ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

お粗末な日本アカデミー賞~アーカイブから~17/02/26

d0164636_07433408.jpg





“ドイヒー”だね、これは

~日本アカデミー賞授賞式~ ( 2010.03.07 初出 )  


金曜日に日本アカデミー賞の授賞式が日本テレビで放送された。

ここ数年は必ず見ている。賞としての権威はあるのだろうが、

放送はいつも思わず笑ってしまうほどダメダメだ。ハハハ。

この日も手ぐすね引いて、ツイートしながら見た。

以下、明らかな間違い以外は、つぶやきは原文のまま、説明が

必要なものは太字で書き加えた。

d0164636_07434177.jpg









日本アカデミーなう。さあ、始まった。

毎年、演出がひどくてゲンナリするのだが、

今年はどうなんだ?

時間枠に収めるために、このレッドカーペットも

いささか“残念”だなあ。いつものことだけど。

しばらく見てみますか。

司会・関根勤かあ、はじめに笑いが取れてよかったね。


作品賞は「ディア・ドクター」と「沈まぬ太陽」、

主演男優賞も鶴瓶と渡辺謙の一騎打ち、

助演女優賞は余貴美子と鈴木京香、助演男優賞は

香川照之絶対・・・

これ以外だったら認めない。ハハハ。


1月に優秀賞が発表されたときにそう思いったのだ。

外国作品賞の「グラン・トリノ」を含めて、かなり高い確率で

“当たり”だった。


日本アカデミーなう。(*以下、この9文字は削除)

香川照之!おめでとう!まあ、彼以外ないけど。


香川照之、スピーチもいいわ。

山崎努にもう少ししゃべってほしかったなあ。

せっかくなんだもの。

さあ、助演女優賞だ。

余貴美子か鈴木京香か。迷うなあ。


香川は爆笑はなかったが、“助演”らしく抑えた笑いを誘った。

キネ旬の助演賞は三浦友和でビックリした。


助演女優賞は余貴美子!納得だな。2年連続か。

素晴らしい女優さんだと思う。活躍を続けてほしい。

香川といい、素敵な俳優がいるんだ。

テレビでは下手な芝居も見なければならないが、

いい役者には劇場で会えということか。


私の採点では「ディア・ドクター」「沈まぬ太陽」

「ハゲタカ」が90点だった。

「剣岳 点の記」が85点、「ゼロの焦点」が80点、

「ヴィヨンの妻」は75点だった。

ヴィヨン…がなぜ高い評価を受けるのかがまったく

分からない。好みの問題はあるだろうが。


90点の3本はこの順番で1点ずつの微妙な差を感じていた。


Bさん@toruiwa 主人は「沈まぬ」と「ゼロ」は

会社にしがみつく感覚を含めて時代背景に入って

いけなかったそうです。好みはわかれますね。

私は「ディアドクター」しか興味わかず。


まさに、人それぞれですよね。

だから満員の映画もあればガラガラの作品も

あるわけで。

今日は「交渉人」を見てきましたが、まことに

”残念”でした。ハハハ。@Bさん


Bさん@toruiwa 私、面白い映画は大体特報見て

カンで当てるので無駄がないですよw

「交渉人」までご覧になるとは映画批評の資格

ありすぎです!ツイート楽しみにしています。


「交渉人」はダメと分かりつつ時間が空いていたので

見たのです。どんな風にダメなのかと、ハハハ。

来週、「フローズン・リバー」などと一緒に感想を

ブログに書きます。@Bさん


Bさん@toruiwa それは楽しみ!お待ちしています。


関根の司会ぶりはこの数年の中ではいいと思う。

さすがはベテランだ。そして、優秀賞受賞者の中に

鶴瓶がいることが大きいな。場内の雰囲気を

やわらかくしている。関根もそのことを意識して

関係ないところでも鶴瓶を「いじって」いる。

ふだんから息があっているからできるのかな。


一種の連係プレーといっていいだろう。

今年の出来を見たら、来年も関根にする可能性はあるが、毎年

鶴瓶がいるわけじゃないからね。ああ、そうか、来年については

「おとうと」があるなあ。ハハハ。


志田未来が今頃 新人賞?

去年の「誰も私を守ってくれない」は?

本家のアカデミー賞には新人賞なんて

ないけどなあ。

栄倉奈々なんて初々しくていいけど。


主演女優賞:広末と松しか見ていない。

本当にこんなものなのか。

「ディア・ドクター」「沈まぬ太陽」には

主演と言える女優の役がなかったからなあ。


Aさん@toruiwa ペ・ドゥナさん凄かったですよ。


そうらしいですね。

唯一、「しまった。見損なった」と思いました。

年間100本近く見ているのに

ま、そんなこともありつつ、映画を楽しんでいます。

@Aさん


Aさん:@toruiwa 僕も対象作品の演技だけなら

ペ・ドゥナさんだと思っていたのですが、

岩佐さんの印象ではどなたでしたか?


主演女優賞はまったく分かりませんでしたね。

広末も松も賞に値するとは思っていませんでした。

不明を恥じます。ハハハ。@Aさん


主演女優賞の松たか子の演技はそれほどと思わなかった。

投票者と、相当意見が違うんだ。

d0164636_07562224.jpg









主演男優賞。ブロックごとに収録・編集して、

関根麻里ら3人のスタジオ部分で時間を調節している。

本来なら、スタジオなど不要なのだが、

「録って出し」ではこれも仕方がないか。

それにしても演出力がない。本家アカデミーの前に

やってしまいたくなる気持が分かる。


アメリカのアカデミー賞授賞式は明日の朝と夜にWOWOW

放送がある。金をかけている分、見ごたえがある。スピーチから

人間性が見えたりして、日本とは雲泥の差だ。だからこそ、

日本アカデミー賞は本家の前に日程を設定してあるのだろう。


主演男優賞は渡辺謙に!!

骨太の作品の中でスケールの大きさに負けない

見事な演技だった。十分、賞に値すると思う。

鶴瓶もよかったけどなあ。

「おとうと」はあまり“食欲”がなかったのに

見に行ったのは「ディア・ドクター」がよかったからだ。

従来の役者の枠を超えていた。


監督賞は難しい。演出の力というのは

シロウトには見えない。

作品に対する入れ込み、役者を情熱で

引っ張った点で木村大作ということかな。

作品そのものは、それほどとも思わなかったけど、

この人の熱さは伝わる。

d0164636_07560023.jpg








プレゼンターに鳩山由紀夫ってどうなのかな。

違和感あるなあ。

利用し、利用されるって事かな。


作品賞は「ディア・ドクター」か

「沈まぬ太陽」しかない。頼むぜ。

変な投票するなよ。もう投票済みだが。


作品賞は「沈まぬ太陽」・・・

順当といえば順当だが、私は納得だ。

悪く言うつもりはないが、ムードに流されて

「劔岳 点の記」にならなくてよかった。

「ディア・ドクター」もよかったが。


作品賞のスピーチなしか。

どこかで計算違いがあったのだろうな。

考えられないことだ。ひどいもんだ。

鳩山の話なんてどうでもいいじゃないか。

どこか、日本テレビから権利を取り上げてしまえ。


Cさん:私もみてました。番組としてはボロボロでしたね。 RT 

@toruiwa 日本アカデミーなう。作品賞のスピーチなしか。

どこか、日本テレビから権利を取り上げてしまえ


収録から放送までの時間がないために演出にも

ある程度ブレーキがかかるのだとは

思いますが、それにしても、業界で言う

「ドイヒー」でしたね。ハハハ。

毎年同じ感想を持つのも情けない話とですが。

@Cさん


Dさん:同感です。作品に携わった皆さんの声が

聞きたかったよぅ~。

RT @toruiwa 作品賞のスピーチなしか。


最後の1-2ブロックの時間計算をどこかで間違え

修整がきかなかったのだと思います。

最終的には、鳩山首相と受賞者のどちらを選ぶか…

になったのでしょう。

頼み込んできてもらったに違いない鳩山の話を

切ることが出来ず、批判を覚悟で受賞者のほうを

切ったのだと思います。情けない!@Dさん


Eさん:岩佐さん、おはようございます。

そう言われると確かに腹立たしいですね。

時間の枠と速報性の狭間でそうなるのでしょうか。

最後は確かにバタバタな感じでした。

新聞によると首相は19:10着、あの入場シーンは

いらないでしょう。


おっしゃるとおりです。入場場面は醜悪でしたね。@Eさん


日本の放送スタイルでは、時間が読めない生放送は不可能だ。

そこで、実際の授賞式から数時間後の録画放送になっているが、

編集が相当大変だろうと思われる。

あくまで推測だが、一人のディレクターが全編を編集するのも

難しいだろう。

いくつかのブロックに分けて担当のディレクターが与えられた

時間の中に納まるような編集をしているのだと思う。


ピタリと仕上げることはなく、少しずつ生まれてくる“誤差”を

スタジオにいる関根麻里や天野が調整していく。

最後のブロックに残された時間が短くて鳩山首相と作品賞の

関係者、両方のスピーチを入れる余裕がなくなってしまった…

と推理する。


どちらにしても、お粗末。

あきれた視聴者が多かったのではないだろうか。

いっそ、翌日の放送にしてしっか編集したらどうか?



*さて、今年(2017年)の日本アカデミー所授賞式は

3月3日(金)21時から日本テレビ系列で放送される。

いろんな意味で大いに楽しみだね。ハハハ。


by toruiwa2010 | 2017-02-26 08:40 | アーカイブから | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。