ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

石原慎太郎の会見を見る~“かたよった”伝え方~17/03/06

デビュー以来、彼の文学はテーマが明快で、文体も私好みの

テンポのいいものだったから好きだったが、石原慎太郎には

何のしがらみもない。だから“擁護”しようなどとは思わない。

しかし、関西で金曜日の会見を扱っている情報系番組を見ると、

東と西で微妙な温度差を感じる。関西の番組では“責任逃れ”に

聞こえた部分についてもそれほど突っ込んでいない気がする。

d0164636_08273907.jpg









一方、東京発の番組は石原を“悪玉”に仕立て上げたいと考えて

まとめているように見える。意図的に、自分の責任を認めず、

他人になすり付けている男に見せようとしているのが目につく。


たとえば、当日夕方のTBSNスタ」ではこの項目の冒頭で

「周到な準備をして会見に臨んだと見られる石原氏ですが、

強調したのは“私は専門家ではない”という言葉でした」と

キャスターの一人が顔出しでリード部分を読んでいた。

d0164636_08274401.jpg








そうだろうか?

たしかに“専門家じゃない””科学者じゃない”“知見がない”と

何度か言ったが、聞かれたことに答える中で出たものであえて

“強調した”として伝えるほどではなかったと思う。

私の印象では、「自分にも責任はあるが、都庁にも議会にも

責任はあるのではないか」と「自分には作為の責任があるが、

何もやらない小池現知事には不作為の責任がある」の2点を

言いたがっていた。


CMを除いて一部始終を見たが、“責任逃れ”と受け取られても

仕方がない場面が何度もあったのは残念だ。

ただし、初めに 会見に臨む思いを語った中で「行政の責任は

当然 裁可した最高責任者にある。それは認める」と話したし、

記者から“作為の責任の最大のものは?”と問われたときも

「都庁の中の世論をまとめて上がってきた裁可願いについて、

念を押したうえで承諾し裁可したことだ」と答えていた。

責任を感じていないわけではないのだ。


まずかったのは、いずれも、その直後に小池の不作為の責任や

議会などにも責任があるという主張を続けてしまったことだ。

「俺も悪いが、彼女も悪い。議会も同罪だ」」と“責任逃れ”を

しようとしている形になってしまった。


もう一つ、“専門家じゃない”も言い逃れではなく、事実として

言ったのだが、聞く方の耳には“バイアス”がかかっているから

通用しなかったね。

“小さなことにかまけていられない”“下から上がってきたもの”も

事実関係を話しているつもりだが、どうしても”責任逃れ”や

“言い訳”にしか聞こえなくなってしまった。


同じTBSの「サンデーモーニング」ではこの問題を扱うとき、

「今回の責任は誰に?」との記者の質問を聞かせ、「そりゃ

都庁全体の責任じゃないですか」という石原の答えにつなげた。

“自分の責任”に触れた部分はすべてスルーしていた。

人気のある番組だが、“恣意的な編集”には賛成しかねる。

“公務が多忙”でスタッフから大まかな報告を受けたという小池は

「中身がよくわからず、残念」と記者団に語った。嘘をつけ。

「裁可した自分に責任はあるが、混迷の責任は小池にある」と

言われたことは伝わったはずだ。そうでなければ、スタッフの

能力に問題がある。


小池については、今のところいいことばかり言われているが、

このままとは思わない。

都知事選のとき、増田寛也を応援しつつ、「小池でもいい」と

思っていたが、終盤のテレビで見たあのシーンが忘れられない。


街頭演説の中で彼女は鳥越俊太郎についてこう言った。

…この人なら勝てると言って、政策も何にもない人、

病み上がりの人をただただ連れてくればいいという

ものではないんです

間違いなく言った。品がないし“あざとい”が、それはまあいい。

しかし、テレビの情報番組で鳥越がその話を持ち出したとき、

「言ってないです」と言下に否定した“鉄面皮”ぶりには呆れた。

その顔を見て一気に評価が下がった。


権威への挑戦、活舌のいい話しっぷり、見た目のカッコよさで

人気があるのは分かるが、小池百合子に時と場合によっては

“平気で”嘘をつける一面があることを覚えておきたい。


by toruiwa2010 | 2017-03-06 08:33 | 岩佐徹的考察 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。