ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

カテゴリ:ドラマ( 92 )

d0164636_8583514.jpg
早いものは今週から月期ドラマが始まります。
ざっと見ただけですが、今期は、取りあえず見るものも、
その中から、最後まで見続けることになりそうなものも
多そうな気配です。サッカーも終わるし、ま、いいか。
ハハハ。

月20 TBS ペテロの葬列 (7/7~)
小泉孝太郎、長谷川京子、国仲涼子、ムロツヨシ、高橋一生、青山倫子
原作:宮部みゆき


ちょうど1年前の「名もなき毒」の“続編”です。
社内報の編集者がひょんなことから巻き込まれた事件を解決していきます。
前シリーズは途中から視聴率が下がってしまいましたが、最後まで面白く見ました。
どこまでも好人物の主人公を小泉が演じますが、彼以外にこの役はやれないでしょう。
ハハハ。

月21 フジテレビ HERO (7/14~)
木村拓哉、北川景子、杉本哲太、濱田岳、田中要次


低迷が続く月9を救えるのは残念ですがSMAPしかいないのでしょうかね。
月曜日に放映された劇場版もなかなか面白かったし、見ることになります。
キムタクに頼るのは、なんか悔しいですが。ハハハ。
事務官が北川に変わってどんなケミストリーが生まれるのか注目します。
まさか、北川彼女のキャラを「月の恋人」のときのように設定しないだろな。
d0164636_8585517.jpg
火21 フジテレビ あすなろ三三七拍子  (7/15~)
柳葉敏郎、剛力彩芽、風間俊介、高畑充希、飯豊まりえ、菊池桃子、西田敏行


中年のサラリーマン(柳葉)が異動を命じられます。テレビで見かけるロト7のCMでは
部長からの降格でした(ハハハ)が、このドラマでは、大学応援団への出向です!
団員がいなくなって廃部の危機にある応援団を救えということのようです。OBの幹事長が
柳葉が務める会社の社長だったのです。うーん、この設定はなあ。
でも…

柳葉が大好きです。
私の目に、剛力は1ヶ月単位で美しさを増しているように見えます。
で、原作が重松清だったら、普通見るでしょう。長続きするかどうかは微妙ですが。
ハハハ。

火22 フジテレビ GTO (7/8~)
AKIRA、比嘉愛未、山本裕典、小野武彦、風見しんご、丸山智己


前シリーズはおろか、1998年の反町隆史・松嶋菜々子版も見ていません。
どうも“熱血教師”的な暑苦しいドラマは苦手です。今回はとりあえず見てみます。
ヒロインがごひいきの女優さんだからです。分かりやすい。ハハハ。
ジャンルそのものが得意じゃありませんから、AKIRAの演技しだいで即撤退です。

火22 TBS 東京スカーレット~警視庁NS係 (7/15~)
水川あさみ、生瀬勝久、菅原大吉、近藤公園、キムラ緑子、中村雅俊


スカーレット…とは捜査一課の刑事だけがつけることを許されているバッジの色です。
そして、NSはnew service の頭文字です。英字誌に「警視庁の刑事部門に女性幹部が
ほとんどいない」と指摘されたのを受けて誕生した部署のことです。
まあ、海外のメディアがそんなことを問題視するとも思えませんし、その結果として
“泥縄”的に組織を新設することも考えにくいのですが、まあ、ドラマですからね。
ハハハ。

生瀬には食傷気味ですが、水川は見て楽しい女優だと思うのでとりあえず見ます。
d0164636_8591881.jpg
火22 NHK 聖女(全7回) (8/19~)
広末涼子、永山絢斗、蓮佛美沙子、青柳翔、筒井真理子、岸部一徳


10年前、“僕”(永山)は高校生でまりあ(広末)は家庭教師の女子大生でした。
その二人が、“僕”は弁護士、まりあは殺人事件の容疑者として再び出会います。
“愛憎劇”だそうです。そして、広末はテレビで初めて悪女役を演じるのだそうです。
久しぶりの広末なのに悪女かいっ!…と言いたいなあ。
1年前の「スターマン」も1回目、15分で退散しましたが、同じ道を歩むことに…。
ハハハ。

水21 テレ朝 警視庁捜査一課9係(9) (7/9~)
渡瀬恒彦、井ノ原快彦、羽田美智子、津田寛治、吹越満、田口浩正、原沙知絵


シリーズものは多いですが、出演者の“ハーモニー”が一番いいのはこのドラマです。
中でも、津田と吹越の掛け合いは呼吸が良くていつも楽しませてくれます。
間違いなく、最後まで見ます。

水22 フジテレビ 若者たち2014 (7/2~)
妻夫木聡、瑛太、長澤まさみ、満島ひかり、柄本佑、蒼井優、橋本愛、吉岡秀隆


およそ半世紀前にフジテレビで放映されて好評だったドラマの“リメイク”版です。
数年にわたって放送したと記憶していましたが、7ヶ月ほどだったようです。
両親を亡くし、力を合わせて生きていく5人の兄弟を描いたドラマでした。
社会問題などもテーマになっていて、ブロード・サイド・フォーが歌う主題歌とともに、
放送のたびに話題になっていました。
今回、この曲を森山直太郎がアレンジして歌うのもとても楽しみです。

出演者もかなり豪華です。よくこれだけ揃えたなあ、と思います。
少し“暗め”の作品になりそうですが、よほどのことがない限り、毎回見るでしょう。
d0164636_8593983.jpg
水22 日テレ ST 赤と白の捜査ファイル(7/9~)
藤原竜也、岡田将生、志田未来、芦名星、田中哲司、林遣都、瀬戸朝香、渡部篤郎


最近、ドラマに“イニシャルもの”が流行ってるみたいですね。
STはサイエンティフィック・タスクフォース(Scientific Taskforce)、つまり、警視庁・
科学特捜班を意味します。そのSTの“リーダー格”・藤原の専門は法医学ですから、
「科捜研の女」的なドラマになるのでしょうか?その傾向のドラマは前期、2作とも
惨敗を喫していますが。ハハハ。
1,2回かな?

木20 テレ朝 信長のシェフ2(7/10~)
玉森裕太、及川光博、志田未来、ゴリ、芦名星、市川猿之助、竹山隆範


現代のフレンチシェフが戦国時代にタイムスリップして、織田信長の専属料理人に…。
苦手のジャンルにつき、失礼つかまつる。ハハハ。

木21 テレ朝 ゼロの真実~監察医・松本真央 (7/17~)
武井咲、佐々木蔵之介、生瀬勝久、和田正人、でんでん、六角精児


私個人は、江口洋介と共演した「息もできない夏」はよかったと思っていますが、なぜか、
武井のドラマは“はずれ”が多いですね。
このドラマではIQ150の天才監察医を演じるそうです。あれまあ、藤原竜也が法医学なら
武井は監察医ですか。かぶっとるがな。ハハハ。

頼みは大石静の脚本ですが、周りにいるのが佐々木、生瀬、でんでん、六角…曲者ばかり。
心配です。長持ちしない予感が。いえ、ドラマではなく、私が。ハハハ。

木21 TBS 同窓生~人は、三度、恋をする (7/10~)
井浦新、稲森いずみ、板谷由夏、松岡昌宏、MATSU 、市川実和子
原作コミック 柴門ふみ


数回は見るでしょう。
25年ぶりの同窓会での再会がきっかけになる男女の物語…というのはあまりにも平凡な
設定ですが、柴門ふみの原作だし、松岡は“?”ですが、井浦・板谷・稲森は大好きな
俳優たちなので…。

木22 フジテレビ 昼顔~平日午後3時の恋人たち(7/17~)
上戸彩、吉瀬美智子、斎藤工、北村一輝、伊藤歩、木南晴夏、木下ほうか


さてさて。問題はこのドラマです。
大好きな上戸彩が出るのですから、普通なら文句なしに最初から最後まで見るのですが、
この作品はなあ。

夫を会社に送り出し、家事はきちんとこなしたあと、平日の昼間に別の男と恋に落ちる…
色気づいたころに読んだケッセルの小説の衝撃的な内容を思い出します。
主人公の利佳子(上戸)はある出来事をきっかけに越えてはならない一線を越え“昼顔妻”に
身を落とすのだそうです。
「流れ星」で竹野内豊が上戸をうしろから抱きしめるシーンはきれいでよかったですが、
このドラマはその程度ではすみそうもなく…。
グラビア・アイドルになった娘の“袋とじ”写真集を見るような思いです。ハハハ。

なぜ、今になってこんな役に挑むのかが分かりません。幸せな結婚もしたし、これを機に
一皮むけようと考えたのでしょうか。おそらく、多くのファンが「そんなことしなくて
いいのに」と思っているに違いありません。“お父さん”は何も言わないのでしょうか?
ハハハ。
d0164636_90169.jpg
金20 テレ東 ラスト・ドクター~監察医アキタの検死報告(7/11~)
寺脇康文、YOU、マキタスポーツ、渡辺いっけい、戸田恵子、伊東四朗


「相棒」の杉下右京の“相棒”は寺脇が最強…と思っています。好きな俳優の一人です。
ただし、これも観察医ものですね。前期は「ホワイト・ラボ」と「SMOKING GUN」、
科捜研ものがダブって、どちらもこけました。視聴者もどれかに絞るんじゃないかなあ。

金22 TBS 家族狩り(7/4~)
松雪泰子、伊藤淳史、北山宏光、水野美紀、篠田麻里子


見ません。
出演者の顔ぶれを見たとき、少し食指が動きました。しかし、第1話のあらすじに…

主人公の児童心理士・松雪は勤務先の児童ケアセンターでは、
父親から虐待を受けている女の子に胸を痛め、家に帰れば、
認知症の父と看病疲れの母の愚痴で心が休まらない。

と書いてあったので遠慮することにしました。週末の夜に深刻な話を見たくないです。
ハハハ。

土21 日テレ 金田一少年の事件簿N(neo)(7/19~)
山田涼介、川口春奈、有岡大貴、浅利陽介、岡本あずさ、萩原利久


Hey! Say! JUMP+元オリンピック水泳選手…悪いけど、ノーサンキューだなあ。
そういえば、この物語は過去に度々テレビ化されましたが、堂本剛、松本潤、亀梨和也…
金田一に扮するのはジャニーズ系と決まっているようです。

土21 NHK 芙蓉の人~富士山頂の妻 (7/26~)(全6回)
松下奈緒、佐藤隆太


明治時代に富士山頂に私設の気象観測所を作った夫婦の物語です。
原作が新田次郎だと知って見る気になっています。好きなんです。小説は読んでないのに。
ハハハ。

日21  TBS おやじの背中 (7/13~)

全貌は分かりませんが、全10話で脚本家を毎回変えて家族を描くことになるようです。
俳優も毎回変わります。1回目は、元ボクサーの父と彼の指導でオリンピックを目指す娘を
役所広司と満島ひかりが演じます。
ほかにも、折り合いが悪かった父と息子が巡礼の旅に出る物語に渡瀬恒彦と中村勘九郎が
登場するなど、なかなか興味深い顔合わせが見られそうです。
大泉洋、田村正和と松たか子、西田敏行なども出演するということなので絶対に見ます。
d0164636_902069.jpg
初めから“見ない”と決めているものが3本ありますが、
“とりあえず見る”が10本以上!!!
そんなには見続けられませんから、1,2回見たところで
思い切ってカットしなければいけないでしょう。
今となっては懐かしい“仕分け”のときの蓮舫のごとく
ばっさばっさとやることになりそうです。ハハハ。

by toruiwa2010 | 2014-07-03 09:03 | ドラマ | Comments(7)
d0164636_8111855.jpg
4月期のドラマがほぼ終わりましたね。
恒例なので、簡単にまとめておきます。
たいした意味はありませんが、採点も。
ハハハ。

今期、コンセプトや番宣などを読んで、
一度も見なかったものが3本ありました。
d0164636_8113296.jpg
なるようになるさ。2 TBS
舘ひろし、浅野温子、志田未来、安田章大、紺野まひる、南沢奈央

刑事110キロ2 テレ朝
石塚英彦、中村俊介、星野真里、石丸謙二郎、井上和香、竹下景子

弱くても勝てます 日テレ
二宮和也、麻生久美子、福士蒼汰、有村架純、薬師丸ひろ子、市川海老蔵


「弱くても…」は二宮が出ていたからでしょうか、辛うじて平均で10%を守りましたが、
あとの2本は、どちらも一度も2ケタに乗せることなく、平均7%台で下位に沈みました。
食指が動かなかったのは私だけではなかったようです。視聴者をなめちゃダメです。
ハハハ。
d0164636_8171476.jpg
1、2度見ただけでギブアップしたのは…

ホワイト・ラボ~警視庁特別科学捜査班~ TBS
北村一輝、宮迫博之、薮宏太、谷原章介、和久井映見

極悪がんぼ  フジ
尾野真千子、椎名桔平、三浦翔平、仲里依紗、小林薫、三浦友和

ビター・ブラッド フジ
佐藤健、渡部篤郎、勿来汐里、吹越満、田中哲司、KEIJI(EXILE)

ブラック・プレジデント フジ
沢村一樹、黒木メイサ、国仲涼子、澤部佑、門脇麦、永井大

SMOKING GUN~決定的証拠~ フジ
香取慎吾、西内まりや、鈴木保奈美、倉科カナ、イッセー尾形、谷原章介

マルホの女~保険犯罪調査員~ テレ東
名取裕子、麻生祐未、宇梶剛士

アリスの棘 TBS
上野樹里、オダギリジョー、栗山千明、田中直樹、藤原紀香、岩城滉一

ファースト・クラス フジ
沢尻エリカ、中丸雄一、佐々木希、菜々緒、三浦理恵子、板谷由夏


全部で8本…うち5本がフジテレビです!
後輩たち、これでも危機だと思わないのなら、相当、重症だぜ。ハハハ。
どうしても受け付けない部分があったり、ほんのちょっとしたことだったり、1本ずつに
気に入らなかった理由はありますが、中間報告に少し書きましたから割愛します。
d0164636_811579.jpg
80 TEAM~警視庁特別犯罪捜査本部 テレ朝
小澤征悦、田辺誠一、塚本高史、神尾佑、渡辺いっけい、西田敏行


数字はよくありませんでしたが、私は面白く見ました。…と言うか、なぜほかの人たちが
見ないのかが不思議です。ほとんど男性しか出てきませんから、“そういう”視聴者は
食欲が起きないのかもしれませんね。やらしい。ハハハ。
主人公、佐久(小澤)は刑事たちの捜査を指揮するのが管理官ですが、「君たちはコマです。
何も考えずに、言われたことをやっていればいい」と言い放つ男です。どんな組織でも
嫌われるタイプですが、結果を出す彼には回を追って“隠れファン”が増えていきました。
最終回で全員が配置換えでバラバラにされました。どうせ、第2シリーズをやるときには
全員を呼び戻すのでしょう。これまで何度も見ましたよね。ハハハ。


85 花咲舞が黙っていない 日テレ
杏、上川隆也、生瀬勝久


結局、今期のNo1はまたまた“池井戸ドラマ”になりました。視聴率が裏付けています。
いつの時代でもこういう“勧善懲悪”的な作品が支持されるということでしょうか。
1回目から好調でした。テンポもよくて、胸のすくような結末が待っているのですから
ストレスがたまりません。「半沢直樹」の池井戸潤原作で「ごちそうさん」の杏が主演…
「あまりにも狙いが見え見えじゃないか」と思いつつ、最後まで楽しく見てしまいました。
ハハハ。

やっぱり、杏がいいし、上川も軽めの演技が却ってよかったような気がします。
生瀬は「MOZU」でも“悪役”だし、主役ではないものの、かなり重要な役で同じ期に
ダブって出るというのは役者としてどうなんでしょうね。私が心配することじゃないけど。
ハハハ。
d0164636_8121765.jpg
75 MOZU Season1 ~百舌の叫ぶ夜 TBS
西島秀俊、香川照之、真木よう子、生瀬勝久、吉田鋼太郎


「BORDER」との同枠対決で話題になりましたが、“完敗”と言っていいでしょう。
最終回に最高視聴率をマークしましたが、「BORDER」の終了後だったことがプラスに
作用したと考えるべきだと思います。
“敗因”は、ストーリーも画面もセリフも…何から何までが暗すぎたことでしょうか。
制作陣には考えがあってやったのでしょうが、視聴者の反応は“正直”でした。


85 BORDER テレ朝
小栗旬、青木崇高、波瑠、野間口徹、浜野謙太、遠藤憲一、古田新太


頭に銃弾を受けた刑事(小栗)が生死の境をさまよった末に生還しました。
脳内に残った銃弾が原因で彼は死者と話ができるようになります。
事件の死者とは被害者です。被害者たちは犯人を見ていることが多く、有力な手がかりを
教えてくれます。しかし、逮捕し、立件するには確実な証拠を見つけなければなりません。

見る前はこの設定に拒否反応があったのですが、1回目を見て気が変わりました。
現実の事件捜査では、“死者との会話”はありえないことですが、カンを頼りに、あるいは、
状況証拠や傍証を根拠に犯人に迫っていくことはあるでしょう。かなり“強引”ですが、
そこを置き換えて考えれば大きな違和感はなくなります。 本当に強引ですが。ハハハ。

意表を突かれたという意味でも、今期のドラマの中では光る一本でした。
ずっと「これが1位だ。90点だなあ。」と思いながら見ていました。しかし、最終回で
5点減りました。同時に、ランクもトップから2位に落ちました。もったいない。ハハハ。

すべては、“わけの分からない結末”にあります。なぜ、あんな終わり方にしたのか…
シリーズ化の予定はないのかもしれませんが、このエンディングはダメだなあ。
せっかく、小栗のかっこ良さを認めたし、青木も波留も遠藤もいいなと思ったのに。
ハハハ。
d0164636_8125261.jpg
85 続・最後から二番目の恋 フジ
中井貴一、小泉今日子、坂口憲二、内田有紀、飯島直子


中井と小泉のアドリブっぽい“掛け合い”を楽しみました。
“今期唯一の恋愛もの”だったせいか、固定客をつかんだようで、毎回2けた視聴率を
マークし、全体でも3位に食い込みました。
昨日の最終回がどれぐらいの視聴率をとったか興味があります。(あとで追記しておきます)
*13.8%しか取れなかったようです。
なるほどねという終わり方をしていましたね。続きがありそうななさそうな…。ハハハ。


80 ルーズヴェルト・ゲーム TBS
唐沢寿明、檀れい、石丸幹二、六角精児、児嶋一哉、江口洋介、山﨑努


“池井戸+唐沢(&江口)”だから、面白い作品になるはず…と、期待は大きかったのですが、
少し“残念”でした。タイトルと関係があり、原作にあるので仕方がないのでしょうが、
“ウソっぽい”野球のシーンが多くて興ざめでした。
視聴率的には第2位でしたが、もちろん「半沢直樹」の再現とはなりませんでした。
ただし、2回目で下がった数字がその後持ち直して、平均で14%を超えたのは立派です。
最終回の17.6は「花咲舞…」最終回の18.3に次いで今期第2位です。健闘しましたね。
仮に“半沢効果”の恩恵があるにしても。ハハハ。

ちなみに、プライムタイム(1900~2300)全体の“最低”記録はTBS「なるようになるさ」
第5回の5.6%、ワースト2位はテレ朝「刑事110キロ」第5回の5.7だったようです。
激しく納得です。ハハハ。
d0164636_813171.jpg
地デジのドラマについては以上です。
ただし、今期のドラマの中で私のハートをがっちりつかんだのはWOWOWの2作です。
1本は江口洋介と永作博美による10数年に及ぶラブストーリー、「私という運命について」、
もう1本は東京地検特捜部で巨悪を倒すために手段を択ばない上司(三浦友和)と対立する
理想に燃えた若い検事(吉岡秀隆)を描いた硬派のドラマ「トクソウ」…どちらもいい出来で、
OBとして誇らしい作品でした。
何度も書いていますが、WOWOWのドラマはどれもていねいに作られていて良質です。
映画はほとんど見ないし、テニスも決勝ぐらいしか見ないので解約してもいいのですが、
こういう良質なドラマが見られるのでためらいます。ハハハ。

*視聴率は水曜日放送分までのものです。
by toruiwa2010 | 2014-06-27 08:18 | ドラマ | Comments(4)
d0164636_8463894.jpg
05/04のツイート

TBS「ルーズヴェルト・ゲーム」・・・
「半沢直樹」の再現を狙っているようだが、
正直、それほどアピールするものがない。
野球が前面に出ているが、出塁率や長打率を
普通の女性は理解できまい。
ついていけないのではないか。
だんだん数字が下がりそうだな。
d0164636_847241.jpg
“とりあえず”見たものがどんどんふるい落とされて行きました。
ただし、予想通りだったものばかりではなく、予想外のもあって
自分でも意外です。ハハハ。



月20 TBSホワイト・ラボ~警視庁特別科学捜査班~
北村一輝、宮迫博之、薮宏太、谷原章介、和久井映見


フジ「SMOKING GUN」とかぶりましたが、こちらは専門チームが捜査方法・機材などを
きちんと取材するというので少し期待しました。結果として、1話しか見ませんでした。
“きちんと取材”が怪しいですね。なんか、うそっぽい。ハハハ。
谷原章介…「SMOKING…」にも出てるし、大河ドラマ「軍師 官兵衛」にも。
分かってて出演を承知したのでしょうが、ちょっと問題ありますねえ。
d0164636_8454582.jpg
余談ですが、山田純大という俳優は昨日9時台の同枠に、ともに警察官役で出ていました。
一本はゲストとして準主役、もう一本は始まるとすぐに死んでしまう役ですが…。
しかも、テレビを並べて2本のドラマを見る人はいませんけどね。ハハハ。


月21 フジ極悪がんぼ
尾野真千子、椎名桔平、三浦翔平、仲里依紗、小林薫、三浦友和


あえて“恋愛もの”を捨て、“これまでの月9にはなかったチャレンジングな企画”という
触れ込みでしたが、第1話の冒頭2,3分で首をひねってしまいました。
“月9”がどうしたこうした…の域を超えていましたね。
我慢してなんとか見続けようと“努力”しましたが、15分で降参しました。ハハハ。
視聴率は10%割れが定着しそうです。月9の栄光は遠い日のことになりました。


火21 フジ ビター・ブラッド
佐藤健、渡部篤郎、勿来汐里、吹越満、田中哲司、KEIJI(EXILE)


コンセプトを読んでも、あまり食欲はわきませんでした。せっかく、ベテランと若手の
いい男二人をキャスティングしたのに、もったいない使い方ですよね。
1回目を見ましたが、早々とギブアップしました。


火22 フジ ブラック・プレジデント
沢村一樹、黒木メイサ、国仲涼子、澤部佑、門脇麦、永井大


1回目を見て、思ったほど悪くなかったのは意外でした。沢村が扮する悪徳企業の社長が
もっと類型化されたものになると想像していたのに“控えめ”だったし、ブラックぶりが
漫画的じゃないので、あと1,2回は見るつもりでしたが、他作品との兼ね合いでやめました。

私があまり好きじゃないからそう思うだけかもしれませんが、黒木メイサではもう数字が
とれないんじゃないでしょうか。


火22 TBSなるようになるさ。2
舘ひろし、浅野温子、志田未来、安田章大、紺野まひる、南沢奈央


一度も10%を割らず、平均で13%とった前のシリーズも第1話の途中でギブアップし、
今回は初めから「見ない」と決めていました。
“橋田寿賀子的”なドラマが好きじゃない私には無理です。
いい視聴率だったので“続編”ということになったのでしょうが、最初から低空飛行です。
TBSはアテが外れて“なるようにはならない”気分でしょうね。ハハハ。
d0164636_844040.jpg
水21 テレ朝TEAM~警視庁特別犯罪捜査本部
小澤征悦、田辺誠一、塚本高史、神尾佑、渡辺いっけい、西田敏行


コンセプトを読み間違えていました。
このドラマの主人公、佐久(小澤)は“熱い正義感を胸に秘めてクールに捜査の指揮を執る
怜悧な管理官”と紹介されていました。刑事たちの捜査を指揮するのが管理官ですが、
ほぼすべての刑事ドラマで悪者扱いされているのに“ノンキャリアながら評判がいい”と
書かれているのを読んで珍しいなと思って見始めました。
…今のところ、周りの誰からも評判はよくありません。ハハハ。

地道な捜査を担当する刑事たちを「君たちはコマに過ぎない」と決めつけ「何も考えずに
言われたことをやってればいい」と言い放つのですから当然です。
女っ気がないドラマですが、小澤が新しい境地を見せています。
私は気に入って見ています。視聴率は3週目で初めて二ケタに乗せました。これからも
右上がりが続きそうな気がします。


水22 フジ SMOKING GUN~決定的証拠~
香取慎吾、西内まりや、鈴木保奈美、倉科カナ、イッセー尾形、谷原章介


1回目を見たときは「ちょっとなあ」と思いつつ、主演の二人に“免じて”、あと1,2回は
見ることにしていたのですが、ほかとの兼ね合いでやめました。
“科捜研”という共通項を持つ「ホワイト・ラボ」と激しく視聴率を争っています。
低レベルなところで争っていることが残念です。ハハハ。
ちなみに、“本家”ともいうべき「科捜研の女」はいつも確実に12~13%稼いでいます。


水22 日テレ花咲舞が黙っていない
杏、上川隆也、生瀬勝久


銀行には“臨店(りんてん)”と呼ばれる職種があるようです。支店で起きた事件や不祥事を
そこに乗り込んで解決に導くことを職務としています。出世コースを外れたベテランや
扱いが厄介な行員が配属されています。普通は目につくような活躍をしないのでしょうが、
東京第一銀行の花咲(杏)と相馬(上川)のコンビは行く先々で成果を上げて“しまい”ます。
支店の幹部の不正や不始末を暴くのですが、彼らの多くは銀行内で最大の派閥を率いる
執行役員・真藤の息がかかっているだけに面倒なのです。

日の当たらない職場の人たちが組織の悪を懲らしめる…という“図式”はいつの時代でも
受けるようです。しかも、「半沢直樹」の池井戸潤原作で「ごちそうさん」の杏が主演…
やっぱり強いや。ハハハ。

今週も14~15%とるようなら、今期の1位は確定的ですね。


木20 テレ朝刑事110キロ2
石塚英彦、中村俊介、星野真里、石丸謙二郎、井上和香、竹下景子


石チャン、嫌いじゃないんだけど、見る気が起きません。


木21 TBSMOZU Season1 ~百舌の叫ぶ夜
西島秀俊、香川照之、真木よう子、生瀬勝久、吉田鋼太郎、有村架純


昼下がりの繁華街で突然、起きた爆発で警視庁公安部の倉木尚武(西島)は妻を失います。
捜査一課の大杉良太(香川)とは立場が違いますが、二人は情報を交換しつつ互いを利用して
核心に迫ろうとしています。
倉木は「なぜ妻は死ななければならなかったか? 何があったか?真実が知りたい」という
強い思いに衝き動かされています。

「BORDER」との同枠対決になっています。肌合いは違いますが、同じ刑事ものですから
負けるわけにはいかないでしょう。最後までもつれていきそうな気配です。
視聴率は右下がりになっていますが、今夜は“なでしこ”の試合後なので、下手をすると
一けた台に転落する可能性もあります。

NHK「ロンググッドバイ」にも出ていますが、吉田鋼太郎はいい役者ですね。
d0164636_843119.jpg
木21 テレ朝BORDER
小栗旬、青木崇高、波瑠、野間口徹、浜野謙太、遠藤憲一、古田新太、滝藤賢一


見ないでパスするつもりでしたが、なんとなく1回目を見て気が変わりました。
見たあとで更新することになった「展望」では…

いいと思います。
もしかすると、今期のNo1を争うことになるかもしれません。


とまで書いてしまいました。更新したあとに出た視聴率が9.1%で「MOZU」の13.3%に
完敗したと知って慌てました。ハハハ。
もともと、小栗が扮する刑事が頭に銃弾を受けて生死の境をさまよったことをきっかけに
“死者と対話できる”ようになったという設定が“ありえない”わけで、不振の理由は
その辺にあるのかなと思いました。

しかし、出演者や制作陣の熱意が伝わってくるし、死者と対話する不自然さは最小限度に
抑えられていて、なかなか面白いです。
初めて、小栗をかっこいいなと思いました。同僚刑事役の青木、上司の遠藤もいいし、
特別検視官・波留が輝いています。
ドラマとしてはよくできています。右上がりの視聴率はもっと上に行くと思っています。
d0164636_8422725.jpg
木22 フジ  続・最後から二番目の恋
中井貴一、小泉今日子、坂口憲二、内田有紀、飯島直子


中井と小泉の“掛け合い”は相変わらず好調です。このドラマの生命線ですから、作家は
二人のセリフをせっせと磨かなければいけません。ハハハ。
今のところ、視聴率は前回よりわずかにいいようです。きっと、“今期唯一の恋愛もの”が
視聴者を惹きつけているのでしょう。
今更、手を付けられないでしょうけど、内田と飯島のキャラ設定…どうにかならんのか。
ハハハ。


金20 テレ東マルホの女~保険犯罪調査員~
名取裕子、麻生祐未、宇梶剛士


10分足らずで退散しました。
視聴率が案外いいのでびっくりしています。前期の「三匹のおっさん」もそうですが、
テレビ東京、頑張りますね。…かと言って、いまさら見る気になりません。
この局の番組をよく見ている方だと思いますが、ドラマだけは相性が悪いようです。ハハハ。


金22 TBSアリスの棘
上野樹里、オダギリジョー、栗山千明、田中直樹、藤原紀香、岩城滉一


“1回だけ”のつもりで見始めましたが、20分ほどでギブアップしました。
「医者は3人殺して一人前よ」「オペはトレーニング、患者はマウスだと思いなさい」など、
あまりにもパターン化されたセリフにうんざりしたのです。
ずっと、二ケタを維持しているのは意外です。


土21 日テレ弱くても勝てます
二宮和也、麻生久美子、福士蒼汰、有村架純、薬師丸ひろ子、市川海老蔵

スポ根ものらしいですが、見ないで退散しました。ハハハ。


土21 NHKロング・グッドバイ(全5回)
浅野忠信、綾野剛 、小雪 、古田新太、冨永愛、岩松 了、でんでん


レイモンド・チャンドラー原作のハード・ボイルド小説を終戦直後の日本を舞台に変えて
脚色しています。日本の風土や俳優でチャンドラーの世界を醸し出すことができるか…
いい役者をそろえていますが、難しいだろうと思いました。
案の定、その部分は無理があります。しかし、回を追って“クセ”になって行きます。

浅野が持つ雰囲気がいいですね。
演じている探偵を見ていると「そんな日本人、いねえよ」と思いますが。ハハハ。
そして、2回目から登場した冨永愛がいいですね。圧倒的なプロポーションと独特の顔が
“租界”の空気を出しています。彼女をドラマに起用しようとしても役が難しそうですが、
見ごとにはまっています。気に入りました。

7.6-5.6-4.0%と視聴率はさんざんです。


土23 フジファースト・クラス
沢尻エリカ、中丸雄一、佐々木希、菜々緒、三浦理恵子、板谷由夏


人間としては大嫌いですが、女優としては妙に気になる…と書いた沢尻ですが、結局、
1回も見ていませんでした。しかし、ふと視聴率表を見ると、土曜日の23時からという
“深い時間”なのに1回目の6.5から2回目は9.1%に跳ね上がっていました。ドラマの
視聴率は2回目で下がるのが普通です。何かがあったはずです。沢尻が脱いだ?まさかね。
ハハハ。

1回目は見られませんでしたが、レグザに残っていた2回目と3回目を見てみました。
女性向けファッション誌の編集部内の“ドロドロ”が描かれています。映像が明るく
若い女優が大勢出ていて華やかだなあ、と思いましたが、沢尻は服を着たまま(ハハハ)だし、
視聴率がポーンと上がる要素は見当たりませんでした。
女性誌に「面白い」という紹介記事でも出たのでしょうかね。
3回目はまた、ストンと下がっています。私の場合はどっちにしてもビデオ視聴ですが、
次回以後どうするかはまだ決めていません。
d0164636_840477.jpg
日21 TBSルーズヴェルト・ゲーム
唐沢寿明、檀れい、石丸幹二、六角精児、児嶋一哉、江口洋介、山﨑努


“池井戸+唐沢(&江口)”だから、面白い作品になるはず…と、期待は大きかったのですが、
少し“残念”な作品になっています。
「野球で一番面白いのは8対7の試合」と“喝破”したルーズヴェルト大統領の言葉に
由来するタイトルのドラマですから、野球がしばしば登場するのは避けられません。
しかし、1回目で“出塁率”や“長打率”が出てきたとき、これはやばいぞと思いました。
女性客が逃げ出しそうな気配です。2回目が2.3%下がりましたが、次回、さらに下がると
そのままずるずる下がっていくかもしれません。


最後まで見続けるのは「TEAM」、「花咲舞が黙っていない」、
「MOZU」、「BORDER」、「続・最後から二番目の恋」、「ロング・
グッドバイ」、「ルーズヴェルト・ゲーム」…わあ、7本もあるわ。
これに、「軍師官兵衛」があって、WOWOWの「パンドラ」と
「ニュースルーム2」も見る予定です。ドラマづけ。ハハハ。

「花咲舞が黙っていない」と「続・最後から二番目の恋」は
普通に面白いですが、「BORDER」と「TEAM」には感心します。
いいところに目をつけましたね。どちらもテレ朝じゃないですか。
調子がいいと、いい企画が出てくるんだなあ。当分、この局の
“天下”が続くのかもね。ハハハ。
d0164636_840143.jpg
ただし…。
ただし、今期のドラマの中で、そして、私が見たものの中での
No1はWOWOWの「私という運命について」でした。
江口洋介と永作博美が演じた10数年に及ぶラブストーリーです。
刑事もの、医療ものが花盛りのドラマ界ですが、大人の男女の
愛情を描いても立派に成立することを証明しました。
映画化してほしいと思いました。

by toruiwa2010 | 2014-05-08 08:50 | ドラマ | Comments(6)
d0164636_872438.jpg
4月期のドラマが始まりつつあります。
簡単に展望しておきます。
少しでも参考になれば幸いです。



月20 TBSホワイト・ラボ~警視庁特別科学捜査班~(4/14から)
北村一輝、宮迫博之、薮宏太、谷原章介、和久井映見


WOWOWで放送中の“本家”は根強い人気があるようです。
日本有数の“濃い顔”・北村一輝は本来、受け付けないタイプに分類されるはずですが、
面白いと思えるときもあって、かなり微妙です。ハハハ。

警視庁捜査1課の中に新しい組織が設置されました。物理学・化学・生物学・医学など、
幅広い知識と捜査1課の捜査権を持った組織で「ホワイト・ラボ」と呼ばれます。

北村、谷原・宮迫らの捜査官と主任を務めるたたき上げの和久井がどう絡むのか?
科学捜査を売りにするドラマの中には「そんなことできるのかね?」と疑問を持つものが
多くて興ざめすることがありますが、この作品では専門チームが捜査方法・機材などを
きちんと取材するそうですから期待しましょう。

昨日、第1話が放送されました。
“きちんと取材”が怪しいですね。なんか、うそっぽい。ハハハ。
もう1,2話、見ますが、その先はほかの作品の出来次第ですね。


月21 フジ極悪がんぼ(4/14から)
尾野真千子、椎名桔平、三浦翔平、仲里依紗、小林薫、三浦友和


“これまでの月9にはなかったチャレンジングな企画”という触れ込みです。
借金や詐欺、裏社会のいざこざを主人公の神崎薫(尾野)が解決していくという話。
正直言って、興味も関心もありません。“月9”の伝説は過去のことになったようです。
昨日の第1話は冒頭の2,3分で首をひねってしまいました。“月9”がどうしたこうした…
の域を超えていました。我慢して見続けましたが、15分で降参しました。ハハハ。
d0164636_87405.jpg
火21 フジ ビター・ブラッド(4/15から)
佐藤健、渡部篤郎、勿来汐里、吹越満、田中哲司、KEIJI


番宣チラシの中に”本格的な刑事ドラマをコメディータッチで描く!”とありました。
“本格的”でしかも“コメディータッチ”…?どっちやねん!ハハハ。
あまり食欲はわきませんが、主演の二人が好きだから1回目を見るかもしれません。


火22 フジ ブラック・プレジデント(4/8から)
沢村一樹、黒木メイサ、国仲涼子、澤部佑、門脇麦、永井大


宣伝文句は“モヤモヤを抱えたあなたに贈る異色の痛快人間ドラマ!!”です。
ドラマの舞台はブラック企業のようです。ただし、社長(沢村)にその自覚はありません。
その社長が、余裕ができたことで経営を基礎から学び直そうと45歳で大学に入ります。
そこで美人講師(黒木)に出会ったことで社長の中に変化が生まれるらしいです。

“邪道”ですが、ハライチの澤部がちょっと楽しみでした。なんか、好きなんです。

先週から始まりました。
コンセプトを読んだときは、「また、こんなことやってやがる」と腹立たしかったのですが、
思ったほど悪くなかったのは意外です。沢村が扮する社長がもっと類型化されているかと
想像していたのに、“控えめ”だし、ブラックぶりが漫画的じゃないので、あと1,2回は
見てみます。


火22 TBSなるようになるさ。2(4/15から)
舘ひろし、浅野温子、志田未来、安田章大、紺野まひる、南沢奈央


前のシリーズも第1話の途中で早々とギブアップしました。
舘と浅野が定年を控えた会社役員とその妻に扮します。
「夢だった家庭レストランをやってみたい」という浅野の提案でレストランを開きますが、
店員として集まった従業員たちはそれぞれに“ワケあり”でした。
TBS&橋田寿賀子脚本ですから、見当はつきましたが、私には無理でした。
割合いい視聴率だったようで、“続編”ということになったのでしょうが、私は見ません。


火22  NHKサイレント・プア(全9回) (4/8から)
深田恭子、北村有起哉、桜庭ななみ、坂井真紀、山口紗弥加、米倉斉加年


単身女性の3人に1人が貧困だというデータがあるそうです。
…つまり、そういうドラマなんでしょう。悪いけど、興味ありません。

火25 TBS新解釈・日本史(4/29から)
ムロツヨシ


“新解釈!偉人シチュエーションコメディ”と聞いて、離脱が決定。ハハハ。


水21 テレ朝TEAM~警視庁特別犯罪捜査本部(4/16から)
小澤征悦、田辺誠一、塚本高史、神尾佑、渡辺いっけい、西田敏行


ほぼすべての刑事もので“管理官”に好人物はいません。
このドラマの主人公、佐久晋吾(小澤)は“熱い正義感を胸に秘めながらもクールに捜査の
指揮を執る怜悧な管理官”と紹介されています。ノンキャリアながら評判がいいようです。
ちょっと、見たいなと思わせます。テレ朝のドラマは我が家でもよく見られています。
ハハハ。
d0164636_88852.jpg
水22 フジ SMOKING GUN~決定的証拠~(4/9から)
香取慎吾、西内まりや、鈴木保奈美、倉科カナ、イッセー尾形、谷原章介


煙が出ている拳銃…つまり、“決定的な証拠”です。
red handed=手が血だらけ…だから“現行犯で”とも言うようです。余計な情報ですが。
タレントとしては好きなのに、香取のドラマはほとんど見た記憶がありません。これは
タイトルのかっこよさにちょっと惹かれてしまいます。
こちらは民間の科学捜査研究所が舞台です。それは別に構わないんですが、香取はいつも
ドーナツを口にしています。おいおい。ハハハ。

モデル&女優の西内は初めて見ました。番宣で「めざまし」に出ているのを見たときには
「優香に似ているな」という印象でした。演技はこちらの方がうまいかもしれません。
ドラマでは「そんなに、意味もなく短いスカートをはかせなくてもいいんじゃないの」と
思いましたが。ハハハ。

脚本が少し“雑”ですが、香取は男っぽくなってますね。
主演の二人に“免じて”、あと1,2回は見ることにしました。


水22 日テレ花咲舞が黙っていない(4/16から)
杏、上川隆也、生瀬勝久

池井戸潤の原作ものはとりあえず見ることにしています。
杏が扮する花咲舞は銀行員ですが、事件や不祥事を起こした支店に乗り込んで解決に導く
“臨店(りんてん)”を職務としています。ほかに、出世コースから外れたベテラン・相馬と
銀行内で最大の派閥を率いる執行役員・真藤が出てくるようですが、説明されなくても
キャストを見れば、誰が誰を演じるかが分かるという…。ハハハ
杏と上川はいいけど、生瀬は出すぎじゃないの?役者としては声がかかるのはいいけど、
見る方は飽きるし、いろいろな役柄がダブってしまいますねえ。


木20 テレ朝刑事110キロ2(4/17から)
石塚英彦、中村俊介、星野真里、石丸謙二郎、陳内将、井上和香、竹下景子、高畑淳子


石塚は食レポも飽きたし、こういうドラマも満腹感がハンパないです。悪いんですが、
箸をつけずに、ごちそうさま。ハハハ。


木21 テレ朝BORDER(4/10から)
小栗旬、青木崇高、波瑠、野間口徹、浜野謙太、遠藤憲一、古田新太、滝藤賢一


新機軸の刑事ドラマだというから、どんなものかと思えば…
生死の境をさまよったことをきっかけに“死者と対話できる”という能力を得た刑事が、
無念の死を遂げた人々の声を聞いて、生と死、正義と法、情と非情のBORDER(境界線)で
揺れ動きながら事件に立ち向かっていく…のだそうです。

主人公のキャラクターは小栗を念頭に創造したということですから、見たい人はどうぞ
そんなことも頭に入れておいてください。私は見ません。
d0164636_883480.jpg
…そう決めていましたが、なんとなく1回目を見てすっかり気が変わりました。
いいと思います。もしかすると、今期のNo1を争うことになるかもしれません。
小栗がこの役にはまっているし、気合が入っています。同僚・青木、上司・遠藤もいいし、
特別検視官・波留の存在が輝いています。
脚本もしっかりしていて、ドラマとしてはよくできています。ただし、死者と対話する
場面を除けば…ですが。ハハハ。

殺人事件を描くのですから“死者”とはすなわち被害者です。刑事である小栗が彼らと
対話できるなら“犯人”を聞き出すことは簡単です。第1話もそうでした。
ある意味、“倒叙法”ですから、脚本次第と言えるかもしれません。はたして、第2話以後、
ずっと同じパターンでドラマとして成立するのかという疑問は残ります。


木21 TBSMOZU Season1 ~百舌の叫ぶ夜(4/10から)
西島秀俊、香川照之、真木よう子、生瀬勝久、吉田鋼太郎、有村架純


昼下がりの繁華街で突然、爆発が起きた。
警視庁公安部の倉木尚武(西島)は爆心地にいた死者の一人を確認する。
原型を留めていないが、妻の千尋(石田ゆり子)だとわかった。
表情を変えず、倉木は案内した捜査第一課の大杉良太(香川)に事件の詳細をたずねる。
「なぜ妻は死ななければならなかったか? 何があったか?真実が知りたい」…強い思いが、
倉木を衝き動かしていた。

物語の初めの部分はそんな感じでした。
一昨年の「ダブルフェース」に次いで、TBSとWOWOWがタッグを組んで制作する
ドラマの第2弾です。ドラマの老舗・TBSと注目度は低いですが、実績を積み重ねている
WOWOWの化学反応は悪くないと思っています。

1回目を見ましたが、俳優陣の頑張りにくらべて、脚本と演出が雑ではないかと思いました。
2回目以後に期待します。

ちなみに、西島も香川もドラマの中ではヘビー・スモーカーですが、実生活では二人とも
吸わないそうです。


木22 フジ  続・最後から二番目の恋(4/17から)
中井貴一、小泉今日子、坂口憲二、内田有紀、飯島直子


視聴率が特別よかったわけではありませんが、中井と小泉の“掛け合い”が話題を呼んだ
コメディの第2シリーズです。内田と飯島のキャラ設定に異議はありますが、中井&小泉は
私のお気に入りですから、見ます。
d0164636_885531.jpg
金20 テレ東マルホの女~保険犯罪調査員~(4/11から)
名取裕子、麻生祐未、宇梶剛士


キャストが弱くないですかね。見ようという気になりません。

金22 TBSアリスの棘(4/11から)
上野樹里、オダギリジョー、栗山千明、田中直樹、藤原紀香、岩城滉一


上野が“ダーク・ヒロイン”として登場しています。舞台は大学病院です。
父親を死に追いやった医者たちに復讐する“痛快で破天荒”な物語だと謳っています。
“1回だけ”のつもりで見始めましたが、20分ほどでギブアップしました。登場人物の
キャラクターがあまりにもパターン化されていてうんざりしました。
特に藤原紀香のセリフはひどい。脚本化にイマジネーションがなさすぎます。

「医者は3人殺して一人前よ」
「オペはトレーニング、患者はマウスだと思いなさい」

拾いものだったのは、間もなく43歳になるとは思えない藤原の見事な水着姿です。
ストーリーにはまったく無用のシーンでしたが。ハハハ。


土21 日テレ弱くても勝てます(4/12から)
二宮和也、麻生久美子、福士蒼汰、有村架純、薬師丸ひろ子、市川海老蔵


ある進学校にやってきた若い教師がそこで見たものは創部以来一度も勝ったことがない
部員5人のへっぽこ野球部。技術も体力も根性もないけど、野球に対する愛は人一倍です。
教師はそんな彼らに何とか勝たせてやりたいと思うのです。
一種のスポ根ものなんでしょうが、見ないで退散します。ハハハ。


土21 NHK◎ロング・グッドバイ(全5回)(4/19から)
浅野忠信、綾野剛 、小雪 、古田新太、冨永愛、岩松 了、でんでん


タイトルを見てラブ・ストーリーかと思いましたが、レイモンド・チャンドラー原作の
ハード・ボイルドでした。いい役者がそろってるけどなあ。

土21 NHK55歳からのハローライフ(全5回)(6/14から)
リリー・フランキー、風吹ジュン、原田美枝子、小林薫、イッセー尾形


こちらは村上龍の原作を上記の5人が主演でオムニバス・ドラマに仕立ててあるようです。
NHK土曜日夜の10時枠はいいドラマを放送することが多いので見ることになります。


土23 フジファースト・クラス(4/19から)
沢尻エリカ、中丸雄一、佐々木希、菜々緒、三浦理恵子、板谷由夏


時間が“深い”ので録画になりますが、見るつもりです。
沢尻…人間としては大嫌いですが、女優としては妙に気になるんです。ハハハ。


日21 TBSルーズヴェルト・ゲーム(4/27から)
唐沢寿明、檀れい、石丸幹二、六角精児、児嶋一哉、江口洋介、山﨑努


タイトルは「野球で一番面白いのは8対7の試合だ!」と“喝破”したルーズヴェルト
大統領の言葉に由来しています。
唐沢が社長を務める中堅精密機器メーカー・青島製作所は押し寄せる不況の波や他社との
激しい競争に苦しめられています。その苦闘ぶりを“8対7”になぞらえたのでしょう。

“池井戸+唐沢(&江口)”ですから、面白い作品になるはずです。
d0164636_89218.jpg

現時点で最後まで見続けることになりそうなのは
「BORDER」、「MOZU」、「続・最後から二番目の恋」、
「ルーズヴェルト・ゲーム」の4本だけ…週の前半は
ほぼ全滅で、明日から始まる「TEAM」と「花咲舞が
黙っていない」が頼りです。
無理に見ることもないしなあ。ハハハ。

by toruiwa2010 | 2014-04-15 08:12 | ドラマ | Comments(4)
d0164636_8475677.jpg
1月期ドラマがほぼすべて終了しました。
“総括”と粋がって言うほどのものではありませんが、恒例なので、
簡単に振り返っておこうと思います。
視聴率的には2期にまたがって放送された「相棒」が当然のように
No1でした。“固定客”を持つ強みを発揮しましたね。

続いて「S~最後の警官」でした。TBS日曜9時枠のプライドを
守った形になりましたが、第1話の打ち合いのシーンにあまりにも
リアリティがなかったために離脱してしまいました。
綾野剛&向井理という若い女性には絶大な人気俳優を配して結果を
出しましたね。でも、その手法は多用しない方がいいと思います。
TBSだったら正攻法で行ってほしいです。


90 隠蔽捜査 月20 TBS

どこが…と聞かれると困りますが、私にとってはこのドラマが今期のトップでした。
それも“ダントツ”です。最後に少し数字が上がりましたが、視聴率の低さは不可解です。
悪くても2けた取れてもおかしくない作品だと思います。

連続ドラマでは初の主演だという杉本哲太がすごくがんばったと思います。上層部にも
部下にもまったくぶれない姿勢を見せる男を演じて新境地を開いたと思います。今後は
さまざまな意味で一ランク上の扱いを受けることになるのではないでしょうか。
古田新太がW主演という点にも大きく期待しました。杉本とは幼馴染の警察同期生で
互いに助け合う役でしたが、いい呼吸で、裏切られることはありませんでした。
この二人の空気がうまく混ざり合ったことでこのドラマは“成功”したのだと思います。
嬉しいことに「これだけ数字が悪いとシリーズ化は無理かなあ」と思っていたのですが、
余韻を残す終わり方を見ると、間違いなく続編を考えているようです。ハハハ。
d0164636_8482576.jpg

75 失恋ショコラティエ 月21 フジテレビ


2話の冒頭でギブアップしました。
信じられないことに評判が良かったという、松本が妄想するシーンの“わざとらしさ”が
耐えられませんでした。「東京ラブストーリー」、「101回目のプロポーズ」、「HERO」…
一時代を築いた“月9”ですが、私にはだんだん“無理”になってきました。ハハハ。


80 福家警部補の挨拶 火21 フジテレビ

最後まで見ました。面白いと思って…。
型破りの捜査でチームワークを乱す刑事・檀れい、その上司・稲垣吾郎、壇に協力的な
鑑識・柄本時生…出演者が個性を生かしていました。「バチスタ…」の佑といい、柄本兄弟、
オヤジさんからいいDNAを受け継いでますね。
先に犯人をバラし、刑事たちが追い詰めていくプロセスを見せる“倒叙法”ドラマですが、
脚本がよくできていました。平均で10%を割りましたが、シリーズ化するかもしれません。


80 チーム・バチスタ4 火22 フジテレビ

甘いと思われるかもしれませんが、本当は「85点かなあ」と思っていました。
仲村トオルが好きだし、このシリーズが好きだからで、“母局”だからではありません。
最終回が「なーんだ」という展開で5点下がりました。ハハハ。

なぞの殺人事件を絡めた終末医療がテーマになっていました。それだけに、ほぼ毎週、
誰かが病死するという展開がまずかったのか、このドラマも視聴率は冴えませんでした。
仲村・伊藤淳史コンビが健在の上に、もう一人好きな俳優、柳葉敏郎が出ていましたから、
私は満足でした。
d0164636_8485054.jpg
80 相棒(12) 水21テレビ朝日

腹立つわー、このドラマ。ほかの刑事ものとどこがどう違うのか…毎シリーズ、必ず
平均で15,6%をとります。マンネリ化は否定できないはずだし、杉下右京の“度外れた”
博識やカンの良さが事件を解決に導くストーリーも嘘っぽくて、いつもの私なら1,2話で
離脱するのですが、毎週楽しみにしている妻につられて見続けています。ゆるーい麻薬…。
ハハハ。


??? 明日、ママがいない 水22 日本テレビ

一度も見ていないので採点はできません。それにしても、タイミングと言い、もめ方の
“サイズ”と言い、実に都合のいい騒ぎのせいでまんまと視聴率4位に食い込みました。
ずるい!ハハハ。


80 科捜研の女(12)木20  テレビ朝日

「相棒」とともに2クール続けての放送でした。科学捜査がドラマほど進んでいるとは
思いませんが、心地よいスピードで犯人に迫っていくプロセスがなかなか面白いです。
少し“あっけない”感じですが。ハハハ。


85 緊急取調室 木21 テレビ朝日


警視庁捜査一課に設置された“キントリ”…完全に可視化された取調室で厄介な容疑者を
取り調べます。刑事部長の計らいでこの班に配属された唯一の女性刑事が天海祐希です。
実際にはその裏に警察の“暗部”が隠されていたわけですが、最終回ですべてが明るみに
出ました。経験豊かな脇役に囲まれて天海は新しいキャラクターを手に入れました。
シリーズ化するのではないでしょうか。
d0164636_84979.jpg
75 Dr.DMAT 木21 TBS

災害現場に派遣される医療チーム、Disaster Medical Assistance Teamのイニシャルを
取って“DMAT”(ディー・マット)を描いた医療ものでした。第1話で主演の大倉忠義に
注目したのですが、ここという場面であまりにも決断できない“ダメっぷり”に2話で
ギブアップしました。役柄が悪いだけで彼がダメじゃないのですがね。ハハハ。

それにしても、ゴールデンのドラマで6.84%…TBSドラマ班は頭を抱えているでしょう。


85 医龍4 木22  フジテレビ

最新鋭機器を完備したL&P病院が近くに開業し、ますます経営が悪化する桜井総合病院に
呼ばれた天才外科医・坂口がかつての仲間に声をかけ、一度は“チーム・ドラゴン”を
再結集しましたが、次々にL&Pに引き抜かれてしまいます。結構 簡単に。
なんだかなあ、という感じがないわけではないですが、まあ、ドラマですからねえ。

思ったほど視聴率は高くないですが、好きなドラマなので最後まで見ました。


??? 三匹のおっさん金20  テレビ東京

俳優の顔ぶれやコンセプトを読んで、まったく見る気が起きませんでした。しかし、毎回
10%前後の視聴率をマークし、最終回の2時間スペシャルは12.6%をたたき出しています。
最近好調のテレ東らしい快挙ですね。


75 戦力外捜査官土21 日本テレビ

1話で失礼しました。それも20分足らずで。ハハハ。
それでも、10%を切ったのが2回だけですから立派と言っていいでしょう。


75 S~最後の警官 日21  TBS

吹石一恵が好きなので見たかったのですが、主演の二人が苦手で…“腰が引けた”状態で
1話目はなんとか見ましたが、リアリティがなさすぎて見続ける気になれませんでした。
d0164636_8492186.jpg
                   月曜日までの視聴率です。
by toruiwa2010 | 2014-03-26 08:51 | ドラマ | Comments(4)
d0164636_87128.jpg
隠蔽捜査 月20 TBS
杉本哲太、古田新太、松澤一之、三倉茉奈、鈴木砂羽、生瀬勝久


意外に思われるかもしれませんが、今期のドラマではダントツ、最高に面白いです。
幼馴染で同期の東大卒エリート・杉本と私大卒のキャリア・古田の“友情”をからませた
警察ドラマです。腐りきった上層部にタッグを組んで抵抗を試みる杉本・古田コンビ…
という図式で進んでいます。タイトルの通り、警察組織のそれぞれのレベルでさまざまな
形の“隠蔽”が行われます。そこまで腐敗していたら組織として持たンだろうと思うほど、
ストーリーにはかなり無理がありますが、ドラマだと割り切って見れば十分に楽しめます。
視聴率がなぜこんなに振るわないのか不思議でなりません。
「面白い」「最高だ」と思うだけに、8.2-7.2-7.5-6.7-6.0%という視聴率に唖然とします。

生真面目な生き方が全くぶれない男を杉本が好演しています。これまで彼が出たドラマを
たくさん見ていますが、ベストだと思います。見直しました。
現場の捜査官として部下を守り、さまざまな局面で杉本を助ける古田もいいです。
二人のケミストリーが悪くありません。もっと見ましょう。ハハハ。
d0164636_872259.jpg
失恋ショコラティエ 月21 フジテレビ
松本潤、石原さとみ、水川あさみ、溝端淳平、水原希子、有村架純


1話はなんとか見ましたが、2話の冒頭で店をオープンした日に約束通り一番乗りの石原を
松本が“妄想”するシーンで「もういいや」と思ってしまいました。
あれが面白いという声もあるようですが、私はダメです。それだけ。ハハハ。

水川や水原は好きなんですがねえ。
展望に“いずれ見放す”有力候補と書きましたが、その通りになりました。


福家警部補の挨拶 火21 フジテレビ
檀れい、稲垣吾郎、柄本時生


先にバラした犯人を刑事たちがどのように追い詰めていくかを見せる“倒叙法”を用いた
「刑事コロンボ」や「古畑任三郎」と同じ手法のドラマです。
“斬新”とまでは言いませんが、日本ではそんなに多くないだけに“物珍しさ”はあって
毎回見ています。
この役の壇は悪くないし、出番は少ないですながら吾郎ちゃんも“味”を出しています。
結局、最後まで見ることになりそうです。


チーム・バチスタ4 火22 フジテレビ
伊藤淳史、仲村トオル、西島秀俊、柳葉敏郎、水野美紀、栗山千明


今回の物語の舞台が患者の最期を看取ることをテーマにした病院だけに少し暗いのですが、
仲村・伊藤コンビは健在だし、仲村が抱いた疑惑の対象になった柳葉が“さすが”という
演技でドラマのいいアクセントになっています。最後まで見ます。
d0164636_874147.jpg
相棒(12) 水21テレビ朝日
水谷豊、成宮寛貴、鈴木杏樹、六角精児
 

特に書くことはありません。
新味はないのですが、水曜日の9時は自然にチャンネル5に合わせています。ハハハ。
同じタイプの視聴者が多いのでしょう、数字は高い位置で安定し、2期連続にもかかわらず、
トップを独走しています。


明日、ママがいない 水22 日本テレビ
芦田愛菜、鈴木梨央、三浦翔平、木村文乃、城田優、鈴木砂羽


久しぶりに、芦田が主演していますが、どう頑張ってもこのタイプのドラマには食指が
動きません。彼女を生かす企画はほかにいろいろありそうですけどね。このままだと、
次に愛菜ちゃんを見るのは彼女が中学生…なんてことも。ハハハ。

騒ぎの影響がどう出るのかはオリンピック後まで待たなければいけないでしょう。


僕のいた時間 水22 フジテレビ
三浦春馬、多部未華子、斎藤工、風間俊介、山本美月、吹越満、浅田美代子


一度も見ていないので論評の限りではありません。


科捜研の女(12)木20  テレビ朝日
沢口靖子、風間トオル、奥田恵梨華、斉藤暁、内藤剛志、金田明夫、若村麻由美


「相棒」とともに2クール連続の放送ですが、飽きることもなく見続けています。
スピーディな展開が心地いいです。脚本がいいのだと思います。


緊急取調室 木21 テレビ朝日
天海祐希、田中哲司、速水もこみち、鈴木浩介、でんでん、大杉漣、小日向文世


警視庁捜査一課に設置された専門チームがあります。 “キントリ”と呼ばれる緊急事案
取調班は完全に可視化された取調室で厄介な容疑者を取り調べます。唯一の女性である
天海がそこで大活躍しています。周囲の“おっさん”刑事たちとの呼吸が合ってきました。
回を追っていい感じになっています。天海はこの役に向いているかもしれませんね。
d0164636_88584.jpg
Dr.DMAT 木21 TBS
大倉忠義、加藤あい、瀧本美織、ほっしゃん。、麻生祐未、石黒賢、國村隼


災害現場に派遣される医療チーム、Disaster Medical Assistance Teamのイニシャルを
取って“DMAT”(ディー・マット)を描いた医療ものです。
1話目、ドラマでは初めて見る大倉が新鮮で、“光るもの”があっていいなと思いましたが、
演じるドクターが大事なときになかなか決断できない男で、あまりにも“ダメ”過ぎて
2話でギブアップしました。ハハハ。


医龍4 木22  フジテレビ
坂口憲二、稲森いずみ、小池徹平、阿部サダヲ、平幹二朗、岸部一徳、高橋克典


最新鋭機器を完備したL&P病院が近くに開業し、経営のピンチに陥った桜井総合病院は
天才外科医・坂口に助けを求めます。院長・平が坂口の恩師なのです。
かつてともに仕事をした仲間“チーム・ドラゴン”のメンバーも続々と集まってきます。
L&P病院には“怪物”顧問・岸部に加え、ER部長・夏木、経営コンサルタント・高橋…
ワルが顔をそろえました。何かをたくらんでいるのは間違いないと思いましたが、なんと、
チーム・ドラゴンのメンバーの“一本釣り”が始まりました!!
しかも、結束が固いはずのメンバーが次々に、しかも簡単に釣られて行きます。
ま、ドラマですからね。…寛大なところは寛大。ハハハ。

思ったほど視聴率は高くないですが、好きなドラマなので最後まで見ます。
d0164636_882776.jpg
三匹のおっさん金20  テレビ東京
北大路欣也、泉谷しげる、志賀廣太郎、西田尚美、甲本雅裕、藤田弓子、中田喜子


俳優の顔ぶれから“ハーモニー”を感じなかったこと、60歳代になった3人の元悪ガキが
結成した私設の自警団が町内に目を光らせる…というコンセプトに魅力がなかったのとで
1話も見ていません。
しかし、平均で10%近くをたたき出しているそうです。最近好調のテレ東らしいですね。
だからと言って。今から見る気はありませんが。頑固っちゃあ頑固。ハハハ。


夜のせんせい 金22  TBS
観月ありさ、蓮佛美沙子、田中圭、大政絢、高橋一生、新川優愛


私の嫌いな探偵金23  テレビ朝日
剛力彩芽、玉木宏、渡辺いっけい、安田美沙子、白石隼也


2本とも、1話も見ていません。ほかに見るものがなくてもその気にならなかったでしょう。
ドラマがいいか悪いかではなく、コンセプトなどが私と合わないだけです。ハハハ。


戦力外捜査官土21 日本テレビ
武井咲、TAKAHIRO、佐野史郎、柄本明、木下隆行、八島智人、小藪千豊


美男・美女をそろえて数字を獲りに行った日テレだが、もくろみ通りにはいかなかった…
というところでしょうか?私も1話で失礼しました。それも20分足らずで。
武井は役に恵まれませんね。気の毒です。


S~最後の警官 日21  TBS
向井理、綾野剛、吹石一恵、池内博之、平山浩行、高橋努、平山祐介


何がどう…ということではないのですが、主演の二人が苦手です。“腰が引けた”状態で
1話目はなんとか見ましたが、リアリティがなくて見続ける気になれませんでした。
最初の3回は視聴率もよかったようですが、前回はオリンピックの影響もあって、人気の
イケメン二人をそろえた割に数字は伸びませんね。


おまけ1:

軍師 官兵衛  日20  NHK7話までの平均:16.64%
岡田准一、中谷美紀、桐谷美玲、松坂桃李、片岡鶴太郎、竹中直人、柴田恭兵


1-2回を見て“行く末”が厳しいと思いました。
官兵衛が歴史の表舞台にいた人ではないだけに、視聴者の興味をつなぐ材料に乏しいこと、
時代が時代なのでいつも画面が暗いこと、似たような合戦のシーンが多いこと、そして、
藤村志保のおどろおどろしいナレーション…悪い要素が重なりましたね。

藤村のケガがきっかけで、おとといの第6回からナレーターが代わりました。
誰を後任に起用するかなあと興味深く見ていましたが、元NHKアナの広瀬修子でした。
声の質が藤村と近いために違和感がない人が多かったようですが、読み方は広瀬の方が
聞いていて“抵抗”がありません。これでいいと思います。
“展望”のときに<普通にアナウンサーが読むほうがいいと思います>と書きましたが、
遠回りしたものの、その通りになって満足です。ハハハ。

おまけ2:「最高の離婚スペシャル」 13.6%

最高に面白かった!!脚本がうまいわ。

ちなみに、日曜日までの視聴率は…
d0164636_841491.jpg

by toruiwa2010 | 2014-02-18 08:10 | ドラマ | Comments(6)
d0164636_8484696.jpg
気の毒だがケガの功名?

01/29のツイート

女優・藤村志保が背骨の圧迫骨折で大河のナレーターを降板!!
ケガは気の毒だがナレーションを続けていたら彼女の経歴が
ケガをするところだった。
後任の広瀬修子は朗読の名手。間違ってもあのおどろおどろしい
読みにはならない。できない。
本当は山根基世にやらせたかったが。


まず…。
「経歴がケガをする」を真っ正面から読んでしまった人がいたことにぶったまげた。
「これでは、ご自身でご自身の(日本語のプロたる)アナウンサーの経歴を汚してますよ」と
リプライが飛んできた。「意味が分かりまません」と送ると「“経歴がけがをする”⇒×、
“経歴を汚す”⇒○」と返ってきた。

ケガと“経歴に傷がつく”をひっかけたジョークだったが、分かってもらえなかったのだ。
通じなかったおかしさより“経歴を汚す”を知らないと思われたことに深く傷ついた。
うそだけど。ハハハ。
d0164636_8491624.jpg
先週、「ナレーションに変化があった」と書いたが、2日の放送を見てぐらついた。
ほんの少し“暗さ”が薄れた気はするのだが、聴く力の劣化のせいかもしれない。
根底に「なんだこのナレーションは!」「いずれ、変えるさ。変えないわけがない」という
気持ちがあるから、そう聞こえただけかもしれない。早とちり?トホホ。
どっちにしても、ゆっくりと時間をかけて変えてゆくだろう…と見ていたのに、降板では
その確認もできなくなってしまった。

圧迫骨折は就寝中に起きたらしい。気の毒としか言いようがない。
ただし、あえて言えば、これでよかった。藤村志保の傷は浅くて済むし、制作者の困惑も
短い時間で終わる。何より、あのナレーションを聞かなくなることで視聴者が救われる。

代役に広瀬修子を選んだのはいいと思う。これまでの雰囲気とはガラッと変わるが。
彼女は、私が歴代のNHK女性アナの中でナレーションがうまいと思っていた一人だ。
ほかに二人いて、広瀬久美子(私と同期)と山根基世だ。好みやドラマとの相性で言えば
山根でもよかったと思うが、いろいろ“NHK的な”事情があるのだろう。

とにかく、今月半ばからは「軍師 官兵衛」を見るときのストレスから解放される。ハハハ。


抗議で内容変更とな?

日テレのドラマ「明日、ママがいない」への抗議がやまない。
社長が最後まで放映を続けると言いきってしまったがどうするのか。
もし芦田愛菜がいや気がさして降板したらドラマのタイトルは
「アシダ マナガイナイ」に変えるのだろうか?ハハハ。

d0164636_8493240.jpg
…芦田愛菜は降りなかったが、局が屈した。抗議を受けて内容変更を余儀なくされたのだ。
初めは「理解を得つつ、内容を変えずに最後まで」と言っていたようだったのに。
結果として、それなりの覚悟で始めたはずのドラマが途中から方向転換することになった。
“圧力”と言うと角が立つが、見る側の意見でこうなるのはそんなにあることではない。
私は、局のHPでコンセプトを読んだ段階でパスすることにしたが、問題化する以前に
「赤ちゃんポスト」に預けられた子を「ポスト」というあだ名で呼んでいる…と聞いて
見なくてよかったと思った。はなはだしく常識が欠如してるね。

ただし、不可解なのは、クレームの中に「子供たちが傷つく」と訴え、実際に施設の中で
ドラマを見たあと自傷行為に走った子供がいると言われていることだ。どう考えたって
子供が見るドラマじゃないし、放送時間も10時からだ。どんな形で“傷つく”のだろう?

どんな風に変わっていくのか、現段階では分からない。
話題になったおかげで(たぶん)視聴率はいい。日テレはこのまま“引っ張りたい”はずだ。
話題をしぼませたくない…と考えてもおかしくはない。どんなことが起きるか?
大きな変更はしない。抗議側は「変わってないじゃないか」と反発する。「いや、変えてる」
「変わってない」と押し問答をしながらあと6回の放送を乗り切ってしまう…だろう。
d0164636_8495023.jpg
活字メディアで同じ問題が起きたら、最悪でも「関係者にご迷惑をおかけしました」で
終わってるに違いない。広告主が自分のスペースを白紙にすることはない。
テレビはそうはいかない。1月29日の放送ではスポットCMと番組宣伝以外、すべての
スポンサーCMがACジャパンの公共広告に差し替えられていた。
昭和天皇の崩御や東日本大震災のときを除くとスポンサーがCMを流さないと決めたのは
かなりの異常事態だ。

施設に預けられた子供たちを主人公にしたドラマが陥った深刻な事態だけに、不謹慎と
言われそうだが、一連の騒動の最中に見かけたこのツイートは秀逸だった。

日テレのACジャパン特集、見応えあって
見入ってしまう。合間のドラマが鬱陶しくて邪魔 


発信者はジャーナリスト・竹田圭吾だ。
私の著名人リストに入れた4人の中の一人だ。バランスが取れた発言が気に入っているが、
あの真面目な顔つきからは想像できないぐらいのユーモアの持ち主、センスもいい。
体調を崩して休養していたが、今朝の「とくダネ」で復帰した。喜ばしい。

「明日…」に戻るが、今回の出来事はテレビ局にも大きな問題を残すことになった。
見た目は“視聴者からの抗議”によって番組内容の変更を認めてしまったからだ。
テレビにとっては重大な意味を持つ前例を作ったことになる。
まあ、血迷ったスケート・ファンが「アナウンサーを変えろ。生でやれ」と抗議したって
そう簡単に認められることはないのだが。ハハハ。


ちなみに、冒頭のツイートもかなり自信作だったが、
座布団をくれたのは一人だけだった。
こういう問題でふざけちゃいけないらしい。ハハハ。

by toruiwa2010 | 2014-02-04 08:50 | ドラマ | Comments(12)
d0164636_8373741.jpg
年末年始でボーっとしていたら、1月期のドラマが
始まってるじゃありませんか。
大急ぎで展望しました。あくまで“基準は岩佐”です。
その点を踏まえて読んでください。



隠蔽捜査 月20 TBS
杉本哲太、古田新太、安田顕、松澤一之、三倉茉奈、鈴木砂羽、生瀬勝久


幼馴染で同期だという東大卒のエリート・杉本と私大卒のキャリア・古田をからませた
警察ドラマです。
どの刑事ドラマを見ても“上層部は腐敗しきっている”という手あかのついた描き方で
辟易することが多いですが、この作品も例外ではなさそうです。
古田が好きなので最低でも数回は見ることになるなあと思いつつ、第1話を見ましたが、
連続ドラマ初主演という杉本もいい感じでした。二人のケミストリーも悪くありません。

もっとも、警察庁幹部は警察官が連続殺人犯人あることを組織ぐるみで隠そうとするし、
現場レベルでは、杉本の息子が麻薬に手を出したと聞いた古田が「父親として、隠せ」と
アドバイスするなど 展開があまりに過激なので、成り行き次第で投げ出すかもしれません。
「そりゃないだろう」と。ハハハ。
d0164636_8381036.jpg
失恋ショコラティエ 月21 フジテレビ
松本潤、石原さとみ、水川あさみ、溝端淳平、水原希子、有村架純


石原に恋した松本が相手をふり向かせたい一心でパリに行き有名なチョコレート専門店に
頼み込んで修行して帰国します。松本は製菓学校出身ですが、チョコレート専門店では
働いた経験がなく、フランス語も話せないという設定です。うーん、どうなんだろう?
ハハハ。
おまけに、6年後、日本に戻って自分の店の開店を目指す松本には、フランスから溝端が
同行しています。その役名は…オリヴィエ・トレルイエ!!!

母局だし、月9だし、石原はともかく、水川や水原は好きなんですがねえ。
そう思って、月曜日に1回目を見ました。松潤、苦手ですが、どうにもならない…という
わけでもないのでもう少し様子を見ます。今期は“いかにもダメ”なのが少ないですから
このままだと毎晩ドラマづけになってしまいます。“いずれ見放す”有力候補です。


福家警部補の挨拶 火21 フジテレビ
檀れい、稲垣吾郎、柄本時生


まず、てっきり“ふけ警部補”だと思ったら“ふくいえ…”でした。私が出会った人は
全員“ふけ”だったけどなあ。ハハハ。
ここ数年の刑事ドラマにはなかったと思うのですが、この作品は、先にバラした犯人を
刑事たちがどのように追い詰めていくかを見せる“倒叙法”を用いています。
かつて、一世を風靡したアメリカの「刑事コロンボ」や三谷幸喜の「古畑任三郎」と
同じ手法ですね。つまり、脚本が極めて重要になります。

壇にはあまり魅力を感じないのですが、1回目を見た限りそんなに悪くありません。
吾郎ちゃんがどれだけやるかと好きな柄本に期待してとりあえずあと2,3回見てみます。


チーム・バチスタ4 火22 フジテレビ
伊藤淳史、仲村トオル、西島秀俊、柳葉敏郎、水野美紀、栗山千明


すでに2回の放送が終わっていますが、舞台はこれまでの東城医大病院から地方病院に
移りました。派遣命令を受けた心療内科医・伊藤がその地方病院に着任すると、そこには
先回りするように“厚労省の白鳥”・仲村が皮膚科の医師として働いていました!

かなり“無理やり”ですが、そうしないと“白鳥・田口”コンビが壊れてしまいますから
しょうがないのでしょう。突然 死んだり、海外に行ったり…ドラマでは普通ですからね。
ハハハ。

視聴率的には苦しいスタートになったようですが、好きなシリーズですから、よほどの
ことがない限り、最後まで見ます。
好きな理由は“トオル”ちゃんの存在です。仲村は男優の中ではかなり上位に入ります。
あくまで役の上のことだし、ドラマの中の話ですが、伊藤の“いじり方”も好きです。
加えて今回は、柳葉敏郎が謎を秘めた役柄で登場します。彼もまた好きな俳優です。
途中で見るのをやめることはあり得ません。ハハハ。
d0164636_8383216.jpg
相棒(12) 水21テレビ朝日
水谷豊、成宮寛貴、鈴木杏樹、六角精児
 

前期から継続中です。特に書き加えることはありません。
裏返すと、特に新しい魅力が加わるわけではないようです。マンネリの度が増す恐れは
十分にありますね。2クール続けてどんな結果が出るか、ちょっと注目です。


明日、ママがいない 水22 日本テレビ
芦田愛菜、鈴木梨央、三浦翔平、木村文乃、城田優、鈴木砂羽


久しぶりに、芦田が主演するドラマですから楽しみでしたが、見ることはありません。

ドラマのHPの冒頭に“今、君の隣にママはいますか――――?”とありました。
続けて、“物語の舞台は、児童養護施設 親の愛から見放された少女たちが集まる”とも。

…こういうの苦手なんです。「おしん」も見たことありません。受け付けないのです。
ごめん、愛菜ちゃん。ハハハ。


僕のいた時間 水22 フジテレビ
三浦春馬、多部未華子、斎藤工、風間俊介、山本美月、吹越満、浅田美代子


主人公が難病を抱えている…それを聞いただけで十分です。見ません。
“難病もの”は最も苦手とするジャンルです。


科捜研の女(12)木20  テレビ朝日
沢口靖子、風間トオル、奥田恵梨華、斉藤暁、内藤剛志、金田明夫、若村麻由美


テレ朝が“定番もの”として「相棒」とともに2クール連続で放送します。
特に理由は見つかりませんが、見ることになります。


緊急取調室 木21 テレビ朝日
天海祐希、田中哲司、速水もこみち、鈴木浩介、でんでん、大杉漣、小日向文世


天海の役は“たたき上げ”の女刑事…ちょっとうさん臭いけど、ま、いいか。ハハハ。
警視庁捜査一課に通称“キントリ”と呼ばれる緊急事案取調班があるそうです。
完全に可視化された取調室で厄介な容疑者を取り調べる専門チームですが、配属された
天海がそこで大活躍するらしいです。

1回目を見ました。
少し“微妙な”ところはあるものの、天海はこの役に向いているかもしれませんね。
ネット情報では、フジテレビで何本かのドラマが不調だったためテレ朝に“乗り換えた”
そうですが、だとすれば、ヒットさせないわけにはいきません。必死でしょう。
おっさん刑事たちの呼吸が合ってくると面白くなりそうです。役者は揃っていますから、
あとは脚本でしょう。

それにしても、最近のテレ朝は“できる女”で押していますね。
d0164636_839062.jpg
Dr.DMAT 木21 TBS
大倉忠義、加藤あい、瀧本美織、ほっしゃん。、麻生祐未、石黒賢、國村隼


災害現場に派遣される医療チーム、Disaster Medical Assistance Teamのイニシャルを
取って“DMAT”(ディー・マット)を描いた医療ものです。
加藤、市川、ほっしゃん。、麻生、国村…“脇”はいいと思いますが、主演の大倉に大きな
比重がかかるなあ…と思いつつ、1回目を見ました。

大倉は大丈夫と見ました。新鮮だし、光るものがあると思います。
1回目がもたついたのは、脚本・演出に問題がありそうです。ERで働いていた大倉が
なぜ、内科の外来に“逃げ込んで”いるかの説明が回りくどかったのです。
さいわい、第2話以降はその部分がなくなりますから、大倉の良さが前面に出るのではと
期待します。

ほっしゃん、いいわ。ハハハ。


医龍4 木22  フジテレビ
坂口憲二、稲森いずみ、小池徹平、阿部サダヲ、平幹二朗、岸部一徳、高橋克典


飽きることなく、刑事もの、医療もののオンパレードですね。ハハハ。

最新鋭機器を完備したL&P病院が近くに開業…桜井総合病院は医師や患者の流失が続き、
苦境に立たされていました。院長・平は天才外科医・坂口の恩師です。
平の求めに応じて坂口が紛争地から帰国します。かつてともに仕事をした仲間“チーム・
ドラゴン”のメンバーも続々と集まってきます。

怖いぐらいにすべてがうまくいきます。
しかし、L&P病院には“あの”怪物・岸部がいることを忘れちゃいけません。ハハハ。
夏木や新顔の経営コンサルタント・高橋を加えたワルたちが何かをたくらんでいるのは
間違いありません。ハハハ。

1回目の視聴率が低かった(11.4%)と伝えられていますが、最初の1時間は二つのドラマと
重なっていましたから、即断はできません。ただ、手術場面が多すぎましたね。
d0164636_8391918.jpg
三匹のおっさん金20  テレビ東京
北大路欣也、泉谷しげる、志賀廣太郎、西田尚美、甲本雅裕、藤田弓子、中田喜子


60歳代の3人の元悪ガキ仲間が集まって私設の自警団を結成して町内に目を光らせる…
その名前が“三匹のおっさん”!! 私には無理です。ハハハ。


夜のせんせい 金22  TBS
観月ありさ、蓮佛美沙子、田中圭、大政絢、高橋一生、新川優愛


定時制高校を舞台に“世代間の友情”と“共生”をテーマに描いたドラマだそうです。
観月ありさ主演で「よかった」と思った記憶がありません。このテーマも古いです。
よって、見ません。


私の嫌いな探偵金23  テレビ朝日
剛力彩芽、玉木宏、渡辺いっけい、安田美沙子、白石隼也


剛力が演じるのはミステリー・マニアで金持ちの女子大生、玉木は彼女が所有するビルの
一室で開業する探偵…うん!? 「謎解きはディナーのあとで」に似てないか?と思ったら、
原作者が同じでした。あのドラマも1話だけだったなあ。この作品も同じ運命でしょうね。
ハハハ。


戦力外捜査官土21 日本テレビ
武井咲、TAKAHIRO、佐野史郎、柄本明、木下隆行、八島智人、小藪千豊


配属初日に戦力外を通告された推理オタクの武井刑事が武闘派のイケメンTAKAHIROと
組んで難事件を解決する…そうです。
武井は相変わらず作品に恵まれませんね。事務所は何をしているのかと腹が立ちます。
さらに番組のHPには「世に君臨する大ヒット刑事ドラマの間隙を縫い、ここにまったく
新しい新感覚コメディ刑事ドラマが誕生します」とありました。

ひどい文章ですよね。“ドラマが君臨する”、“新しい新感覚”…編成部も制作スタッフも
これでよく文句を言わなかったね、と感心してしまいます。ハハハ。

気を取り直して第1話を見ましたが、20分足らずで撤収しました。


S~最後の警官 日21  TBS
向井理、綾野剛、吹石一恵、池内博之、平山浩行、高橋努、平山祐介


日本の治安を守るための組織、SATとSITは現実にあるものですが、TBSが日曜9時枠に
登場させるのは第三の組織です。名前をNational Police Safetyrescue(NPS)と言います。
SATやSITは警視庁所属ですが、NPSは警察庁直轄で犯人を“生かして確保”するのが
大きな特色です。うーん。Safetyrescueなんて言葉、あるんですかねえ。ま、“造語”は
テレビにとっては(原作は漫画らしいですが)珍しいことじゃありませんがね。ハハハ。

そうか、吹石が出るのか。見たいけどなあ。主演の二人、苦手なんです。弱ったなあ…と、
“腰が引けた”状態で1回目を見ましたが、リアリティがなくて見続ける気になれません。
吹石に“未練”があるし、視聴率はよかったようですが、戻ることはありません。ハハハ。


おまけ:

軍師官兵衛  日20  NHK
岡田准一、中谷美紀、桐谷美玲、松坂桃李、片岡鶴太郎、竹中直人、柴田恭兵


1-2回を見ました。厳しいですね。視聴率も悪いです。岡田は好きな俳優なのでなんとか
頑張ってほしいですが、黒田官兵衛が歴史の表舞台にいた人ではない(…ですよね)だけに、
1年間、視聴者の興味をつなぎとめる材料はあるのかと心配です。

私にとって、「八重の桜」の草笛光子はぎりぎりセーフでした。
しかし、藤村志保のナレーションには耐えられません。本来、物語の流れを整理するのが
役割なのに、彼女のナレーションでは見る者の神経を逆なでするばかりで、言葉が耳に
入ってきません。普通にアナウンサーが読むほうがいいと思います。
そして、片岡鶴太郎のキャラ付けはどうなんでしょうね?ハハハ。
d0164636_839384.jpg
…ざっと見た限り、抜きんでたものがないという印象があります。
そして、刑事ものが7本(+探偵もの 1)、医療ものが3本と偏っています。
視聴者がついてくるか…ですね。最後まで見るかどうかは別にして、
とりあえず見るだけでも10本近くあります。
そんなに見続けるわけにはいきません。ほかにもやることはあるし。
ハハハ。

by toruiwa2010 | 2014-01-15 08:40 | ドラマ | Comments(5)
d0164636_955226.jpg
“とりあえず見てみる”ものとして選び出したドラマは
13本あったのですが、幸か不幸か、次々に脱落していき、
最後まで見たのは4本だけでした。(+プラス「八重の桜」)
ギブアップが多いのはほかにも見たい番組があるので
できるだけ本数を絞りたいからです。
そして、どうせ途中でやめるなら少しでも早くと思うので
1,2話で結論を出すようにしています。情け。ハハハ。

今期は以下の9本が早々と脱落した作品です。

海の上の診療所 月21 フジ
松田翔太、武井咲、藤原紀香、福士蒼汰、荒川良々  1話
d0164636_9551455.jpg
刑事のまなざし 月20 TBS
椎名桔平、要潤、小野ゆり子、北村有起哉、松重豊  1話

ミス・パイロット 火21 フジ
堀北真希、斎藤工、桜庭ななみ、菜々緒、相武紗季  3話

ダンダリン・労働基準監督官 水22 日テレ     3話途中
竹内結子、松坂桃李、ドリンドル玲奈、北村一輝、佐野史郎

夫のカノジョ 木21 TBS             1話途中
川口春奈、田辺誠一、鈴木福、鈴木砂羽

独身貴族 木22 フジ               1話
草彅剛、北川景子、伊藤英明

家族の裏事情  金20 フジ              1話途中
財前直見、沢村一樹、小野田昭、真野響子、佐藤二朗

クロコーチ 金22 TBS
長瀬智也、剛力彩芽、香椎由宇、風間杜夫、渡部篤郎  2話途中

安堂ロイド~A.I. know LOVE?~ 日21 TBS    1話途中
木村拓哉、柴咲コウ、大島優子、桐谷健太


最も残念なのは「海の上の診療所」ですかね。
松田翔太が好きだし、そろそろ、武井咲もいい作品に
巡り会ってもいいころだとひそかに期待していましたから。
ほかのドラマも、見続ければ面白かったのかもしれませんが、
悔いはありません。ハハハ。


上位争いをするのは「ドクターX」「リーガルハイ」「相棒」
「安堂ロイド」の4本だと思っていました。
しかし、11月に入ってまず「安堂ロイド」が引き離され、
「相棒」が考えていたほどには伸びず、「ドクターX」と
「リーガルハイ」の一騎打ちになりました。

以下、最後まで見た4作について簡単に総括しておきます。

85 相棒(12) 水21 テレ朝
水谷豊、成宮寛貴、鈴木杏樹、六角精児 


絶対的な安定感がありますね。
好みですが、杉下右京の相棒としては、初代の亀山薫(寺脇康文)が“断然”でした。
視聴率的には2代目・神戸尊(及川光博)のときの平均20.7%が最高なんですね。
3代目の甲斐享(成宮寛貴)も悪くないと思いますが、数字はあまり伸びません。
ドラマの作り方が固まってから参加したのが不運だったかもしれません。

これだけ長く続くと、“マンネリ”は避けられません。
パートナーがどんなに頑張っても、いいところは全部、右京が持っていくパターンで
決着がつきます。私は少し食傷気味ですが、固定ファンががっちりと支えています。
彼らが「飽きた」と言わない限り、このドラマはテレ朝のドル箱であり続けるでしょう。
ハハハ。
d0164636_9555046.jpg
85 リーガルハイ2 水22 フジ
堺雅人、新垣結衣、岡田将生、生瀬勝久、小池栄子、田口淳之介

「半沢直樹」のあとだけに堺には俳優として相当のプレッシャーがかかったと思います。
ついてしまった強烈なイメージを消したいという気持ちは強かったしょう。私の目には
それが少し“裏目”に出ていた気がします。演出サイドにも意識があったようです。
肩に力が入っている印象があって、1回目から“おふざけ”がすぎているなあと、かなり
辟易しました。20%台でスタートし、「半沢…」の1回目を超えたとか書かれていましたが、
2回目で視聴率が大きく下がりました。

しかし、さすがの“半沢効果”…。
「ドクターX」には及びませんでしたが、前シリーズの12.47%をはるかに超える視聴率を
残しました。健闘したと言っていいのではないでしょうか。
もっとも、主演の堺にとっては(「半沢直樹」もふくめて)「無味乾燥で、やりがいのない
1年だった」そうですから役者の“満足”がどこになるのか分かりにくいですね。ハハハ。
d0164636_956992.jpg
80 科捜研の女(12) 木20 テレ朝
沢口靖子、風間トオル、奥田恵梨華、斉藤暁、内藤剛志、若村麻由美


毎シリーズ、毎回、見ています。なぜだか、自分でもよく分かりません。
科学捜査研究所がどういう仕事をするところか、なんとなく分かりますが、ドラマほど
的確に事件の真相に迫れるとは思いません。それなら苦労しませんもの。ハハハ。
たった一粒の植物の種から、日本のどこに限定して生えているものかを絞り込む過程が
あまりも簡単で拍子抜けすることもしばしばです。そのせいで推理の部分のスピードが
“程よくて”ストレスがたまらないというプラス材料はありますが。

沢口が“できる”科学者として捜査に大きく貢献していくところがこの作品の魅力ですが、
刑事役の内藤のしっかりした演技力も見逃せませんね。

今回は先日の2時間スペシャルを挟んで2クール(6ヶ月)だそうです。
飛びぬけた視聴率は出ませんが、テレビ朝日にとっては、ある程度の数字を計算できる
ありがたいドラマなんでしょう。2クールというやり方は今後はやるかもしれませんね。
d0164636_9565920.jpg
90 ドクターX~外科医・大門未知子 木21 テレ朝
米倉涼子、藤木直人、内田有紀、遠藤憲一、岸部一徳、西田敏行


前シリーズは2012年の平均視聴率No1でした。
フリー外科医として大病院を渡り歩き、たしかな腕とどんなに難しい手術を前にしても、
「私、失敗しないので」と言い切る、絶対の自信を持つ女医、大門未知子…その設定には
無理がありますが、あらゆる“権威”を跳ね飛ばしていくかっこよさに魅力があります。
視聴者が無意識に求めているものとドラマの中身が見事に一致したのだと思います。
「リーガルハイ」にも同じことが言えます。つまり、それだけ、世間には“うっぷん”が
たまっているということでしょう。ハハハ。

9話中8話で20%を超え、その強さは圧倒的でした。
それにしても、最後まで見た4本のうち3本がテレ朝かあ。絶好調ですね。
d0164636_957438.jpg
おまけ

85 八重の桜 日20 NHK
綾瀬はるか、西島秀俊、長谷川博己、オダギリジョー、風吹ジュン ほか


新島襄もその妻・八重も全く知らないのですが、結構、楽しみました。
「仁」を見たときも「八重…」を見たときもはっきりと自覚していませんでしたが、結局
最後まで見たのは“綾瀬”のせいだったかもしれません。どこに魅力を感じているのか
よくわかりません。番宣でバラエティなどに出るときの天然ぶりに惑わされているかも。
ハハハ。

最終回の時点で八重は49歳のはずでした。無理に老けさせる必要もないですが、せいぜい
30代前半にしか見えませんでした。演出側の問題ですが、ちょっとひどかったなあ。

八重が主役ですが、いいところをさらっていったのは山本覚馬だったような気がします。
秋口あたりから西島のCM量が目立って増えたのがその証拠です。ハハハ。

来年は岡田准一で「軍師 官兵衛」ですか。また、見ることになります。
d0164636_9594793.jpg
90 まほろ駅前番外地 テレビ東京
90 半沢直樹 TBS
90 ニュースルーム WOWOW
90 ドクターX テレビ朝日

85 リーガルハイ2 フジテレビ
85 相棒(12) テレビ朝日
85 ビブリア古書堂の事件手帖 フジテレビ
85 最高の離婚 フジテレビ
85 とんび TBS
85 メイド・イン・ジャパン NHK
85 女と男の熱帯 WOWOW
85 レディ・ジョーカー WOWOW
85 第二楽章 NHK
85 空飛ぶ広報室  TBS
85 救命病棟24時(4) フジテレビ
85 DOCTORS2 最強の名医 テレビ朝日

80 科捜研の女(12) テレビ朝日
80 ハンチョウ6  TBS
80 いつか陽のあたる場所で NHK
80 夜行観覧車 TBS
80 Dinner フジテレビ
80 鴨、京都へ行く。 フジテレビ
80 遺留捜査(3) テレビ朝日
80 雲の階段 日本テレビ
80 名もなき毒 TBS
80 警視庁捜査一課9係(8) テレビ朝日


今年、最後まで見たドラマの“岩佐徹的”評価です。
基本的に、同じ点数の作品に優劣はありません。
90点をつけた4本の中でNo1を選ぶとすれば、「まほろ駅前番外地」です。
深夜の放送でしたから、見た人は少ないかもしれませんが、好きなタイプのドラマでした。
最後に、そのレビューを再録しておきます。
d0164636_100622.jpg
まほろ駅前番外地 テレビ東京
瑛太、松田龍平、臼田あさみ、新井浩文、坂井真紀、真木よう子


2011年に公開された映画も面白かったが、これもいい。今期の最高だと思う。
瑛太が経営する便利屋「多田便利軒」に転がり込んだ高校の同級生、松田…二人の
呼吸がピッタリ合って、きれいごとばかりじゃない、人間臭いドラマが展開する。
40分枠だから正味はおそらく30分前後しかないはずだ。回によってどうしても
出来不出来はあるものの、物足りなさはない。完成度が高いドラマだ。

何話か、つまらないものもあったが、全体としては面白く見た。今期の最高だ。
ドラマを支えたのはもちろん、二人の魅力ある俳優だ。

おそらく正味は30分前後しかないはずなのにうまく作られていて、物足りなさは
感じなかった。その意味では、完成度が高いドラマと言っていい。
深夜の放送だったから見た人が少ないに違いないのが惜しまれる。
悪がき同士のような二人の“じゃれあい”は本編でもしばしば見せてくれたが、
エンディングの面白さには毎回笑ってしまった。ハハハ。

原作者である三浦しをんの最新作「まほろ駅前狂騒曲」が映画化されると聞いている。
来年秋の公開が待たれる。
by toruiwa2010 | 2013-12-28 10:01 | ドラマ | Comments(10)
d0164636_9151421.jpg
新しい“シーズン”が始まるたびに“とりあえず見てみる”
ドラマを選び、数回見たあとに、見続けるか、やめるかを
決めていきます。迷うことも少なくないのですが、今期は
かなり“あっさり”決まりました。

「ドクターX」、「リーガルハイ」、「相棒」、「安堂ロイド」の
4本が視聴率の上位を争うのではないかと思っていました。
しかし、11月に入って「安堂ロイド」が引き離されました。
今は「ドクターX」、「リーガルハイ」、「相棒」の順ですが、
上位2作の今後の展開次第では常に安定している「相棒」が
「リーガル…」を逆転する可能性は十分ですね。

Xはすでにギブアップした作品、
***は現段階で最後まで見る予定の作品です。

視聴率については日曜日終了時のものです。

d0164636_9134511.jpg
X 刑事のまなざし月20 TBS
椎名桔平、要潤、小野ゆり子、北村有起哉、松重豊


1回目こそ最後まで見ましたが、全体に魅力を感じませんでした。
“異色のヒューマンミステリー”という触れ込みでしたが、どこが?という感じです。
椎名は好きな俳優なんですが、この中身では視聴率がひと桁台で低迷しているのも
分かる気がします。


X 海の上の診療所月21 フジ
松田翔太、武井咲、藤原紀香、福士蒼汰、荒川良々

d0164636_942930.jpg
出演するドラマが低視聴率続きだった武井が相手役という点に不安はありましたが、
松田が登場するというので“緩やかな”下降線を描いているわが母局の月9ですが、
ちょっと期待していました。
…1回目を見ただけで終わりました。どうしちゃったんだ、月9?ハハハ。

物語も、作り方もひどいです。せっかく、松田をキャスティングしたのに、なぜ、
こんなドラマを作るのか、理解不能です。武井がどうこう…ではありませんね。
視聴率が見事な右下がりです。二ケタを維持しているのが不思議なくらいです。


X ミス・パイロット 火21 フジ
堀北真希、斎藤工、桜庭ななみ、菜々緒、相武紗季、小柳友


2012年10月期の「TOKYOエアポート」、今年1月期の「あぽやん」、4月期の
「空飛ぶ広報室」…飛行機や空港が好きなのでコンセプトに少々疑問があっても
見てしまいます。(「あぽやん」は途中でギブアップ)

見始めたもう一つの理由は堀北でした。
「ぴったんこかんかん」に出ていた彼女から受けた印象を確認したかったのです。
…結論:「ぴったんこ…」を見たとき、私の目がおかしかったようです。ハハハ。


相棒(12) 水21 テレ朝***
水谷豊、成宮寛貴、鈴木杏樹、六角精児 


ほかのドラマにとってはうらやましいような安定感を見せていますが、“3位”は
常勝・「相棒」としては悔しいかも。ハハハ。

杉下右京の相棒が変わるだけで、ほかの登場人物にはほとんど変化がありません。
事件が起き、腕利き刑事が揃っているはずの捜査一課が悪戦苦闘するのを横目に
右京とそのパートナーがスイスイと謎を解いていく…その作り方にも特別な変化は
見られないのに、固定客は飽きる気配を見せません。このドラマの強さです。
d0164636_951193.jpg
d0164636_952174.jpg
リーガルハイ2水22 フジ ***
堺雅人、新垣結衣、岡田将生、生瀬勝久、小池栄子、田口淳之介


このドラマにも前シリーズからのファンが戻っているようです。
20%台でスタートを切り、「半沢直樹」の1回目を超えたとか書かれていましたね。
裏番組との“兼ね合い”はありましたが、2回目で視聴率が大きく下がりました。
1回目を見て、“おふざけ”が過ぎると感じたことと無関係じゃないかもしれません。

「このドラマで半沢直樹を台無しにしたい」と堺も話していました。
ついてしまった強烈なイメージを消したいという意味ですね。“期”が続いたために
古美門のキャラクター作りが難しかったでしょうが、演出までが意識しすぎている
“きらい”があります。前シリーズですっかりはまってしまった私でさえ、かなり
へきえきし、視聴者離れを心配しました。

しかし、数字は安定しています。“絶対正義”の半沢とは違い、“金に目がくらむ”
タイプの古美門ですが、強い個性を持つ人物には特殊な“引力”があるようです。


X ダンダリン・労働基準監督官 水22 日テレ
竹内結子、松坂桃李、ドリンドル玲奈、北村一輝、佐野史郎


“展望”に「リーガルハイ2」と同枠だし、脱落1号になりそうだと書きましたが、
1,2話は生き残りました。なんだか気になったのです。シリアスな職場を舞台に
コメディ・タッチのドラマ…「リーガル…」と似ているのですが、コミカルさの
“ほど”がよかったのですが、そこから先の“サムシング”が足りなくて3回目の
途中で終了しました。


科捜研の女(12)木20 テレ朝 ***
沢口靖子、風間トオル、奥田恵梨華、斉藤暁、内藤剛志、若村麻由美


毎回、見ています。
何が面白いというわけではないですが、決定的にダメという部分もありません。
d0164636_954817.jpg
d0164636_955774.jpg
ドクターX~外科医・大門未知子 木21 テレ朝***
米倉涼子、藤木直人、内田有紀、遠藤憲一、岸部一徳、西田敏行


前シリーズは2012年の平均視聴率No1でした。
フリーの外科医として大病院を渡り歩き、たしかな腕と「私、失敗しないので」と
言い切る、絶対の自信を持つ女医…かなり無理があります。ハハハ。
しかし、高いレベルで視聴率が安定しているのを見ると、“時代”がこういう設定を
求めているのかもしれないと感じます。

マネジャーとして未知子を陰で操る岸部一徳が“健在”なのに加え、今シリーズは
西田と三田が彼女の上司的な立場で参加しています。新しい“スパイス”になって
いますが、三田を見ていると「デジタルは残酷だなあ」と痛感します。


X 夫のカノジョ木21 TBS
川口春奈、田辺誠一、鈴木福、鈴木砂羽


コンセプトだけで脱落した。第2号です。ハハハ。
私だけではない。多くの視聴者に見放されている。数字にはっきり出ています。
一度も5%に届かないまま打ち切りかも。
2012年4月期の「家族のうた」だって、1回目は6.1%とっていたのに。


X 独身貴族 木22 フジ
草彅剛、北川景子、伊藤英明


1回は我慢しましたが、思った通りダメでした。

たった1回見ただけですが、エンディングで気になる点がありました。
物語が終るとSMAPが歌う軽快な「シャレオツ」に乗って1分20秒のいい雰囲気の
アニメとともにスタッフ・ロールが流れます。そのあとCMに続いて次回予告…
アニメの最後に「to be continue…」と出たのです。???と思いました。
「つづく…」の意味ですが、スペルが違います。最後の“d”がなかったのです。

ワザとでしょうか?そんなこたあないでしょう。ハハハ。
まず、アニメーターが正しいスペルを知らないまま制作した。納品されたあと、
チェックしたプロデューサー以下、スタッフ全員も問題ないと思ったか、間違いに
気付かなかった…のでしょう。難しい単語ではないし、あり得ないミスですが、
それしか考えられません。

気になると、とことんチェックしたくなるタイプですから、ドラマを見るのを
やめたあとも“その後”を追跡しました。ハハハ。
すると、2回目のエンディングからアニメがなくなっていました。
しかし、3回目には“復活”していました。“to be continued”と正しいスぺルで。
ハハハ。

制作関係者以外の人から指摘があったのでしょうね。
d0164636_963430.jpg
X 偽装家族 金20 フジ
財前直見、沢村一樹、小野田昭、真野響子、佐藤二朗


舞台は下町で食堂を経営する岩佐家…じゃなくて、石和(いさわ)家。ハハハ。
三代の家族全員に“偽り”の影があって一家は崩壊の危機に直面しているらしい。

暗い話ではなくコメディだというし、最近沢村が気に入っているので、とりあえず。

…と思いましたが、導入部のもたつきにイライラして、10分ほどであきらめました。
もともと“仮題”だったようですが、放送が始まったときには「家族の裏事情」に
変わっていました。変わり映えはしてませんね。ハハハ。

6.5→5.6→4.2…視聴率も順調に下降線をたどって危険水域が近づいています。


X クロコーチ 金22 TBS
長瀬智也、剛力彩芽、香椎由宇、利重剛、大地康雄、風間杜夫、渡部篤郎


1回目、何分我慢できるだろうかと思いましたが、最後まで見ました。
絵に描いたような“悪徳”デカを演じる長瀬が気になったからですが、見続けた
自分にビックリしました。
しかし、第2話の10分足らずで終了した。2週連続で首つり死体が出た場面で。
ハハハ。


X 安堂ロイド~A.I. know LOVE?~ 日21 TBS
木村拓哉、柴咲コウ、大島優子、桐谷健太 安

d0164636_97334.jpg
コンセプトを読む前からこのドラマは厄介だと思っていました。
キムタクのワン・パターン演技には目をつぶるとしても、死んだ男があの世から
婚約者を守る“時空を超えた究極のラブストーリー”というキャッチ・コピーに
かなりいや気がさしていましたがmとりあえず、1回目だけでも見てみるか…と
テレビの前に座りました。

冒頭、大学の階段教室で物理学の講義するキムタクが頭をかきむしったあと、突然、
狂ったように黒板に数式を書きなぐり始めました。「ガリレオ」のパクリですね。
ハハハ。
この時点で見るのをやめようかと思いましたが、「待てよ」と思いました。数分後、
初めて画面に登場した柴咲が今まで見たことがないほどきれいだったのです!
情けないことに、しばらく見てしまいましたたが、結局は、キムタクが福田彩乃に
射殺されたところでギブアップしました。放送開始から22分でした。

1回目の19.2から2回目15.2%に視聴率が大きく下がったと知って納得でした。
3回目以降も13.2→10.3→11.5と落ち込んでいます。3,4回目は盛り上がった
日本シリーズのあおりを受けて気の毒でしたが、5回目も盛り返せていません。
ジャニーズ系タレントを主役にしたドラマが必ずヒットする時代は終わりましたね。


LINK 日22 WOWOW ???
大森南朋、田中麗奈、玉山鉄二、ミムラ、田中直樹、綾野剛、武田鉄矢


収録してあるのですが、まだ見ていません。

…結局、見続けているのは4本だけです。
それも、水曜日と木曜日の2時間に集中しています。
効率がよくて助かります。ハハハ。

by toruiwa2010 | 2013-11-13 09:16 | ドラマ | Comments(10)