ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

斎藤佑樹の初登板~アーカイブか~17/06/17

前途洋々とは言えず?

~斎藤:初登板・初勝利の評価~

( 2011.04.18 初出 )

d0164636_07101647.jpg




ベンチ前でのキャッチボールを終えて斎藤佑樹がマウンドに

向かう直前にこうつぶやいた。


さて、いよいよ斎藤祐樹がプロの

マウンドに上がる。

果たしてどこまで通用するのか。

“大胆“予測をするなら、プロで

通じるようになるには時間が

かかると思う。生命線は低めの

変化球だが、ストレートに力が

なければ話にならない。

5勝、うまくいっても78勝と

見ているがどうか。


斎藤についてここで初めて触れたのは2007年の12月だった。

まだアマチュアだった石川遼が大騒ぎされていたころだ。


「ハンカチ王子」「ハニカミ王子」

…知恵のなさが恥ずかしい。

どちらもプロでは通用しないと思うが。


いやいや、まことにお粗末。石川遼の現在が全く見えなかった。

賞金王、マスターズ20押しも押されもせぬトッププロ。

そして、斎藤佑樹も六大学を代表するピッチャーとしてプロ入り、

いきなり、初登板・初勝利を手中に収めた。

見る目がないことを認めないわけにはいかない。ハハハ。


しかし、強弁するわけではないが、斎藤の将来はまだ分からない。

d0164636_07100882.jpg









ゴロが多かったことで、低めの変化球が有効だと証明された。

それも、追い込んでからの変化球で打たせているなら分かるが、

早いカウントからでもゴロに仕留めていた。

的を絞らせない、芯に当てさせないといううまさがあるのかも

しれないが、今の段階で“投球術が優れている”とほめるのは

抵抗がある。ハハハ。


“前途洋々”と言いきれない理由は肝心のストレートがMAX

143キロしかないことだ。

ロッテの各打者にはかなりの戸惑いがあるように見えた。

ボールが思ったほどのスピードで手元まで来ないのだ。

梨田監督・吉井コーチが思わず目をつぶったに違いないと

思ったほど甘いボールが何球もあった。

要は、斎藤の好投…と言うより、ロッテが打ちそこなったのだ。


象徴的だったのは、5回の攻撃だ。

2死からランナーをため、井口のタイムリーで2点を返したあと、

なお、12塁でバッターはキム。一気にとらえるチャンスだった。

フォークが二つ外れたあとのスライダーはど真ん中に!!

打率が1割にも満たないキムはこれを見送った。

次のボールはアウトローいっぱいへのストレートで2-2とされ、

次の変化球でサードゴロを打たされた。

d0164636_07100245.jpg








分からん!

栗山は「2-1からの“4球目で勝負あった」と話していたが、

同意できない。

2-0のあとの、アイスクリームに小豆をトッピングしたような

大甘のスライダーを見送ったところで勝負あったのだ。

結果論ではなく、あれは打たなきゃ。いったい何のために

バットを持ってるんだ。


結果として、ロッテは黄金ルーキーに勝ち星を献上した。


このところ、めったなことでは減らなかったツイッターの

フォロワー数が昨日は一気に8人も減った。これは明らかに

ハンカチ王子のファンだろう。

ルーキーが幸先のいい勝ち星を挙げたのだから、ごちゃごちゃ

言わずに誉めておけばいいのだが、それでは当ブログの値打ちが

なかろう。

別に、期待にこたえようと思っているわけじゃないが。ハハハ。


あと、23回の投球内容を見ないと斎藤の今シーズンを占うのは

難しい。

早いカウントからでもフォークを投げる、低めの変化球は

ボールが多い。ストレートは速くない…情報はあっという間に

全球団に知れ渡ったはずだ。

プロとして、いずれきちんと対応してくるだろうから、斎藤の

本当の力はそのときこそ試されるのだと思う。


by toruiwa2010 | 2017-06-17 08:09 | アーカイブから | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。