ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

単身赴任始まる:昨日の続き~芦屋通信 2~17/02/07

“ほぼ一人住まい”なのに“新居”は3LDK(70平米)です!

40年以上たっていて立て付けの悪いところはあるものの、

環境や駅からの距離などを考えたら東京なら15万~20万円は

確実にとられるでしょう。あえて額は書きませんが、まったく

信じられないほどの安さで借りられました。

d0164636_09032258.jpg







兄のマンションからおよそ100メートルの距離です。

“見守りケイタイ”で異常を察知してから身支度を整える時間を

入れても5分あれば駆け付けることができます。


契約を終えたあと、新大阪に向かう前に駅前の量販店で冷蔵庫、

洗濯機、レンジ、掃除機などの家電を購入しました。

帰宅は夜でしたが、翌30日は荷づくりに追われました

と言っても、90%は妻がやってくれるのです。男一人ですが、

結構な荷物になりました。若いころからのCDなどもすべて

持って来ました。帰るときには大胆に処分するつもりで…。


31日朝9時に業者が来ました。

さすがはプロだなあという技を見せながら1時間ほどで荷物を

積み込んで出発して行きました。ひと休みしたあと、私たちも

家を出ました。荷物がマンションに着くのは翌日1時なので

それまでに行けばいいのですが、ベッドを送ってしまったため、

寝るところがありません。床暖房の居間で寝る予定でしたが、

あいにく、数日前から風邪気味だったので自信がありません。

いっそのこと芦屋まで行ってどこかに泊まることにしたのです。

結局、この日はかつてジャイアンツの定宿だったJR芦屋駅前の

竹園ホテルに一泊しました。


21日、10時前に新居に行きました。

大阪ガスの職員が“開栓”しに来てくれるからです。

家電が届くのは12時~2時の間だし、予定通りなら荷物は

午後1時に着きますから心配でしたが、かち合うこともなく

無事に、この日の作業は終了しました。

d0164636_09231795.jpg














ただし、いろいろ問題が発生しました。

デロンギ(パネルヒーター)のテストをしたところ4時間ほどで

プラグの“歯”とコンセントが触れないほど熱くなっていました。

サービスセンターに聞くとコンセントにホコリが溜まっていた

可能性があると言われました。1年以上空室だったようなので

ありうる話でした。

d0164636_09112813.jpg












危険は冒せないと思い、この日は暖房なしで寝ました。かなり

冷え込んだので、やっと抜けきった風邪がぶり返さないかと

心配しましたが、疲れていたせいかよく眠れました。

この家でデロンギを使うのをあきらめ、翌日はとなりの部屋の

エアコンをつけたまま、和室のふすまを開けて寝ました。

効果は薄かったものの前夜よりマシでした。


3日…妻が東京に戻る日でした。ヤマダ電機に行き、DYSON

購入しました。家電だけでもかなりの出費になりましたが、

お金のことはこの際、二の次です。第一、ジョニー・デップに

くらべたら…。ハハハ。


温風を吹き出す音はそれなりにしますが、この日はおかげで

温かく眠れました。

d0164636_09105451.jpg














翌日(4)、いいことを思いつきました。模様替えです。

通りに面した6畳の和室より奥の4畳半の部屋の方が暖房の

効果は上がるはず…と、ベッドとたんすなどを入れ替えました。

そして、コンセントを丁寧に掃除してDYSONのテスト。

まったく問題がありません。…で、ふと思ったのです。

コンセントがきれいなら、デロンギが使えるんじゃないかと。

d0164636_08593400.jpg













早速、テストしました。すぐ温まり始めました。よっしゃあと

大喜びしましたが、10分ほどして行ってみると、冷えている!

プラグを抜き差ししてもびくともしません。

DYSONのプラグを差し込んでみましたが、少し前に機嫌よく

作動したのに、電源さえ入らないのです。


管理人室に頼んで電気屋さんに来てもらいました。

とんでもないことが分かりました。このコンセントにはなんと

200ボルトの電流が流れていたのです!

「機械が壊れんかったのが不思議やね」と言われました。

おそらく、前に住んでいた人がこの部屋に200ボルトが必要な

電化製品をおいていたのでしょう。危ないところでした。


簡単な作業でコンセントは普通に使えるようになり、以後は

すべての製品が順調に働いています。なによりうれしいのは

不安なくデロンギを使えることでした。その夜はこちらに来て

初めて東京の“本宅”と同じ環境で眠ることができました。


初日、洗面所のお湯が出なかったり、風呂の湯が設定温度まで

上がらず、ガスの業者にも来てもらいました。これも、長い間

使われていなかったためフィルターが汚れていたのが原因です。

掃除をしてもらって解決だと思っていましたが、風呂の湯は

相変わらず“ぬるい”ままです。たぶん、39度ぐらいでしょう。

風邪をひくのではないかという恐怖と闘いながら入ります。

ハハハ。

d0164636_08583439.jpg











ついでですから、細かいことでいくつか。

トイレが狭いのは我慢できますが、ペーパーが取りにくい!

“人間工学的”に考えてもあり得ない位置につけられています。

納戸と一番北側の部屋がいい感じに冷えています。冷蔵庫に

入りきらないものを置いています。私たち夫婦は“北極部屋”と

呼んでいます。ハハハ。


すべて、本宅と同じように…を求めるのは“ぜいたく”です。

与えられた環境の中で妥協しながら生活するしかありません。


2次芦屋生活が始まりました。

“家事”に時間を取られます。

ブログの内容や傾向が変わるでかもしれません。


by toruiwa2010 | 2017-02-07 09:25 | 芦屋から | Comments(4)
Commented by 菅原久 at 2017-02-07 11:41 x
Twitterでお世話になっています、夜だるま昆布長こと菅原久と申します。よろしくお願いいたします。
「老々介護」的現実ですが、前に読んだニッポン放送松本秀夫アナの「介護実況」を思い出しました。
寒の戻りもありますから、お体ご自愛を
Commented by toruiwa2010 at 2017-02-07 12:04
菅原久さん、こんにちは。

誰かに聞いてもらいたい…
ブログやツイッターはそういうものだと。
「芦屋通信」はむしろ自分の記録のためです。
Commented by キムキムヒンギス at 2017-02-07 17:37 x
岩佐さん、お疲れ様です。

岩佐さんの行動力に驚いています。
父に(昭和3年生まれ)何かあってもこんな風に動けないと思いました。
お兄様は頼りになる弟さんがおられてお幸せですね。
私は妹なのですが、兄や姉のために行動することはあるんだろうか?などこれから芦屋通信を読ませて頂いて色々考えると思います。

くれぐれも無理はされないように・・
岩佐さんもお身体お大事になさってください。
Commented by toruiwa2010 at 2017-02-07 19:31
キムキムヒンギスさん、温かいお言葉、
身に沁みます。
長兄には高校時代、とても世話になったので
"恩返し"の意味もあるのです。

芦屋通信…興味を持つ人は少ないでしょうが、
自分の記録のために書く予定です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。