ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

カテゴリ:blog( 87 )

周りのやることについつられてしまうタイプです。

若いころは、誰かが歌い出すと、知ってる歌なら次の小節から

必ず参加していました。

何にでも手や口を出す“いっちょかみ”は私の性格の一部です。


TBS「プレバト」を見始めて、これぐらいなら俺でもできる…と、

うっかり俳句に手を出しました。楽しめましたが、苦しみました。

出演者たちが勉強の成果として、普段は口にしない言葉を使って

句を作るのを見るうちに、少し気持ちが離れてしまいました。


今でも、番組は見ています。思わぬ人がいい句を作るのを見ると

気持ちがよくなりますね。

誰もほめないが、今年 私が作った句の中から自薦の“傑作”を…。

ハハハ。

d0164636_07564227.jpg

















立春を 過ぎて路上の 影つよく

青空を カンバスのごと ミモザ咲く

もくれんの つぼみにぎやかに 日が昇る

蒼穹に ハナモモの紅 あざやかに

散りてなお 美しきかな 花いかだ

d0164636_07564704.jpg















花見山 花にまみれて 花をみる

青空の 向こうも青く 五月かな

母の日は 後悔ばかり 目を閉じる

d0164636_07565152.jpg















高く低く カモメ群れ飛ぶ 夏の海

松島に 芭蕉をしのぶ 牡蠣いかだ

新緑を のぼる電車に 谷の風

初夏の宵 ヴィオロン弾きの 立ち姿

眺めても やむ気配なし 夏至の雨

カモの背が 水玉はじく 梅雨の入り

青空に 虹がほどけて 旅終わる

ハスの葉に 雨つぶ宿り 夏至る

d0164636_07570219.jpg
















京の夏 五重塔の 照り返し

遠雷の 近づく気配 海 静か

雲がわく 岬の向こう 友が待つ

カミナリと 思えば 浜で 五尺玉

川風が はこぶ 花火の 音 におい

猛き雲 遠くに見えて 梅雨明ける

チリチリン 夏の想い出が 風に乗る

d0164636_07570889.jpg










夏祭り 素足に下駄の 艶っぽく

山こえて 祭りばやしが 聞こえくる

ふるさとは 盆おどりより 母の味

d0164636_07571783.jpg











「また来年」 言ったばあばが いない夏

処暑 過ぎて さびれた浜の 夕まぐれ

夏の夕 島の向こうに 富士の影

蒼い空 嵐が過ぎて 秋が立つ

雲さえも 優しく浮かぶ 秋の空

d0164636_07572263.jpg




















見上げれば あれはたしかに 秋の雲

散歩道 なじみの猫が ひなたぼこ

d0164636_07572831.jpg













昨日は、今年最後の外食をしに下北沢に。

夏場から通うようになったHIROKI…
広島風お好み焼きの店だ。いつも混んでる。
昨日が今年の営業最終日だった。ラッキー!
d0164636_08083699.jpg


















d0164636_08265982.jpg














人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックを

by toruiwa2010 | 2016-12-30 08:16 | blog | Comments(4)

初めてパソコンに触れたのは1995年だからもう20年以上世話になっている。

飽きっぽくて“こういうものに関しては”浮気性だから(w)、これまで私の前を

通り過ぎていったデスク・トップやノート型のパソコンは数知れない。


先日、新しいノートパソコンがやって来た。年齢的に、おそらく最後になる。

10年以上、VAIOを使ってきた。デザインが好きだからで、ほかに理由はない。

これまで購入したIT関係のデバイスにSONY系が多いのも同じ理由だ。

デザインそのものより“雰囲気”が好き…と言った方がいいかもしれない。

d0164636_08304626.png












春先だったと思うが、“windows10に変えるか?”という主旨のメッセージが

何度も画面に現れたが無視していると、あるとき“…次は自動的に更新する”と

告知があり、数日後 実行された。初めはとまどったが、数日で慣れて そのまま

使ってきた。ところが、先月、自動アップデートされたとき、“VAIO”の文字と

ベアリング状の輪がくるくる回る映像のまま数時間過ぎても変化しなくなった。


カスタマーに電話してなんとか使えるようになったが、後日 同じ現象が起きた。

映画を見に行き、数時間後に帰宅してもリングが回っていやがった。ハハハ。

カスタマーに助けてもらったが、かなり“すったもんだ”した。

聞くと、私のようにwindows10に自動更新した機器に不具合が起きている人は

多いのだという。また同じことが起きる可能性はあるし、リカバリが必要になる

可能性もある…とも言われた。それは困るよ。保存はするようにはしているが、

バックアップはたまにしかとらない。書きかけの記事などが消えたらショックだ。


VAIOの責任ではないのだろうが、ほかにもマイナーなトラブルも起きるので、

この際、買い換えよう…と決めたのだ。


渋谷のLABIに出かけた。

店内の配置は知っているのでエスカレーターで4階に上がって行くと様子が変だ。

PCらしきものが並んでいない。案内を見るとパソコンは地下一階になっていた! 

よく見ると2階にあったはずのテレビは5階に移っている。模様替えをしたのだ。

売れないってことだね。

d0164636_08333603.jpg






話しやすそうな店員に声をかけた。

PCは長く使っているが決して詳しくはないことを話し、やりたいのは ネットを

見ること、ツイッターやブログ、メールをすること、スピードは速い方がいいし、

サポート体制が整っていることが望ましい…などを伝え、その条件で推奨の品を

教えてほしいと伝えた。

この機会に、VAIOじゃないものに変えようと決めていたので、そのことも。


店員に「東芝とX社になりますかね」と言われて、両方を聞くのは面倒(w)だし、

東芝の方がだいぶなじみがあったので、「じゃ、東芝で」と即決した。

そして、あまり悩まずに買う品も決まった。詳しい説明を聞いたって分からない。

直感で決めるしかないのだ。ハハハ。


…そこからが結構“タイヘン”だった。

品物を持ち帰り「明日からこれでブログを書こう」と思っていたが、甘かった。

今のパソコンは以前にくらべて“設定”が面倒になってるんだね。

ワードやエクセルなど、装備はしてるが、設定は自分でやらなければいけない、

リカバリディスクも自分で作らなければいけない。熟練した人には簡単でも

年寄りにはややこしいことになっているようだ。


料金は発生するが、店で設定することはできると言われた。3万円ほど!

そうか。メカに弱い高齢者は今後ますます増えるばかりだ。企業はこうやって

“小銭”を稼ぐんだね。地下一階だし。ハハハ。

口惜しいが、できるだけ早く使いたいし、ポイントが使えるので頼むことにした。

ただし、2,30分かと思えば、4,5時間かかると言われてびっくり。ホントかなあ?

プロがやってもそれだけかかる…なら、自分でやったら、どんだけかかるねん!


結局、翌日 出直して受け取った。

帰宅後、さっそくブックマークの引っ越しなどにとりかかった。初めて経験する

ワイヤレス・マウスの扱いに少し手間取った以外はスムーズに進んだ。

d0164636_08340669.jpg







新しい機器はうれしいものだ。簡単に故障はしない、ウイルスには狙われない…

そう信じるが、これからは 少し前に手に入れたmini stationという外付けHD

せっせとリカバリをとるようにすると固く心に誓った。ハハハ。


人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックを

by toruiwa2010 | 2016-12-01 08:35 | blog | Comments(0)

9月初め「はじまりはヒップホップ」という映画を見に行きました。

10分前に席につき、上映開始を待っているとき、何かがおかしいことに気づきました。

左目に何らかの“異変”があるようなのです。片目を交互に閉じてまだ何も映っていない

スクリーンを見ると、左目の中心部の見え方がおかしいのだと分かりました。

両眼で見る分には問題がないのでそのまま映画を見て帰りましたが、少々焦りました。

身体のどこが不自由でも気分のいいものではありませんが、目をやられるのはねえ。

人間のマナコだし。言うてる場合か!ハハハ。

d0164636_08113475.jpg









翌日、近所の眼科に出かけました。診断は“加齢黄斑変性症”…年寄りに多い病気です。

“中途半端”な知識だと認めた上で書くと、この病気は網膜中心部の黄班部の下にある

脈絡膜から異常な血管(新生血管)が生えてくることによって起こります。

黄班が腫れるため、ものがゆがんで見えたり中心部が暗く見えたりする症状が出るのです。

放置すると、症状が悪化し、視力がさらに悪くなることが予想されるので…と、医師から

提案された治療法のうち、“ルセンティスの注射”を選択しました。

新生血管を抑制し、見え方が改善されるという効果があると言われました。


最初の注射は1015日に実施しました。

もちろん、麻酔をした上ですが、眼球に針を刺すのは気分のいいものではありませんね。

20年前を思い出しました。


1995年秋、ミラン・ダービーを実況するためミラノに飛びました。

サンシーロ・スタジアムの放送席に座ってピッチを見ると、このときも見え方が変でした。

アップする選手の背番号がよく見えません。極端に言うと、111111に見えるのです。

つまり、にじんでいるのです。バックスタンドの横幕なども同じです。隣にいた解説者の

奥寺康彦さんに尋ねると「普通に見えるけど…」という返事でした。

結局、そのときは現地にいるのに手元のモニターを見ながら実況して切り抜けましたが、

放置することはできません。


帰国してすぐ検査してもらうと“白内障”が進行していると診断されました。

1996年にはサッカーのビッグ・イベントが控えていました。「この程度の白内障は、

普通、手術をしないもの」と“躊躇する”教授を説き伏せて、翌19962月に左目を、

3月に右目を手術しました。当時は病院に2泊しましたが、今はもっと簡単なようですね。

うらやましい。

d0164636_08123095.jpg








今回の注射ですが、針が刺さるときにショックはありますが、薬の量がごくわずかなので

一瞬で終わります。

「数時間後にはガーゼをはずしてもいいです」と言われて、少し拍子抜けしました。

白内障のとき、術後の目に雑菌が入ると失明することもあると脅されて(w)、水中眼鏡を

買った経験があるからです。今回も急いで購入してありましたが、「せっかく買ったのだし、

もったいないから」と、入浴のときに2回ほど使っただけでした。“後遺症”的なことは

数日は白目の部分に残る出血だけです。見た人がぎょっとすると悪いので外出のときは

サングラスを使用しました。

d0164636_08131906.jpg








先週、2回目を実施しました。

初めから“劇的な”効果は期待していませんでした。左目だけでパソコンのWEBサイトを

読むのは無理ですが、テレビに何が映っているかは分かるようになりました。それだけで

“進歩”だと思っています。“最低でも3回”と言われているので我慢が必要でしょう。

さいわい、右目は異常がないので大きな不自由はありません。


目下の心配は、3回やっても効果がなく、この状態が“定着”することです。

右目の助けで、こうして記事も書けますし、テレビ・映画もほぼ普通に見えます。

しかし、右目をつぶり左目で鏡を見たとき、そこに映る自分の左目の部分にぼんやりと

黒っぽい幕がかかって見えるだけというのは愉快なものではありません。

もっと怖いのは、右目にも同じ症状が起きることです。


本を読むことは難しくなるでしょう。

テレビや映画を見てもこれまでのようには楽しめなくなるでしょう。

短文のツイッターはともかく、ブログを書くのは苦行になるでしょう。


いろいろな楽しみが奪われることになります。そんなことになりませんようにと、毎晩、

神様に祈ってから眠りについています。嘘です。ハハハ。

しかし、起きたときに左目だけで周囲を見回して変化がないか確認するのがルーティンに

なりました。


先日の検査で症状がわずかながら改善されていると言われたこともあって、まだそこまで

深刻には考えていません。


12月半ばに三度目の注射をする予定です。効果が少しずつ増すことを祈っています。

それは本当です。ハハハ。


人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックを

by toruiwa2010 | 2016-11-17 08:45 | blog | Comments(4)
申し訳ありません。
pcの不具合で更新が遅れています。
映画を見るため外出中なので
今日の更新は早くても夕方以降になります。

by toruiwa2010 | 2016-10-22 12:45 | blog | Comments(0)
PCが不調で更新ができません。
朝からwindows10 が勝手に更新 を始め
なかなか終わりません。

VAIOの文字の下で輪っかが回り続けて、
すでに3時間以上経過していませ。
ウイルス?

なおり次第更新しますが、いつになるか
見当がつきません。
by toruiwa2010 | 2016-09-26 11:59 | blog | Comments(2)
d0164636_85985.jpg
親孝行・・・
なにも難しいことではない。
折に触れて気持ちを表すだけでいい。

…存命中はなにもしなかった。
80年近く生きて来て最も激しく
悔いるのはこれだ。

by toruiwa2010 | 2016-05-08 08:06 | blog | Comments(2)
今日から5月です。
年齢を重ねるにつれて、時間の経過が速く感じるようになりますが、
5月を迎えるときにその感覚は一番強いような気がします。
楽しませてくれた桜が終わって木々が緑に彩られるからでしょうか。
東京は朝からよく晴れて、まだ柔らかい日の光を受けて緑が光っています。
冬の寒さが大の苦手なせいか、若いころは春が一番好きな季節でしたが、
よく考えると、初夏のほうが好きかも知れません。
d0164636_8733.jpg

早くも1年の三分の一が終わったことになります。5月に入ったことを
手放しで喜んではいられません。“年をとる”ということですから。
“老境”という日本語は何歳からを言うのかが定かではありません。
しかし、自分がとっくに老境に入っていることは理解しています。ハハハ。

優しい人は会うたびに「変わりませんねえ」、「お年には見えませんよ」と
言ってくれますが、そんなことはありません。体も気持ちも 確実に着実に
“エンディング”に向けてカウントダウンが進んでいます。
自然の摂理ですから、避けることはできません。
金持ちにも貧乏人にも等しく訪れてくる“人生の最終章”です。
できるだけ明るく、前向きに過ごしたいと考えています。
そのために絶対欠かせないのは、健康を保つことでしょう。
すでにあちこち“ガタ”が来ていますが、大きな病気は抱えていません。
食事は妻が気を配ってくれますし、体調の管理には万全を期しています。

88歳で亡くなった父や90歳を超えて元気な長兄の年齢まで生きると、
私に残された人生は10数年です。
正面から受け止め、その年月を決して粗末にすまいと思っています。

テレビにはレッドソックスvsヤンキースの試合が映っています。
78~81年の4年間、メジャーを追いかけてアメリカの各都市を回りました。
ほとんどの球場は建て替えられていますが、フェンウェイは当時の面影が
そのまま残っています。ヤンキー・スタジアム、ドジャー・スタジアムと
並んで好きな球場の一つです。

この時期になるとよく思い出すのはシカゴ・カブスの本拠地、リグレー・
フィールドの放送席から見えた小さな“鯉のぼり”です。
ライトのブリーチャー(bleacher=屋根のないスタンド)後方にレンガ造りの建物、
たぶん、アパートがあって、その一室の窓の外に手作りと思われる鯉のぼりが
飾られていました。赴任中の商社マンが我が子のために作っている微笑ましい
光景を勝手に思い描いていました。今は、建物自体が変わったようですが。
d0164636_872579.jpg

昨日のBOSOX・NYY戦で心温まるシーンがあったので紹介しておきます。

先制ホーマーを放ったAロッドはゆっくりベースを一周するとバットボーイを手招きして
特大ホームランを生んだバットを受け取るとそのままネットぎわのフェンスに立てかけて
ベンチに帰りました。

最前列にはこの日8歳の誕生日を迎えたばかりの坊やが家族と一緒に座っていました。
彼の父親は去年の夏に亡くなりました。「家族をフェンウェイに連れて行きたい」という
父の願いをかなえるためこの日アリゾナからやって来たのです。球団は試合前の練習中、
坊やを彼のヒーロー、デビッド・オルティーズに会わせました。
この話をAロッドはオルティーズから聞いていたのです。試合前、坊やを見つけた彼が
「ハロー」と声をかけると、坊やは「バットが欲しいな」と言いました。
Aロッドは「いいよ。ホームランを打ったらね」と答えていたのです。

悪いイメージがあり、フェンウェイではブーイングを浴びることが多いAロッドですが、
今日だけは拍手がもらえるかもしれませんね。NHKのアナはこの話を知ってるかな?
ハハハ。
http://yhoo.it/1SVJvDe


大型連休の予定でしたが、つい出来心で。ハハハ。
d0164636_862022.jpg

人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックしてください。

by toruiwa2010 | 2016-05-01 08:07 | blog | Comments(0)
10数年使ったチェアに“ガタ”が来て、新しいものに買い替えたのは3年前の夏でした。
このときは若いころから夫婦そろって気に入っているIKEA(南船橋)まで出かけました。
左が古いもので、右がそのときに買ったものです。
d0164636_9838100.jpg

古い方はリクライニングにもなり、回転もできましたが、新しいイスは“見たまま”です。
それでも、特別不満はなく最近まで使ってきました。

古いものは買い換えたときに処分するつもりでしたが、テレビを見るときには便利かなと
思い直して、使い続けてきました。
しかし、買ってから20年近くがたち、さすがに傷みがひどくなりました。形が崩れた上、
“底が抜けた”状態になってしまったのです。処分するしかありません。
d0164636_910980.jpg

“断・捨・離”を心がけているので、少しためらったのですが、もう一度新しいものを
買うことにしました。
今度は、父娘が激突した大塚家具に行きました。商品が良ければ問題ありません。ハハハ。

新宿の店に行くと、入り口にドアマンが立っていました。苦手です。
買い物をするとき、店員に付きまとわれるのさえ辟易します。見た目以上に気が弱いのと
見栄っ張りなので何も買わずにその場を離れることができないのです。
このときも、ドアマンの姿を見た瞬間、「うん?」と思いました。しかし、引き返すのも
妙なのでそのまま入店しました。

報告しておきますが、それ以後は、店員が寄ってくることはありません。接客はOKです。
ただし、チェアなどは3階から6階まで置かれているため、欲しいものを見つけるのに
手間取り、結果として、店員さんに“案内を頼む”ことになりました。ハハハ。
d0164636_8363764.jpg

簡単に欲しいものが見つかりました。私が迷っても 妻の決断が速いので助かります。
チェアとしては、人生で2番目に高い値段だったので少しためらいました。
いったい何年このイスに座るだろう?年数で値段を割ったら…うじうじ、うじうじ。
ここでも「残りが少ないからぜいたくすればいいじゃない」という妻の言葉で決めました。
“強い妻”もときにはいいものです。船越英一郎はなんと言うか知りませんが。ハハハ。

いろいろ手間がかかり、配送されてたのは10日後でした。
店内で見て気に入っていた色が心配でした。最終的にグリーンにしましたが、20㌢四方の
小さな見本を見て決めたからです。部屋のカーペットなどとも馴染んでいい感じです。
グリーンは落ち着きますね。
座り心地も満点だし、サイズも問題ありません。回転するし、リクライニングもできます。
テレビを見るときもこのままでOKです。この椅子で過ごす時間が長くなりそうです。
d0164636_8365055.jpg

ここまで書いて更新するのを忘れていました。もう3ヶ月が経過しています。
多い日には12時間以上をこの椅子の上で過ごします。快適なので助かります。
色も使い勝手も100%気に入っています。最近の買い物では珍しいことです。
ハハハ。

人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックしてください。

by toruiwa2010 | 2016-04-15 08:37 | blog | Comments(2)
d0164636_1302933.jpg









深大寺へ初詣。

10時ごろだったので混雑もそれほどでもなく。
ただし、妻とはぐれるというハプニングあり。

ロングショットなら・・・まあまあ見られるか。
脚、長いし。w。
d0164636_1312480.jpg











おみくじを引けば私は末吉。
一番引ききたかった運…だったが、妻は凶!
ま、二人合わせればまずまずだし、気を付けて
過ごせばなんとかなるだろう。

帰りに、妻が「ネットで一番人気」という店で
そばを食らう。カモ南蛮を頼むも最低。
汁は濃く、辛く、そばはコシ弱く。
カモもだめ。ダメの中のダメ。
d0164636_1323863.jpg





このところ、我が家のなじみ以外の外食は
博多・中洲のうなぎ、京都のすき焼きに続き
ネットの評判につられて3連敗なり。トホホ。

d0164636_133556.jpg






*営業再開は6日の予定です。
by toruiwa2010 | 2016-01-01 13:07 | blog | Comments(6)
d0164636_6575457.jpg





*5日まで“基本的に”更新を休みます。
by toruiwa2010 | 2016-01-01 00:01 | blog | Comments(0)