ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

単身赴任のゴールが見えた!!~突き刺さった妻の言葉~17/03/14

先週金曜日から妻が芦屋に来ていました。

自分のリクライニング・チェアで居眠りから覚めたとき、ふと、

斜め後ろの“定位置”に気配を感じたことが何回もありますが、

3日間だけ、気配ではなく“本物”がそこにいました。ここ数年、

私が90度首を振らないと顔が見えないところに陣取るのが

妻の習慣になっています。呼吸するのと同じぐらいなじんだ

位置関係ですから懐かしさがひとしおでした。


実は、この日は昼近くから翌週 抜く予定になっている奥歯に

痛みが出て、土・日にかかるので心配でした。妻を残して

痛み止めの薬をもらいに行きました。面白いものですね。

薬をもらったことで安心したのか、朝から繰り返していた

指の腹によるマッサージが効いたのか、痛みが治まりました。

それでも、硬いものを噛むのは怖いのでピザの予定を変更して

晩御飯を中華にしました。初めて入る店、“愛蓮”です。

菜心の炒めもの、蒸し鶏葱姜ソース、牛ばら肉の麻婆豆腐、

デザートの杏仁豆腐…、すべておいしくいただきました。

“一人中華”は難しいですが、ここなら楽しめそうです。


いい機会なので、翌土曜日に姫路城に行ってきました。

前回、芦屋に“ちょい住み”をしたときはちょうど改修工事が

始まったばかりだったのです。

新快速に乗れば芦屋から51分です。左手に須磨・明石の海や

明石海峡大橋を眺めているうちに到着します。淡路島があんなに

近くに見えるとは思わず、スマホで知ってびっくりしました。

駅前に出ると、遠くですが、真正面に白く輝く城が見えます。

”城”というものを初めて見る外国人は興奮するでしょうね。

1キロちょっとだと聞いていたので歩くことにしました。

残念なことに、遠目から見たときは日を浴びて輝いていたのに

近づくにつれて雲が増えてしまいました。

それでも、“白鷺城”はその名にふさわしい美しさでした。


私たち夫婦は、城でも神社仏閣でも、外観や周辺の花々には

関心がありますが、“内側“にはそれほど興味がありません。

全体のたたずまいを堪能して引き上げることにしました。

滞在時間は20分ぐらいだったでしょうか。ハハハ。

二日目はイタリアンに行きました。

一人でも行ったことがある “アレグロ”、大衆向けの店です。

サラダもたっぷり、生ハム、スパゲティ・ボロネーゼ、ドルチェ…

二日続きで、まったく不満のない食事ができました。ハハハ。

d0164636_09363252.jpg





3日目、スーパーに出かけました。この日は、私の好物、トリを

妻が焼いてくれることになったのです。準備段階から調理方法を

見学させてもらうためです。

しかし、買い物の途中から妻の雰囲気が変わりました。よくない

兆候が出ていました。帰宅してから言い合いになりました。

どこかで私の言い方が悪かったようですが、“そもそもの”原因は

ほかにありました。


言葉をしぼり出す彼女の訴えを聞いてよく分かりました。

東京の家で一人 暮らすことの寂しさが耐えられなかったのです。

別々に暮らしても、ときどき 私が東京に帰り、妻が芦屋に来る…

1年か1年半のことだからそれでやっていけると考えていましたが、

“甘かった”のです。妻の気持ちを分かっていませんでした。

「私、75よ」という言葉が胸に突き刺さりました。


寂しさは 私も感じていました。揃って“後期高齢者”の私たち夫婦が

離れて暮らすことには無理があったのでしょう。兄も心配ですが、

妻はもっと大事です。

この瞬間「これはだめだ。東京に帰ろう」と決め、妻にも告げました。


しかし、兄の問題は解決しなければいけません。

すぐに、話をしに行きました。これまでも数回 話していましたが、

今回は、じっくりと状況を説明しました。

10日に93歳になった兄が置かれている環境、次兄や私たちなど家族が

心配していること、いまとるべき“選択肢”…私も必死でした。


少し前から“兆候”はあったのですが、兄の心が開きました。

実は、市内の別の場所に住んでいる次兄のマンションで近くの部屋が

売りに出ていて、そこに移ることを勧めていたのです。次兄の家からは

40~50メートルですから毎日でも長兄の状態を確認できます。

最初に話したときは拒んでいた兄ですが、この日は「部屋を見たい」と

言いました。日曜日だし、“いきなり”は無理ですと言う不動産屋さんを

かき口説いて、駆け付けました。


次兄夫妻、その息子も参加して内見した結果、私たちだけでなく本人も

「いいと思う」と言うので、話を進めました。

先行している購入希望者がいましたが、そちらはローンを組む段取りを

しているところでした。兄は“キャッシュ”で払うと言います。

“岩佐家”担当の不動産屋さんが頑張ってくれて、その日の夜、売り主が

逆転OKを出してくれました。


兄の気持ちが前向きです。環境の変化がどう影響するか気がかりですが、

とりあえず、ほっとしました。

まだまだやるべきことがいっぱいですが、妻も”先”が見えたことを喜び、

昨日、東京に戻りました。もともと、兄のことが大好きで、今の状況を

心配していましたから、彼女も胸をなでおろしていることでしょう。

兄の新居の受け入れ準備や引っ越しなどがありますから、私が芦屋を

引き払うのは早くても4月半ばになるでしょうが、トンネルの先に光が

見えたことで、不自由な生活をしていても気持ちがまるで違います。

今日も、これから兄に同行してあちこち出かけなければなりません。

なんだかわかりませんが、張り切っています。ハハハ。


by toruiwa2010 | 2017-03-14 09:44 | 芦屋から | Comments(12)
Commented by 老・ましゃこ at 2017-03-14 10:47 x
今日のタイトルを見て思わず「よかったーばんざ-い」と思ってしまいました。
本文を読んでまた、皆さまが良い方向に向かっているように感じられ、
本当に良かったなと思いました♡
なんだかわかりませんが、張り切っています>>> この文にも感動しちゃいました♡
Commented by toruiwa2010 at 2017-03-14 11:00
老・ましゃこサン、こんにちは。

「帰ろう」と決めたあと、すべてが
うまくいきすぎて、「これはどこかで
どんでん返しが来そうだな」と
悪い予感がありました。よかったです。
Commented by モクレン at 2017-03-14 12:14 x
「良かった!」の一言です。
先が見えない事とひとり生活の不安や寂しさ・・・
私も同じような生活してるので奥様のお気持ち共感します。
言葉にするのは大事だと思います。
言わなくてもわかってくれている・・と思ってたらとんでもない!
殿方はそうではありません。
私の場合、それに気付くのにかなりの時間を費やしてしまいましたが・・・笑
Commented by toruiwa2010 at 2017-03-14 12:25
モクレンさん、こんにちは。

妻の言葉を聞いたときハッとしました。
至らぬ夫で恥ずかしいです。
よく言ったくれたと思います。
Commented by shin555 at 2017-03-14 13:18 x
良い方向に進むとのこと、何よりです♪
なんだかわかりませんが、安心しました。

すいません、パクりました(^_^;)
Commented by toruiwa2010 at 2017-03-14 15:05
モクレンさん、こんにちは。

今日も兄に同行して、郵便局、
証券会社、市役所、銀行を
回ってきました。疲れました。
Commented by ひろ☆はっぴ at 2017-03-14 17:20 x
我が街まで足を伸ばして頂いてありがとうございます。姫路城は有料区域には入らなかったんですね。中は急傾斜の階段だらけなので、丁寧に見て回ると軽く2時間はかかります。全体の雰囲気を楽しんで頂けて何よりです。桜の時期は身動きが取れなくなる大混雑になりますので、今の時期がよかったかもしれませんね。
Commented by toruiwa2010 at 2017-03-14 18:52
ひろ☆はっぴサン、こんばんは。

櫻の時期は身動き取れない…
いい情報、ありがとうございます。
敬遠します。ハハハ。
Commented by キムキムヒンギス at 2017-03-15 07:03 x
おはようございます。

私もほっとしました。
短い期間で元に戻られて良かったです。
(奥様には長く感じられたと思いますが・・・。)

お兄様皆さんに大事に思われていてお幸せですね。
岩佐さんが近くに移り住む決断されたこと、とても嬉しかったでしょうし。
Commented by toruiwa2010 at 2017-03-15 07:10
キムキムヒンギスサン、おはようございます。

兄の事だけを考えていたわけではないのですが、
78と75歳の夫婦にとって、これからの時間が
どれほど大事かについて考えが甘かったと思います。
Commented by リエコ at 2017-03-15 20:50 x
素敵なご夫婦話と、お兄様の前向きな気持ち、両方とも上手くいっていて良かったです。

まだ結婚6年…2人きりになったら岩佐さんご夫婦のような関係が築けているといいなぁ〜。

お兄様も新生活にゆっくりでも楽しく始められますように。
Commented by toruiwa2010 at 2017-03-15 21:06
リエコさん、こんばんは。

夫婦が過ごす時間はそのまま
歴史になる…そんな気がします。
楽しい時もつらい時も。
意味のない時間はないのかと。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。