ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

チアダン…おまけで85点~広瀬すずが出ていても~17/03/17

チアダン 85


白波が打ち寄せるアメリカ西海岸。

ロサンゼルスのそのホールでは大人びた雰囲気の女子高生が

派手なパフォーマンスを見せていた。そんな中、日本から

やってきたチームも元気よくステージに飛び出していった。


彼女たちの物語は3年前の春に始まる。

北陸・福井の高校に入学した仲良し3人組が校内を探索中だ。

中心に元気のいいひかり(広瀬すず)がいた。彼女たちはどんな

部活があるかを見て回っていた。イケメンがいるかいないか、

ユニフォームの可愛さなどがカギだった。しかし、ひかりの

“一押し”はチアダンス部だった。サッカー部に応援したい

同級生がいるからだ。


念願の“チアダン”部に入ったひかりだが、問題があった。

顧問の早乙女薫子(天海祐希)の鬼コーチぶりだ。何かと言うと

「地獄に行け!」と叫び、車のナンバーも4598=じごくや

d0164636_08451102.jpg







最近多くなった“部活もの”カテゴリの映画です。

日本の高校生が“本場”のアメリカでチアダンスのコンテストに

優勝するとはなかなか信じがたい話ですが、実話だそうです。


サクセス・ストーリーですから、何もないところから始まり、

頂点を極めるまでを描いているのですが、私には演出が平凡、

“ありきたり”すぎるという印象が残ったのです。


少し経験があって早乙女が部長に任命した彩乃(中条あやみ)

除くとまともに踊れる部員がいなかった。早乙女の厳しい指導で

少しずつ踊れるようになっていく。様々な事情で脱落者が出る。

ひかりと彩乃が彼女たちを引き戻しに行く。最後はみんなの

気持ちが一つになって県大会、全日本を制して、念願だった

全米選手権への出場にこぎつける…


一つ一つのエピソードは“事実”に基づいているのでしょうが、

描き方が型にはまっていました。観客の予想通りの展開になり

面白みに欠けています。

d0164636_08451753.jpg











もっとも、グダグダいうのは私ぐらいのもので、若い人には

不満はないでしょうね。ネットの映画サイトを見ると、世間は

いい評価を与えているようです。私が感じる部分に違和感が

ないからでしょう。

“ごひいき”・広瀬すずが主演しているのですから、好評なのは

結構なことだし、とても嬉しいのですが、私の85点はあくまで

広瀬ありきのおまけです。ハハハ。


by toruiwa2010 | 2017-03-17 08:47 | 映画が好き | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。