ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

2011年3月の記憶 2~アーカイブから~17/03/12

d0164636_14034924.jpg




M9.0とテレビ

~伝えたこと・伝えなかったこと~ ( 2011.03.13 初出 )


テレビは2台あるが、1台はNHKにほぼ固定している。

残りの1台はフジテレビを基本に民放をザッピングしている。


新聞に出ている番組表には各局の考え方が透けて見える。

上から、地震発生翌日・12日付け朝刊、その下が夕刊、一番下は

きょうの朝刊、左2列はNHK総合と教育、以下、日テレ、

テレ朝、TBS、テレ東、フジと並んでいる。

d0164636_14054676.jpg


















d0164636_14051708.jpg













d0164636_14044751.jpg



















NHKは国営放送であることの自覚に加えて、第一級の災害

正確に判断して地震発生の夜、新聞発表の時間までに12日は

1日中、地震関連の放送をすると決めた。

民放では、テレ朝だけは午前9時半までは前夜からの特別番組を

続け、以後、いつもの土曜日の編成に戻す予定だった。

残りの局は各局とも早朝から通常番組を放送するつもりだった。


以上はすべて、推測の域を出ないことをお断りしておく。


民放の判断は甘かった…かもしれない。大津波が町を蹂躙する

さまを目にしながら、この被害を予想できなかった。

各局とも、他局の出方をうかがっていたのだろう。

結局、翌日は通常編成で“横並び”になった。

d0164636_14061884.jpg









時間の経過とともに事態の深刻さは誰の目にも明らかだった。

徹夜の放送を続け、そのまま、終日、特番を続けることになった。

夕刊の番組表を見ると、テレビ東京は7時以降、通常編成に

戻すことになっていたが、実際は、他局と足並みをそろえて

特番を続けていた。


発生から3日目の今日、これまで「地震関連」、「緊急特番」の

文字があるだけで全体に白っぽかった番組表に変化が出てきた。

まず、テレ東が朝から、日テレが夕方5時半の「笑点」以後、

通常番組に戻すと決めた。

フジは夜のドラマ「スクール!」から普段の日曜日の編成に

戻すようだ。


*実際は日テレも特番を続けている。フジはどうするか?

おそらく、他局が続けたら、やめられないだろうと思うが。


全部は確認できないが、全局、CM抜きの放送になっている。

ことの性質を考えると、当然だろう。テレビ東京が他局より早く

通常放送に切り替えたのは営業を考えてのことだ。


さて、そのテレビが伝えたことは何だったか、と考える。

メディアの特性として、映像の持つ威力と速報性ではほかの

メディアを圧倒している。しかし、それ以外に何があっただろう?

想像を超える災害が起き、夥しい数の犠牲者・被災者が出た。

情報が錯綜する中、そのことは伝えられたと思うが、被災者が

どんな状況に置かれ、何を求めているかなど“地味な”話について、

十分に伝えているかと言えば、そうではなかった。

マスメディアの持つ力はとてつもなく大きい。

そのパワーを使い、テレビだからこそできること、テレビにしか

できないことをやってほしい。


民放の場合、すべての時間帯が全国放送だったのかどうかは

分からない。阪神淡路大震災のとき、神戸新聞が地元に密着した

情報を市民に提供し続けたことはよく知られている。

テレビの場合、いつ、東京からの呼びかけがあるか分からない

状況の中で、地元向けの放送ができなったかもしれない。

時間帯を区切って地方局の放送枠が確保されていたと思いたいが。


以下、ダブる部分もあるが、望みたいことをいくつか。


今回のような自然災害が発生したとき、人々が知りたいのは、

何が起きたかについての正確で詳細な情報、どうすべきか、

次に何が起きると予想されるか、それに備えて何をすべきか…

だと思う。なぜ起きたかや責任論は後回しでいいのだ。


ブログやつぶやきへの反応から見ると、こういうときのメイン・

キャスターには男性が望ましい、がコンセンサスのようだ。

被災者はもちろん、テレビを視聴する人たちは不安を抱えている。

高いトーンの声で早口で話されると、その不安が増幅する。

けたたましい声でまくしたて、報告をさえぎるキャスターが多い。

少しでもストレスがかからない放送を目指すべきではないか。


かじった知識で専門家に質問し、そのたびにたしなめられる

キャスターも目についた。キャスターが理解できない解説は

視聴者にも通じないのだ。だから、分かりやすい言葉で話して

もらうように誘導すべきだが、次に移ってしまうケースもある。

NHKには科学文化部があって、中間の立場でうまく通訳して

くれるが、民放にはそういう人員を育成する余裕はない。

中途半端な情報は視聴者が受け付けない。これを続けていると、

“事件・事故のときはNHK”がますます定着してしまう。


たとえば、原発の爆発で避難…となったとき、NHKの記者は

「できるだけ早く部屋の中に入り、換気扇は切りなさい。外に

出るときは肌を露出しないように。マスクをするか、タオルを

ぬらすなどして口にあてなさい。放射物質が体内に入ることを

防げます」と話した。

避難する人たちは、どうすればいいかがよく分かったと思う。

基本的な情報がどれだけ大事かを示している。


ふたたび、たとえばだが、よかれと思って見舞いのメールを

携帯に送ると、それだけでバッテリーを消費するそうだ。

知らなかった。知らない人が圧倒的に多いと思う。


スタジオから現場にいるリポーターに問いかけるスタイルが

多いのは仕方がない。相手に声が届くのに“時差”が生じることを

どんな修羅場でも覚えておかなければいけない。

そして、現場のリポーターは大きな画面で見ているわけでは

ないし、日差しが強くてモニターが見にくい状況にあることも。

何度も現場に出たはずの“キャスター”が「画面の右の…」と

言っても、相手には見えていない場合があるのだ。


これだけさまざまな技術が進歩しているのだから、映像にGPS

からませることはできないものか。

自衛隊が地震と津波が発生した日の夜、仙台市内の火災の模様を

撮影した映像には位置が示されていた。どの地点でどの方向に

向かって撮影されたものかが分からなくては、情報にならない。

GPSが不可能なら、せめて、何月何日何時 場所 左が海

程度の字幕はほしい。

断定的なことは言えないが、私が見た範囲内では、仙台放送の

スタジオを担当した男性アナウンサー、現場からのリポーターの

多くがいい仕事ぶりだった。前述した“けたたましさ”がなく、

落ち着いた口調で“親局”であるフジテレビにくらべ、はるかに

聞きやすかった。


すべてを、となると難しいのかもしれないが、手話つきの放送も

考えるべきではないか。NHKが今日午後から始めている。

d0164636_14041784.jpg






素の声が出てしまった !!

~失われた信用・信頼~ ( 2011.03.13 初出 )


若いころにエリア・カザンの映画「群衆の中の一つの顔」を見た。

ラジオで一気にスターに駆け上がった若者がどうにもならない

我がままになった。ブレーキをかけるために、育ての親は

マイクをオフにするタイミングであえてオフにしなかった。

大衆を馬鹿にするひとり言がそのまま電波に乗り、たちまち、

彼は転落する…

そんな筋だったと思う。


一部で、大騒ぎになっているのはフジテレビのものと“思われる”

youtubeの音声だ。

昨夜の菅総理会見中、マイクがオフになっていなかったために、

男女の声が拾われてしまったものだ。ここに再録することが

はばかるような、素の声がはからずも表に出てしまった形だ。

ピンマイクをつけているのを忘れたブッシュ前大統領が暴言を

吐いたように、どんな立場でも公の発言と胸の内は違うだろうが、

TPOを考えたら、かなり大きなダメージがあるのではないか。

d0164636_14150272.jpg










誤解を恐れずに言えば、報道に関わる人間も特別ではないと

考えなければいけない。

使命感・正義漢を持った報道マンも当然いるだろうが、大部分は、

一般の人と同じ感覚の持ち主だ。だから、この場合、発言の主を

特定し攻撃することに意味はない。

Aアナという説が圧倒的だが、だとすれば、少なくとも、今後

画面に出てニュースを伝える資格はない。今朝も出ているから、

違うのかもしれないが。


テレビは今や時代の最先端を行く。

そこで働く社員、特に若者に考え違いをする者がいても、私は

驚かないが、視聴者は「とんでもないこと」「信じられない」と

思うだろう。当然だ。

フジだったことは否定できないようだ。OB,として恥ずかしい。

失われた信用・信頼を取り戻すには途方もない時間と努力が要る。


せめて、アナウンサーではなかったと思いたい。


*この件については後日、「濡れ衣は可哀相

~「笑えてきたわ」事件の顛末~を書いた。

いずれ、再録する。




by toruiwa2010 | 2017-03-12 08:40 | アーカイブから | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。