ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

惜しかった侍ジャパン~勝機はあったけどね~17/03/28

残念だが、侍ジャパンはWBCの準決勝でアメリカに負けた。

メンバーを見ればアメリカも気合が入っていたことが分かる。

”8番・スタントン“という打線は“凄い”の域を超えている。

対するジャパンは“苦し紛れ”で青木が3番だもの。

d0164636_08221704.jpg








ドジャースタジアムの天然芝と雨が降っていたことを敗因に

挙げる評論家がいる。ドジャースタジアムは一夜で天然芝に

なったわけじゃなかろう。準備が不足していただけだ。

ただし、どちらも得点につながった菊池や松田の“ミス”が

天然芝と無関係でないことも確かだね。


特に、私が決勝進出のMVPに推す菊池のエラーには驚く。

彼ほどの名手が打球の正面に入ってしっかりとグラブを構え、

ポケットに収まったら抑え込むはずの右手も準備できていた。

あの態勢で打球がグラブの小指側をかすめて右手との隙間を

抜けていくことは普通は考えられない。

d0164636_08252555.jpg









打者走者が2塁に達し、自分のポジションに戻る菊池は右手を

横に動かすジェスチャーを見せていた。「スリップしたなあ」。

原辰徳が「イレギュラーした」と解説したが、実況のアナは

菊池のジェスチャーに触れなかった。すべてを見落とすなと

言っても無理だろうが、ここは気づいてやってほしかった。


このアナには、この日だけでも何度も「うん?」と思った。

一つは雨が降ったりやんだりしている状況を“雨模様”と何度も

言ったことだ。最近は現に降っていても使うようだが、本来、

この言葉は、“降りそうだけど降っていない”ことを表している。

アナの言い方を聞く限り、本来の意味を知らないようだ。

知っていたけどあえてそう言った…などの言い訳は無用だ。

“あえて言う”意味がない。アナとしてどうかなと思う。

先輩・吉川美代子に怒られるぞ。ハハハ。


菊池の同点ホームランの直前に、“スペシャル・サポーター”の

中居正広が強化試合を含めて屋外でのデイゲームが久しぶりで

あることをリポートした。アナは、データを補足して槇原に

その話を振ったが、「そんなこと言ってる場合じゃない」と

軽く一蹴された。当たり前だ。中居を立てようとしたのだが、

余計な“忖度(そんたく)”だった。ハハハ。


小刻みな投手リレーに入ったアメリカ・チーム作戦を“ひとり

いっさつ“と言った。そうじゃないだろう。

“いちにんいっさつ”…だ。


林正浩アナが去ったあと、いまは彼がTBSのエースなのか?

渡辺謙太郎以下、伝統を誇ったTBSスポーツ・アナの系譜の

前途が危ぶまれるなあ。


WBCだが、準決勝は試合開始から終了までしっかり見た。

先発・菅野の一球一球に気持ちがこもってるのが伝わった。

"冷やか派"の私でもテレビの前で思わず前のめりになった。

あれだけ魂を込めた投球をしたらダメージが残るはずだ。

“燃え尽き症候群”が心配だね。

d0164636_08221129.jpg








アメリカの初優勝で幕は下りた。喜びを爆発さえる選手たちを

見れば、4回目で初めて彼らが本気になっていたことが分かる。

イスラエルやオランダの活躍もあって見応えのある大会だった。

競争相手が増えた。すべての国のモチベーションが高まった。

今後、ますます侍たちの優勝チャンスはスリムになっていく。

次の監督やメジャーリーガーの参加問題など、解決しなければ

いけないテーマは多い。


日本対アメリカの主審と1塁塁審はアメリカ人だった。幸い、

おかしな判定はなかったが、この大会がワールド・クラスの

イベントとして認知されるにはもう少し時間が必要なようだ。


by toruiwa2010 | 2017-03-28 08:28 | メジャー&野球全般 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。