ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

TBS「カルテット」いいなあ~今期No1はこれだね~17/02/28

2,3年前に面白い本に出会った。タイトルも変わっていた。

「目玉焼きの黄身 いつつぶす?」…(おおひなたごう作)

食にまつわる素朴な疑問について書いてあった。

d0164636_08282124.jpg












とんかつのキャベツ いつ食べる?

みかんの皮 どうやって剥く?

ショートケーキの苺 いつ食べる?

焼き鳥 串から外す?

卵かけご飯の生卵 いつかける?

パンケーキ どうやって切る?

スパゲッティにスプーン使う?

焼き肉で白飯食べる? ***


「あ、俺もそれ聞いてみたかった」と思う疑問が並んでいて

解決したものもあるが、疑問のまま残ったものもある。

この本に取り上げられていたかどうか記憶がないが、今期の

ドラマの中で“から揚げにレモン”をかけるかけないにかなり

こだわっているTBSの「カルテット」がとても面白い。


冬の軽井沢を舞台に共同生活を送る 松たか子、満島ひかり、

高橋一生、松田龍平…という4人を描いている。

4人は“偶然”出会ったことになっているが、そんなわけはない。

バイオリン(二人)、ヴィオラ、チェロでそれなりの技術を持つ

男女が一ヶ所で偶然、出会うなんて!ハハハ。


4人が弦楽四重奏楽団、つまりカルテットを結成し、一緒に

生活する中で様々な出来事が起きるが、前半を貫いていたのは

松が扮する巻真紀(まき・まき)の夫の失踪と真紀にかけられた

夫殺しの疑いだった。

しかし、前回、問題の夫(宮藤官九郎)が登場し、真紀は姑との、

夫はすずめ(満島)との会話で“失踪”に至った経緯をそれぞれの

バージョンで語っていた。秀逸だった。


失踪していた夫が現れたことで真紀の“夫殺し”疑惑は消えたが、

6話の終了間際に、ドラマはまたまた急展開した。

見始めたときに想像していたドラマとは違う物語になっている。

しかし、中心人物4人が交わすセリフが絶品だ。文字にしても

きっと面白さが伝わらないと思うが、芸達者な4人がかわす

会話は言葉のチョイスや間合いの絶妙さに唸らされる。


新しい展開を迎えて残り4回か。今夜が待ち遠しい。


今期、熱心に見ているのはほかに2本だけだ。

まず、始まる前から期待が大きかった「A LIFE」だ。

総合病院を舞台に医療の難しさと恋模様が描かれている。

「ドクターX」とは違い、“ふざけた”シーンは一つもない。

思ったほど視聴率は上がっていないが、木村拓哉、竹内結子、

浅野忠信、松山ケンイチ、及川光博、木村文乃…といった

キャストの頑張りで見応えはある。中でも、このドラマの

木村は光っている。これまで見た中でベストではないか?

えーと、これは木村…文乃の方だが。ハハハ。

ちなみに、キムタクもいつもほど“臭く”はない。だから

このドラマはいいと思っているのだが、伸びないね。

もう一本は三浦友和・黒木瞳の「就活家族」だ。

期待はやや裏切られた。脚本がひどくないか?

映画やドラマでは時間を節約するために、“偶然”を多用する。

肝心の場面を偶然見かけたり、カギを握る言葉をたまたま

立ち聞きしたりする。ある程度は「映画(ドラマ)だから」と

我慢するのだが、この作品は極端だ。

例えば、黒木瞳がホスト・クラブに出入りするところを夫や

息子、教え子に見られて“騒ぎ”になっていた!それはもう、

偶然とは言わないよね。細かいかもしれないが、見ていて

白けるのは事実だ。


***ちなみに、私の答えは


とんかつのキャベツは最初に食べる。

ミカンはへその方からむく。

ケーキのいちごは途中で食べる。

焼き鳥は串から外さない。断じて!

卵かけごはんの卵は初めにかける。真ん中に穴をあけて。

パンケーキは4っつに切る。

パスタにスプーンは使わない。気が知れない。

焼肉は白飯とともに食べる。


by toruiwa2010 | 2017-02-28 08:32 | ドラマ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。