ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

サッカー中継小史 1~アーカイブから~17/0218

d0164636_09110881.jpg





サッカー:テレビ中継史

羊頭狗肉かも~前編 ( 2010.06.17 初出 )


UCLが決勝トーナメントに入ったようだ。

野球(NPB&MLB)、バレーボール、ボクシング、

サッカー、テニス、アイスホッケー…そして、

マラソンとアルペンスキーを1回ずつ。

フジテレビとWOWOWで通算40年以上、

スポーツ実況をやりましたが、担当種目は

少ない方だと思います。その中で、今も試合を見て

一番 血が騒ぐのはサッカーです。


私が知る“日本サッカー放送史”をどうぞ。


サッカーを競技場で見るようになったのはフジテレビ入社した

1963年以後のことです。放送で初めてサッカーに接したのは

それ以前、学生時代に大学選手権決勝だったと思います。

ラジオでした! もちろん、NHKです。“レフロ・ウイング”、

“ライト・ディフェンス”とか言っていた気がします。これは

“サッカー中継”というくくりの中では石器時代でしょうか。

ハハハ。


テレビ東京の金子勝彦アナが岡野俊一郎さんと組んで放送した

「ダイヤモンド・サッカー」は海外サッカーを日本に紹介する

番組として最高のものでした。

イングランドの1部リーグ(現・プレミア)を“数週間遅れ”で

放送していました。しかも、初めは前後半を2週に分けて!


今だったら「1試合を2週に分けて放送だなんて」と猛烈な

ブーイングを浴びるでしょうが、海外のサッカー情報に飢えた

私たちに不満は少しもありませんでした。

放送される土曜日の夕方が毎週楽しみだったものです。

そのころからのサッカー・ファンにとって、これほど心に残る

番組はほかにありません。


1970年メキシコWCでブラジルが3度目の優勝をしたとき、

取材現場で顔なじみだった金子さんに頼んで、テレビ東京まで

行って試写を見せてもらいました。若手とはいえライバル局の

人間に、よくぞ見せてくれたものだと思います。

71年に、気まぐれなスポーツ部のディレクターがどこからか

持ちち込まれたFAカップ決勝を購入して放送が決まったとき、

私が実況することになりました。

d0164636_09111477.jpg











スポーツ・アナには“スキマ産業”の側面があります。担当する

先輩が多い種目は順番が回ってくるまで時間がかかります。

入社当時のフジテレビの主な中継種目は野球、ボクシング、

競馬でしたが、それぞれに経験を積んだ先輩がいて、新米が

つけ込むスキはありませんでした。

そこで、私は先輩が関心を見せていなかったサッカーに注目し、

東京オリンピック後に始まった日本リーグを見に行っていました。

それが“仕事”につながったのです。

FAカップが権威あるイングランドのカップ戦であることは

知っていたものの、ほかの知識は全く持っていませんでした。

このときも金子さんに頼んで資料を貸してもらいました。

濃紺の表紙で有名なロスマンのイヤーブックです。

辞書を片手に懸命に読んで資料を作りました。


日本協会の専務理事だった長沼健氏の解説で この年と翌年の

決勝を実況したのが私のサッカー実況の原点です。

放送時間に合わせるため、サッカーを知らないディレクターは

乱暴きわまりない編集をしてくれました。

FKやスローインのとき、ほぼ同じ角度で飛ぶボールに合わせて

中間をカットし、全く別のシーンとつなぎ合わせるのです!!

長沼さんには黙っていましたが、冷や汗ものでした。ハハハ。


日本における海外サッカー放送の“黎明期”はそんな具合でした。


スポーツ部に1人のディレクターが移動してきました。

サッカーが好きだというだけの理由で1974年に日本リーグを

10試合ぐらい中継しました。

解説は“快速ウイング”・杉山隆一さんでした。メキシコ五輪で

ゴール前の釜本邦茂に左から絶妙のパスを出した男です。


その釜本は当時 ヤンマーにいて実に“わがままな”センター・

フォワードをつとめていました。ハハハ。

古河電工で現役生活の終盤だった現名誉会長の川渕はその後、

青年監督となり、チームの定宿だった渋谷・円山町の旅館で

私のインタビューに応じてくれたものです。


ブラジルから何人かの助っ人が来ていました。

ただし、そのころは“日系二世”でした。そのうちの一人が、

藤和不動産というチームで活躍した若き日のセルジオ越後です。

今のような“辛口”評論家になろうとは思いもしませんでしたが。

ハハハ。

日本リーグの中継で忘れられないのは神様・ペレがゲストとして

来てくれたことです。

困ったのは話がとても長いことでした。よく話してくれるのは

有難いのですが、あまりにも長く、とうとう 私はおそれ多くも

ペレの話を“BG”音楽のように扱って実況することにしました。ハハハ。


サッカー雑誌の付録だったポスターにもらった彼のサインは

私の数少ないお宝の一つです。


明日につづく・・・


by toruiwa2010 | 2017-02-18 09:17 | アーカイブから | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。