ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

2011年3月の記憶 6~アーカイブから~ 17/03/25

衝撃だった6年前の大災害を振り返る

シリーズも終盤に入りました。

特に最初の1ヶ月で印象に残るのは

地震や津波の恐ろしさはもちろんですが、

報道の仕方や姿勢に対する非難でした。


母局・フジテレビも厳しくやられた。

その一つが、総理会見中に混入した

"不要恩"に対する非難だった。

罪のない女性アナが名指しされた。

d0164636_07401997.jpg




濡れ衣は可哀相

~「笑えてきたわ」事件の顛末~( 2011.03.23 初出 )

d0164636_07402568.jpg






2011年3月22日付 朝日新聞


一昨日、フジテレビが遅ればせながら釈明して、一応の決着は

見たようだが、なんとも、後味の悪い“事件”だった。

軽挙妄動・付和雷同型の“人種”が少なからずたむろする2ch

ツイッターでは異常に広まった話だが、世間には知らない人も

多いと思うので簡単に記すと、こういう話だ。


12日夜の菅総理の記者発表を中継したフジテレビの画面から

不要音が流れた。不要音とは本来、放送に乗せてはいけない

せき、くしゃみ、原稿をずらす音、ヒザが机の脚にぶつかって

“ゴツン”などの音を指す。この“事件”では男女の会話だった。

きちんとした会話ならともかく、いかにも今どきの若者らしい、

くだけた口調だったし、“仮にも”総理大臣の会見中だったから、

気付いた人の反応は大きかった。

d0164636_07403053.jpg







さらに、どんな意図があったか知らないが、何者かがどこかに

「女の声はAアナ(フジテレビ)だ」と断定的に書いたことで

騒ぎはますます大きくなった。読んだ人たちが本気で信じたか

どうかは分からない。しかし、井戸端会議ではそこにいない

奥さんの悪口が最高のテーマであるのと同じで、この手の話は

面白おかしく語られる。


ツイッター上で拡散されて行った。信じがたいスピードで。

結果として、「フジテレビの報道姿勢はひどい」「Aアナには

今後 ニュースを読ませるな」という非難の声があふれた。

つまり、“女の声=Aアナが確定してしまったのだ。


「なんだか、おかしいな」と思い、ツイッターで“フォロー”の

発言をしたが、ほとんど誰も聞く耳を持ってくれなかった。

ブログにも関連記事を書いたが、その締めくくりはこうだった。


テレビは今や時代の最先端を行く。

そこで働く社員、特に若者の中に考え違いをする者がいても、

私は驚かないが、視聴者は「とんでもないこと」「信じられない」

と思うだろう。当然だ。

フジだったことは否定できないようだ。OBとして恥ずかしい。

失った信用・信頼を取り戻すには途方もない時間と努力が必要だ。


せめて、アナウンサーではなかったと思いたい。



後輩たちを信じてやりたい気持ちがある一方、最近の傾向から

“やりかねない”という思いも捨てきれないから悩ましい。


分からないのは、災害発生の際の政府を思わせるフジテレビの

対応の遅さだ。報道局にしても編成局にしても 2チャンネルや

ツイッターでの騒動を知らなかったとは言わせない。

“まぎれ込んだ女の声がAアナのものではない”ことは早くに

確認していたはずだ。(後述)


「不適切な音声が流れました。申し訳ありません。なお、声は

スタジオ外の中継ポイントにいた取材スタッフのものです」と、

すぐ、メディアに流せばよかったのに、と思う。


Aには、会社が彼女を信じていることを伝えれば十分だろう。

この手合は無視するに限る。へたに釈明すれば、別のことで

突っ込まれるだけ」という判断だったのだろうが、そのせいで、

一昨日まで、Aアナは一部で犯人扱いされたし、会社として

何も対応してくれない間に、台湾のテレビにまで顔写真入りで

伝えられるなど、大きなダメージを負ってしまった。


野次馬精神は旺盛だから、この種の“できごと”を見逃すことは

少ないのだが、この件はリアルタイムでは知らなかった。

ツイッター上で見つけ、youtubeに残っていた120秒ほどの

フッテージで確認した。文字に起こしてみると、こうなる。

d0164636_07403638.jpg











安藤「…会見の内容を皆様と一緒に聴いて参りたいと思います」

*映像はすでに官邸に切り替わっていた。


*その後、4秒近い無音状態がある。そこに男女の声が流れた。


男「ふざけんなよ。また原発の話なんだろ」

女「だから、こっから上げられる情報ないっつってんのに」


*この二言は菅総理が話し始める2秒半ほど前に終わった。


総理「地震が発生して1日半が経過をいたしました」

*この言葉に()「ほんとに来るのかどうか…」がかぶった。


総理「被災をされた皆さんに心からお見舞いを申し上げますと

ともに」

*女の声「ほんと、クソだよ」がかぶっていた。


総理「 救援・救出に当たって全力を挙げていただいている」

*ここに、女の「ああ、笑えてきた」という声がかぶっている。

業界で言う“不要音”はこれが最後だった


最初に聴いたとき、何が起きているのかよく分からなかった。

一般の人は、アナがマイクを切り忘れた…と思うだろうが、

それは考えにくい。アナウンサーは話し終えたら、無意識に

手元のスイッチでマイクをオフにするものだからだ。


出先からハンドマイクでリポートするときでも、スタジオに

切り替わったら、マイクを口元から遠ざける…私の場合は、

必ずマイクを体の後ろに持って行くことにしていた。

その上で、自分のマイクが完全に“死んだ”ことを音声さんに

確認するまで余計なことを言わないのがアナウンサーの習性だ。

d0164636_07404237.jpg








あえて言うと、スタンドマイクやピンマイク以外に、緊急用の

特殊なマイクがセットの上、アナウンサーの前に置かれている

場合がある。バウンダリーマイクが正式名称だが、形状から

音声の技術者たちは“ゴキブリ”などと愛称で呼ぶことが多い。

しかし、そのマイクが拾った音でもなさそうだ。切り忘れた

メインのマイクやゴキブリが拾うのなら、安藤の声のはずだが、

音質が彼女の声とはまるで違う。


セットの全体図が分からないが、その時点の出演者以外に、

離れたところにいたスタンバイ中の人たちの声を近くにあって、

オフになっていないマイクが拾う可能性はあるかもしれない。

ここまでの推理の過程では、その場合、Aアナである可能性を

完全には捨てきれなかった。ただ、スタジオ内にいた人たちは、

仮に聞こえていないと分かっていても、ここまで“くだけた”

話し方はしないだろう…と思う。


2回目に聞きなおしたとき「これは100%Aアナではない」と

確信する個所を見つけた。


ネットに出回っている動画には誰かが発言の内容が文字として

書き込んでいるが、素人には意味が分かりにくい一言だけが

文字になっていない。“ホントに来るのかどうか…”の部分だ。

本社から外の中継ポイントに、番組の中でそちらから中継を

入れてもらうという指示を出すとき「次、行くからね」と言い、

中継側は周囲のスタッフに「次、“来る”ぞ」と言う。


つまり、男のスタッフは「本当に ここから中継を入れろって

言ってるのか?」と疑問に思ったのだ。男の言葉「ほんとに

来るのかどうか」のあとの聞きとれなかった部分は「デスクに

確認してみるよ」だったのではないか。


どちらにしても、この会話は菅総理のメッセージとはまったく

無関係のものだと分かる。そして、菅のメッセージを馬鹿に

するようなものならともかく、中身は“痴話げんか”レベルで

仮に、野球のヒーロー・インタビューに混入したのだったら、

まず、こんな騒ぎにはならなかったはずだ。

発生場所も本社ではなく、いくつかの中継ポイントのどこか

だということも分かる。“愚痴っぽい”話も現場に出ている記者・

ディレクターたちがよく交わすものだし、そのあとに出番を

控えていたAアナがそこにいるはずは絶対にあり得ないのだ。


「どうなってんだ、うちのデスクは!やってらんないっすよ」

本社と話していた顔なじみの記者が受話器を叩きつけるように

切ると振り返ってぼやいた。…野球取材中の記者席で何度、

そんな場面を目撃したことだろう。

新聞であれテレビであれ、最前線で働く記者(ディレクター)

本社から注文を出すデスクは永遠に相いれない仲だ。


いわば、どこの局でもこんな会話が交わされているし、いつ、

どんなトラブルでそれが電波に乗ってもおかしくはないのだ。

今回はフジテレビだったが、次はテレビ朝日かもしれないし、

TBSかも、日テレかも…NHKにだって起こる可能性はある。

人間が関わっている以上、絶対はない。


冒頭に掲げた朝日新聞の記事の最後はこうなっている。

「笑えてきた」などの発言は、スタッフが自分の担当の中継が

なかなかつながらないことについて漏らした言葉だという。


もし、フジテレビがそう話したとすれば、おかしい。

“つながらないことへのぼやき”ではなく、新しい報告材料も

ないのに“無理に中継をさせられることへの不満”と考える方が、

会話の流れから見ると自然だからだ。

ま、この際、そんなことはどうでもいい。


発生後、数日間の被災地取材スタッフの言動に不適切な部分が

あったらしい。数日後、現地に入った有名キャスターの言動・

いで立ちも不評だった。フジテレビの取材車が緊急車両専用の

給油所で給油を強要したという、2ch発の情報が“事実”として

拡散した。


…うなずけるものもあり苦笑するものもあるが、フジテレビに

対するバッシングはたしかにすさまじかった。

しかし、一つ一つの現象を冷静に見れば、この“流れ”の中で

発生したとはいえ、今回の件が、少なくとも“報道姿勢”とは

無縁のものと分かるはずだ。


ただ、どう言い訳をしても、無関係な音声が出てしまったのは

フジテレビのミスだ。

当日の音声スタッフは“チェック漏れ”を厳しく反省しなければ

いけないだろう。局としての対応が遅れ、長い間、放置した

ことも責められていい。


一報道機関が罵詈雑言を浴びるだけならいい。

しかし、間違った情報が、重大さを理解しない人たちの手で

あっという間に広まり、それが“事実”として定着してしまう

IT社会には怖さもある。これが、国の存在や生命の危険に

関わる情報だったら…と思うと、ぞっとするのだ。


理解していただけるように、できるだけ

丁寧に書いたつもりですが、当然、異論・

反論があるだろうと思います。私に対する

批判もあるでしょう。

きちんと整理されたコメントなら残しますが、

感情的なものや、ほかの人のコメントに

対する批判は私の判断で削除しますので

ご了承ください。


by toruiwa2010 | 2017-03-25 08:25 | アーカイブから | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。