ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

生まれたところで生きる~子供は選択できないんだよね~17/03/29

言いにくいことだが、書いておく。

NPOの仲介で卵子を提供してもらう

そういう仕組みがあるそうだ。

その仕組みから初めての子どもが

生まれた。どうしても子どもが

ほしかった親はハッピーかもしれない。

しかし、このことがこの子供には一生

付きまとう。子の幸せを守れるのか?

d0164636_08464666.jpg








過去の経験から、書いても、多くの人から同意を得ることは

難しいと分かっているが、黙っているのがつらいのであえて

書くことにする。


ほしくてたまらないのに子供にめぐまれない夫婦が多いことや

ごく初歩的な“不妊治療”を初め、医師たちがさまざまな方法で

その悩みを解消しようと努力してきたことは承知している。

表面的な知識しかないが。


私たち夫婦には子供がいない。私自身は不幸だと思っていない。

ただし、“いい母親になったに違いない”妻に子供を抱かせる

チャンスをあげられなかったのは申し訳ないと思っている。

「そんなことはない」と妻は言うが、本心は分からない。


子どもはいないけど、嘆いたり、悲しんだりしない。まして、

授かるためならどんなことでもするという気にはならない。

天の配剤、自然に任せている…そんな夫婦は多いはずだ。


うーん、なかなか本題に入れない。ことが“微妙”すぎて。


長い年月をかけてようやく授かった新しい命を無条件で喜ぶ

夫婦にはただただ“おめでとう”と言ってあげるのがいいのだと

頭では分かっているのだが、私はこの種の報道に接するたびに

いつも、一つの疑問、それも大きな疑問にこだわるのだ。


今回のケースは第三者から提供された卵子によって子どもが

生まれたということだった。“仲介”するNPOがあるという。

奥さんは40代だそうだ。夫婦の喜びは想像できる。

しかし、私の疑問は、“夫婦は幸せだろう。で、子供は?”だ。


あえて言うなら、どうしても子供を持つ幸せを得たいからと

努力を重ねた結果として子供を授かった夫婦がしあわせなのは

当然だが、このような方法で生まれてきた子供の幸せは?

この場合、子供は自分の意志に関わりなく生まれてきた。

どんな子供も生まれるところを選べない。この子供の場合は

その極端な例だ。


SNSの時代に、この子供が特別な“経緯”で生まれてきたことが

どこかで漏れることはないのか?いじめの対象にならないか?

人生のどの時点かで不利に扱われることはないのか?

ネガティブなことばかりが頭に浮かぶ。

そして、そうならない保証はあるのか?もし、そうなったとき

夫婦は責任を取れるのか?どうやって?

d0164636_08463531.jpg







有名なラジオの女性パーソナリティが53歳で出産したときも、

無精子症の父親に代わり、祖父の精子によって生まれた子供が

17年間に118(!)もいたというニュースを聞いたときにも

同じことを感じた。今回の件を含め、当事者の切実さは理解し、

決して軽々しく考えていないことも分かったうえで、私の首は

左右に傾き続けるのだ。


それって、100% 親の意志だよね。子供の意志は?

自然の摂理に従わず、精子や卵子をやり取りして生まれてくる

子どもの幸せをどのように確保するの?


この問題の難しさは、答えが簡単に見つからないし、当事者を

単純に責められないことにある。


by toruiwa2010 | 2017-03-29 08:49 | 岩佐徹的考察 | Comments(6)
Commented by パンダ at 2017-03-29 09:41 x
おはようございます。子供の問題に関しては色々な考え方があり大変難しいと思います。自然の摂理に任せられない人もいるでしょう。男女の産み分けが出来るようになってきて、それが普通の感覚になってきた今を見ると、今回のように子供を産むことは普通になるのかもしれない。でも、産まれてきた子供達が自分の生い立ちを知りたくなるのは自然なこと。それを知った時の心のケアは出来るのだろうか? 本当にこの問題は難しい。主人に子供を抱かせてあげられなかった私ですが、いい父親になったんだろうなという主人を見ていると申し訳なく思います。私は幸せですが、主人はどうなのだろうといつも思います。
Commented by toruiwa2010 at 2017-03-29 09:59
パンダサン、おはようございます。

難しいですね。メディアも事実を
伝えるだけのことが多く、反応は
ほとんど聞こえてきません。

愛子さまの部分は妻からの電話で
削除しました。
Commented by ちえこ at 2017-04-01 22:17 x
岩佐さんこんばんは。少し過去の記事に今更ながらコメントをさせていただきます。
私は子供のいない親族を複数知っていますし、私ももう子供を持つには厳しい年齢でいまだ妊娠していないので、こういう話題には敏感になりますね。
正直に言うと、子供が生まれるのに子供の実質的な意思というのは自然なものであろうと人工的であろうと最初からないと思っている私ですが、この類のニュースを見てたまに思うのは「じゃあ他人の子供ではだめなのか?」という事です。望まれない生まれ方をした子供を引き取る方法もあるのに、あえて夫婦両方の遺伝子ではない子供を産む意味とは?と感じます。
そのたびに「どうしても自分の子供が欲しい」「自分の遺伝子を残したい」と望むことは理屈ではないんだな...と思います。私には到底考えられない話ですが。
Commented by toruiwa2010 at 2017-04-02 09:01
ちえこサン、おはようございます。

野田聖子議員は子供を持つのは
すべて親のエゴだと"開き直って"
いるそうですが、そんなことは
誰もが知っていること。
問題は、そのようにして生まれてきた
子供たちの幸せを誰が保証するのか?です。

幸いなことに悪い話は聞きませんが。
Commented by ミトコンドリア at 2017-04-03 21:17 x
子供の幸せは親が保証できるものではないと思います。普通に生まれた子でも幸せになる子はいるしならない子もいる。
でも岩佐さんが奥さんに対して申し訳なく思う必要はないのでは? 奥さんも自分で岩佐さんの奥さんであることを選択したのでしょう。もし奥さんの立場だったら、そんな風に言われたら悲しいと思います。って、大きなお世話ですが(笑)
Commented by toruiwa2010 at 2017-04-04 07:42
ミトコンドリアサン、おはようございます。

そんな風に言われたら悲しい…
考えてもみませんでした。反省。
ただし、頑固な人なので、どう思っているか
墓場まで持っていくと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。