ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

ウサイン・ボルト敗れたり!~TBS・石井アナをほめる~17/08/07

まだ“休暇中”だが、ネタが古くならないうちに

書いておきたいので一本だけ。


始まったばかりの世界陸上で“レジェンド”・ボルトが敗れた。

準決勝の後半で、上体がかなり“起きて”いるのを見たとき、

かつてのウサイン・ボルトではないなあと思った。体調が

十分じゃないのか、年齢のせいか?

d0164636_09415245.jpg










決勝では、もともと苦手とされているスタートで出遅れた。

それでも、先行する隣りのコールマンはつかまえるだろうと

見ていたが、ダメだった。優勝したのは外側のレーンを走った

ガトリンだった。


TBSの実況アナの口からはレース中一度もガトリンの名前が

出なかった。トラック中央でコールマンがリードし、ボルトが

追う展開だったから無理もなかったが、「一着、ジャスティン・

ガトリン!」と叫んだのはゴールから18秒後だった。

“ボルトのラスト・ラン”(個人としては)と分かっていただけに、

日本を出る前からこのレースに照準を合わせていたと思うが、

悔いの残る実況になった。きっと、ビデオを見る気になるまで

時間がかかることだろう。経験があるからわかる。ハハハ。


同じアナだったと思うが、同じ日の男子400m予選第1組で

一着になったフレッド・カーリーが300㍍を過ぎて足の運びが

おかしかったのを見落とし、解説者の話にも反応が鈍かった。

視野が狭いのではないか?

実況者は“クローズアップ”の眼も必要だが、視野を広げた眼を

持つことを忘れてはいけない。まさに このケースのように

伝えるべきことを見逃すことがあるからだ。


ほめたいアナもいた。インタビュー担当の石井大裕アナだ。

“相手が聞き返さない”流ちょうな英語で視聴者にストレスが

かからないインタビューを聞かせてくれる。特に光ったのは

ボルトへの“入り方”だった。

d0164636_09422281.jpg









First,I wanto to say thank you very much for you.

You gave us dream,courage,and wish(?).


視聴者向けには訳さなかったが、質問に入る前にそう言った。

「初めに、あなたにありがとうと言いたい。

あなたは私たちに夢、勇気、希望を与えてくれました」…


”隠れた”ファインプレーと言っていいと思う。選んだ言葉に

これまでのボルトの功績に対する十分な敬意が感じられた。

実にうまい入り方をしたものだと感心した。

“敗者”へのインタビューは難しいものだが、満点だったと思う。

このインタビューをライブで聞けたことは、元同業者として、

とても嬉しかった。


by toruiwa2010 | 2017-08-07 07:45 | アナウンサー・実況 | Comments(10)
Commented by 老・ましゃこ at 2017-08-07 15:45 x
ボルトへのインタビューのことを取り上げた
岩佐さんのツイッターも簡にして要!
読ませてもらってぐっとくるものがありました。
Commented by toruiwa2010 at 2017-08-07 17:19
老・ましゃこサン、こんばんは。

もっと普通にほめられていい
インタビューだったと思います。
視聴者から声が上がらないのが不思議です。
英語の部分が視聴者の耳に届いていなかった
かもしれませんが。
Commented by ひろ☆はっぴ at 2017-08-08 10:37 x
残暑お見舞い申し上げます。台風一過、関西は蒸し風呂より暑くなりそうな朝です。
石井アナはテニスのジュニアプレイヤーとして松岡修造に鍛えられたという経歴があります。しかし無駄な熱さは受け継がなかったようですね。
Commented by toruiwa2010 at 2017-08-08 12:11
ひろ☆はっぴサン、こんにちは。

修造の弟子…
それを聞いて暗澹たる気持ちに。
ハハハ。
Commented by Vevey at 2017-08-09 11:29 x
岩佐さん、こんにちは。
石井アナはあさチャン!のスポーツコーナーでは、ちょっとうざい熱めのキャラなんですが、世界陸上のインタビューでは場をわきまえたいい仕事してるなと、思っていました。
ツアーで転戦していたこともある時に身につけた?簡潔な英語でのインタビュー、聞き方も選手の立場をわかっている優しさを感じていました。
ボルトのインタビューでは、そんな事を言っていたのですね?かなりポイントアップです(笑)
Commented by toruiwa2010 at 2017-08-09 13:32
Veveyさん、こんにちは。
ボルトがインタビュー・ポジションに
到着したときに、まず、そう言いました。
あとのやり取りもよかったです。
最近見た、聞いたインタビューの中で
出色でした。もっと、多くの人がよさに
気づいてほしいです。

修造の弟子…は早くやめないと。ハハハ。
Commented by フェデラーがすきなふぇでらー at 2017-08-12 16:36 x
大変ご無沙汰をしていました。多分世界陸上のシーズンなので、何か話題を拾っていらっしゃると思い来てみました。TBSの石井アナ、なかなか流暢な英語で良いテンポでインタビューしている中で“congratulation”と選手に声をかける部分だけ気になりました。英語圏の人は通常“congratulations”もしくは“congrats”とSを最後に付けるのだと思います。海外でのお仕事も多い岩佐さんはいかが思いますか?
Commented by toruiwa2010 at 2017-08-12 16:55
フェデラーがすきなふぇでらーサン、こんにちは。

まず、ウインブルドンの優勝、おめでとうございました。
各チャンスを失いましたが、立派だと思います。

私は30年ぐらい前に学んでsをつけます。
私には井上アナはsがつけているように聞こえました。
上級者にそう聞こえなかったのならダメですね。
Commented by フェデラーがすきなふぇでらー at 2017-08-13 00:35 x
ウインブルドンのあの勝ち方を見ていると、まだまだフェデラーはやれそうな予感ですね。

岩佐さんもお兄様のことは残念でしたが、まだまだ末永くバリバリ頑張って書いてください。応援しています。

Sの件は、きっとs位だったのかもしれませんが、彼にも周りの雑音に負けず、岩佐さんを凌ぐようなオーラがかもし出せるようになってもらいたいですね。はははっ!
Commented by toruiwa2010 at 2017-08-13 07:02
フェデラーがすきなふぇでらーサン、
おはようございます。

同じ"がんばる"でも、30代の彼と
70代後半の私では…
ハハハ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。