ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

これでも案外“柔軟”なのさ~改むるをはばからず~17/03/09

波状攻撃で日本が先制した。

いい形がいくつかあったあとだった。

こういう、流れに乗ってゴールが

奪えたことは素晴らしい。

いつのまにか松木のイケイケ解説が

嫌いじゃなくなっている私はどこか

具合でも悪いのだろうか?ハハハ。

(2012.06.08 のツイート)

d0164636_08264124.jpg







ここに書いた“松木”は誰もがよく知っているサッカー解説者・

松木安太郎だ。日本代表の試合をテレビ朝日が独占したため

ワールド・カップ予選などを見るのが苦痛だった。どうしても

あの“暑苦しい”解説を聞くことになるから。ハハハ。


代表の試合だから、視聴者も含めて日本全体が“応援ムード”に

なるのは当然だが、せめて放送は多少 客観的にと考える私には

“度を超えて”いて、辟易したのだ。


しかし、いつの間にか少しずつ変わっていたようだ。

冒頭のツイートは2012年のオマーン?戦のときのものだが、

すでに、気にならない どころか、むしろ好きになっていた。

この変化は自分でも不思議でならない。なぜなら、普通は、

私の中の何かがいったん“NO”と判断したら、よっぽどのことが

ない限り覆ることはないからだ。驚くべき変心。

最近じゃこの男が熱く語るとき思わずほほが緩む体たらくだ。

ハハハ。


“あいつは大っ嫌いだ”ほどではないけど

“彼(彼女)は苦手だなあ


誰にでも、何人かは思い浮かぶ人物がいると思う。言っとくが、

「いない」と言うやつは嫌いだぜ。ハハハ。

何度も書いているからご常連は読み飽きたと思うが、念のために

私の苦手はこんなところだ。


打撃の職人・イチロー、世界の巨匠・北野武、熱血・織田裕二、

同じく・松岡修造、言語明瞭・意味不明な実況・古舘伊知朗、

老害・野村克也、万年ノーベル賞候補・村上春樹、中途半端・

久米宏、いつも同じ顔・吉永小百合、いつも同じ演技・キムタク、

史上最高の打者・張本勲、大御所・倉本聰、同じく・山田洋次、

ジャーナリスト・上杉隆、栄光への架け橋・刈屋富士雄アナ、

ばかやろー呼ばわり・町田智浩、営業毒舌オンナ・小島慶子、

ワンパターン・池上彰…

d0164636_08263799.jpg





その辺にしとく。我ながら、こんなに好き嫌いが激しいとは

思いもしなかった。断るまでもないが、それぞれの分野での

活躍や実績・能力を“全否定”するつもりはない。

イチローはメジャーに入ったころは“普通に”応援していたし、

芸人・たけしは大好き、小島慶子は存在を知りたてのころは

すっぽりはまっていた。数ヶ月で“暗転”したが。ハハハ。

ほかの人たちも才能を認めないわけではなく、インタビューでの

“一言”などがきっかけに嫌いになったケースがほとんどだ。


で、上記以外で、一昨日書いた小倉優子など、以前は“嫌い”の

カテゴリに入っていたはずなのに、気づいたら私の脳内にある

センサーの振れ方が180度 変わっているテレビ出演者がいる。

テレビ東京「カラオケバトル」に出てくる翠千賀(みどり・ちか)

その一人だ。

d0164636_08263013.jpg










本来はオペラ歌手だが、民放のカラオケ番組に出て高めからの

コメントを連発して異彩を放っていた。

“オペラ魔女”と呼ばれイタリア人を夫に持つ彼女が 初めのころ

大っ嫌いだった。「なんだ、こいつは?」。ハハハ。

しかし、辟易していた“高飛車ぶり”が知らぬ間にクセになり、

気づいたときには取り込まれていた。君はパクチーか?ハハハ。


ほかにも、たとえば「別にイ」の女優・沢尻エリカも嫌いで

モーニング・ショーで涙ながらのインタビューを見せられても

「いやいや、俺はだまされない!」と頑なに認めなかったが、

TBSのドラマ「時計屋の娘」などで好演しているのを見るうち、

少しずつ気持ちが変わっていった。根は“素直”なんだ。ハハハ。

d0164636_08262630.jpg








…と、ここまでは“前置き”だ。

つづきは来週 書く。


by toruiwa2010 | 2017-03-09 08:30 | 岩佐徹的考察 | Comments(2)
Commented by Vevey at 2017-03-09 12:12 x
岩佐さん、こんにちは。

苦手な人、ほとんど同じです!重ならないのは修造くらいですかね?
修造は時にうるさいとは思いますが、求められているのを演じているのだろうと。実際は細やかな神経の持ち主ではないかと思います。買いかぶり??

吉永小百合はサユリストの過大評価は気になるけど、存在が目障りではないので。そっちよりも、やはり過大評価の宮沢りえの方が目障りかも(笑)

続きに期待してま〜す!
Commented by toruiwa2010 at 2017-03-09 13:03
Veveyさん、こんにちは。

ほとんど重なってるのに
修造が重ならない! 奇蹟ですね。
ハハハ。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。