ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

世界陸上へのクレーム~今回はこれが最後w~ 17/08/16

時差の関係もあるので 決勝種目を中心に、日によって

4時か5時に起きて世界陸上を“楽しませて”もらった。

10年間、陸上競技の代名詞的な存在だったウサイン・

ボルトには有終の美を飾らせたかったが残念な結果に

終わった。「おつかれさま。ありがとう」と言いたい。

有名選手にハプニングが多かったね。

d0164636_07584236.jpg







どうしても、実況に注目してしまう。

大会ごとにレベルが下がっていく気がする。かつては

目標にしたいアナもいた“ライバル”局だっただけに

歯がゆい思いでいっぱいだ。どうしたTBS!?


男子200メートル決勝で18歳の若者、サニブラウン・ハキムは

大健闘したが、7着だった。カーブを出て直線に向いたときは

いい勝負になるように見えたが、そこからの上位選手の走りに

ついていけなかった。後半はハムストリングに違和感があった

と話していたから精いっぱいだったのだろう。


インタビュー・ポジションにやってきた彼にTBS・石井アナは

「まずは、日本人として夢の舞台を走っていただいて有難う

ございます」と声をかけた。

2日目の100メートル決勝で3着だったウサイン・ボルトに

「初めに、あなたにありがとうと言いたい。あなたは私たちに

夢、勇気、希望を与えてくれました」と話しかけたのと同じだ。


ボルトのときはほめた。局内でも好評だったと想像する。

でもねえ。わずか中4日で同じ“手口”を使うのはどうかな?

同工異曲っていう言い方もあるけど。ハハハ。

たしかに、ボルトのときは、この部分は英語だけで日本語には

置き換えなかったから、この“言いまわし”を初めて耳にした

視聴者も多かったと思うけど、聞き逃せないなあ。ハハハ。

d0164636_07583295.jpg










TBSとして感謝したい気持ちがあるのは理解できる。しかし、

ボルトとサニブラウンを同列に扱うのは無理があるね。

「いやいや、そんなこと言われてしまうと…なんか 返す言葉も

ないんですけど」と、言われた本人が困ってたじゃないか!


もう一つ、細かいようだが、サニブラウンが「気にしていた

“ハム”が最後の100で来ちゃって」と話したとき、陸上競技に

精通しない視聴者の多くが“なんのことか”と思ったはずだが、

その場ではスルーしてしまった。二人のキャスターも一言も

触れなかった。リレーのメンバー編成に関わる大事な要素を

スルーしたのはまずい。少しあとで「足のこともありますが」と

言ったことでフォローしたつもりだろうが、あれでは伝わらない。


前回 男子100m決勝で優勝したガトリンの名前がレース中には

一度も出ていなかったとクレームをつけた同じアナだと思うが、

女子400m決勝ではトップを走っていたミラーの足に起きた

異常についてほとんど描写できていなかった。トラックで注目の

レースを実況するのは“エース”アナのだ。同じタイプのミスを

何度もやってしまうのは大会全体の放送の低評価につながる。

周囲が厳しく注文を付けないと“視野の狭さ”が改善されないまま

2年後を迎えることになる。TBSはそれでいいかもしれないが、

視聴者のストレスはたまるばかりだ。

d0164636_07583780.jpg









名物キャスター・織田裕二については、できるだけミュートに

していたので(ハハハ)、“例年”ほど腹が立つことはなかった。

しかし、放送席が写るたびに自分だけの期待に酔い、思いがけない

結果には大げさな溜息で反応しているところを何度か見てしまった。

頼む、君の思い入れ、君の感慨は君の主戦場であるドラマや映画の

ために温存しておいてくれ。


by toruiwa2010 | 2017-08-16 08:32 | アナウンサー・実況 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。