ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

いいものはいいと言う~たとえ苦手な大御所でもw~17/06/07

家族はつらいよ2 90


朝の洗面所で周造(橋爪功)が鏡を見ながら鼻毛を切っている。

お気に入りの野球帽をかぶると満足げな表情で玄関に向かった。

廊下を曲がったところで、起きてきた長男・幸之助(西村雅彦)

鉢合わせした。いい匂いを残して無言で立ち去る父親の背中に

幸之助が叫ぶ。

「俺のオーデコロン、使わないでくれよ。高いんだから」。


台所にいた妻(夏川結衣)に出て行った父親の行く先を尋ねると

「早起き体操よ」という答えだった。そこで、行きつけの



飲み屋の女将(風吹ジュン)と会うのが朝の楽しみなのだ。


出勤する幸之助と妻が周造の車をチェックしている。

新しく“こすった”跡が見つかった。全体に傷だらけだ。

「危ないから運転をやめさせよう」が家族の総意だった…

d0164636_07284464.jpg








妻が友達とオーロラを見に北欧に出かけて“にわか”独身になり、

周造は少々浮かれて羽目を外します。深夜に、高校時代の友人

(小林稔侍)を自宅に連れ帰ったのは、幸之助の提案で開かれた

家族会議の前日でした。議案はもちろん“免許返上”です。

しかし、その日、話し合いに入る前に“事件”が発覚します。


…ご存知の通り、世間で“大御所”と称される連中が苦手です。

本作の脚本・監督、山田洋次もその一人です。ハハハ。

したがって、大きな期待を持たずに出かけました。

面白かったです。素直に楽しめました。

終盤で、困窮した年寄りが炎天下で働かざるを得ないのは

政治が悪いからだと周造が“スピーチ”をする場面が唐突だし、

そこだけ、山田作品のいやなところが出ていますが、ほかには

“瑕疵”がありません。完成度の高い喜劇と言っていいでしょう。


思えば、ここ数年、山田作品はたくさん見ていますが、前作は

80点だったし、世間的に高く評価されていた二宮和也・吉永

小百合の「母と暮らせば」は75点でした。「武士の一分」、

「小さいおうち」、「東京物語」も85点が精いっぱいだったので、

初めての90点作品ということになります。


俳優陣もみんな“はまって”いて、見事なキャスティングですね。

浮いている俳優が一人もいないというのは驚きです。


ちなみに、休載期間中に見た作品は以下の通りです。

そのときにつけた感想点と見た直後にツイートしたものを

そのまま採録しておきます。


ジャッキー 85


無限の住人 45


木村拓哉の「無限の住人」を初日の西宮で見た。

8分の入りだった。ひどかった。

これほどひどいのは久ぶりだ。

キムタクの演技を云々する以前の出来の悪さだ。

ネットの評判がそれほど悪くないことに驚く。

木村なら、三池崇史ならなんでもよしという

手合いが多いのか?


木村拓哉主演「無限の住人」…評価は45点!

タテの迫力はアップが多いから。木村演じる

万次は剣の達人かと思ったが、何度も手首を

切り落とされる。""のおかげで再生するから

死なないだけ。

よかったのは杉咲花の熱演と海老蔵のセリフ

回しだけだった。まれにみる愚作だ。

d0164636_07275098.jpg











3月のライオン 後編 80 


映画「3月のライオン 後編」…80点かなあ。

前編でも詰め込み過ぎていると感じたが、

後編の"いじめ""父帰る"のエピソードも

うまくつながってない。整理すれば2部作にする

必要もなかった気がする。

有村架純が一段ランクを上げた。賞レースに

名前が出てもいいと思う。


カフェ・ソサエティ 75


追憶 90 


岡田准一の「追憶」…

文句なしに今年上半期で最も優れた映画 だ。

「軍師官兵衛」をはじめ岡田はこの数年いい作品に

恵まれてる。しっかりドラマを引っ張っている。

小栗旬(助演男優)、長澤まさみ(助演女優)、木村大作

(撮影)…岡田とともに賞レースに名前が出そうだ。


@xxxx 随所に出てくる映像美木村大作がその瞬間を

フィルムに焼き付けたいと強く思ったに違いないと

思わされる。あれを見るにはスクリーンに限るかと。


映画「追憶」

ネットの評判は思ったほどよくないが、2017

上半期の最優秀作という私の評価はまったく揺るがない。

岡田、小栗の熱演に心惹かれるが、キンチョーの

CMでも吹っ切れた演技を見せる長澤まさみに驚く。

あと数年で大化けするのではないか。

d0164636_07274483.jpg










マンチェスター・バイ・ザ・シー 90


マンチェスターバイザシー

最後までひきつけられた。

主人公の心のひだを丁寧に描いた演出とケーシー・

アフレックの演技に納得。

ムーンライトは見ていないが、ここ数年のアカデミー

作品賞を獲った作品より出来がいいと思う。

d0164636_07273821.jpg







*今年、これまでに公開された洋画の中では

 No1だと思っています。


by toruiwa2010 | 2017-06-07 08:33 | 映画が好き | Comments(2)
Commented by ルブラン at 2017-06-07 09:17 x
岩佐さん お疲れ様です
家族はつらいよですか
ホントいろんな意味で家族はつらいし
大変ですね
岩佐さんも橋爪さんも
それと関西テレビアナのテレビ東京入社
あれはいくらなんでも
大学の仮面浪人じゃないですか
そういう時代なんですかね
Commented by toruiwa2010 at 2017-06-07 09:40
ルブランさん、こんにちは。

竹崎由佳アナの件、知りませんでした。
地方のアナで"全国区"を目指す人は
多いはずです。責められません。
アメリカでも、すべてのキャスター、
リポーターがNYを目指しています。

フジテレビでも私が異動したあと
NHKから一人引き抜きました。
私の穴がうまったかどうか・・・

どうして一言多くなるのか。
今日の星座占いは最下位だったのに。
ハハハ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。