ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

かなり“微妙”だけどね~健大高崎のトリックプレー~17/03/30

センバツ8日目に気になるプレーがあったことを後で知った。

結果的には延長15回で引き分けとなった福井工大福井高校と

高崎健康福祉大高崎高校の試合で健大高崎がトリックプレーを

見せたそうだ。早速、ビデオでニュース映像をチェックした。


1点を追う健大高崎が9回に22,3塁のチャンスを掴んだ。

6番のピッチャーに代打が送られていて、カウントは1-1(?)

ここで監督は勝負に出た。ギャンブルだったと言ったそうだ。

2塁走者に大きなリードを取らせ、ピッチャーが牽制球を送る

そのタイミングで3塁走者が本塁へスタートを切るのだ。

d0164636_08310480.jpg







キモは、守備側に“しめた”と思わすことだ。完ぺきだった。

ピッチャーは3塁走者を一瞬忘れ、ノーチェックでセカンドへ

ボールを投げた。3塁にいたのはチーム一の俊足だったらしい。

スタートもよく、楽に同点のホームに滑り込んだ。


翌日のラジオで伊集院光が激賞していたという記事を読んだ。

「あんな作戦、見たことない」と驚嘆していたそうだ。

ま、伊集院が知らないだけで、ないことはないのだけれど。

ハハハ。


もともとはメジャーでビリー・マーチン監督がオークランド・

アスレチックス時代にやって成功しているし、アトムズの

武上四郎監督もキャンプで練習していた。友人のライター・

生島淳氏によれば、“ドジャース戦法”に書いてあったらしいが、

まだ確認できていない。


d0164636_08313973.jpg










そして、甲子園でも7年前の夏の大会で大阪の履正社が奈良の

天理を相手にやっている。21,3塁だったが。

このときは1塁走者がベースを数歩離れたところで転倒した。

それも“故意に”だ。マウンドにいたのが左投手だからまんまと

引っかかった。挟まれているうちに3塁走者が生還した。


解説もアナも口をそろえてほめていた。「ビッグ・プレーだ」、

「よほど訓練しないとできないプレー」だと。

朝日新聞にも「頭脳プレー」の見出しがついていた。

“高校野球を愛する”私は猛烈に腹が立ち、批判の記事を書いた。

あざとい、高校生らしくない…と。

残念なことにとんど支持されなかった。慣れっこだけど。

ハハハ。

d0164636_08312604.jpg












今回は、少なくとも故意に転んだりしていない。ディレード・

スチール(スタートを遅らせた盗塁)に近い印象で履正社ほどの

“悪意”を感じないのはなぜか?免疫ができているからか?

ただし、“相手をひっかける”作戦だったことは試合後の談話で

明らかだし、高校野球らしいとは思わない点では変わらない。

好きか嫌いかと言われれば、好きじゃない。頑固。ハハハ。


異論・反論はあって当然だ。


盗塁やスクイズがよくて、なぜ、これはダメなんだ?

高校生らしさってなんだ?


今、再び“言い合う”気はないが、要するに、こういうプレーや

カット打法やサイン盗みや西嶋投手の超スローボールなどが

あまりに“プロ的”で好きじゃないってことだ。

1年前に更新したばかりの記事を引用して“シメ”に使おう。


本気でこのプレーをいいと思うのなら、止めはしない。しかし、

それなら、近目の球を避けずに当ったり、ダブル・プレーを

阻むために両手を挙げて滑り込んだり、野手に体当たりしたり、

フック・スライディングをしたりしても“高校生らしくない”

プレー、などと今後は、いっさい言わないことだ。


コメントは、基本的に承認するように

していますが、あまりに感情的なもの、

罵詈雑言を含むものは削除の対象に

なります。よろしく。


by toruiwa2010 | 2017-03-30 08:34 | メジャー&野球全般 | Comments(2)
Commented by ひろ☆はっぴ at 2017-03-30 13:23 x
高校生らしさって何でしょうか?これほど曖昧なものはないのではないでしょうか。我が家の近所に全国優勝をしたことがある強豪校があります。選手たちは試合中はいかにも「高校生らしく」プレイしています。でも普段は遊び盛りの高校生。当然お年頃の女子が群がってきますから、いわゆる痴情のもつれのような出来事もあります。車を乗り回して派手に事故を起こしたり、夜遊びなんて日常茶飯事です。そういうことは絶対に紙面や画面には出ません。相当多くの高校が出場停止になってしまいますからね。しかし現実の高校生の実態を目の当たりにすると、高野連の建て前なんて馬鹿馬鹿しくて聞いていられません。
岩佐さんの「高校生らしさ」を大事にしたいというお気持ちは分かりますが、現実には全く違う高校生が大多数になっていますね。
Commented by toruiwa2010 at 2017-03-30 15:45
ひろ☆はっぴサン、こんにちは。

ここでいう"高校生らしさ"とは
"高校野球"らしさということです。
うわべと中身が違うのはダメです。
これからも、煙たがられながら
言い続けるでしょう。ハハハ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。