ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

魅せた!フェデラー&ナダル~全豪オープン 終わる~ 17/01/30

女子決勝

Serena Williams d.Venus Williams 64/64


男子決勝

Roger Federer d.Rafael Nadal 64/36/61/36/63

d0164636_07152077.jpg










グランド・スラムの男女シングルス決勝に進んだ4人の選手が

すべて30歳代というのはオープン化されてから初めてだとか。

さまざまな環境が改善され、選手寿命が伸びているとは言え、

試合の日程が厳しさを増し、選手層が厚くなり、競争が激しく

なっている中だと考えると大変な快挙だ。


しかも、彼らはハプニングで勝ち進んだわけじゃない。

男子でNo1&2が早々と敗れたという“追い風”は吹いたが、

ベスト・オブ・5セット・マッチを6試合勝って決勝の場に

勝ち進んだことは賞賛に値する。しかも、全員が元No1だし、

GSだけでもトータル60ものタイトルを持った実力者たちだ。


年齢とともに、GSのタイトルが遠くなるのは仕方がない。

フェデラーには35歳という年齢が、ナダルには度重なるケガが

立ちふさがって来た。その二人が勝ち進むさまをネット上で

眺めるのはこのうえない喜びだった。

しかし、まさか二人揃って決勝に来るとは思っても見なかった。


14年に及ぶテニス実況のキャリアの中でマイクを着けるとき

最も心が躍ったのはピート・サンプラスとアンドレ・アガシの

試合だった。プレー・スタイルが対照的だったし、性格もまた

正反対の二人が対戦するとき、朝から気分が高揚したものだ。

いい試合になることが期待されたし、解説の柳さんもいつも

気合が入っていて、満足できる放送になる条件が揃っていた。

そして、ほぼ例外なくいい試合になったし、いい放送になった…。

と思う。ハハハ。


最近10年ならフェデラーvsナダルだろう。

昨日、この試合を担当したNアナも特別な思いがあったはずだ。

“特別”だったのはアナだけじゃない。ナダルも試合後に語って

いたように二人にとっても特別な戦いだし、世界中のファンも

「これは特別だ」と思いながら見たことだろう。


土曜日から風邪気味のうえ、あいにく、昨日は前からの予定で

関西まで日帰りの旅をした。帰宅は午後7時半、第4セットに

入ったところだった。

疲れていたため、スコアはおろか、メモも取らなかったので

細かいことが書けないが、十分に見ごたえのある決勝だった。

どうしても、デビューから見守ってきたナダルに肩入れして

しまったが、フェデラーのファインショットにも酔った。

d0164636_07153355.jpg









圧巻だったのは第5セット第8ゲーム。

1ブレークずつでフェデラーが43とリードして迎えた。

試合の大詰めだ。一つのミスが致命傷になる場面でナダルが

ダブルフォルトもあって040と追い込まれた。あきらめず、

そこからジュースにしたいかにもナダルらしい頑張りにしびれ、

デュースのあと、激しいロングラリーを制したフェデラーの

鮮やかなフォアの強打に心を揺さぶられた。


4・第5セットしか見られなかった中では“白眉”だった。

13セットにあれを超えるゲームがあったとは思いにくい。

あったとしたら、それを見逃したことが悔しい。ハハハ。


9ゲームで1540とされたフェデラーが逆転し、そのまま

ナダルを押し切って、優勝をもぎ取った。マッチ・ポイントが

チャレンジで決まるという“今どき”の結末だった。

2012年ウインブルドン以来、通算18回目のグランドスラム・

タイトルには心から「おめでとう!」だね。脱帽だ。


フェデラーの喜びは誰にも理解できる。

しかし、テニス・ファンには表彰式でグッド・ルーザーぶりを

見せてフェデラーをたたえたナダルをぜひ記憶してほしい。

チャンネル7HPにこう書いてある。

d0164636_07152517.jpg









Rafael Nadal’s speech in finishing runner-up

in the Australian Open after five epic,

heartbreaking sets is why this man is soloved

and respected on and off the court


素晴らしい5セット・マッチの結果、全豪オープンで

2位に終わったナダルのスピーチはなぜ彼がコートの

内外を問わずこんなにも愛され尊敬されているかの理由だ。


勝機は十分にあっただけにナダルは悔しいだろうが、今大会の

テニスを見たらまだチャンスはあると思う。なにより、君には

ローラン・ギャロスというリビングルームが待ってるじゃないか。

多くのファンと一緒に5月を楽しみにしてるよ。ハハハ。
by toruiwa2010 | 2017-01-30 08:14 | テニス | Comments(12)
Commented by Rafan at 2017-01-30 09:21 x
岩佐さん、おはようございます。昨日はつまらない書き込みにお答えいただきありがとうございました。

ナダル・ファンとしてはとても残念な結果でしたが見ごたえ十分の素晴らしいマッチでした。ずっと見ていましたが何と言ってもあのファイナルセットの第8ゲームが白眉でしたね。

あのロングラリーは凄かった!1995年全米ファイナルの第一セットセットポイントに匹敵するほどの凄まじいショットの応酬。あの時はサンプラス、今回はフェデラー。ポイントゲッターがそのままマッチウィナーになりました。

ナダルがトロフィーを上げる楽しみは少し先にとっておきます。
Commented by lunachan at 2017-01-30 10:50 x
昨晩からFacebookなどのSNSはロジャー一色でラファ大好きな私は少々うんざりしてます。試合終了後珍しく悔しさを隠さなかったラファ、表彰式が始まっても厳しい表情を見せていた彼が、ようやくいつもの笑顔で行ったあの素晴らしいスピーチとグッドルーザーの姿をもっと取り上げてほしいと思います。
Commented by じゅんじ at 2017-01-30 12:19 x
岩佐さん、こんにちは。

時差が少ないというのもありますが、これほど楽しめた全豪は久しぶりでした。
昨日の試合と今日のこの愛情たっぷりの岩佐さんのブログを拝見して閉幕です。

5月も楽しみですね。

Commented by pigu at 2017-01-30 13:14 x
岩佐さん、こんにちは。
たくさんの方が要望されているように、
私もこのドリームファイナルを岩佐さんの実況で
見たかったです。
「日本のテニスファンのみなさん、こんばんは。」という
岩佐さんのお声は、いつも頭に浮かびます。
素晴らしい実況は、試合そのものの価値をさらに高めるような
気がするのです。
そういう意味でも、USオープンの岩佐さん実況の
サンプラスとアガシの数々の試合の録画は私の大切な宝物です。
昨日はナダルを応援していたので、落ち込んでいましたが、
こちらの記事を見て、気持ちが回復しました。
ナダルファンの方みんなに、この記事を読んでもらいたいなあ。
Commented by 花みさき at 2017-01-30 13:14 x
岩佐さん、こんにちは。
フェデラーとナダル、
この二人は本当に偉大な選手ですね。
ナダル贔屓で観戦してましたので結果は残念だったけど
素晴らしい試合でした。
セレモニーでのナダルのスピーチに涙がこぼれました。
試合中も何度も泣きました。
感動で終わった日曜日、テニスって面白いですね。
Commented by toruiwa2010 at 2017-01-30 13:23
Rafanさん、lunachanさん、じゅんじサン、
piguさん、花みさきサン、こんにちは。
まとめて返信させていただきます。

昨日は後半だけでしたが、楽しめました。
さすがとうなるショットの応酬を堪能。
二人に感謝です。

それにしても、テニスの読者がいまだに
大勢いることに驚きます。また、GSのときだけ
反応なさる現金さにもビックリ。ハハハ。
最近、コメント数が激減しているのでうれしいけど。
ハハハ。
Commented by シン at 2017-01-30 17:02 x
今、ヤラ川のベンチでブログを拝読しました(フェデラーはフォトセッションにあらわれませんでしたが)。私も現金なテニスの読者の一人です(笑)が、岩佐さんがこの決勝を記事にして下さって、嬉しい限りです。

プラチナとなったチケットも持たずに日本を飛び出しましたが、昨日は奇跡的にRLAに入れまして、歴史的瞬間に立ち会えました。仰せの通り、最終セット第8Gが最大の見せ場で、会場全体も極度の緊張状態になっていました。ナダルは完全アウェイではなく、声援は8:2くらいでした。

表彰式後、フェデラーは、モニター中継されていたMCAにまで行って、試合をRLAで観られなかったファンにも挨拶し、CHANNEL 7やEURO SPORTS等の各放送局ブースで、とても長く話をしていましたが、本当に嬉しそうでした。

岩佐さんがフェデラーをGOATと認めて下さり、これまた嬉しいのですが、私も当時はサンプラスが好きでして、95年全米決勝第1セットの最終ポイントは、あの名実況と共に強烈な記憶として残っています。
Commented by toruiwa2010 at 2017-01-30 17:14
シンサン、こんばんは。

RLAに入れた由、よかったですね。
ヤラ川、きれいになってますか?
昔は、汚染度が世界有数でしたが。

いや、ほんとに、コメントが多いわ。
あきれると同時に、古い仲間に出会ったような
懐かしい嬉しさがあります。ハハハ。
Commented by ヤップンヤン at 2017-01-31 02:39 x
コメントが多いのは、MLB=ビン・スカリーみたいに、テニス=岩佐さんと言う人が多いのだと思います。私も今日は岩佐さんがどんなブログをアップするのだろうと楽しみにしてきました。

スポーツ界では、個性的な人間やひと癖あるような性格でないと成功しないケースが少なくないと思いますが、フェデラーとナダルは人格者なのにトップアスリートという珍しいケースだと思います。
Commented by toruiwa2010 at 2017-01-31 06:51
ヤップンヤンサン、おはようございます。

ほめ過ぎです。
あちこちで笑ってるやつがいます。ハハハ。

そんなことを言われると、もうテニスねたを
書けなくなります。

Commented by キムキムヒンギス at 2017-01-31 08:24 x
おはようございます。
私も岩佐さんからテニスのお話を聞けると嬉しいです。
話題にされているといいなぁと思ってブログに伺っています。

フェデラーのテニスをあとどれくらい観られるのかと思っていた位なので、こんな結果になるなんて本当に凄い選手だなと思いました。

ナダル選手が随分前の敗戦後の記者会見で
「それがスポーツさ。」と言っていたのが凄くかっこよくて、
子供が試合で辛い思いをした時にその言葉を思い出していました。
歴史に名を残すような選手は人としても素晴らしいんですね。
Commented by toruiwa2010 at 2017-01-31 12:52
キムキムヒンギスさん、こんにちは。

先日のフェデラーをみると、まだまだ
十分にやれますね。
ナダルもいいプレーをしました。
ポイントは次にどんなタイプの
ケガをするかだと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。