ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

カテゴリ:blog( 81 )

今日から5月です。
年齢を重ねるにつれて、時間の経過が速く感じるようになりますが、
5月を迎えるときにその感覚は一番強いような気がします。
楽しませてくれた桜が終わって木々が緑に彩られるからでしょうか。
東京は朝からよく晴れて、まだ柔らかい日の光を受けて緑が光っています。
冬の寒さが大の苦手なせいか、若いころは春が一番好きな季節でしたが、
よく考えると、初夏のほうが好きかも知れません。
d0164636_8733.jpg

早くも1年の三分の一が終わったことになります。5月に入ったことを
手放しで喜んではいられません。“年をとる”ということですから。
“老境”という日本語は何歳からを言うのかが定かではありません。
しかし、自分がとっくに老境に入っていることは理解しています。ハハハ。

優しい人は会うたびに「変わりませんねえ」、「お年には見えませんよ」と
言ってくれますが、そんなことはありません。体も気持ちも 確実に着実に
“エンディング”に向けてカウントダウンが進んでいます。
自然の摂理ですから、避けることはできません。
金持ちにも貧乏人にも等しく訪れてくる“人生の最終章”です。
できるだけ明るく、前向きに過ごしたいと考えています。
そのために絶対欠かせないのは、健康を保つことでしょう。
すでにあちこち“ガタ”が来ていますが、大きな病気は抱えていません。
食事は妻が気を配ってくれますし、体調の管理には万全を期しています。

88歳で亡くなった父や90歳を超えて元気な長兄の年齢まで生きると、
私に残された人生は10数年です。
正面から受け止め、その年月を決して粗末にすまいと思っています。

テレビにはレッドソックスvsヤンキースの試合が映っています。
78~81年の4年間、メジャーを追いかけてアメリカの各都市を回りました。
ほとんどの球場は建て替えられていますが、フェンウェイは当時の面影が
そのまま残っています。ヤンキー・スタジアム、ドジャー・スタジアムと
並んで好きな球場の一つです。

この時期になるとよく思い出すのはシカゴ・カブスの本拠地、リグレー・
フィールドの放送席から見えた小さな“鯉のぼり”です。
ライトのブリーチャー(bleacher=屋根のないスタンド)後方にレンガ造りの建物、
たぶん、アパートがあって、その一室の窓の外に手作りと思われる鯉のぼりが
飾られていました。赴任中の商社マンが我が子のために作っている微笑ましい
光景を勝手に思い描いていました。今は、建物自体が変わったようですが。
d0164636_872579.jpg

昨日のBOSOX・NYY戦で心温まるシーンがあったので紹介しておきます。

先制ホーマーを放ったAロッドはゆっくりベースを一周するとバットボーイを手招きして
特大ホームランを生んだバットを受け取るとそのままネットぎわのフェンスに立てかけて
ベンチに帰りました。

最前列にはこの日8歳の誕生日を迎えたばかりの坊やが家族と一緒に座っていました。
彼の父親は去年の夏に亡くなりました。「家族をフェンウェイに連れて行きたい」という
父の願いをかなえるためこの日アリゾナからやって来たのです。球団は試合前の練習中、
坊やを彼のヒーロー、デビッド・オルティーズに会わせました。
この話をAロッドはオルティーズから聞いていたのです。試合前、坊やを見つけた彼が
「ハロー」と声をかけると、坊やは「バットが欲しいな」と言いました。
Aロッドは「いいよ。ホームランを打ったらね」と答えていたのです。

悪いイメージがあり、フェンウェイではブーイングを浴びることが多いAロッドですが、
今日だけは拍手がもらえるかもしれませんね。NHKのアナはこの話を知ってるかな?
ハハハ。
http://yhoo.it/1SVJvDe


大型連休の予定でしたが、つい出来心で。ハハハ。
d0164636_862022.jpg

人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックしてください。

by toruiwa2010 | 2016-05-01 08:07 | blog | Comments(0)
10数年使ったチェアに“ガタ”が来て、新しいものに買い替えたのは3年前の夏でした。
このときは若いころから夫婦そろって気に入っているIKEA(南船橋)まで出かけました。
左が古いもので、右がそのときに買ったものです。
d0164636_9838100.jpg

古い方はリクライニングにもなり、回転もできましたが、新しいイスは“見たまま”です。
それでも、特別不満はなく最近まで使ってきました。

古いものは買い換えたときに処分するつもりでしたが、テレビを見るときには便利かなと
思い直して、使い続けてきました。
しかし、買ってから20年近くがたち、さすがに傷みがひどくなりました。形が崩れた上、
“底が抜けた”状態になってしまったのです。処分するしかありません。
d0164636_910980.jpg

“断・捨・離”を心がけているので、少しためらったのですが、もう一度新しいものを
買うことにしました。
今度は、父娘が激突した大塚家具に行きました。商品が良ければ問題ありません。ハハハ。

新宿の店に行くと、入り口にドアマンが立っていました。苦手です。
買い物をするとき、店員に付きまとわれるのさえ辟易します。見た目以上に気が弱いのと
見栄っ張りなので何も買わずにその場を離れることができないのです。
このときも、ドアマンの姿を見た瞬間、「うん?」と思いました。しかし、引き返すのも
妙なのでそのまま入店しました。

報告しておきますが、それ以後は、店員が寄ってくることはありません。接客はOKです。
ただし、チェアなどは3階から6階まで置かれているため、欲しいものを見つけるのに
手間取り、結果として、店員さんに“案内を頼む”ことになりました。ハハハ。
d0164636_8363764.jpg

簡単に欲しいものが見つかりました。私が迷っても 妻の決断が速いので助かります。
チェアとしては、人生で2番目に高い値段だったので少しためらいました。
いったい何年このイスに座るだろう?年数で値段を割ったら…うじうじ、うじうじ。
ここでも「残りが少ないからぜいたくすればいいじゃない」という妻の言葉で決めました。
“強い妻”もときにはいいものです。船越英一郎はなんと言うか知りませんが。ハハハ。

いろいろ手間がかかり、配送されてたのは10日後でした。
店内で見て気に入っていた色が心配でした。最終的にグリーンにしましたが、20㌢四方の
小さな見本を見て決めたからです。部屋のカーペットなどとも馴染んでいい感じです。
グリーンは落ち着きますね。
座り心地も満点だし、サイズも問題ありません。回転するし、リクライニングもできます。
テレビを見るときもこのままでOKです。この椅子で過ごす時間が長くなりそうです。
d0164636_8365055.jpg

ここまで書いて更新するのを忘れていました。もう3ヶ月が経過しています。
多い日には12時間以上をこの椅子の上で過ごします。快適なので助かります。
色も使い勝手も100%気に入っています。最近の買い物では珍しいことです。
ハハハ。

人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックしてください。

by toruiwa2010 | 2016-04-15 08:37 | blog | Comments(2)
d0164636_1302933.jpg









深大寺へ初詣。

10時ごろだったので混雑もそれほどでもなく。
ただし、妻とはぐれるというハプニングあり。

ロングショットなら・・・まあまあ見られるか。
脚、長いし。w。
d0164636_1312480.jpg











おみくじを引けば私は末吉。
一番引ききたかった運…だったが、妻は凶!
ま、二人合わせればまずまずだし、気を付けて
過ごせばなんとかなるだろう。

帰りに、妻が「ネットで一番人気」という店で
そばを食らう。カモ南蛮を頼むも最低。
汁は濃く、辛く、そばはコシ弱く。
カモもだめ。ダメの中のダメ。
d0164636_1323863.jpg





このところ、我が家のなじみ以外の外食は
博多・中洲のうなぎ、京都のすき焼きに続き
ネットの評判につられて3連敗なり。トホホ。

d0164636_133556.jpg






*営業再開は6日の予定です。
by toruiwa2010 | 2016-01-01 13:07 | blog | Comments(6)
d0164636_6575457.jpg





*5日まで“基本的に”更新を休みます。
by toruiwa2010 | 2016-01-01 00:01 | blog | Comments(0)
d0164636_7224016.jpg





10月になりました。

マンションの庭でパンパグラスが伸びています。
ラグビーのワールド・カップが佳境に入りました。
日本もアメリカも野球が最終局面を迎えました。
少し前に、寝るときのタオルケットを1枚追加しました。
先日から、風に乗って金木犀の甘い匂いが漂っています。
マンションの庭で萩が“満開”です。
柿が甘みを増しています。
d0164636_720680.jpg




秋本番です。
気温の変化に気を付けてさえいれば、1年で一番過ごしやすい季節かもしれません。
若いころは 好きなものが着られるこの時期が好きでした。“おしゃれ”と呼ぶには
程遠いですが、“さりげなく”、“さわやかに”の私流を念頭に楽しんでいました。
最近はあまりこだわらなくなりました。外出のときもその辺にあるものを適当に…
という感じです。ハハハ。

先月28日に77歳になりました。偶然ですが、“千原ジュニア入籍”“福山・吹石結婚”と
重なりました。それがどないしてん!という話ですが。
d0164636_7202823.jpg





喜寿です。
「喜」を草書体で書くと なんとなく“七 十 七”で構成されているように見えるので
七十七歳を喜寿と呼ぶようになったらしいですが、当人は別に喜んでもいません。
「ああ、そうか」。それ以上でも以下でもありません。ハハハ。

なんども書いていますが、こんな年まで自分が生きているとは思いもしませんでした。
胃腸が弱かった少年時代、「60 歳まで生きられるのだろうか?」と考えていたものです。
自分とは関係ない遠い存在だったのは確かです。
7年前に“古希”を迎えたときは さすがに「70 歳、きたぁーッ」という感じだったのですが。
今回、77になったからと言って特別の感慨はありません。ハハハ。

この年になると、誕生日に何を考えるかと言えば“あと何年生きられるか”です。
父が87歳、母は98歳で逝きました。長兄は91歳ですが、健在です。4歳上の次兄も
元気にしています。長生きする血筋のようです。
高血圧も不整脈も薬でコントロールできていますし、やや不安がある腰(脊柱管狭窄)と
ひざ(半月板)もリハビリをしっかりやることで安定していますかが、普通に考えると
あと10年…てところですかね。

5年前にあるサイトで“死亡推定日”を占ってみたときのご託宣はこうでした。
“2020年7月17日、81歳でその生涯を閉じます。”

81歳か。
まあ、そんなものだろうなと、そのときは思いました。
しかし、今、その数字を見ると「えっ、あと4年じゃないか?」と“絶句”します。
しかも、それでは“7月24日”に開幕する東京オリンピックの前に死んじゃうぜ。
うしろ髪を引かれつつ死ぬのは嫌だなあ。

このあとの大きなイベントは…
来年、リオデジャネイロ五輪
2017年:第4回WBC
2018年:平昌五輪(冬季) 、ワールド・カップ
2019年:ラグビー・ワールド・カップ(日本開催)
2020年:東京オリンピック 
*一応、2018年に“岩佐徹 傘寿”という祝い事も。

出来るだけ長く生きたいとは思いますが、周囲に迷惑をかけないことが条件です。
そして、生きている限り”いじわる爺さん”であり続たいです。
それを考えるとTOKYO 2020はぎりぎりのターゲットですかね。

今日から、ツイッターのアイコンも変えました。
これまでは、“元アナウンサー”だと分かるように
WOWOW時代の写真を使用していましたが、
さすがに、19年前の写真はまずいでしょう。
秋らしい写真を撮ろうと思ってベランダでポーズを
とった私の袖に赤とんぼ・・・

d0164636_7204611.jpg








大いなるタテホコ

本文に「いじわる爺さん」と書いておきながら
コメント欄は「爺」は禁止なんです。類語をふくめて。
すみません!


人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックしてください。

by toruiwa2010 | 2015-10-01 08:54 | blog | Comments(15)
更新を忘れて映画を見に来てしまった。
のちほど。

by toruiwa2010 | 2015-08-08 10:43 | blog | Comments(0)
お断り

最近 改行がうまく行かず、
カムフォタブルではありません。
いろいろ試しましたが、お手あげ…
スキンを変えることにしました。

慣れるまで 変でしょうが、
ご容赦下さい。

by toruiwa2010 | 2015-04-28 14:49 | blog | Comments(0)
d0164636_2325029.jpg
年が改まりました。
…いろいろあった2014年が終わったということです。
晴れやかな気分。ハハハ。

当ブログは13年目に入ります。
がんばってやってきましたが、少々油が切れてきました。

今年から、本気でペースダウンすることにしました。
まったく新しい記事は、書きたいことがあるときだけ
書くことにします。それもできるだけ短く。
その代り…と言ってはなんですが、その気になったら
複数本、書く日もあると思います。

”自薦・厳選”を休日限定ではなく、書くことがない日に
更新するようにします。
まったく、書かない日があってもご容赦を。
要するに”気まま”にやらせて下さい。ハハハ。

炎上事件以来、アクセス数もガクッと減りましたから
潮時としてちょうどいいかもしれません。

なにはともあれ、皆様にとって健康で幸多い1年に
なりますように祈りつつ。

お断りするまでもなく、三が日は休みます。

                       岩 佐  徹
d0164636_7225247.jpg
d0164636_8535891.jpg
d0164636_11254765.jpg
d0164636_11465674.jpg


お知らせ…”こっそりと”

当ブログは5年目を迎えました。
旧ブログ時代にトラブルで過去記事が
すべて消え、”再建”に苦労しました。
そのトラウマから、不具合発生に備えて
YAHOOで非常時用に更新してきました。

何のトラブルもないし、少し飽きたので
2015年から↓こちらに移しました。
テンプレートが気に入ったからです。
「思うことを思うままに」(仮)です。

bit.ly/1AkCkch
d0164636_8524432.jpg
新年からの予定でしたが、自分なりに
力が入った”大誤算”シリーズ6本から
秘かに始めています。ハハハ。

すべてを再録しているわけではなく、
エキサイトブログに万一のことがあっても
これは残しておきたいと思う記事だけです。。

更新はまったく同じ内容なのに、体裁が違うと
印象も少し違う気がします。
よろしかったら、ときどき覗いてくだ
さい。
by toruiwa2010 | 2015-01-01 00:00 | blog | Comments(19)
d0164636_84092.jpg
皆さんも経験がおありでしょうが、ひとつの記憶が別の記憶につながり、そこからさらに
もうひとつの記憶に…と次から次に思い出がよみがえることがあります。
確実に年齢のせいだと思いますが、最近の私はこの傾向がどんどん強くなっています。
「まただよ」と思うことが増えました。ハハハ。

WOWOWの宮沢りえ主演の「グーグーだって猫である」を毎週楽しんでいます。
宮沢が大好きだし、もっと好きな猫が“共演”するので見始めたのですが、思いがけない
素晴らしい“おまけ”がついていました。宮沢扮する漫画家が住んでいるのが吉祥寺の
井の頭公園近くなのです。池の奥にある明星学園が私たち夫婦の母校で、吉祥寺一帯が
庭みたいなもの、特に池の周辺は隅々まで知っているからです。毎回、公園が映るたびに
「ああ、あそこをこの角度から撮ってるんだね」と想像しながら懐かしい記憶が広がります。
d0164636_8394040.jpg
だいぶ前になりますが、新聞で“佐藤英夫”の名前を見たときも、いろいろな思い出が
次から次に甦ってきました。
7,8年前に亡くなった役者さんですが、テレビの番組で誰かの口から名前が出たのです。
主役を張るタイプではなく、高校を出て10年後ぐらいのクラス会に行くと、3人や4人は
同じ雰囲気を持った男がいたような、そんな、目立たない風貌の俳優でした。
私たちの年令の者には役名だった“五郎ちゃん”のほうがなじみがあります。

「バス通り裏」は1958年4月7日-1963年3月30日までの間、夜7時15分から15分間、
NHKで“生放送”されていた帯ドラマ番組です。はい、テレビの草創期、生のドラマも
結構あったのです。
五郎ちゃんこと、佐藤英夫はこのドラマで日本中の人気者になりました。同じように、
「バス通り裏」が出発点になった女優が二人います。十朱幸代と岩下志麻です。
d0164636_839874.jpg
父親も俳優だった十朱はこのドラマの主役でした。ひところは“異常な若さ”が話題に
なっていましたが、テレビではしばらく見かけません。元気なんでしょうか?
やはり父親が俳優だった岩下はこのドラマがデビューで、記憶がまちがってなければ、
十朱の“妹役”でした。主役だけあって、当時は、十朱のほうが断然光っていました。
そして、このふたりの年齢がずっと私を悩ませ続けています。

公称は“十朱 幸代:1942年11月23日生まれ”、“岩下志麻:1941年1月3日生まれ”と
なっています。つまり、ドラマでは妹役だった岩下のほうが“姉”の十朱より二つ下です。
ドラマでの年齢が実年齢と同じでなかったり逆転したりすることは珍しくありませんが、
高校生役の二人の年齢がまったく逆なのは不自然な気がして、長く、十朱の“公称”を
疑っています。どうでもいいことですが。ハハハ。

私の記憶が広がるのはここからです。
d0164636_8384447.jpg
岩下志麻は、高校の後輩です。
私が1958年、転校生として明星学園高等部3年に編入したとき、1年下に彼女がいました。
病気をして1年“ダブって”いると聞きましたが、直接、話をしたことはありません。
2年ダブっている私が1938年生まれですから、1年ダブって1年下の彼女が1941年の
“早生まれ”というのは間違っていません。

ちなみに、ウイキペディアを見ると、彼女の本名は“篠田志麻”となっています。
私が持っている高校時代の名簿には“岩下島”と記載されています。“志麻”はあくまで
芸名ですから、ウイキペディアが間違っているのでしょう。ハハハ。
“俳優・野々村潔の娘”がきっかけでデビューしたのでしょうが、学校での彼女はあまり
目立たない少女でした。
d0164636_8382731.jpg
“明星学園”は私の青春そのものでした。制服がなく校則も“ゆるーい”学校でした。
バンド活動をしているクラスメートがステージ衣装の派手な色合いの、足より細い(ハハハ)
パンツをはいて登校していたこともあります。
どういうわけか、週に1回、1限目の授業が校舎の一番端の教室で行われていました。
授業の途中であわただしく走りこんでくる少女がいました。“遅刻”はほぼ毎週でした。
「しょうがねえ子だなあ」と思ったものです。

それから5年ののち、彼女は私の妻になりました。
それからさらに半世紀以上が過ぎ、現在の彼女は、出かける30分前には身支度を終えて
私にプレッシャーをかけ、人ごみの中でさえせかせかと前を歩く女性になっています。
あの頃、これぐらい“せっかち”だったら“遅刻常習者”にはならなかったでしょうに。
ハハハ。

おまけ

そして、昨日は我が家の51回目の結婚記念日でした。
昼にアンジェリーナのモンブランを楽しみ、夜はなじみの
イタリアン、Pizzeria GGでピッザを戴きました。
d0164636_14113377.jpg

by toruiwa2010 | 2014-11-06 08:40 | blog | Comments(4)
d0164636_7172971.jpg
先月20日、フォロワーから「なりすましがいますよ」というリプライが来ました。
d0164636_726665.jpg
教えられたURLを開くと見慣れた画像が現れました。2005年全米オープン・テニスの
会場でマイクを手にする私…ツィッターを始めてからずっとアイコンとして使っている
写真です。
d0164636_7262967.jpg
その下には“岩佐徹”の文字もあります。
しかし、“なりすまし”ですからどこかが違うはずです。
よく見ると、背景に使われているネコがおかしいです。ほぼ同じポーズをしていますが、
くらべるまでもなく、これは、最後まで私になついてくれなかったペレではありません。

“決定的”だったのは写真の下のアカウント名が“toru_iwase”となっていることでした。
写真と名前をそのまま使っているだけでも許せませんが、もっとひどいのはツイートの
内容です。90%ぐらいは過去に私がつぶやいたものをそのまま投稿していますが、中には
完全に“ねつ造”したものが混じっていました。“悪質”と言わざるを得ません。

さっそく、twitter.comに報告することにしました。
…これが大変!

相手のプロフィルにある歯車マークから“ブロックまたはスパム報告”をクリックして
始めるのですが、日本語で書かれているのに何を求められているのかがさっぱり分からず
途方に暮れて手が止まることたびたび。ハハハ。
何とか、フォームを埋めてその日のうちに送信すると、すぐに自動返信メールが来ました。
「本人であることを示すパスポートか運転免許証のコピーを送れ」とあります。

さあ、困った。免許証は持ったことがないし、パスポートをチェックすると2012年末で
期限が切れています!
結局、健康保険証と期限切れパスポートをコピーして送りました。

その後も、“なりすまし”は涼しい顔(おそらく)10件ほどのツイートを繰り返し繰り返し
投稿していました。よほどヒマなんですね。ハハハ。
しかし、山寺を訪れた日、帰宅して彼のページを見ようとしたら、こうなっていました。
d0164636_7211524.jpg
正義は成されました。ハハハ。

ただし、ここでまた困りました。
この件をブログに書くとき、彼のタイムラインの一部を紹介しようと思っていたのですが、
保存していなかったのです。バカじゃないのか。ハハハ。

どうやっても、凍結されてしまったページにはたどり着けませんでした。
困ったときは、フォロワーさんの知恵を借りるに限ります。
「“たまたま”キャプチャーしている人はいませんか」と呼びかけました。朝8時のときは
リプライがありませんでしたが、夜9時に二度目の呼びかけをしてみると30分足らずで
“賢者”が現れました。
d0164636_724497.jpg
PCの仕組み・理屈を知っているといろいろなテクニックが使えるのだなあと感心します。
見られるのはごく一部のようですが、この中にも“贋作”がいくつかあります。
d0164636_7184096.jpg
d0164636_7185083.jpg
d0164636_719014.jpg
本当に書いたものと混ぜているところが巧妙ですが、褒めている場合じゃなくて、これは
まさに“ゲスの極み”です。今回は凍結されて問題は解決しましたが、こういう人はまた
同じことをやるだろうと“覚悟”しています。粘り強く対応していくつもりです。私にも
時間だけはたっぷりありますから。ハハハ。

ところで、芸能人は物まねされるようになったら一流…などと言われますが、この場合
どうなんでしょうね?

なりすましがいることを教えてくれた方、
キャプチャーの所在を教えてくれた方、
あらためて感謝します。
ありがとうございました。

by toruiwa2010 | 2014-11-05 07:27 | blog | Comments(0)