の仕方には大いに問題ありだが、

心あるスポーツ・ファンは、ただ嘆くことしかできない。


沢村拓一(中大巨人)を初め、大石達也(早大西武)、福井優也

(早大広島)など、ほかにも情報を教えてほしい新人はいる。

いくら言っても、馬の耳に念仏、馬耳東風だ。

「知ってると思うが、彼らじゃ数字(視聴率)が取れないのよ」と

言われるのがオチだからなあ。


おいしければ、骨までしゃぶりつくすのはマスコミの習性だ。

アジアカップ優勝のジャパンも今まさに“旬”だろう。

長友のインテル移籍が昨日の朝日夕刊では3番目の扱いながら

なんと“1面”だった。ビックリだ。

アジアカップ優勝の直後だしなあ。インテルだしなあ。そして、

長友だしなあ。まあ、事情は分かるけど。ハハハ。


by toruiwa2010 | 2017-01-28 08:17 | アーカイブから | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。