ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

承前:“ナマ”って言ったよね?~なぜ、レコーダーが?~17/12/13

昨日の記事の“続き”を思い出した。


CNNの放送の仕方を知りたいと思う。

画面には“LIVE”の文字があるが、完全な生放送なのかどうか?


何度も書いているが、1979年はMLBを追ってほぼ1シーズン、

アメリカで過ごした。週の前半、ボルチモアにいたかと思えば

後半にはシカゴのリグレーフィールドで実況していたりした。

ある意味、“神出鬼没”だった。当時、メジャーを追いかける

日本人は私たちぐらいだったからとても目立った。

「面白そうな試合を収録して日本に送り毎週放送している」と

話すと、興味を持って取材を受けることもしばしばだった。

d0164636_07323233.jpg

 








パンチョ伊東やアイク生原さんがいるときはお任せしておけば

よかったが、あるとき、ロサンゼルスでラジオ局に捕まった。

生放送だと言う。「いや、俺の英語力じゃ無理 無理」と言って

逃げようとした。「アイクに聞けばいいじゃないか」と言っても、

「いや、お前に聞きたいんだ」と食い下がられた。


覚悟を決め、まだ客が入っていないスタンドでインタビューを

受けることにした。ところが、”生”と言っていたのに、相手と

私の間には小型のテープレコーダー(通称・デンスケ)があった。

オープンリールの…。

なんだ、録音か…と一瞬 ほっとしたが、そうではなかった。

d0164636_07323707.jpg








アメリカのラジオでは”トークショー”が盛んだ。

タレントが出てきて面白い話をする…日本のあれではない。

多くは、やたら野球にくわしい男がホストをつとめ、前の夜の

試合について、よかったこと悪かったこと、監督の采配などを

電話をかけてきたリスナーと面白おかしく語り合う趣向だ。


まれにだろうが、ホストとのやり取りでかっとなり、いきなり

4文字言葉”を投げつけたりするやつがいる。“完全に生”だと、

そのまま放送してしまう。それはまずいので、予防措置として

こんなことをするのだ。


放送のすべてをテープに入れて、“5秒遅れ”で電波に乗せる。


これだと、リスナーがよくない言葉を口にしたら、飛ばして

テープを流せば、“事故”にはならない。うまく考えたものだ。

ハハハ。


5秒遅れの生放送…ラジオは今でもそのやり方だと思う。

テレビはどうなのか? 答えを知っている人はぜひご一報を。


ちなみに、私のインタビューだが、心配した通りになった。

挨拶ぐらいは普通にできるから、放送の初めは問題なかったが、

途中から相手が早口になって、何を聞かれているのか分からず

かみ合わない会話になってしまった。私に責任はない。ハハハ。


by toruiwa2010 | 2017-12-14 08:14 | 放送全般 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。