ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

PS浅田真央の引退~全日本のあとの記事~17/04/15

昨日の記事を最終回にする予定でしたが、

本人が会見で「全日本が終わったときに

無理だと思った」と語っていたので

自分の記事を読み直し、わずか4か月前の

ものですが、再録することにしました。

皆さんにはどうでもいいことでしょうが、

浅田真央についての私個人の思いをまとめる

意味もこめて・・・。


…さて、浅田真央だ。

SPを受けたテレビのニュースで見出しに浅田、8位スタート

書いたものがあった。

まあ、注目のポイントではあるが、宮原知子の3連覇について

触れないのはそれこそ失礼だ。


この大会の若手たちとほぼ同年齢で全日本に出てきたころから

浅田を見ているが、SPの冒頭でトリプル・アクセルがすっぽ

抜ける姿を見て痛ましいと思った。

好きだからリンクに立つ。それはいいが、競技だからなあ。

本人もつらいだろう。

もっとも、キス&クライにいるときの顔は明るかった。そして、

テレビカメラに向かって「ありがとうございました。 また明日

頑張ります」と話しかけた。珍しいね。


ついでだが、苦言を一つ。

得点が出たところで実況アナが「なんとか60点台に乗せて、

ショートを終えて8位の位置につけています」と言った。

シニア・デビュー戦の選手ならわかるが、浅田の結果を伝える

言葉として的確かどうか?

私なら「何とか60点台には乗せましたが、浅田真央、ショートを

終えて8位と、苦しいスタートになりました」と言う。

そう言わせる“空気”があることは分かるが、本当のところを

伝えるのがアナの仕事だ。

d0164636_07231134.jpg











1年のブランクから復帰以来の自己最低だったSPにくらべると

「頑張ります」と言ったFSは今季の最高だったが、114.10

という数字は寂しい。寂しすぎる。思わずうなってしまった。

かなり厳しいね。本人にしてみれば、トリプル・アクセルに

挑むことが重要らしいが、“結果として”跳べない。こんなに

転倒する選手じゃないのに。


スケーティングの美しさは群を抜いているだけにもどかしい。

FSの演技後、花束を丁寧に拾っていた。どんな心境だったか?

本人は、ファンの声援が無条件でうれしいようだが、若手に

送られる“がんばれ”の声と、自分に向けられた声援の意味が

違うことは分かっているはずだ。それをどう考えるか?

ひざの状態もあるが、私は、いつ“会見”が開かれても驚かない。


メディアは来シーズンも現役を続けると伝えている。

根拠はこうだ。

FSの演技を終えた直後の囲みの会見で「来季は続行するのか」と

記者に聞かれた浅田が「そうですね、はい」と答えた。

…新聞的には"続行を明言"となる。


たとえ“引退”を考えていたとしても、まだほかの選手が演技を

している中で言えるわけがない。自分がその言葉を口にすれば

大騒ぎになり、チャンピオンの影が薄くなってしまうのだから。

決してやめさせたいわけではないが、私はメディアが伝える

“現役続行”をまだ信じていない。 ハーフハーフだろう。


もともと、アスリートには2種類ある。

肉体がボロボロになるまで現役を続ける選手と“自分らしい”

プレーが出来なくなったらそこでやめる選手だ。


応援するファンも同じだと思う。私は後者だ。

白鵬が前頭の若手に簡単に寄り切られるところを見たいとは

思わない、彼がどんなに相撲を好きだと言っても。

吉田沙保里や伊調馨がオリンピックや世界選手権の準々決勝

あたりで無名の外国選手に負けるところを見たくはないし、

ロジャー・フェデラーやラファエル・ナダルがグランド・

スラムのベスト8にも進めなくなったら、見るのがつらい。


そういうことだ。


*いつ“会見”が開かれても驚かない…

会見とはつまり"引退会見"の意味です。

この時点で、かなりの確率で年内に引退発表が

あるのではないかと思っていたのです。

浅田のちょっとしたしぐさや言葉の端々にそれを

感じたからです。


気持ちの整理やスポンサーとの調整など、時間が

必要だったのでしょう。彼女クラスの選手になると、

個人の思いだけで行動に移れませんね。


これで、浅田真央引退がらみの古い記事の更新は

本当に最後です。お騒がせしました。

そして、ふたたび"冬眠"に戻ります。


by toruiwa2010 | 2017-04-15 08:21 | アーカイブから | Comments(6)
Commented by Vevey at 2017-04-16 15:07 x
岩佐さん、こんにちは。
色々と大変そうですね〜引越しや片付けは本当に体力が要るものです。

さて、浅田真央の引退会見ですが、清々しく、やはりこの人の魅力は美しいスケーティングだけではなく、人間性にもあるのだと思わされました。
しかし、荒川のように技術解説は?鈴木のように振り付けは??と考えると、スケーター以外の職業は想像できません。ましてや、キャスターなどは???
彼女は自分に似合わないことを選ばない賢明さを備えているかと思いますが、
自分の道を見つけてほしいと願っています。

以前モロゾフコーチが、日本の選手は子供時代にジャンプの基礎を正確に習得していないので、大人になってその上のステップに進めようと思っても、そこで苦労するというような趣旨の発言がありました。浅田真央が苦労していたエッジの踏切ミスを子供の頃に直していたら?と、残念です。難しいジャンプが飛べるというだけで見逃されてきたのでしょう。(村上がジャンプで躓いて伸び悩んだことも同じかと)コーチの責任は大きいと思います。
蛇足ながら、宇野のコーチのベタベタはセクハラでは?もう19歳の男子にあれはないでしょう。気持ち悪いです。
Commented by toruiwa2010 at 2017-04-16 20:57
Veveyサン、こんばんは。

しゃべることについては
才能があるように見えませんね。
荒川以上に当たり前のことしか
言わないような気がする。ハハハ。

それでも、テレビ局はほしがります。
周りを固めれば何とでもあなります。
"いるだけ"でいいのです。ハハハ。

宇野昌磨のコーチ…たしかに、いつも
やりすぎじゃね、と思いながら見てます。
Commented by 通りすがり at 2017-04-19 00:22 x
昔、岩佐さんの実況を楽しみにしていたスポーツ観戦好きの者です
リーガの炎上事件も懐かしく思います

>スケーティングの美しがが群を抜いている
ならば、転倒してもこの理由で加点が猛烈につく選手とそうでない選手がいることで本当に不思議な競技だなと思って観ています

浅田選手が突然エラーを厳しくとられ続けるようになった理由に
>ジャンプの基礎を子供の頃に練習していない
と良く言われますが
では伊藤みどりはどうだったのか?
山田コーチの所にいた選手は沢山いますが彼女だけが特殊だったのか?
日本には他にも多くのコーチが居ますが全て無能ということなのでしょうか?
育成を考えるなら子供の頃から海外に行かせるないと…お先真っ暗!笑

挙げればキリがないですが
競技と言うならロビーも含めたものがフィギュアと見るべきなのでは

フ○テレビとか怖いくらいに彼女を下げますが
これは社是か何かなのでしょうかね……
Commented by toruiwa2010 at 2017-04-19 06:40
通りすがりサン、おはようございます。

私の母局にはいろいろ至らない点もありますが、
浅田真央を「怖いくらい下げた」ことは
なかったっと思っています。まして、"社是"など
御冗談でしょう。ハハハ。
Commented by ヤップンヤン at 2017-04-19 23:24 x
彼女に関しては、従来の形ではない熱狂的なファンやナショナリズムのことにまで発展したので、ネット社会が生んだ”時代”をというものを考えさせられました。

今は、羽生と錦織にそれがあてはまりますが、ネットが普及した以上、こういうのは永遠にあるのだろうと思っています。
Commented by ちえこ at 2017-04-21 10:47 x
岩佐さん、おはようございます。
この記事を以前読んだとき、同じように感じていました。私の見方としては、フジテレビは浅田選手を下げたりはしなかったとは思いますが、彼女と女子シングルの評価を歪めるきっかけの一つにはなったと思います。それが全日本のアナウンスにも繋がったのでしょう。
浅田選手のような人気選手を作るために、ジュニア時代の宮原選手にAKB48の真似ごとをさせたことは、私にとって忘れられない出来事です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。