ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

92デ杯決勝:USAvsSwitzerland ~アーカイブから~17/08/20

いや、懐かしいものに再会!

1992 Dacis Cup Final( 2011.06.24 初出 )

d0164636_07094953.jpg




1992年デビス・カップ決勝:USAvsスイス。

フェースブックに友人が投稿しているのを見つけました。

およそ20年ぶりか。いや、実に懐かしい。


この年からテニスを中継し始めたWOWOWはデ杯のSF

決勝も現地から中継しました。熱がこもってました。ハハハ。

アメリカvsスウェーデンのSFはミネアポリスで行われました。


USA d.Sweden 4-1

Switzerland d.Brazil 5-0

d0164636_07095450.jpg








そして、決勝の舞台はダラス・フォートワースでした。


SwitzerlandMarcROSSETJakob HLASEK

USAJimCourier,Andre Agassi,Pete Sampras,John McEnroe


…優勝を狙うアメリカの4人は“DreamTeam”と呼ばれました。

当時のランキングでは①クーリエ、③サンプラス、⑨アガシ、

マッケンローは20位でした。チャンやワシントンではなく

マッケンローを選んだのはダブルスを考えたためです。


問題はシングルスでした。

ランキング的にはクーリエとサンプラスで文句なしでしょうが、

ゴーマン監督はデビス・カップに強い実績を買って、アガシを

シングルスに起用することにしました。

世界ランク3位のサンプラスはマッケンローと組んで慣れない

ダブルスに出場することになったのです!


決勝が始まる前日から街はムードが最高潮でした。

TVカメラがうろうろしていました。実は

マッケンローの妻はハリウッド女優、テータム・オニールです。

チームに合流する直前、3人の子供を連れてアパートを脱出し、

一方的に別居宣言をしました。

…と書くと、オニールが子供を連れ出したと思うでしょうが、

連れ出したのはマッケンローのほうだったのです。ハハハ。


日本のワイド・ショー並みに追いかけるシーンを初めて見ました。

そのせいで、マッケンローは大会中、チームの会見に一度も

同席しませんでした。


スイスからもかなりの数の応援団が来ていました。

彼らはアルプスで放牧する牛の首につけるカウ・ベルを大量に

持ち込んでいましたから、結構な騒音でした。ハハハ。

d0164636_07095952.jpg








初日のシングルス、まず、アガシがラセックにストレート勝ち、

クーリエがロセにフルセットの末、逆転負けして11

デ杯の常ですが、ダブルスが大きなポイントになりました。


2日目のダブルス。

90年全米オープンで優勝してはいましたが、21歳になった

ばかりのサンプラスは経験が乏しく、不慣れのせいもあって

動きの硬さが目立ちました。

1-2セットをタイブレークで失い、第3セットを取り返して

セットカウントは1-2、まだピンチは続きます。


苦しむアメリカを救ったのは、第3セットのあとの休憩という

デビス・カップ独特のルールでした。

放送席にいた私たちは知る由もなかったのですが、アメリカ・

チームのロッカーはものすごい熱気に満ちていたようです。

場内で応援していたアガシやクーリエも加わって、もうひとつ、

意気が上がらないサンプラスを励まし続けたそうです。

d0164636_07100646.jpg








SF(vsスウェーデン)のダブルスも1-2からの逆転劇でした。

英語では“pep talk”といいますが、士気を鼓舞するための仲間の

“おしゃべり”は効果がてきめんのようです。ハハハ。

コートに戻ったサンプラスの動きはよくなり、マッケンローにも

負けない活躍で続く2セットを取って、貴重な1ポイントを

アメリカにもたらしました。


結局、3日目のシングルス第1試合でクーリエがラセックを

下してアメリカは2年ぶりにデビス・カップを取り戻しました。

d0164636_07101210.jpg








今朝、友人のフェース・ブックで懐かしいものを見つけました。

この試合のごく一部がyoutubeに投稿されていたのです。

いやいやいや…まさかこんなところで自分の声に出会うとは

思いもしませんでした。

19年前、柳さんも私も声が若いわ。ハハハ。 http://bit.ly/iXZbzq

d0164636_07102863.jpg







そして、もうひとつ、思いがけないものに出会いました。

マッケンローのサーブで試合が決着した瞬間、実況の私は

「アメリカ 王手!」と一言しゃべったあと黙りました。

割れんばかりの場内の歓声を聞いていただくために。

“黙る勇気”を実践し始めたのはもう少し時間がたってからだと

思っていましたが、このとき、すでにやっていたんですね。

さすが、です。ハハハ。


by toruiwa2010 | 2017-08-20 08:25 | アーカイブから | Comments(2)
Commented by shin555 at 2017-08-20 09:28 x
岩佐さんのブログは欠かさず読んでいるはずですが、この記事忘れていました。
朝から懐かしい実況が聞け、とても得した気分(^^♪
アメリカ王手!そして大歓声!!
さすがです、と僭越ながら私からも申し上げます♪
Commented by toruiwa2010 at 2017-08-20 09:47
shin555さん、こんにちは。

フルサイズのおDVDがあるので
そのうち時間ができたら…
そう思いつつ、もう何年?
ハハハ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。