ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

カテゴリ:blog( 90 )

d0164636_7473571.jpg
去年、猛暑日を37日 記録した練馬区は今年24日にとどまっています。府中市で12日…
東京の西の方では、それなりに猛暑日がありましたが、私が住んでいる杉並区は10日以下
ということのようです。 少なくとも“去年並み”の猛暑を覚悟していたのに、なんだか
肩すかしを食べた…いや、食ったような気分です。ハハハ。
暑さにカラキシ弱い妻は助かったと思っていることでしょう。しかし、暑さがまったく
気にならず、なんなら “毎日が猛暑日”だってかまわない私は、早くも秋風が吹きそうな
気配に正直言ってがっかりです。

まだ終わったわけじゃありませんが、この夏はいろいろおかしかったですね。
我が家の周辺で本格的な“蝉しぐれ”を聞いたのは、8月の2週目に入ったあたりでした。
それも、例年の“うるさい”と感じるほどのものではありません。
子連れのカルガモも去年に比べたら はるかに少ないみたいです。しかも、どういうわけか
ヒナの数が少ないです。カルガモの世界も少子化なんでしょうか?まさかね。ハハハ。
d0164636_7475989.jpg
しかし、8月は このブログやツイッターにかかわる出来事で、嬉しかったり 腹が立ったり、
個人的な“猛暑日”がとても多い月でした。ハハハ。

まず、ブログですが、数字的に“バブル”を思わせる盛況でした。
1ヶ月のトータル・アクセスが3万8000件!!1日平均で1000件以上を記録しました。
執拗なフジテレビ攻撃について書いた「ああ 母局が袋叩きに…」が1089件と 久しぶりに
“1000件超え”を記録したときには「こういう話題が好まれるんだ」と思っただけでした。
しかし、サッカー選手の通夜をリポートした女性アナの笑顔が画面に出てしまった9日の
「しっかりせんかフジテレビ!!」で当ブログ最高の2307件に達したときは正直、かなり
ビックリしました。

その後も、1000件を超える日が続き、忘れもしない19日…ミステリー作家だという人の
長いツイートに“疑問あり”とした記事「深水ツイート・考~」が、4645件!!
勢いがついてしまったのか、翌日も4004件と、破天荒なアクセス数になりました。
記事の中の“嫌なら見るな”に関する記述が特定の人々の神経を刺激したようです。
d0164636_8125818.jpg
悩ましいのは、アクセスに伴う異常な数のコメントでした。
4000件超のアクセスがあった二つの記事には、削除したものを含めると450件を超える
コメントがありました。半分は私のレスですが。
公開しているブログですし、コメント欄も開放していますから(***)、みなさん、かなり
勝手な事を書き込んできます。数時間後に読み直したら自分が書いたことを恥ずかしいと
思うに違いない内容のものもあります。ハハハ。

基本的に、ブログの“亭主”として、できるだけ誠実に返事を書きたいとは思っています。
しかし、程度問題です。
感情的なもの、明らかな悪意に基づくもの、ひたすら自分の意見を書きつづったもの…
悪いけど削除の対象です。中には、私に聞かれても答えようがないことやすでにブログに
書いていることを聞いてくる人もいます。困らせたい、と思うのでしょうが、浅はかです。
誰かに“構ってほしい”タイプの人もいます。
ごく“普通”の記事でこれだけの関心を呼び、見るたびにアクセス・カウンターの数字が
増えて行くなら こんなにうれしいことはありませんが、これでは複雑な気分です。ハハハ。

ツイッターの方は、8月の上旬にフォロワーが2000人を超えました。有難いことです。
2003年に、手伝ってくれる人が現れてHPを始めたとき、自分の思い・考えをネット上に
披露できることが素直に嬉しかったものです。しかし、時間の経過とともに、ストレスを
感じるようになりました。原稿を書く、送信する、手伝ってくれる友人がアップする…
そのプロセスで貴重な時間が失われるからです。記事を書いているときの思いを少しでも
早く読む人に伝えたいのです。

友人に頼んで、HPの一部をブログ化し、自分で更新できるようになってそのストレスが
解消されたとき、とてもすっきりした気分でした。
ツイッターはもっと“速報性”があります。 文字数の制限こそありますが、そのとき頭に
浮かんだことをリアルタイムで公開できるところが 危険と隣り合わせですが楽しめます。
読んだフォロワーが反応してくれると、楽しみは倍増します。
8月の上旬にフォロワーの数が2000人を超えました。
去年の8月に、一つの目安と聞いていた1000人になったとき、“達成感”がありました。
それ以後は こだわっていなかったのですが、震災、世界フィギュア、ダメ総理、嫌韓…
少しずつ数字が積み上がった結果として1年間で1000人増えたのです。
一定の評価だと思うだけに、有難いことです。
普段はそれほどでもありませんが、“イベント”があると気持ちが盛り上がって つぶやく
回数も増えます。“老人の楽しみ”として続けたいと思います。
140文字に収めるために結構 知恵を絞りますから、アンチ・エイジングとして最高かも
しれません。ハハハ。

***“対応”を考えて、現在は「承認制」にしています。

“ボルト失格”で盛り下がった感がある世界陸上は後半に入っています。 
テニスの全米オープンも始まったばかりです。
今週末までは、午前中・テニス、午後&夜・世陸のスケジュールでテレビ観戦の日々が
続くことになりそうです。そして、メジャー・リーグも日本プロ野球も終盤のはげしい
つばぜり合いに入りました。エースや主力バッターの真価が問われるときです。
d0164636_7495537.jpg
楽しみも多い一方、台風という厄介者のシーズンでもあります。
近づいているときには外出したくありません。発生したことを知ると スピードとコースが
とても気になります。本来“いい季節”のはずのこの時期ですが、予定を立てにくいのが
一番のネックです。出かけたくなければ出かけなくて済む気楽な年金生活ですが、これで
いろいろ大変なんです。ハハハ。

探しもの
先日、「リーガ・ゲッツ」に関連した記事を書いたとき、
“岩佐徹を糾弾…”スレッドに触れました。
友人が「岩佐さんは悪くない」という有難いスレッドも
あったことをメールで教えてくれました。
当時、まったく知りませんでした。
d0164636_7501397.jpg
“今さら”感はまぬかれませんが、できることなら
読んでみたいのです。
どうすればいいのか分かる方、ご教示いただけると
大変うれしいのですが。


人気ブログランキングへ

d0164636_1032692.jpg
by toruiwa2010 | 2011-09-01 07:56 | blog | Comments(5)
d0164636_955239.jpg
7月に入りました。早くも2011年の半分が終わってしまったことになります。
時間がたつのが早い…言わないと決めたはずですが、言わずにいられません。ハハハ。

震災から16週間
今年は3月に大震災があったせいか、そして、政府や東電のもたつきに腹が立つことが
多かったせいか、余計に早く感じました。
考えてみると、あの震災が起きたのは今年の“前半の更に前半”だったのです。
16週間も経ったのかとビックリします。
d0164636_9551821.jpg
そういえば、震災の数日後、東北では雪が降っていました。
気温が氷点下になった日も何日もありました。外国にいる友人に「今日も被災地の気温は
“below zero”だった」とメールを送ったのでよく覚えています。

短い春のあと、いま、被災者は梅雨による湿気と暑さに苦しんでいることでしょう。
港に近いところの皆さんは、きっと猛烈な臭気にも悩まされているに違いありません。
東京のむし暑さも辛いですが、二重苦・三重苦の人たちの辛さとは比べられないでしょう。

つい先日のテレビで朝食におにぎりが配られているのを見ました。
「こんなに温かい食事は久しぶりだ」と話す被災者の声がはずんでいました。
注文を受けた業者が被災者たちにも手伝ってもらいながら、朝3時半から作業して作った
おにぎりは発泡スチロールの箱に入れて運ばれたため、まだ温かかったのです。
ほんの些細な優しさが多くの人に喜びをもたらしています。

大多数の議員が“一度ならず”現地を見ていると聞きます。
いったい、彼らは何を見、何を聞いたのかと思います。“国を動かす”彼らにはこまかな
ことを注文しても無理なんでしょう。ならば、金と物資を現地に渡して「どうぞ、有効に
使ってください」と言えばいいじゃないですか。地方自治体のほうがよほど“血の通った”
仕事をするのは明白です。

体重コントロール中
毎週土曜日の朝、起きてすぐに体重を測っています。
5月中旬から少しずつ体重が増え始め、6月18日には、とうとう恐れていた数字に達して
しまいました。私が設定しているマジック・ナンバーは“68”ですが、この日、体重計の
数字は一気に危険ラインを突破して68.6キロを示したのです!
「サントワマミー」じゃありませんが、♪目の前が 暗くなるゥ…です。ハハハ。

原因ははっきりしています。妻が“素知らぬ顔”で、間食に甘いものを出すことが多く
なっていたのです。もちろん、気づいていましたが、もともと嫌いじゃないですから、
拒むことができないのです。
決定打は、その週の初めに3日続けて、“アイスクリーム+あんこ”が供されたことです。
「食べる?」と聞かれたときに毅然として断れば済むことですが、金縛りに遭ったように
うなづいてしまいます。もしかしたら体重計が見逃してくれるかもしれないじゃないかと、
愚かなことを願いながら。ハハハ。

…結果として、6月20日から“甘いもの禁止”期間に入りました。今回は、6ヶ月近く
適当にスイーツも口にしつつ、うまく体重をコントロールできたのですから、しばらくは
我慢しなければいけないでしょう。
間食を一切やめ、食事の量も減らします。
今朝、念のために測ってみたところ、順調に減っています。この調子でいけば、たぶん、
2カ月ぐらいで解放されると思います。それを切に希望します。ツ・ラ・イ。ハハハ。

ブログ&ツイッター
気づかないうちに当ブログの“創立”8周年記念日が過ぎてました。2か月も前に。ハハハ。
妻の誕生日や結婚記念日でなくてよかったよかった。
いろいろあったHP&ブログですが、我ながらよく頑張っていると思います。
正直言って、毎日書くのが少ししんどくなってきました。ネタを見つけるのに苦労します。
書き始めるとどうしても長くなるのも自分を苦しめる理由になっています。
d0164636_9553945.jpg
ツイッターはまとめて呟くこともあれば、1週間ぐらい、ブログ更新の告知以外はまったく
“活動”を停止する期間があって、まちまちです。
5月初めに1800に達したフォロワーの数が先日、“瞬間的”に1900を超えましたが、
すぐに、1800台に戻りました。
いつの間にか、“礼儀”とされるフォロー返しをしなくなったので、せっかくフォローして
くれた人もすぐにリムーブしているようです。これでは、増えるわけがありません。
面白がってくれる人もいるようですから、地道に呟き続けていれば、そのうち、2000に
手が届くようになるでしょう。

カルガモ:悲しからずや…
5月24日の午後、マンションの小さな人工池の周辺がざわついていました。
3月初めから遊びに来ていたカルガモが卵を産んだのです。
毎年、カップルが姿を見せていましたが、去年初めてヒナをかえしました。9羽のヒナは
近くの神田川ですくすく育ち、私は“カルガモ探検隊長”として2ヶ月半ほど追いかけ、
その様子を収めた写真をマンションの掲示板で報告しました。
d0164636_9561057.jpg
今年のカップルは違う個体のようで、去年までのカルガモとは全く違う“動き”を見せて
いましたが、卵を産んだのも通りがかった住民にも分かるような“妙な”場所でした。
なぜか、その卵はすぐになくなってしまいました。しかし、先月19日には、はっきりと
抱卵する姿が確認できました。
d0164636_9562795.jpg
「今度こそ」と思ったのもつかの間、この4日ほどは親ガモを見ることもなくなり、卵も
消えてしまいました。数十メートル離れた敷地の中で割れた卵の殻が見つかったという
情報もあります。もう、1週間近く親ガモも池に来ませんから、今年、ヒナを見ることは
あきらめなければいけないようです。
若いカップルは初めての経験で“育児”に失敗したのだと考えています。

シャラポワ決勝へ!

Ladies' Singles SF
Sharapova d.Lisicki 64/63


肩の痛みなどでしばらく低迷していたシャラポワが、調子を取り戻しています。
優勝した2004年以来となるウインブルドンの決勝進出です。
全仏3回戦進出を決めたあたりで「得意のサーフェスじゃないんだから、2週目に進めたら
おんの字だ。照準はウインブルドンに合わせているはずだ」と考えていましたが、SFまで
勝ち進んだのには驚きました。つまり、この時すでに調子が上向いていたのでしょう。
d0164636_9565339.jpg
昨日のリシツキ戦は決して楽な勝ち方ではありませんでした。
いきなり、サーブを破られるなど苦しい立ち上がりだった上にリシツキの強烈なサーブが
好調だったこともあって、たちまち、0-3とリードされていました。

トップの選手は立ち上がりに苦労してもアジャストする能力を身につけています。自分で
軌道修正できるのが強みです。
強力サーブにはいずれ対応するだろう思っていましたが、その通りになりました。
どんなにいいサーブを持っていても、入らなくては話になりません。
初めは、ストロークの打ち合いでも負けていましたが、少しずつ体勢を立て直して逆転で
リシツキの挑戦を退けました。華がある選手のカムバックは嬉しいです。

決勝の相手はチェコのクビドバ…なかなか手ごわい相手です。じっくり見たのは昨日が
初めてでしたが、攻撃的なテニスは魅力があります。
明日の決勝は7対3でクビドバ有利と占っておきます。

それにしても、女子選手の“美貌度”が上がってますね。
6年前に今の状態だったら、“引退”を決めることはなかったと思います。ハハハ。

人気ブログランキングへ

d0164636_1032692.jpg
by toruiwa2010 | 2011-07-01 10:19 | blog | Comments(6)
d0164636_10201013.jpg
関東地方も早々と27日に梅雨入りが宣言されてしまいました。
ま、宣言なんてどうでもいいのです。宣言しようがしまいが、雨が降らなければOKです。
とにかく、雨が嫌いです。ハハハ。
雨そのものはともかく、傘を持って家を出なければいけないという状況が嫌いなんです。

雨を嫌う理由の一つに“風邪をひきやすい体質”があるかもしれません。
カッパとは正反対で、頭が濡れると即 熱っぽくなってきます。ですから、出かける時点で
降っていなくても、予報が少しでも悪ければ傘を持ちます。
地元の駅まで戻ったときに予想しなかった雨が降りだしたりすると、普通の人なら走って
帰るほどの雨でもコンビニに飛びこんでビニール傘を買ってしまいます。
おかげで、我が家には500円の傘が山ほど…。ハハハ。
d0164636_10204762.jpg
一軒家に親と同居していたころは、雨が降っていると、目が覚めたときに屋根を叩く音で
分かってしまい、その時点でとてもうっとうしい気分になりました。
その後はずっとマンション暮らしですが、そうなると、雨には“鈍感”になっています。
屋根や地面を叩く雨の音が聞こえにくいからです。

いまはたまたま公園に面した所に住んでいるので自然の移り変わりがよく分かりますが、
住宅街の中のマンションだと“季節感”さえなくなります。
困ったことに、雨が降っているかどうかさえはっきりわからないことがあります。
部屋の窓から道行く人が見えれば、傘をさしているかどうかで判断でますが、これまで
暮らしたマンション7か所のうち道路が見えたのは2か所だけです。今のマンションも
公園との間に道路はありますが、人はめったに通りません。ジョギングをする人たちや
犬の散歩をする人は傘をささないことが多いですから、判断の材料にならんし。ハハハ。
d0164636_10213019.jpg
雨が降っているかどうかを知りたいときは公園の照明灯のカバーが濡れているかどうかで
判断していますが、食卓で私が座る位置からは見えません。見える位置に座る妻に尋ねて
初めて分かるのです。“現役”のころは一応毎日 出社していましたから、降っているなら
覚悟を決めなければならず、自分では分からない状況に 結構、いらいらしたものです。
40階、50階建ての高層マンションの上階に住む人は望遠鏡で“地上”をゆく通行人を見て
判断すると言いますから、まだマシでしょうけどね。ハハハ。

いまは、どうしても出かけなければいけないような用事はほとんどありません。
映画を見るか、散歩ぐらいですから、「雨なら、やめよう」と簡単に決められます。
出かける予定のない日に、白い線が見えるほど激しく降る雨を見ると「きれいだな」と
思ったりして、我ながら現金だと認めています。ハハハ。

英語では“Time flies”と言うのだと、中学生のときに習いました。
月日がたつのが早いことですが、今日、暦が6月に変わって、まさに“飛ぶがごとく”
過ぎて行くことを実感します。ハハハ。
日本語では “光陰 矢のごとし”でしょうが、最近は全く耳にしなくなりました。

子供のころは1日があんなに長かったのに、なぜ、年齢とともに時間の経過が早く感じる
ようになるのだろう、と多くの人が言いますね。
数年前に、「子供は日々新しいことを経験するから長く感じるけど、年をとればとるほど、
すでに経験した事ばかりだから早く感じるのだ」という説を聞きました。
経験済みのことは早く感じる…納得です。
“飛ぶがごとく”過ぎて行く時間をすこしでもスローダウンさせるためには、できるだけ
新しいことに挑戦するようにしなければいけないのでしょう。

「月日は百代の過客にして、行きかう年もまた旅人なり」
松尾芭蕉「奥の細道」冒頭の一節も学校で習いましたね。一語一語の音の響きに品があり、
格調が高くて大好きなフレーズです。
解釈は人によっていろいろでしょうが、私は“時間(=月日)というものは旅人と同じで
自分の前を通り過ぎて行くだけ”と言いたいのだと理解しています。

ずいぶん多くの旅行者が目の前を通過して行きました。ハハハ。

当ブログも先月半ばあたりから、ようやく“平時”に戻りました。
4月末から5月上旬にかけては世界フィギュアについてのエントリーやツイートをめぐって、
結構な騒ぎになり、忙しい思いをしました。本来、自分のブログに何を書いても、自分の
アカウントで何を呟いても、公序良俗を乱さない限り(ハハハ)、自由なはずです。しかし、
世の中には、意見が違うことが許せないと思うタイプの人がいるんですね、これが。

「このおっさんは意見が違う」と思ったら、キャンキャン言わずに、以後 近づかなきゃ
いいじゃないですか、ねえ。
“誠意”が売りの当ブログですから、コメントやツイートに対して、一つ一つていねいに
回答しましたが、いい加減にしてほしいものです。

そんな中で、当ブログへのアクセスに関して二つの数字が残りました。
d0164636_10224886.jpg
まず、5月8日に過去最高の1743件をマークしました。
この日のタイトルは「一難去ってまた一難…」でした。
男か女かもわからないような匿名の元スケーターに辟易して“お付き合い”をやめたあと、
ツイッターで話しかけてきた3人の“妙齢”のご婦人からいきなり“あんたが悪い”的な
クレームをつけられた経緯を書いたものです。

それまで最高の1551アクセスをマークしたときの記事は「いま 報道姿勢が問われる
~フジテレビの評判が悪い~」でした。(3/18)
どうも、“controversial”(論議を呼びそう)な記事ほど人が集まるようで…。ハハハ。

次は5月18日の朝早くにトータル10万件を突破したことです。
4ヵ月半で到達するとは思いもしませんでした。私にとっては、新年からエキサイトに
転居して以来の目標の一つでした。決して減るものではありませんから、いつかは届くと
思ってはいても、いざ、達成してみるとつい頬がゆるんしまいます。ハハハ。

さて、うっとうしい季節になりますが、“アメニモマケズ…、アメニモマケズ”の精神で
頑張るとしましょうか。

カルガモの続報はありません。
茂みの奥に5個の卵が見えた…夢を明け方に見た以外は。ハハハ。


人気ブログランキングへ

d0164636_1032692.jpg
by toruiwa2010 | 2011-06-01 10:24 | blog | Comments(6)
d0164636_111069.jpg

5月です。
例年なら、4月下旬から桜を追って西へ、北へと旅をしている時期です。
今年は少しばかり気分が違いました。
「自粛しないでください」…と、被災地の皆さんまでおっしゃるのですが、どうしても
“花を愛でる”という気持ちにはなれません。桜の華やかさが気になるのだと思います。
神田川から井の頭公園コースと新宿御苑に行っただけで今年の“花見”は終わりました。
d0164636_11102784.jpg
蔵王に行ったとき、タクシーの運転手さんに「弘前公園の桜は見なくちゃ」と言われて
今年は桜前線を追って東北3県に行く計画でした。
去年、その素晴らしさに目を奪われた福島県の花見山、桜の古木が見事と聞く山形県の
置賜(おきたま)さくら回廊、そして弘前です。来年の楽しみに取っておくことにします。

10日ほど前にひいた風邪も抜け切りました。花粉症もほぼ収まりました。
もみじの緑が美しい、いい季節でもあります。
花のきれいな時期もいい、紅葉が見事な秋もいい。でも、私はこの緑に惹かれます。
オーバーに言うと、生命の息吹を感じるからでしょうか。
d0164636_1112992.jpg
人によって5月を実感する花は違うでしょうが、私の場合は部屋の窓からベランダ越しに
見えるハナミズキです。一時期、同居していた両親の家の庭にも、半世紀以上前に住んだ
大阪・千里山の庭にもありました。当時はまるで興味がなかったのですが、今はこの花が
かなり気に入っています。
“控えめ”な印象だったのですが、“密に”花をつけた白いハナミズキは相当に華やかさが
ありますね。白と緑の混じり具合が好きです。
d0164636_11213243.jpg
ベランダではゼラニウムが咲いています。妻の手入れがいいせいか、1年を通して赤い花を
咲かせて楽しませてくれます。この花も、私に5月のイメージを運んできます。
5月…というより、ローラン・ギャロスのイメージと言った方がいいと思います。
コートを取り巻く真っ赤なゼラニウムが赤茶色のアンツーカと見事にマッチングする様は
まさにローラン・ギャロスそのものです。
ああ、また、花の話をしています。古い友人には読んだら笑われるな。ハハハ。
d0164636_11131810.jpg

カルガモ その後
3月の初めにマンションにやってきたカルガモのカップルは、その後も小さな人工池に姿を
見せています。明らかに、これまで来ていたカップルとは違う個体のようです。
去年までは、朝の短い時間だけだったのが、夕方までいることがありますし、警戒心が
強いところもこれまでのカップルとは違います。
…もしかすると、毎年、違うカップルだったのか?なにしろ、みんな同じに見えるので
まったく分かりません。ハハハ。
d0164636_11161623.jpg
去年は、初めてヒナが孵化してビックリしましたが、今年はどうでしょうか。
優しい管理人さんが水量を増やした池で1羽がのんびり眠っている様子などを見かけると、
「もう1羽は卵を抱いているのではないか?」と思ってしまいます。
カルガモの抱卵期間はおよそ4週間らしいですから、早ければ、今月半ばごろにもテニス・
ボールほどの大きさの可愛いヒナが池に浮かんでいるところを見られるかもしれません。
もっとも、去年のヒナ誕生は6月24日でしたけどねえ。
生まれたら生まれたで、当マンションの“カルガモ探検隊”としてヒナの成長を追跡して
親離れするまでを見守ることになります。誰に頼まれたわけでもないのですが。ハハハ。
d0164636_1117246.jpg

*品川区・厳島神社の弁天池でカルガモの赤ちゃん7羽がかえり…

今朝の朝日新聞に出ていました。早いところはもう生まれているんだ!
あしたから、朝のごみ出しのときにカメラを持って行こう。ハハハ。

10日ほど前、使っているVISAカードから電話がありました。
「いくつか確認させていただきたいことがあります」ということでした。“引き落とし”を
求めてきているものの中に“不審”なものがあるというのです。聞くと、海外で7~8万円、
日本でもアマゾンなどで10数万のものが2件、いずれも覚えのないものばかりでした。

カード会社では、顧客の“使用傾向”を分析していて、いつもと違った使いかたがあると
自動的にチェックするようなシステムがあるようです。普段はオンラインでこんな高額の
買い物はしないのでコンピューターに“不審”を持たれたのでしょう。3件とも支払いに
ストップがかかっていて、被害はまぬかれましたが、カードを差し止めて、新しいものに
代える必要が出てきました。どこかから個人情報が漏れている可能性が濃厚だからです。
えっ、もしかしてソニー?パソコン(VAIO)? でも買ったのはLABIだもんなあ。ハハハ。
d0164636_11175065.jpg
古いカードはすぐに“停止”の措置を受けましたが、新しいカードも届きました。
連休明けにはいくつかの会社にカード変更を通知しなければいけません。
“オレオレ詐欺”に引っ掛かることはないだろうと思っていましたが、こんな形で被害に
あうことも想定外でした。どちらにしても“未遂”に終わってよかったよかった…です。
ハハハ。

New Blog Record !!
昨日、このブログへのアクセスが1563件と“新記録”を達成しました。
決して“読みたい”という人ばかりでなかったことは認識しています。#figureskateに
“岩佐のツイッターがひどい”とおほめのつぶやきがあったからでしょう。ハハハ。

夕方5時以降だけでも950件を記録しています。冷やかしが多いはずですから、嬉しさも
半分ぐらいです。
安藤が優勝したことで“狂騒曲”は収束すると思いましたが、むしろ逆でしたね。
ツイッターやこのブログへの書き込みで「失敗したジャンプに加点がつくのはなぜだ?」、
「なぜ、フジテレビはキム・ヨナや韓国寄りなのか?」、「なぜ、ナマじゃないの?」…と
ずいぶん問われました。絶好の“標的”だったのでしょう。
「私に聞かれても…。ジャッジ(orフジテレビ)に聞いてよ」と言うしかないですよねえ。
ハハハ。
d0164636_11172819.jpg
…彼らにはこの“ハハハ”も評判が悪かったみたいです。“むかつく”と言われました。
慣れてない人には刺激的だったのでしょうか。キムを擁護しているジジイに文句を言って
やろうと乗り込んだところに“ハハハ”が出てきたので怒りが倍増したかもしれません。
しばらく読み続ければ慣れるんですけどね。ハハ…。やめときますか。

キム擁護…別に放置したっていいんですけどね。あまりにもみっともないので…。
彼女がユニセフを通じて賞金を寄付するというニュースが流れたあと、ツイッター上に
「こんな汚れたお金、お断りします」という呟きを見たとき、言葉を失いました。
「汚いお金を押しつけられるなんて生き恥」とも。

「“汚い”と判断する根拠は何でしょう」と問いかけました。
「この5年間のルール改正、得点操作等あなたはどれくらいご存じか教えてください」と
かわされ、「あなたはフジでお仕事されてた方なのですね。どうぞ思う存分火消しをして
くださいませ」とダメを押されてギブアップしました。
“宮古で被災した”と知ったら、とても責める気にはなりません。

しかし、これほど憎まれるような“なに”をキムはしでかしたのでしょうか。本人或いは
陣営が審判に不正工作をした、というなら、その証拠がなくちゃいけませんね。
坊主憎けりゃ袈裟まで、とは言いますが、袈裟どころか、衣も足袋も数珠も木魚までも…
という勢いで憎悪は周辺に広がっています。“集団ヒステリー”+“集団思いこみ”…。
ツイッターは2chより“マシ”なメディアだと思いたいですが、このメンタリティーでは
厳しいかもしれません。

菅政権
いまだに20%を超える支持率がある(らしい)ことには驚きます。
昨日、NHKの「国会中継」にチャンネルを回したとき、ちょうど、質問者が激しい口調で
政府側を責めていました。「野党の質問か」と思ったら、違いました。
与党・民主党の川上義博委員が玄葉光一郎国家戦略大臣と大声でやり合っていました。
要は、「言った」「言わない」という低レベルの話…こんな光景を見たのは初めてです。
いいもの見たなあ、と思いました。ハハハ。
d0164636_11185696.jpg
政権・民主党、ともにガタガタなんでしょうね。
首相任命の内閣官房参与の一人が涙ながらの辞任をしました。
首相肝いりの復興構想会議と下部機関である検討部会の関係がギクシャクしています。
原発事故の収束、賠償金や義捐金、計画的避難や一時帰宅…何もかもが滞っています。
すべてに血が通っていない印象を持ちます。

100点を取れ…とは言わない。
せめて、70点つけたくなる仕事をしてくれよ。無理かなあ。ハハハ。

おまけ:1800フォロワー
どうでもいいことですが、本日12時半にツイッターのフォロワーが
1800人に達しました。すぐ、減ると思いますが。ハハハ。

d0164636_12394031.jpg

人気ブログランキングへ

d0164636_1032692.jpg
by toruiwa2010 | 2011-05-02 11:22 | blog | Comments(54)
d0164636_107123.jpg

長いような、短いような3月が終わり4月を迎えた。

情報提供の意味があったのだろうが、地元の駅前商店街のスピーカーは、震災直後から
ラジオ放送を流していたが、それも月曜日ごろから変わってきた。被災地のニュースも
原発の話も高校野球の合間に少し伝えられるだけになっている。

3月11日のあの感覚を忘れることはあるのだろうか。
昼寝を終えて、そろそろ起きようかと思ったときに襲ってきた地震は長く長く続いた。
時計を見なくても、どれだけの時間が経過したかをつかむ自信はあるほうだが、この時は
分からなかった。2分から3分、まるで、果てしなく続くかのようだった。
3週間が過ぎた今も、あの時、不気味な横揺れがもたらした、奇妙で怖い“浮遊感”を
まざまざと思い出す。もっと強烈に揺れ、そのあと予想の域をはるかに超える大津波に
襲われた被災地の人たちの“トラウマ”は相当なものがあるだろう。
d0164636_1073048.jpg
福島に住む人たちは、地震・津波に加えて原発の相次ぐトラブルによる放射能被害という
三つ目の災害に見舞われた。さらに、言葉は明瞭だが、きめが粗く、温かみが伝わらない
政府の対応を入れたら、一度に四つの“災害”に遭遇したことになる。
気の毒で、かける言葉が見つからない。

原発の危うさは深刻だが、宮城・岩手は少しずつ落ち着きを取り戻しているようだ。
ダメージの大きさを考えたら、復興が容易でないことは分かるが、これから、日増しに
温かくなるのが救いかもしれない。
1日でも早く、皆さんに笑顔が戻ることを祈るばかりだ。

地震が発生した日、吉祥寺の映画館(5F)で「恋とニュースの作り方」を見た。
10時からの1回目だったから、そこで地震に遭遇したわけではない。しかし、その日の朝、
私の頭の中には、2時半からの3回目を見て晩御飯は外食にするというプランもあった。
もし、そちらを選択していたら、予告編が終わって本編の上映が始まった直後に、あの
激しい揺れに見舞われたことになる。マンションの2階の部屋でもあれだけの恐怖感が
あったことを思うと、5階の劇場で、しかも、上映中の暗がりの中であの揺れを感じたら
パニックを起こしていた可能性は大だ。

地震発生からピタリと見るのをやめていた映画鑑賞を今週から復活した。
先日は、映画の帰りにごひいきのGAPでシャツと薄手のコートを購入した。
“50%OFF”の6文字が目に飛び込んだのだ。くわえて、年金生活だからささやかだが、
冷え込む日本経済に少しでも貢献しようと思ってのことだ。

近所のサクラが少しずつ花を開き始めている。
木村太郎が「自粛を強制する風潮はよくない」と言っていた。その通りだと思う。
しかし、華やかすぎて、花見に出かけるかどうかは思案中だ。
本当は、今年も桜を追って北に旅をする予定だった。
山形県置賜(おきたま)のサクラの老木、去年、感動した福島の花見山、そして、最後は
「あそこは見とかなきゃ」と言われた弘前城まで行くのを楽しみにしていた。
東北新幹線が復旧したら考えるが、開花状況を伝えていた花見山のHPは地震が起きた
3月11日からまったく更新されていない。それどころではないのだろう。
いろいろ考えると、今年は、神田川や井の頭公園で我慢することになりそうだ。
d0164636_1081848.jpg
        福島市花見山公園 2010.04.15

暦が替わったのを機に、すべてを通常に戻すことにする。記事のテーマも従来通りになる。
3月11日には河津桜を見に行った日帰り旅の報告を書いた。午後になってあの地震が起き、
テレビで津波が町を蹂躙する様を見て、2本目「M8.8!! 自然の恐ろしさ~ダルビッシュの
ファインプレー~」を書いた。以後、昨日までの24本の記事は、すべて、震災と報道に
関連したものだった。ほかの記事を書く気がしなかったのだ。

おかげさまで多くの人に読んでもらえた。理由を考えたら単純に喜ぶわけにはいかないが、
12日に、エキサイトブログに引越してから初めてアクセスが1000件を超えた。
その後も1000件超えを続けたあと、18日の金曜日に1551件の最多アクセスを記録した。
1月16日に「実況放送の約束事」(Archives=古い記事)と「おめでとう 落合!」の2本で
865件をマークしたとき、「当分、新ブログの最高記録にとどまりそうです」と書いたが、
あっさりと、大幅に更新したことになる。

自粛、というより、どうしても“その気”になれずに封印していた“ハハハ”も復活。
ランキングなんか気にしている場合じゃなかろう、と、記事の中のバナーは外していたが、
これも今日から再開する。大きく下がってしまったが、頑張ってみよう。あ、そうか、
私が頑張っても、バナーをクリックしてもらわなければどうにもならないのだった。ハハハ。


さて、今日は、4月1日だ。
気に入っているいくつかのエイプリルフール話をピックアップしてお届けする。
暗い話題が多い中、笑えるものがあればいいがと願いつつ。

「The Swiss Spaghetti Harvest」
1957年4月1日、イギリス国営放送(BBC)の権威あるニュース・ショー「パノラマ」の中で、
定評のある司会者、リチャード・ディンブルビーが「天候に恵まれて、ゾウ虫の発生も
少なかったので、今年、スイス南部ではスパゲッティが大豊作です」と視聴者に告げました。
画面には中年の農婦がていねいに木からスパゲッティの束を摘み取り、天日に干す光景が
映し出されました。ハハハ。
d0164636_1093358.jpg
ディンブルビーの話は「3月最後の2週間、ヨーロッパのスパゲッティ農家は、霜の心配を
しながら過ごします。微妙に味に影響するからです」
さらに「収穫時のスパゲッティの長さが同じなのは、農民たちの長い努力の賜物です」と
続きました。
放送したのがBBCであったことや番組と司会者の評判のせいでしょうか、多くの視聴者が
この話を真に受けたらしいです。ハハハ。

このころのイギリスでは、スパゲッティは、まだあまり食べられていなかったそうですから、
情報が少なかったこともうわさが広がるのに拍車をかけたのでしょう。
BBCにはたくさんの電話がかかりましたが、「自分で“スパゲッティの木”を栽培するには
どうすればいいか?」という質問が多かったそうです。BBCの答えはこうでした。
「トマト・ソースの缶に小枝を入れて、うまく行くことを祈りなさい」…。ハハハ。

「インスタント・カラーテレビ」
1960年代初めのスウェーデンではたったひとつのテレビ局がモノクロで放送していました。
62年4月1日、ニュース番組に登場したこのテレビ局の技術陣のトップ、ステンションは、
視聴者に向かって、こう告げました。
「新しい技術の進歩のおかげで、すばやく簡単にお手持ちのテレビでカラー映像を受ける
ことが可能になりました。やるべきことは“ナイロンストッキングをテレビ画面にかける”
ことだけです。お好きな番組をカラーでご覧になれます」…。ハハハ。

何万という人が引っかかったそうです。
スウェーデンで本当にカラー放送が始まったのは8年後、1970年4月1日でした。ハハハ。

10周年
1977年、イギリスの新聞・ガーディアンはインド洋に浮かぶサン・セリフェの10周年を
祝って7ページに及ぶ特集を組みました。セミコロン(;)の形をしたいくつかの島からなる
小さな共和国です。
記事は情報の少ないこの国の地理や文化について愛情をこめて書かれていました。
国を形成する島々の中に大きな島が二つあり、アッパー・キセ(Upper Caisse)とロウアー・
キセ(Lower Caisse)と呼ばれています。そして、首都はボドーニ(Bodoni)、指導者は
パイカ( Pica)将軍だそうです。

ガーディアン社の電話は鳴り止まなかったそうです。
読者たちは、休暇旅行の候補地として、もっと情報がほしがったのです。

いくつかの固有名詞が“印刷関係の専門用語”だと気づく人はほとんどいませんでした。
“A4”とか“ゴシック”とかなら、分かったかもしれませんが。ハハハ。

巨大氷山
1978年4月1日、一隻の小型船がシドニー湾に姿を現しました。巨大な氷山を曳いて…。
シドニー市民はこのことをすでに知っていました。このところ、資産家で冒険家としても
知られる地元のディック・スミス(食品会社のオーナー)が南極から氷山を持ってくる計画を
さかんにプロモートしていたからです。どうやら、成功したようです。
スミス氏はこの氷山を小さな角氷にして10セントで販売すると話していました。
南極の純粋な水でできたこの角氷はどんな飲み物でもおいしくすると言っていました。
d0164636_10105379.jpg
ゆっくりと氷山はシドニー湾を進みます。
地元のラジオ局(複数!)は、この情景を逐一、 実況しました。
ようやくその“秘密”が明らかになったのは、船と氷山が湾の深くに達したときです。
降り始めていた雨によって、消火用の泡とセービング・クリームでできた“氷山”は溶け、
その下の白いシーツが市民の目の前にさらされたのでした。ハハハ。

パララックス大作戦?
1979年、ロンドンのキャピタル・ラジオがリスナーに告げました。
「Operation Parallax(ズレ修正作戦)が間もなく発効する」と。
イギリスの暦を世界中のほかの国々と再びシンクロさせようというものです!
1945年から、夏時間にしたり、元に戻したりを繰り返しているうちに、イギリスの時間が
他国に比べて48時間も先行してしまったと解説されました。
これを改善するために、イギリス政府はこの年の4月5日と12日をキャンセル(!)する
ことにしたのです。

この放送のあと、キャピトル・ラジオはたくさんの電話を受けることになりました。
中には「二日間の給料は払わなくてはいけないのか?」、「その日が私の誕生日なんだけど
どうなるのか?」というものもあったそうです。ハハハ。

デジタル時代
1980年、BBCは、ロンドンの象徴であるビッグ・ベンの大時計が、時代の流れに沿って
デジタル化するとリポートしました。
視聴者から異議を唱えるものすごい反響がありました。そりゃそうでしょう。ハハハ。
d0164636_10114284.jpg
ダメ押しをするかのように「ビッグ・ベンの長短の針を先着4名に売却します」と告げた
BBCの日本語放送に最初に反応したのは大西洋上の日本人船員でした。ハハハ。

浮遊現象
1976年のことです。イギリスの天文学者、パトリック・ムーアがBBCラジオを通じて
こんな発表をしました。
「午前9時47分に、皆さんが自宅にいても経験できる、めったにない天文学的な出来事が
起きます。冥王星が木星の裏側に回って地球と一直線に並んだとき、地球の重力が少なく
なるのです」

ムーア氏は視聴者に向って語りかけました。
「一直線になる瞬間に飛び上がると奇妙な浮遊感覚を経験することができるでしょう」…。

午前9時47分がやってきました。
BBCラジオには “感覚”があったという視聴者からの何百本もの電話が殺到しました。
ある女性は、彼女と11人の友人は椅子から浮かび上がり、部屋の中をただよったとさえ
報告したそうです。ハハハ。


…うーん、かなり怪しいものにも引っかかってしまう人間の心理を思うと、ツイッターや
2chに書き込まれたデマに乗せられる人々が多数いることも分かる気がします。
信じがたい話だけど、ウソだと断定する根拠もない…そんな話を聞かされたとき、人は
信じるほうに傾いてしまいがちなのかもしれません。
ま、今日一日はだまされないように、せいぜい気をつけて過ごしましょうか。ハハハ。

人気ブログランキングへ

d0164636_1012070.jpg
by toruiwa2010 | 2011-04-01 10:19 | blog | Comments(16)
d0164636_1043929.jpg

“掲示板”という言葉にきわめて敏感だった時期があります。
初めは好意的なことを書かれることが多かったので、よくのぞいていたのですが、
「リーガ・ゲッツ!」という“幻の”コラムを書いて袋叩きにあってからは、ある意味、
恐ろしい存在になりました。ハハハ。
私自身のホーム・ページから、記事の削除はもちろん、掲示板も一時閉鎖しました。

今日のアーカイブは掲示板にまつわるものです。

d0164636_1073881.jpg

「掲示板」(旧ホームページ:2003.12.03)

11月上旬にこのHPの掲示板をすべて閉じてから、よほどのときを除いて一切の掲示板を
見ないことにしています。騒ぎを起こした張本人としての責任だと思って、いくつかの
掲示板を時々見てきたのですが、さすがに、ついて行けなくなってしまったからです。
いいことはほとんど書かれませんし。

ただ、表面的には悪いことばかりですが、管理人さん経由など、いくつかのチャンネルを
通して、応援してくださる方からメールを頂戴することがあって勇気付けられます。
「捨てる神あれば、拾う神あり」でしょうか。感謝しています。

最近、「よほどのとき」として掲示板を見たのは、「ひきぎわについて」というコラムを
アップしたあと、若いスタッフから「引退することにされちゃってますよ」と言われた
ときでした。どこをどう読めば「引退」になるのか…狐につままれた気分でした。ハハハ。

「事件」の前は有名な2chをふくめ、よく覗いていました。
アナウンサーは、他人が自分の仕事をどう見ているかをとても気にする業種です。
インターネット上に「掲示板」というものがあって、そこでは、アナウンサーについて
あれこれ言われていることを知っている人は、頻度は別にして、例外なく見ていると
思って間違いないでしょう。
d0164636_108639.gif
視聴者がアナウンサーについて何かを感じたとき、それを表現する手段は電話をかける、
メールや手紙を送る、掲示板に書き込む、などいくつかあります。
テレビ局に直接働きかける電話、メール、手紙という手段をとるのは、怒りを覚えたり、
不満を感じたりしたときが多いようです。
そして、プレゼントへの応募のときなどに添えるコメントには、おおむね、ほめ言葉が
並んでいるものです。プレゼントがほしいわけですから。ハハハ。

どちらも、偏った意見になりがちでした。
しかし、インターネットが盛んになって、掲示板という意見発表の場を得た人たちが、
さまざまなテーマについて自由に書き込みをするようになりました。おかげで、私たちは、
普通の心理状態の視聴者が何を考えているのかを知ることができるようになったのです。

思わぬところで叱られていたり、逆に、本人はとっくに忘れていた、ちょっとした表現が
ほめられていたりと…とても新鮮でした。
40年かけて作ったスタイルですから簡単には変えられませんし、「おもねる」つもりも
ありませんが、視聴者がどういう実況を好むかを知ることができたのは嬉しいことでした。
以前から分かっていた、いわゆる「コネタ」が好評なことも確認できました。
調子に乗って、早野さんに出したイエロー・カードも思った以上に受けたりしましたが、
私のキャラとしてはあれが精一杯でした。ハハハ。

実は、先日のスペイン・ノルウエー戦のとき「相手が早野さんだし、どこかで使えるかも
しれない」と思って、「へー」ボタンを用意しようとしたのですが、“時期が時期”なので
思いとどまりました。ハハハ。***

リーガがスタートしてから、WOWOWの解説・実況についての批判を掲示板でずいぶん
見かけました。準備期間が短かったことや、初めてのシーズンであることから、選手の
プレー・スタイル、チームやリーガの事情についての情報が少なかったのは事実としても、
「つまらない」とか「最低」とか言われているのを見ると不思議でなりませんでした。
そういう書き込みを読むと、大多数がこれまでJSS(Jスカイスポーツ)で見ていたこと、
JSSではかなり裏情報的なものを多く入れた放送だったらしいことなどが分かりました。

一方、WOWOWは91年にセリエをはじめたときから、実況はピッチで起きていることを
伝える、解説者は必要に応じて戦術的、技術的解説を加える、ということを基本にやって
来ました。少なくとも、私はそう思っています。
そして、客観的に見ても、加茂さんや奥寺さんをはじめとする解説者の皆さん、私を含め、
柄沢、田中、八塚アナといった実況陣の評価は決して低くはなかったと信じています。
ですから、「全国区」早野さんが好評なのは当然ですが、私たちが「的確な解説」として
全面的に信頼している信藤さんや野口さんに見当違いの意見があるのには驚くばかりです。

細かい話をしたことはあまりありませんが、スタッフも解説・実況も、“マニアックな”
ファンを意識した面白おかしさではなく、きちんとした放送を求めていると思います。
全員がサッカー大好き人間ですし、以前は「サッカーに対する愛情がない」という意見は
まったくありませんでした。

つまり、すべては「馴れ」や「趣味」の問題でしょう。
局のカラーもありますし、JSSになじんだ方にはWOWOWのスタイルが「面白くない」と
感じられるのはある程度仕方がないことかもしれません。
番組の作り方に関してWOWOWのスタッフにはまったく動揺がありません。
これから先も、放送のスタイルが大きく変わることは、メンバーを全とっかえでもしない
かぎり考えられませんから、視聴者とのギャップを埋めるのはかなり難しそうです。
d0164636_10225333.jpg
それにしても、かつては「WOWOWのファンタジスタ・岩佐のおっさん」という、嬉しい
スレッドがありましたが、いまや「岩佐糾弾」ですからねえ。
一本のコラムのもたらしたダメージが大きかったのは確かです。ハハハ。
d0164636_1018284.jpg
このコラムにも拒否反応が当然あるのでしょうが、それを上回る“声なき”サポーターが
いらっしゃることを信じたいです。私はもう掲示板を見ることはないでしょう。
精神衛生上、お互いに、読んで気分が悪いものは読まないほうがいいですからね。

***当時、フジテレビに「トリビアの泉」という番組があって、視聴者から寄せられた
“雑学”ネタが面白かったら、ゲストたちが目の前のボタンを押して評価していました。
そのボタンは押すと「へー」という声を発し、“へーボタン”と呼ばれていたのです。

人気ブログランキングへ

d0164636_1094270.jpg
by toruiwa2010 | 2011-03-05 10:23 | blog | Comments(6)
d0164636_9165822.jpg
東京は25日に春一番が吹き、20度を超えたかと思ったら、翌日は急降下しました。
以後も、“三寒四温”というより“乱高下”ですが、春はすぐそこまで来ているようです。
カラ梅雨をうっかり喜ぶと、仕事によっては雨を期待している人もいて、お叱りを受ける
こともありますが、まさか、春が来ることを歓迎しない人はいないでしょうね。
まだ、安心はできませんが、この冬はスパッツのおかげで辛くありませんでした。
ユニクロさまさま、ヒートテックさまさま、ついでに、シャーリーズ・セロンさまさまです。
いつ、着用するのをやめるか…が難しいところですが。ハハハ。

ヤフーからエキサイトに転居して2カ月が過ぎました。
がくんとアクセスが減ると思っていましたが、そんなこともなく、土・日も含めて単純に
計算すると、一日平均およそ600件…去年までに比べて30~40件減っているだけです。
原則として新しい記事を書かなくなった土・日にアクセスが落ち込むようです。
アーカイブ(古い記事)からできるだけ面白いもの、タイミングの合うものを選んでいますが、
“古い”というだけで読んでもらえないようです。厳しい。ハハハ。
d0164636_9171946.gif
2月16日から人気ブログランキングのバナーのクリックをお願いしています。
かねてから、バナーは貼ってあったのですが、どうすればどうなるのか…がよく分からず、
“放置状態”でした。フェースブックと同じで、仕組みを理解しないうちに“とにかく
やってみるか”で始めますから、スムーズにいくわけがありません。ハハハ。

自分では何もできず、皆さんのクリックにおすがりするだけですが、結果は上々です。
いきなり1200位前後と表示されたときは我が目を疑いました。それほど“上等”とは
思っていませんから。ハハハ。
急に気分をよくして、当面の目標を“エンタテインメント部門(11000人参加)の100位以内、
総合ランキング(83万人)の500位以内”にしました。

甘かったです。
“総合”では一時500番台の半ばまで上がってゴールが見えましたが、その後は急降下、
“エンタテインメント”はトップ~150位ぐらいまでプロっぽいものやアダルト系が多く、
ポイントが1桁も2桁も違います。お見それしました。ハハハ。
今朝はご覧の通り…全体にかなり下がっています。つられて私のモチベーションも。
d0164636_9175646.jpg
クリックするだけでいいんです。
ブログランキングのサイトに飛びますが、無視して、お好きなページに進んで構いません。
今後も、“読み逃げ”はいいとして、クリックはお忘れなく。
ええ、「面白い」と思ったときだけで結構です。ハハハ。

日本アカデミー賞授賞式と世界フィギュアのときに盛大に呟きました。
ほとんど、手ごたえはありませんでしたが。ハハハ。
面白いことに気付きました。
サッカーやテニス、放送全般についてつぶやいたときにはフォロワーが増えているのに、
この“2大イベント”のときは、フォロワーの数字がどんどん減って行くのです。
「こんなことを言うやつだったんだ。フォローなんかしてらんねえよ」と言われている
みたいでした。ハハハ。

世の中で起きていることすべてについて意見が一致したら、そのほうが気持ち悪いですが、
世間にはそう思わない人が多いということのようです。
おかげさまで、すぐに増え始めました。きっかけはこのツイートでした。

スーパーニュース:麻薬に関わる犯罪は重大だ。
しかし、小向容疑者帰国を伝えるのにハコ乗り(同じ飛行機に乗り込む)して、
機中から電話でリポートする必要がどこにあるのか?
先進国でこんなアホな放送をするのは日本だけだろう。
もしかしてフジテレビだけ?!OBとして恥ずかしい


「考え方が似ている」と思って、逆に「こいつ、突っ込みがいがありそうだ」と思って
フォローし始めるのでしょう。数さえ増えればいいわけではなさそうです。ハハハ。
全豪期間中に1500を突破し、昨日のアカデミー賞授賞式で1600件に迫りました。
d0164636_918158.jpg
最近、妻が強い味方を見つけてくれました。
以前は、パソコンに向かうと、テレビを横目で見ることになっていました。
ワールド・カップやオリンピック、全豪など、ビッグ・イベントのときには、膝の上に
板を置き、その上にPCを乗せて(写真左)いましたが、立ち上がるときが、結構、
面倒でした。妻が通販で取り寄せてくれた新兵器は“ベッドテーブル”です。
車輪が付いているので動かしやすく、“効率”が上がりました。
d0164636_9183676.jpg
フェースブックは“立ち往生”しています。
いつか、時間があるときにいろいろ調べないと続けられそうにありません。
“世間さま”に遅れないようにするのもなかなか大変です。ハハハ。

さあ、いい季節の到来です。
27日に井の頭公園を歩いていたらウグイスが“たどたどしく”啼いていました。
動物の中でもホーホケキョは独特ですね。春が近いなあ、と気分が高揚します。
ただし、池の周りを散歩中に“とんでもなく”目がかゆくなりました。
ここ2,3年は経験しなかったほどです。花粉はこれから本性を現してくるのでしょう。
そして、あっしには関わりのねえこってござんす…が、年度替わりも近づいてきます。
おのおのがた、油断めさるな。ハハハ。

おまけ:ワースト・ドレス
d0164636_1012505.jpg
アカデミー授賞式では、毎年、女優たちのファッションが楽しみです。
たくさんの評論家たちがネット上にBest&Worst を発表しています。
評論家Aにほめられたものが評論家Bには“最悪”と言われたりしています。
いくつかのサイトで、ワーストに挙げられていたのがこの二人でした。
ケート・ブランシェットのジバンシー(左)と二コール・キッドマンのディオール。

人気ブログランキングへ

d0164636_9185350.jpg
by toruiwa2010 | 2011-03-01 10:14 | blog | Comments(10)
d0164636_8253911.jpg
瞬く間に1月が過ぎ去り、今日から2月です。
子供のころは1日があんなに長かったのに。

元旦に、めずらしくおみくじを引いたら“小吉”でした。ほどほどでいいのではないかと
思っていました。週刊朝日に載る「未来学」の“年間占い”によると、私の“水の星”は
去年に続いて運気が上々なのだそうです。出会いが増える“伸”の年で、たくさんの人や
情報に囲まれて楽しく、忙しい毎日が始まって行くでしょう…と書かれていました。

暮れから少々怪しかったのですが、3日の夜から風邪をひきました。
先日、今年初めてのマージャンは“負け”でした。朝のテレビの占いでは“92点”がつき、
“ラッキーアイテム”のカレーを妻がわざわざ作ってくれたというのに…。ハハハ。
まあ、そんなものでしょうがね。

“出会い”とは違いますが、2011年になって身辺で変わったことがいくつかあります。

お引っ越し…
元旦にブログの“引っ越し”をしました。YAHOO! からexciteに移りました。
飽きっぽい性格なので、気分転換の意味もありますが、YAHOO!には、文字数の制限など
ややこしいことがあり、“傑作ボタン”、“星の数”など、気が散る要素もあったりするのが
少し煩わしくなったのです。
d0164636_8262099.jpg
12月に入ってから、ライブドア、ココログ、グーグルと、いくつかのサイトでテスト版を
作ってみた結果、エキサイト・ブログのデザインや色合いが一番、気に入りました。
大みそかの“どさくさ”にまぎれて転居を告知し、元旦からこちらで“営業”開始ですから、
戸惑わせてしまったかもしれません。すみませんでした。

この機会に読むのをやめようという人もいると考えられ、当然、アクセス数はがくんと
減るに違いないと“覚悟”していました。
元旦の記事に、「ハードルは低いほうがいい。とりあえず、日に100件を目標にする」と
書きましたが、そんなものだろうとおもっていたのです。
“ご祝儀”もあって、いきなり300件を超え、その後も、おかげさまで“順調”です。
これなら、1日平均で500件ぐらいを目標に設定しても罰は当たりそうもありません。

グランドスラムの期間中はいつも多いのですが、それはこちらに移っても変わることなく、
全豪の初日にはエキサイトで最多の565件を記録し、翌日(16日)には休日にもかかわらず
865件をマークしました。
「実況放送の約束事」(Archives=古い記事)、「おめでとう 落合!」を更新したのですが、
何が、関心を呼んだのかさっぱり分かりません。
いずれにしても、この“865”は当分、新ブログの最高記録にとどまりそうです。ハハハ。

1月の総アクセス数は18460件、つまり、1日平均615件です。
むしろ、YAHOO!のころより、若干、増えていますが、理由は不明です。
確かなのは、大多数の方が、旧ブログから移ってこられた“らしい”ことです。
これも、すべて私の努力のたまものかと。ハハハ。

はなはだ疑問に思うのは、転居から1ヶ月もたつのに、いまでもYAHOO! のほうに、一日
250~300件の訪問者があることです。トップページに“お知らせ”を掲載していますから、
もう、皆さんご存じのはずですが…?

“股引”じゃいやだけど…
今年から本当に寒い時期はスパッツをはくことにしました。
これまでは、別に“やせ我慢”をしていたわけではないのですが、この手の下着は眼中に
ありませんでした。真冬でも、パンツにジーンズで平気でした。妻によると、結婚当初は
はいていたというのですが、本人の記憶はきわめて“あいまい”です。
若いころは“股引(ももひき)”と呼ばれていて、名前もださいし、材質も“もこもこ”して
着用感がよくなかったので、いつの間にかはかなくなったのでしょう。
d0164636_8264232.jpg
暮れから正月にかけて風邪をひいたことがきっかけになりました。
はいてみると快適です。温かさが心地いいです。なぜ、もっと早く…と思います。
下着は上下ともユニクロですが、ヒートテックはいいですね。値段が手ごろでデザインも
悪くありません。年金生活者にはありがたい企業です。ハハハ。

500000001人目?
新年からスタートしたものの三つめはフェースブックです。
世界のユーザーが5億人もいると聞いて、乗り遅れたらまずい、と思ったのです。ハハハ。
正直に言うと、ほんの好奇心でのぞいてみたらなんとかやれそうだし、ツイッターより
さらに踏み込んで、匿名性を排除しているところがいいと思いました。
d0164636_827484.jpg
…実際にやってみると、分からないことだらけです。
ツイッターのフォロワーのように、“友達”を増やさないと意味がないようです。
友達になるにはメールのアドレスブックなどから“招待状”を出して“承認”してもらう
という手続きを踏みます。
最初は“テスト”のつもりで、限られた人だけに送ろうと、気をつけたつもりですが、
実際には、名前には覚えがあるけど、どんな知り合いだったかが思い出せない人にまで
送られてしまったようです。いきなり、送り付けられてビックリした方もいたようで
申し訳ないことをしました。

…で、いまは途方に暮れている状態です。ハハハ。
とりあえず、ブログの更新だけを“近況”として報告していますが、どうも、うまく
使いこなす自信はありません。いずれ“開店休業”状態になりそうです。


ツイッターは続けています。定期的に読んでみようかと“フォロワー”になった人の数も、
全豪期間中に一時、1500人を超えました。1月は全豪とアジア・カップがあったために
464回もつぶやきました。勢いがつくと止まらない傾向があります。ハハハ。
ツイート回数のトータルも4000回になりました。
思ったことを急いで文章にして“ツイート”(メールなら“送信”)ボタンを押した回数が
そんなになるなんて、始めたころには想像もしませんでした。
年寄りであることを知っているのかどうか分かりませんが、相手になってくれる人もいて
結構、楽しめます。ハハハ。

去年の5月にスタートした妻のブログに、先日、100件のアクセスがありました。
若いころから集めた“可愛いもの”を紹介するささやかなもので、普段は50~60件ですから
3ケタになると、それなりの“達成感”があるはずです。
先月下旬、星がグレーから金色に“昇格”したことも励みになることでしょう。
d0164636_836424.jpg
両方、読んでくださる方もおいでです。この機会に連れ合いとしてお礼を申し上げます。
⇒http://bit.ly/aHFJIX

ブログを書く、気が向けばつぶやく、映画を見に行く、旅に出る、食事をしに行く…
「未来学」の予言通り、これで、それなりに忙しいのです。ハハハ。

人気ブログランキングへ
by toruiwa2010 | 2011-02-01 08:37 | blog | Comments(10)
d0164636_11431037.jpg

新参者です。
今日から、こちらで“営業”しています。
どうぞ、よろしく。






d0164636_11454589.jpg
東京は比較的穏やかな元旦です。
朝、ごみを出しに行ったときには池に氷が張っていたほどで、それなりに冷え込んで
いましたが、近くの神社に出かけた9時すぎには、寒がりの私でも手袋なしで問題は
ありませんでした。

我が家では、ここ数年、お雑煮が正月の食卓に出ることはありません。…と思ったら、
妻によると、「もう何十年も…」だそうです。
…ひどい記憶力ですが、決して年齢的なものではありません。念のため。ハハハ。
ゴマメ、栗きんとん、野菜の煮もの…今朝はモチも出ませんでした。
「ワケがあって」と妻が言いました。こういうとき「どうかしたの?」と聞いても
答えは返ってきません。“対応”が結構メンドクサイのです。ハハハ。
d0164636_11461885.jpg
“行きつけの”神社に初もうで…願い事は“家族の健康”と決まっています。
福豆をもらって帰りかけましたが、おみくじを引いてみることにしました。ふだんは
スルーするのですが…。
運勢は“小吉”と出ました。私らしくていいと思います。現役のころならともかく、
いま、大吉だの中吉だのと言われてもたいしてうれしくないでしょう。ハハハ。

ほかに、いろいろと書いてありますが、「思わぬ幸福あるようでも、よく気をつけないと
あとで損することあり」だそうです。さらに「女難にことに気をつけなさい」とあります。
どう気をつければいいのか、教えてもらいたいものです。その逆をやってやる。ハハハ。

「いいかも知んない」と思ったのは「転居 よろし」だったことです。
YAHOO!からExciteに変わったのも“転居”ですから、いいこと言ってもらった気分です。
d0164636_11463511.jpg
昼はおしるこでした。モチが2個浮かんでいます。これが“ワケ”でした。ハハハ。

とりあえずアクセス100件を目指すと書いたのですが、8時前にも100件を超えました。
まあ、“ご祝儀相場”でしょう。数日は多いかもしれませんが、いずれ減るはずです。
…と、目標はあくまで低く低く設定しておきます。ハハハ。

いわっち:正月2題

正月に飲む酒とかけまして
増えすぎた体重とときます
その心は…

オトソ


成田山新勝寺とかけまして
温水洋一とときます
その心は…

ハツモウデ 祈る

…まあ、まあ、まあ、なんとなく頭に浮かんだので。
by toruiwa2010 | 2011-01-01 11:53 | blog | Comments(8)
d0164636_23531081.jpg

d0164636_23532863.jpg


日付が変わって、2011年がスタートしました。
よい年をお迎えでしょうか。
今日から、こちらで“営業”することになりました。よろしくお願いいたします。


フジテレビとWOWOWで2005年までスポーツ・アナウンサーをしていました。
こまかい経歴・趣味などは左サイドの「ネームカード」をクリックしてください。

昨日まではYAHOOでやっていました。
これまでに書いた3000本以上の記事に興味があったら、あちらで読んでください。
Exciteに万一のことがあったときに備えて、YAHOOのほうも1週間か10日に一度、
まとめて更新して行くつもりです。もしものときはどうぞお訪ねください。
→ http://blogs.yahoo.co.jp/toruiwa2006

専門だった実況アナウンサーの評価や、スポーツ中継、ドラマ、バラエティ、ニュースなど、
テレビ番組についての記事が多いですが、そのほか、メジャー、テニス、サッカーなど
スポーツ全般、映画や旅についても好きなことをマイペースで書いていきます。
「岩佐さんのブログは面白いけど、長いからなあ」…
遠慮のない後輩に言われたことがあります。ハハハ。
書き始めると欲が出てどうしても長くなる傾向があるのです。ちょうどいい機会ですので、
反省して、できる限り短くすることにします。

YAHOOから移ってきた人の中には「長い方がよかったのに」と思う方もおいででしょうが、
長く続けるためでもあるのでご了承ください。
とりあえず、1日100件のアクセスを目指して始めようと思っています。間違っていません。
ハードルは低いほどいいのです。楽な目標でもクリアすると自信がつきますから。ハハハ。

皆さんにとって、いい年でありますように。
by toruiwa2010 | 2011-01-01 00:00 | blog | Comments(16)